2017年03月10日

織田信長の正妻帰蝶(濃姫)のことで

20161107032016110707201611070420161107052016110710 ここのサイドバーで「信長の愛した女、吉乃、お鍋の方」が何度も上がっていますので、信長って人気あるのだなあ」と思い、信長の正妻帰蝶(濃姫)のことを書こうと思いました。
 彼女は政略結婚で岐阜の斎藤道三の娘として織田信長の正妻になります。彼女がどうしていたのかは、長く分からなかったのですが、近年実に大坂夏の陣まで生きていたことが分かりました。本能寺の変を知り、秀吉の天下統一を知り、関ケ原の戦いを知り、豊臣家滅亡も見ていたわけです。 
 どんな思いでいたわけなのでしょうか。
20161107092016110701201611070920170310182017031017


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔