2017年03月09日

渡哲也「東京流れ者」の歌詞

20170309022017030218
  私の結婚式ではこの歌を流したものです。20170302192017030220  渡哲也の「東京流れ者」の歌詞を書きます。これは日活の映画「東京流れ者」(監督は鈴木清順)のテーマ曲でした。私は一体この歌をどれくらい唄ってきたことでしょうか。 ただこの映画は女性にはとても嫌な(というよりばかばかしく感じるようです)もののようです。映画の中で渡哲也が放つセリフはどれもばかばかしく感じるようなのです。
そのことを一番感じたのはこの映画のヒロイン松原千恵子さんなのではないでしょうか。
でも私はこの映画は大好きです。何度見てきたことでしょうか。そしていつも映画での渡哲也と同じに声をだして唄ったものでした。
この歌は次の二つがあります。

渡哲也「東京流れ者」
   作詞:川内和子(川内康範の変名) 2017031129採譜・補作曲:叶弦大 編曲:小杉仁三

何処で生きても 流れ者
どうせさすらい ひとり身の
明日は何処やら 風に聞け
可愛いあの娘の 胸に聞け
ああ 東京流れ者

流れ果てない 旅に出て
いつか忘れた 東京の
泣いてくれるな 夜の雨
男いのちは 赤く散る
ああ 東京流れ者

風はひとりで 吹いている
月もひとりで 照っている
俺はひとりで 流れ者
明日の墓場は わからない
ああ 東京流れ者

夢はいらない 花ならば
花は散ろうし 夢も散る
どうせ散るなら 男花
恋もすてたぜ 義理ゆえに
ああ 東京流れ者

渡哲也「東京流れ者」(日活主題歌バージョン)
    作詞:高月ことば
2017031304
黒いジャンパーに 赤いバラ 
きざななりして ゴロ巻いて
渋谷新宿池袋
風もしみます 日の暮れは
ああ 東京流れ者

弱い犬ほど 吠えまする
俺は黙って 闇の中
御用のある時ゃ 呼んどくれ
きっとお役に 立ちまする
ああ 東京流れ者

二十三区を はみ出して
いつか武蔵野吉祥寺
たった五尺の この体
どこに置場も ござんせん
ああ 東京流れ者

   最後の「ああ 東京流れ者」の歌い方が違います。もう何度も唄ってきました。私は新宿ゴールデン街「ひしょう」には、この上の歌のテイチクのレコードを置いてきたものです。でも誰かが持って行ってしまったものでした。悔しいな。

   監督の鈴木清順をいつも思い出します。
201703086020170308612017030862


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



shomon at 18:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!周の歌の話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔