2016年08月19日

家族で足湯

2016081924
2016081927
2016081922
2016081923
先日13日と14日おはぎとポコ汰・ポニョ・ポポとブルータスの家へ行きまして、大いに感じたことがあります。ばあばもブルータスもじゅにもナオキ君も一緒に行きまして、何枚かの写真を見たのですが、そこではみんな足湯をしていました。
私は前に鬼怒川温泉に行きましたときに、帰りの駅前でこの足湯につかりました。もう私は気持ちのいいこともありましたが、こうしてみんなで温泉に入れることがものすごく嬉しかったです。そこには綺麗な女性(もうお母さんでしたが。息子がいたもの)もいました。
 前には、こうして温泉に行きまして、ばあばとおはぎとブルータスと4人でわいわい言いながら楽しく歩きましても、浴場に入るとなると、途端に私は独りになり、もうそこで入っている方に話しかけようとしても、その彼が出て行ってしまうと、もう一人でただただ寂しいのです。もう身体を洗っても、一人ですから、もう部屋へ帰ることになります。一人でビールを飲んでいると、3人が楽しくおしゃべりしながら、帰ってきます。
 もう「またビール飲んでいる」なんて顔をしますが、私は独りで寂しいのです。
 そんな私でもこの鬼怒川駅前の足湯は良かったのです。そして今度はポコ汰とポポという私と同じチンチンが付いている孫と一緒ですから、寂しくはありません。もういっぱいチンチン踊りなんかしようなあ。
2016081926
2016081925


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔