2017年07月11日

坂本龍馬の画像

2017070701 いつも思うのですが、この人物は「龍馬(りょうま)」「竜馬(りゅうま)りょうまとも読む」のどちらなのだろう? 私が龍馬のほうが圧倒的に多いと思っていましたが、そうでもないのだと今回知りました。
20170707092017070710  それとこの人物ほどたくさんの逸話を残している人物はほかにはいないのじゃないかなあ。それをものすごく感じました。鹿児島市の西郷亭に泊まったときに家屋根が雨漏りしていることを妻が嘆いているときに、隆盛が「今は日本中が雨漏りしているような状態だ」というのを、聴いている龍馬が寝床の中で笑っていたのを思います。
  そのとき連れていた楢崎龍と霧島へ行きます。これが日本で最初の新婚旅行と言われます(もっとも桂小五郎と幾松の旅行もそう言われていますが)。
  私は小学校(鹿児島市山下小)の修学旅行で霧島へいっていますが(私は名古屋市北区大曽根小学校では京都へ行っていますが)、その時見たのが厳重に触れられないようになっていたのは、幕末に坂本龍馬とお龍がやったのだと、あとで知ったものでした。悪いいけないアベックだったのですね。
2017070711   それにこの坂本龍馬の関しては実に日本各地にいろいろなものが残っています。この王子(ここもお寺です)にも驚いてしまうものがあります。私は千葉市でもあるところ(ここもお寺ですが)にあり、それを見て驚いたものでした。
20170707122017070702   それと女性も何人ものも関係者がいます。驚くばかりなのですね。またそのことは別に書きましょう。
2017070703201707071320170711022017071101 それとこれは寺田屋で龍馬と一緒に殺害された中岡新太郎です。殺害したのは新撰組近藤勇だなんて誤解されたものです。近藤勇はそれで殺されています。
   龍馬が常に手を入れているのはまた別な時に襲われて手を切られたからです。土佐勤王党は龍馬殺害の復讐をいくつもしています。近藤勇もその坂本龍馬の暗殺ということで死刑になったのです。勇は板橋で殺され、首は京都で三条河原に晒されています。
私は板橋の近藤の像は見に行きました。
20170711032017071104

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔