16060708
1606080116060710
   ここで「中国四大美人のことで」の最初に書きました「西施のことで」の最後にあげた七言絶句ですが、ここに書いていきます。いえ、前に書いているかと思っていたのでしたが、探してみると書いていなかっったのでした。
   私が府中刑務所で最初の頃1970年の4月に「林語堂『蘇東坡』」(合山究訳講談社学術文庫、全2冊)を読んでいました。

  飲湖上初晴後雨 蘇軾
       湖上に飲み、初め晴れるも後に雨ふる
水光レンエン晴方好 水光レンエンとして 晴れ方(まさ)に好く
山色空蒙雨亦奇 山色空蒙として 雨も亦た奇なり
欲把西湖比西子  西湖を把(も)って 西子と比せんと欲せば
淡粧濃抹総相宜 淡粧濃抹 総べて相ひ宜し

   西湖上で酒盛りしていたら、初めは晴れていたが雨が降ってきた
   湖の水面が輝きさざ波がしきりに動くのは、晴れの時がいい、
   山の色が霧が降って薄暗いさまは、雨もまた独特の趣がある。
   西湖を西施と比較しようとすると、
   薄化粧も濃い化粧もそれぞれがすべてぴったりしている。
  (空蒙の2字目はさんずいがありますが、私が出せないのです) 1606070916060711
  この詩も実に親しんできた七言絶句ですね。この蘇東坡という詩人は当時の宋の政治的争いで海南島まで流されます。私が東大闘争で最初入れられた東調布署で留置場にいた人が第2次大戦で海南島へ進駐したと言っていました(その相手の名前もすべて思い出せます)。そのときに、「ああ、蘇東坡が流されたところか」と思ったものでした。このときの島で愛する関係になった若い女性のことは忘れられません。ただ、彼女は若くして亡くなるのです。
   こうして昔を思い出したものです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。