将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Category: 周の使うパソコン関連機器

90c227df.jpg ようするに、これで判ることなのですが、250GBというのは、とてつもなく大きいということなのです。昔たしか2001年くらいだと思いますが、ある人が「Gのパソコンを購入した。ハードディスクは1ギガ」と電話で言ったのを、すごく驚いた記憶があります。「もうギガバイトを普通に買えるんだ」と。私はたしか400MBのノートパソコンで、すごいことだと思っていたものでした。
 でも今は、こうして250GBですよ。そして、昔の私から考えれば、いわば無限です。いや、司馬遷「史記」は実に長い本に思えたものでした。吉川英治「新・平家物語」も長い本に思えたものでした。チェーホフの全集も、ドストエフスキーの全集も長く思えたものでした。でも、この250GBのほうがもっと長大なのです。私がたくさんのものを貯蔵していくものなのです。
 だから、私は嬉しいのです。いえね、吉川英治の「鳴門秘帖」を読んだのはいつだったかなあ。法月弦之丞のことも、いつもしばし考えたものでした。
 とにかく、250Gはいいですね。
続きを読む

 この一つ前のUPの 「BUFFALO『HD-PL250U2』」でいいましたように、これを今は常時使っているわけです。いつも持参していますし、どこのパソコンにも接続しています。
 それで、でも今ずっと飲んでいますから、どんどんあらゆる記憶がなくなります。
 まずは、この画像をUPします。

07050205

 

 

 「BUFFALO『HD-PL250U2』」の3 へ

 

a53d3b35.jpg

 私のブログで以下を書いたときに、

   http://shomon.livedoor.biz/archives/50965213.html  周の雑読備忘録「週刊アスキー通巻636号 2007-05-08〜15」

 その中で、こんなふうに書いていました。

 バッファローの250GBのHD(HD-PL250U2)の紹介があります。これはいいですね。これがあれば、もうデスクトップもノートもそれほど容量が大きくなくてもいいわけです。いやむしろこれを常時持っていればいいわけだ。ただし、4月下旬発売と言っても、こういうものはすぐに売れきれちゃって手にいつも手に入らないんだよな。

 でも私は、この27日に以下に書きましたように、秋葉原に急ぎました。

   http://shomon.livedoor.biz/archives/50965406.html  今秋葉原へ向かっています

 それで新しいUSB無線アダプタを手に入れ、HDのコーナーも見ましたら、この250GのHDがあったのです。私は早速手に入れました。
 そしてこれが実にいいのです。すっかり気に入りました。その日は秋葉原のあと、谷中で飲んでいたのですが、そこでもこのHDの話をしていました。

  http://buffalo.jp/products/new/2007/000432.html ケーブル巻付け収納&耐衝撃機構で持運びに便利!耐衝撃USBポータブルハードディスクに大容量250GBモデル登場

 そして次の日からいつも私の鞄の中には、これが入っています(ここに写真を掲げましたものです)。今まで私は主にパソコンを3つ使っており、必ずインターネットの自分のホームページ他に、いろいろなファイルの置き場を作って、まずそこから最新のファイルを目の前のパソコンにダウンロードしてから、何もかも始めるようにしていました。いくつかもクライアントでも、その姿勢でやってきました。これを間違えると、大変なことになります。でも、もうパソコン上のファイルというものは実にたくさんのものがあります。つい小さな文書ファイル、画像ファイル、かな漢字の辞書ファイル等は、やはり3つパソコンを使っていると、「必ず更新する」と言っても大変です。
 でも、この250GのHDを常に持参していれば、もうメインはこれだけですから、ここすべてを見ればいいことになります。

 それで、私はこれを購入した際に、一緒にバッファローの収納ケースも購入しました。周の雑読備忘録「週刊アスキー通巻636号 2007-05-08〜15」の画像は、このケースの上に載せたHDを載せました。
 でもなんだか、これだと大きすぎるのです。それで私は29日に以下のケースを購入しました。これはエレコムのBMA−DGCというアクセサリーケースです。

07050204   http://www2.elecom.co.jp/products/BMA-DGC.html  アクセサリーケース - BMA-DGC

 私はヨドバシカメラで294円で手に入れました。これは私はもともと、私の

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50464277.html
携帯電話用のキーボード

もこれに入れて、いつも鞄の中に入れて、ときどき電車の中等々で打っています。
 このケースの画像もUPしておきました。
 だから私の鞄の中には、このケースが2つあります。キーボードとハードデイスクが入っているわけです。

  「BUFFALO『HD-PL250U2』」の2 へ

2018051401 これを毎日どこへ行くのでも、これを首から下げています。以下の画像の中の5です。

    http://shomon.livedoor.biz/archives/50905042.html

これでインターネットに常時接続しているパソコンがあれば、どこでもテレビ番組を見ることができます。6924df05.jpg

http://www.green-house.co.jp/products/av/1st_u2k/ GH-1ST-U2K

ただし、始めてのPCマシンですと、これのCD−ROMを常時持っていて、ソフトを導入するわけにはいかないですから、そのソフトは上の写真では8の、以下に入れています。

http://shomon.livedoor.biz/archives/50790655.html USB接続フラッシュメモリ PFU-2TS2G

いや、本当はこのマシンのワンセグの W-oneのUSBのに入れたほうがいいのかもしれないのですが、そして容量はあるのですが、私にその度胸がありません。
とにかく、これでどのマシンでもテレビを見ることができます。
ただし、インターネットが無線ランだと、間違いなく速度と、そのマシンの置いてある位置の07022402問題なのでしょうが、見られないテレビ局もあります。

2つめの画像が、私の事務所のデスクトップつけていますこの機器です。同じくPFU-2TS2Gもこうして付けています。

この私の事務所ですと、無線だからなのでしょう(ここは有線にするのは、できないことはないが面倒です)が、日本テレビが見られません。リビングで有線でだと全部が見られますが、そこで無線ランにすると、また見られない局が出てきます。
有線だと100.0Mbpsですが、無線だと 54.0Mbpsになります。これが大きいのでしょうね。

でもこの機器のおかげで、いつも私のPCではデスクトップでもノートマシンでも常時テレビを聞いています。画像はほぼ見ていないのですが、聞こえてきた内容によっては画面を大きくして見ています。

07022403 3番目の画像が、リビングで私のノートを開いたところです。これにUSBで、上のデスクトップと同じように、この機器とPFU-2TS2Gを繋ぎます。

この機器はデザインもいいなあと思っています。私は週刊アスキーの記事でほぼ、、「この4種類の機器かなあ」と決めていまして、あとは有楽町のビッグカメラで実際に機器を見て決めました。
ワンセグというのは、実にいいなあと思っています。もうこれからはどの家庭でも超大型液晶テレビがリブングにあって、そこでインターネットも検索してあちこち見るようになるのでしょうが、私はこうして自分のマシンで、自分が書いているエディタの背景にテレビが聞こえていることもいいなあ、と思っています。
ワンセグっていいですよ。

続きを読む

324f2c56.gif ここの写真に掲げたのは、現在私がいつも首から下げているものです。以下の通りです。

1.ケータイ KDDIのW43H
2と6.トークン
3.無線LANアダプタ『電波男GW-US54GD』
4.ゼブラ携帯ボールペン
5.グリーンハウスワンセグチューナー W-one
7.Skype専用 無線LAN携帯端末 LAN-WSPH01WH
8.USB接続フラッシュメモリ PFU-2TS2G
9.デジタルボイスレコーダー ICR-S270RM

 トークンが2台あるのは、私個人と私の事務所用の口座が別だからです。
 それでリンクがあるのは、そこに私が少しの能書きを書いています。それから、それがないものは、今後ここで書いていきます。

 それでこれだけ首から下げると重いのですが、でも実際に7は別にベルトにつけていますし、9もまたベルトにつけているバックに入れています。この2つが別だと、それほど重くはないのです。
 まあ、普段でも、全部付けているのではなく、このいくつかを取り外していることが多いのです。すぐ近くにいくのには、全部は必要がありません。

 5のワンセグチューナーはほぼいつも事務所のパソコン(またはノートパソコン)につないでいます。これでテレビをいつもつけています。今私の事務所はテレビが居間にしかないので(いえ、私はテレビも持っているのですが、古い部屋なので、それのアンテナがつながらないのです)、これでテレビ音を聞いていて、ときどきフル画面にしてニュースを聞いています。

 8は、2Gの容量がありますので、かなりなファイルを入れています。よくクライアントへ行きまして、そこのパソコンや私のノートパソコンに差して、仕事をしています。それと、これにはスカイプが入っていまして、これでどこでもスカイプが使えます。スカイプは7が外の路上でも使えるから(ただし、歩きながらは無理ですね)、いいのですが、Chatはできません(漢字が使えないから)から、Chatをメール代わりに使うには、やはりパソコンがある場でないと駄目ですね。

 そうですね、あと腰のベルトには、カシオのデジカメとiPodを付けています。

2018051402 私はいつもケータイと一緒に首から下げているのがこれです。といいましても12日の午後手に入れまして、下げるようになりました。その前には別なものを下げていました。
前には、

http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50007929.html
無線LANアダプタ『GW-US54GD』

だったのですが、これは鞄の中に入れておけばいいのです。それにこれはキャップをなくす怖れがあります。私はそういう夢を見ました009fceaf.jpg(これは2つ目の画像です)

   ここの写真の中では一番左にあるのが、このUSBフラッシュメモりです。
それで今はこれにしたのです。以下の

http://www.princeton.co.jp/ Princeton - プリンストンテクノロジー株式会社

http://www.princeton.co.jp/product/flashmemory/pfu2t.html フラッシュメモリ

のPFU-2TS2Gです。
これはキャップレス構造ですし、かつUSBに入れるときに、細いので、他の機器の邪魔にならないのです。USBメモリは他にも持っていますが、それは太さが少々困るし、キャップをなくしてしまうことを気にしないとなりません。それに実はそちらには、もうたくさんのファイルが入っていっぱいです。
これだと、2GMありますので、私はとても重宝しそうです。第一首からさげているだけで、私はとにかく安心するのです。

続きを読む

 これは正確には、「パソコン関連機器」とはいえないでしょうが、いつも首から下げていますケータイやその他と一緒にしていますので、もう私にはパソコンやケータイを使うときの必需品です。
 以下の写真が私が常時もっているものです。
06100901 これは以下のサイトに、その商品が掲載されています。

   http://www.zebra.co.jp/v/008.html  ゼブラ携帯サイト

 実は、コクヨとパイロットの携帯ボールペンも実際に購入して使ってみましたが、このゼブラのものが私には一番使い勝手がよかったのです。
 電車の中で、ケータイをよく使うといいましても、本もまたよく開いて読んでいます。また電車の窓の外もよく眺めるようにしています。そんなときにどうしてもメモしたくなるときが多々あります。ケータイが使える場合は、自分宛てにメールしますが、どうしてもメモしておきたいときがあります。メモする紙はどこにでもあります。文庫本の包み紙でも、なにかのレシートでもいいのです。そんな紙にメモを書いておきます。
 メモは実に汚く私にしか判りません。かつ私でも、ほんの数時間経つと、何のことだったか判らなくなります。忘れてしまいます。だから、そのメモはパソコンの中に書いておくようにします。そのときは、少しはまともに書きます。
 ボールペンと違って、パソコンはまともな字で書けます。あとで見ても、それを書いた日時も簡単に判ります。
 でも混んだ電車の中で、立っていても、メモができるこのゼブラボールペンが私にはとても重宝しているのです。
 ペンを持っていても、「あれ、ペンはどこいったっけ」ということが私には多いのですが、これはいつも首からかけていますので、実に便利です。(2006.10.09)

f481b2f7.jpg

 私はジャパンネット銀行をずっと使っています。銀行に実際に行かなくても、すべてができるということもありますが、とにかく日曜祭日でも24時間使えるのがいいです。ただし、現金化するのが、前には少々面倒でしたが、今はセブンイレブンでもampmでもできるわけで、実に便利に使っています。
 それがこの写真のトークンが配布になり、私は受け取るのが遅くなりましたが(我孫子の自宅に届いたので)、今では実に便利に使っています。
 この写真の7桁の番号がいわば振込するときのパスワードになります。そしてこれは60秒ごとに変化しています。これならパスワードを読み取られることはないでしょう。

 これを私はいつもケータイ等と同じに首から下げています。使うときには、すぐにこれを見てやるようにしています。画期的なシステムだなあと感心しています。

18c2e9a8.JPG 私のRBK-310Cが今自在に使えます に書きましたが、これがこうして通常に使えるようになりまして、実に快適です。このブログも書いていますが、メールを書くのにも使っていますから、これが使えないと、とても大変なのです。
 なんといいましても、文章を書くのには、このパソコンが一番速くでやりやすい(だから今はパソコンで書いています)のですが、それでも、ケータイで書くのには、この機器で書くのが一番いいです。ただし、電車の中で書くのには、やはり座っていないと無理ですね。だから、短い距離だと無理があります。でもとにかく、こうしてまた自在に便利に使えるようになりまして、実にいいですね。

 実はこれが故障したときに、保証書が見つからないこともありまして、大変に落ち込みまして、もういっそ「WILLCOM W-ZERO3」に換えちゃおうかなという気持にもなりました。思えば、ちょうど1年少し前にはWILLCOMのPHSも使っていたのです。
 でもでも、やはりこの「RBK-310Cが使いやすいしなあ」という思いで、この製造元に電話しました。それで、すぐにその数分後に宅急便で送付しまして、その2日後に受け取ったわけです。
 この素速い対応に感謝すると、同時に、「やはりケータイはこれで打つのが一番いいなあ」という思いを抱きました。

 それで、この機器のこととは関係ないかもしれないけれど、昨日もこの機器と同時にあるところから妻あてに宅急便がきましたが、それは実に時間がかかりました。妻も私も、それでも、そこにしては速いなという思いでしたが、このRBK-310Cの製造元の会社の対応に比較すると、もう話になりません。
 もっといいますと、私がある地方銀行の東京支店に行きまして、依頼した件(依頼したくはないけれど、そうしないと駄目だ、そしてその支店にまで行かないとならないので、妻と二人で行きました)が、まずその郵便が届くのに時間のかかったこと、驚くばかりです。しかも私は催促の電話をしました。
 またある病院に関することですが、そちらのいう通りにすべてすばやくやりましたが、その処理が出来てくるのに、実に4カ月かかりました。

 でも、この機器に関しては、実に素速い対応で、実に嬉しい思いでした。この会社はリュウド株式会社です。
 こんな真面目なまともな会社があるんですね。この会社は新潟県十日町市にあります。 

続きを読む

d957ebdf.jpg

 私は1992年からケータイ電話を持っています。ほぼ同時にPHSも持ちました。そのころは、あるところでパソコンの授業がありまして、そこで通信をする必要があったからです。そのころはパソコン通信で、のちにはすぐにインターネットに接続する必要がありました。いつもノートパソコンを持っていました。
 それでこの二つのケータイ機器はベルトに常時つけていました。
 ただ、ついちかごろ、この5月から、写真にあるもので、首から下げるようになりました。ケータイで電車の中でもブログに投稿しますが、朝混んでいる中でも立ってもケータイをとりだすのは、腰のベルトにつけているよりも、首から下げているほうがとり出しやすいのです。

 それで写真のようにケータイと無線LANアダプタ『電波男GW-US54GD』を常時持っています。
 そして写真のように、小さな携帯用ボールペンも一緒に下げています。私はいつもボールペンを持っていますが、電車の中等々で急にないということがあります。このときには実に焦ります。私は何かをメモしたいということが多々あります。だからケータイメールで、それを自分のあるフォルダに送ることもよくありますが、どうしても自分の手でメモしたいこともあります。メモする紙はいわばどこでもあります。いつも読んでいる文庫本を包んでいる用紙にメモすることもよくあります。
 だから、そんなときに使えるペンが必要でした。だから、このゼブラの携帯ボールペンにはとても重宝しています。

06062701 周の雑読備忘録「週刊アスキー通巻594号」に書きましたが、私はこの雑誌でこれを知りまして、「あ、これはいい機器だろうな」というので、帰宅するときに、秋葉原のヨドバシカメラに寄りました。
 ところが、この機器の看板はあるのですが、機器そのものがありません。店員にいいますと、時間がかかりましたが、どうやら売りきれたということで、「注文しますか」と言われますが、もう私は「じゃすぐ欲しいから、上野店か新宿店で購入するから、どっちへいけばまだ店にあるのか調べてくれ」といいますと、これまた時間がかかりましたが、「これ1台だけ残っていました」といいます。
 それですぐに手に入れました。そして電車の中ですぐに機器を取り出して、いろいろと調べ出しました。そしてすぐ王子の家で、この機器が実に使いやすい、いい機器なことが判りました。これではすぐ売れきれるはずです。

 無線LANアダプタは他にもいくつもありますが、これはその中でも破格に使いやすいものです。そのことは、これを手にいれるときに、見てみた他のいくつもの機器と比較して言えることです。

  プラネックスコミュニケーションズ株式会社電波男GW-US54GD

 これがいいのは、この機器単体で、最大16個までの無線LAN機器を検索することができます。アクセスポイント検索機能付きなのです。これはあちこちでやってみますと、もう今は街中であちこちに無線LANが使える場所があるのですね。
 ただ検索する機器はもう随分前からありました。でも、検索するだけではなく、この機器自体でパソコンのUSBポートにつなぐと、そのまま無線LANアダプタとして使えることです。そうして使う際に内蔵の充電池を充電することができます。

 実は私は、親しい飲み屋に、無料でLANが使えるように提案するつもりでいました。実際に、今はあちこちの飲食店でも、無料でインターネットLANが使える店というのが増えていますね。
 でも私はこれを購入した翌日、その飲み屋で、これでアクセスポイントを検索してみましたが、「あ、ここはもうあるじゃないの」ということでした、もうそのお店でわざわざ用意することはないのです。
 いくつもの宿泊施設でも、無料でLANが使えるところが増えています。でも無線LANも増えているのです。これなら、その店が特別にインフラを用意しなくても使えるところがいくつもありそうですね(場所によって、無理なところはその店が用意してほしいな)。
 こうなると、もう飲み屋でも、普通にパソコンでインターネットに接続しながら、酒を飲むことができそうですね。そうなると、もう私の日常生活の場所がどんどん拡大するということなんですね。

 それで、写真は、このGW-US54GDです。これを私はいつも首から下げて持って歩いています。

9054d2d4.jpg

 私がいつも持参している機器はパソコンをはじめたくさんあるわけですが、これもよく利用しているものです。
 メールは今ではビジネス上でも生活に上でも欠かせないアイテムなわけですが、ケータイメールはいつでも参照できるわけです。
 それとウェブメールはどこでもどのパソコンでも読むことができます。ただし、それを読んだあとは、自分のパスワードを消去しておかないとなりません。でもこれは簡単ですね。
 それで問題は、誰もが一番使っているだろうPOPメールです。

 これもまた、どこのマシンでもインターネットに接続していれば、自分へのメールは読むことはできます。だが、これの場合はウェブメールよりも、さらに、設定しなければなりません。自分のIDとパスワードの他に、自分の受信サーバー名とそこへ入るパスワードが必要です。そして、これもメールを読んだあとには、それらをすべて消去しておかないとなりません。POPメールアドレスは、誰もいくつも持っているでしょうから(私は常時使っているのは4つです)、そのすべてのものをメモにでも書いておいて、その使っているマシンで設定し、かつ使用後はすべて消去しなければなりません。
 私はウェブ上に秘密の部屋がありまして、そこにアクセスすると、これらのメモが出てきますから、それを手でメモしてやるわけです。

 でもこんな面倒なことをいつもやるのは面倒です。だから、私は毎日ノートパソコンを背負って歩いているわけです。

 でもでも(さらに「でも」を続けて変だよな)、こんなことよりも、私が使っているこの機器が実に便利です。この小さな機器を、どのマシンにもUSBに差しますと(もちろんインターネットに接続されているマシンですよ)、自分のPOPメールが受信できます。もちろん送信もできます。
 私はこの機器を980円で購入しました。重い鞄を背負っていけないときも、これは持って歩きます。どこのPCでもこれでメールが送受信できるのです。

 私のブログにはサイドバーに

   http://www.filebank.co.jp/  オンラインストレージFILEBANK

が置いてありますが、これと組み合わせて、いろいろと使えますよ。
 私はもうオンラインで、何もかもが使えれば、それがとにかく一番いいなあと思っています。
 こうしてオンラインで、たくさんのことが実現できれば、あと大切なのは、実際にお酒飲んで、そこで詩吟をやったりすることがますます愉しくなっていくかと思っています。

続きを読む

e5417c66.jpg

 私の以下を見てください。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_712880.html
                         ケータイからの周の発言

 とくに、20日と21日は、私が神戸での義父の納骨に行きまして、その行くときに新幹線の中で書きUPしたのと、22日は神戸の街を歩きまして、食事のときなどにUPしたものばかりです。パソコンではいつも持っているといいましても(もう22日は背負っては歩きませんでした)、やっぱり少々辛いので(パソコンも本も傘他もたくさん鞄に入れていますから)、ケータイとデジカメを持って歩きました。
 ただし、もう一つ私がポケットに入れていたのは、このキーボードです。

  http://shomon.net/pc/pc1.htm#060223  Rboard for Keitai RBK-310C

 これで新幹線の中でも、食事のレストランでも簡単にブログをUPすることができました。画像はケータイで撮ったものを、そのままUPできますから、実に簡単です。
 さすが20日の夜は泊まりましたホテルからパソコンでUPしましたが、その他はすべてケータイからのUPです。やはりパソコンからですと、量的には普通に文章が打てますが、ケータイですと、一つ一つのUPは簡単なものですが、UPする数は多くなります。
 電車の中で見ていましても、私はケータイを打つのは速くはありません。でも、このキーボードがある限り、私はどこでも、こうしてケータイからブログを書き続けます。

     私のRBK-310Cが今自在に使えます へ

続きを読む

8577ef0f.jpg

 携帯電話と携帯メール に書いたのですが、「でも携帯のメールのできない人はどうしようか」という問題がありますね。これが40代、50代には案外いるんですよ。「なんで、できないんだ!」と言っても仕方ないですね。「ビジネスでも生活でも必要だよ」といいましても、やってくれないことにはもう仕方ないです。
 それでね、携帯電話では、キーボードが小さいから電話はできても文章は打てないという方に、やはりここで何度か書きました Rboard for Keitai RBK-310C を勧めますよ。これなら、実に楽に簡単に携帯メールが打てます。

 ぜひ、これで元気にやっていきましょう。

続きを読む

1cf7265e.jpg

 私がいつも持参しています Rboard for Keitai RBK-310C ですが、購入したときから、かなり使っていましたが、当初は使うのはなんといいましても、電車の中が多かったのです。
 でも今は東京王子から通勤しているもので、電車の中で使っているだけの時間がありません、座席に座れないと、これで打つのは無理なのです。前には、我孫子から世田谷まで行くときなんかには実にこれでかなり打っていましたが、電車の中で立っているときは、ただ指で打つしかありません。
 でも今は、メールを出す相手が、「たった今は明らかに携帯を使っている場だ」と判る場合には、もうこれで打っています。というか、急ぎの場合は、パソコンで打ってPOPメールで出すよりも、携帯メールの方が、確実に早く届きますから、もうこちらばかりになりました。

 やはり、携帯でのメール連絡が確実ですね。電話はかけられない場が多すぎます。携帯メールなら、時間も場所も関係なくできます。
 そして、このキーボードだとけっこう素速く打つことができます。長文を打つのも実に楽です。

     ケータイ用キーボードの4 へ

続きを読む

8bab7b21.jpg

 私の携帯用キーボード Rboard for Keitai RBK-310C なのですが、このところ、なんだか調子が悪かったのです。それで私は、製造販売元に22日夜にメールをしました。

  *****************************
 私は昨年12月より、貴社の「Rboard for Keitai」を愛用しています。電車の中等々で、メールを打つときに非常に便利に使っています。とくに、私のブログを打つときには助かっています。
 それでなのですが、ちかごろ、このキーボードを取り出して、使い始めるときに、なかなかキーボードが使える状態になりません。接触が悪いのだろうと思っているのですが、もうこれでは使いにくくてたまらないのです。
 なんとか、これを購入した当初のように使うようにはできないものでしょうか。どうしたらいいのか判りませんので、こちらにメール致しました。
  *****************************

 ところが、24日の夜というか25日の朝、原因が判明しました。それで、これまた私が阿呆なのです。すぐに私は次のようなメールをしました。

  *****************************
 22日に「Rboard for Keitaiのトラブルについて」というメールをさしあげましたが、
申し訳ありませんでした。反省します。要するに、電池がなかったのです。さきほど取り替えましたら、実に快適に使えるようになりました。申し訳ありませんでした。
 今はもう実に素速く快適に使えていまして、実に嬉しいです。
  *****************************

 いやはや、私は実にどうしようもない阿呆です。もうどうしようもありませんね。
 それで今は実に快適です。やはり、携帯電話というのは、どうしても高速にメールを撃つのは、私には無理なのですが、このキーボードがあれば、もう実に快適です。
 これで、今後も電車の中で、これで快適に打っていきます。飲み屋でも打つのには快適だろうと思いますが、今の私は飲み屋行きましても、もうそんなに飲みませんからね。
 きのう鎌倉の小町通りで飲んだときに、これで打っていましたよ。あ、きのうは飲んで打っていたんだ。

   携帯電話用キーボード の3 へ

続きを読む

f9bc3516.JPG  前にも書きましたが、Rboard for Keitai RBK-310C を私は実によく使っています。

 これは1/131/151/15(2)1/15(3)に画像でUPしましたキーボードです。電車の中で立っているときは、ただ左手で携帯を打ちますが、座れたときには、これで打っています。

 それで、あとで、パソコンでいくつか訂正加筆します。
 これは実にいいです。最初の最初は私の指もとまどいましたが、いまは慣れてしまいました。ただ、少し問題は、起動してすぐには打てないことです。これはそのことがマニュアルには書いてありました。いえ、たいして待つわけではないのですが、私は気が短いので、すぐに「早くしろ」と怒っているのですね。

 ただ、問題はこのキーボードの問題ではないのですが、携帯でも漢字熟語を登録できないものかな。登録さえできれば、もう問題ありません。ひよっとして、今でもできるのかしら。諸葛亮孔明「出師表」がスラスラ打てたら、私はもう大変に感激します。

    携帯電話用キーボード の2 へ

続きを読む

 早速、東京音頭・平成版をダウンロードしまして、iPodで聞きました。ちょうど私はひさしぶりの自宅だったので、洗濯しながら、iPodで聞いていましたよ。

 さてさて、こうして川本久美惠さんが、私より年上なのに、元気にやっておられるのですから、私もやりますよ。とにかく、私の ポッドキャスト将門 での私の放送をやります。ただ、家で一人になって、どこか個室に籠る時間がないのですね。最初は10分の放送を考えています。

 この放送は、ボイス将門 でやります。マイクを用意して、我孫子か王子の家のお風呂場で一人籠もって喋ろう。イメージすると、なんだか暗いな。でも私はとにかく、明るいですよ。義父が元気で、帰宅できることを信じて、私が喋ります。


 

 au「着うたフル」3000万件突破のヒミツ川本久美惠のじゃじゃ馬日記 さんからトラックバックをいただきました。

 わあ、嬉しいな。早速 mF247 へ行ってみました。

楽曲名 東京音頭・平成版【大江戸東京音頭】
アーティスト名 吉田 昌紀子
楽曲ファイル nR待ち
楽曲ジャンル メイン:ポップス/ボーカル
サブ1:演歌/民謡/歌謡曲
 
nR予定日時 06.02.03 09:00
楽曲紹介 あの昭和の名曲、盆踊り【東京音頭】をロック調の民謡にしました。若者から高齢者まで歌って踊れる新しい東京の民謡です。青山通りでも総勢300人で踊ってパレードし大好評でした。
踊りについては
http://www.ooedotokyoondo.com/参照
作詞 西條 八十
作曲 中山 晋平
編曲 南木 直樹

 でもまだ今は「nR待ち」ということなのですね。午前9時すぎたら、ダウンロードできるようです。早速やってみます。

 あのですね。昨日義父の入院している病院へ行ったのですが、行き帰りに、読んだ本があります。松井孝典『宇宙生命、そして「人間圈」という本です。
 この本に次のようにありました。

 ファックス、パソコン、携帯電話、デジタルカメラといったように、欲しいというものが立て続けに新発売される。暫くしてそれが手に入ると、豊かさというものが物質的に実感されるようになるのだ。
 物心ついた頃からこのような調子だったため、「社会は、これほど毎年のように進歩、発展するものなのか。そんな時代が昔から続いてきたのだろうか」と疑問に感じていた時期があった。
(あとがき)

 私も、この数年のインターネットを始めとする進歩に、実に驚いていました。とくに、昨年から今年にかけての、「パソコン・携帯・iPod」に見られる変化には、もう実に驚いています。
 私は昨年1月にこのブログを開始して、自分のインターネットへの対応がどうしたらいいのか判らなくなっていました。考えに考えて、それが昨年秋頃から、自分の中ではっきりとしてきました。だが、さらにこの「パソコン・携帯・iPod」に示すことのできることがあります。私はこの題名での文章を書くことを考えていました。
 でもでも、このauのiPodと同等の機能のことを知り、また驚いています。

 こんなに私たちの世界は進歩・発展を加速しているのだ。とくに、インターネットでの音楽の配信から映像の配信までが現実のものとなって、これまた驚愕です。私もポッドキャスト将門 でも私自身のボイス放送をやろうと決意しているところです(でも今は義父・義母のことで、時間的に無理なのです。これも私には大切なことですから)。

 それにしても、「俺はもうこの変化についていけるのだろうか」という不安を感じたものです。そして「こうして人間というのは、さらに進歩・発展していくのかな」なんて少し疑問でした。
 でもでも、この松井孝典さんの本を読んで、少しその解答が判った気がします。歴史というのは、ただ進歩・発展するものだとは限らないのです。
 私は司馬遷が「史記」を書いたときの苦労を思います。まだ紙の存在しない時代、竹の裏にあの膨大な歴史を書いていきます。でも実は残された「史記」の背景には、もっと膨大なる廃棄されてしまった、竹があったことでしょう。司馬遷はあの数十倍のものから、あれだけ取捨選択したのです。
 歴史は、前へ前へ進みますが、時代としては、停滞した時代、後退した時期もあるのです。インターネットや、携帯、iPod等々が進化発展していくように見えて、それが全部ではありません。

 そんなことを、昨日電車の中で考えていました。

 ああ、あと少しで、「東京音頭・平成版」がダウンロードできますね。すぐにiPodに入れますよ。

↑このページのトップヘ