2017年07月26日

私が書きましたヤクザの方の本の差し入れのことで

2017072636  前に書いたことですが、このヤクザの親分(ある組の親分でした)がものすごい読書家で、組の人たちがこの人が依頼してくる本(の名前)がよく分からないということがありました。弁護士他も分からないのです。それで私に電話が来ました。もうすぐ私は分かり、「でも古書店じゃ探すの大変ですよ」といましたが、「そんなのはいいです。本があればいいのです」ということで、福島県から来て私の御茶ノ水の事務所から三省堂に歩いていきました。
「ほら、これが彼が言う本です。でも高価だけどね」と言いましたところすぐに買いました。私に「お礼を」というのに、私は当然断りました。
刑務所にいる彼はものすごい読書家でした。2017072637

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔