将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Category: 周の『独楽吟のススメ』

13013106  2月1日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは わが2回目の 誕生日 喜び沸々 湧いて来る時

 ここのところ なにやらうれしい私なのです。還暦を無事迎えられてうれしい。良かったね!と一人で喜んでいるのです。

 還暦って、「2回目の誕生日」と言われるんだ。そうなんだ、ちゃんと知っておけばよかったな。

たのしみは 下手な絵のほうが 味があると 言われちょっぴり 元気付く時

 絵を描く人が私に言った言葉です。私は何につけてもセンスが無くて絵もよう描きません。画用紙とクレヨンを出されても固まるだけ。でも、一人で楽しむのならこれから絵を描くのも良いかもしれませんね

 私は絵がまったく駄目だから困ってしまいます。でも私の長女はいつも絵を描いているので、それを見ていつも喜び感心しています。

13012609  1月26日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 床をピカピカ 磨き上げ 心の中も すっきりする時

 お掃除も得意ではありませんが、きれいなところは好きです。きれいになるとすっきりしますね。

  いいですね。私も同様に心がけていこうかなあ。ちゃんと私も心を入れ替えるべきだなあ。

たのしみは 電話の無いのは 元気の証拠 離れて住まう 孫思う時

 数日前、熱を出したらしい4歳の孫。自分が孫を持って初めて味わうこの気持ち、私の祖母たちもきっと暖かい気持ちで私のことを見ていてくれたんだろうなぁ。

 私も自分の祖父、祖母を思い出しました。父方の祖父には会った記憶はありません。母方の祖母は私の横浜の家に泊まりに来てくれていました。あれは私が高校2年の時かなあ。孫はもう可愛くてたまりません。

13012413  1月25日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは ダウンしたって  独楽吟  作れることを  実感する時

 良く◯◯は風邪を引かないって言いますが、最近は、◯◯が風邪を引くんだそうです。滅多に風邪は引かないけど、残念、引いてしまいました。でも、大したこと無くて、独楽吟、作っています。

 私はずっと風邪は引いたことがないです。もう何年になるのかな。この王子に住むようになったからかなあ。

たのしみは 時効というもの  有るらしく  過去の過ち  忘れ去る時

  これからだって色んな失敗を繰り返すのでしょうが、過去を悔いても戻って来ることは無いので、色んなトラウマも克服出来るなぁと感じています。

「時効」ということは考えたことがないですね。法律的にはあるのでしょうが、私には考えられないです。

13012221  1月23日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 溜まったポイント 交換を 何にしようと 悩んでる時

 買い物でポイントを溜めると好きなものと交換してくれるというのでどんなものと換えられるのかリストとにらめっこしている時も何だか楽しいひとときです。

 ポイントって、みな妻にあげるようにしています。パソコン関連のものは自分で使いますが。

たのしみは 脳はまだまだ 成長すると 信じいろいろ 考える時

 体はだんだん、衰えますが、脳はまだまだ使われていないところが一杯あるような気がします。言葉を覚えるとかはまだ可能かもしれません。自分に限界を思わず、脳を使って行きたいなぁ!

 身体が衰えていることは感じています。でもその衰えに代わるものを私はパソコンにしています。いつもいろいろなことをパソコンに頼っています。

13012105  1月21日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 行きたい所に 友達を 誘い二人で 出掛け行く時

 何かしら宝物がありそうな所には出掛けて行きたくなります。一緒に行けたら超ラッキーです。

 そんなところを見つけ出すのはいいですね。私も探してみます。

たのしみは 子供の頃に 読まなくて 過ぎた童話を 今頃読む時

 本当は子供の頃に読んでおけば良かったのですが、いろいろあって読まなかった本を今頃読んでいます。今読んでいるのは、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」。なかなか面白いです。

 あれは『水滸伝』をいわば日本版にしている作品ですが、いい楽しいお話ですね。里見氏ってこれくらいしか華やかな話がないですものね。

13011708  1月16日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは テレビと同じ 誕生日 還暦近い ことを知る時

 1953年2月1日にテレビは放映開始したのだそうです。テレビも還暦ですって・・・。テレビは誕生して進化するだけで老化も認知症も関係無いなぁ。

 もうそんなになるのですね。今はテレビは食事の時に見るばかりですね。あ、孫の家では一緒に番組を見ています。

たのしみは エンジンかければ お向かいの犬 顔出して 見送りくれる時

 お向かいには2匹の犬(座敷犬)がいて、私が出勤のためエンジンをかけると大体は顔を出して見送ってくれます。かわいいです。

 いいですね。私はもう動物とは縁がない感じですね。仕方がないですね。

13011206  1月12日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 一日の終りに  安らかに  感謝の気持ちで  床に就く時

 永久の眠りに就く時も、かく在りたいと思います。

 私は毎日床に入ると一分以内で眠ってしまいます。もう何十年と同じですね。

たのしみは 川柳という  五七五  頭の中で  捻ってみる時

  独楽吟も頭の体操のようなものですが、川柳はユーモアとペーソスが入る短文。 うーーむ、なかなか難しい。

 何にしても私はこうしたものが苦手です。でもこうして破茶さんの独楽吟を知ることができて嬉しいです。

13011017  1月11日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 耳順式なる 式典に 心配しつつも 出席する時

 わが市では成人式のほかに10歳刻みで式があるようで2月某日に耳順式に出ませんかというお誘いが来ました。この土地で育ったわけではないので同級生も知り合いもいませんが、出てみようと思っています。

 いいですね。そうやって自分の住む土地になじんでいくのは羨ましいです。

たのしみは 香り気高い ランの株 数ヶ月経ち 大きくなる時

 去年の10月に頂いた紫香蘭というラン。花が終わって部屋の窓辺に置き、週1回水遣りをしていましたら、少し大きくなりました。また今年も花を咲かせてくれるようしっかり育てたいと思います。

 紫香蘭というランをそばで見ていられるというのは羨ましいです。私なんか植物は一切知らないですからね。

13010905  1月9日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは ロックナンバー  不明なる  三桁の揃い 蓋開く時

 根を詰めることの好きな私に持って来いの仕事が舞い込みました。この3桁のロックキー、もう20年以上も前のもので誰もナンバーを知らず鍵が開かなくて捨てるに捨てられないと、私のところにやって来た黒いボックスケース。000から一つずつ試し、246に来てパカンと開いた時の喜び。246で良かった!987だったりしたら、どれだけ疲れたことか。

 え、それはすごいですね。私なんかには到底できないことです。でもたとえもっと違う数字でも破茶さんはやりとげるんだろうな。ただただ感心します。

たのしみは テレビと机を 行ったり来たり 好きな演歌の流れ来る時

 流行り歌が好きで、歌謡曲の番組が始まると落ち着きません。石川さゆりさん、中村美律子さん、坂本冬美さん、歌手が変わる毎にテレビの前に移動。勘所を探ります。

 私は歌は詩吟しか知らないからな。いつも毎度のことです。今はlivedoorは歌詞を公開することができるので(ただしJASRAC管理楽曲のみです)、これは嬉しいです。

13010513  1月5日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 竹馬の友と パソコンの メールで賀状の やりとりする時

 50年前にお互いの道に別れた友達を去年インターネットで見つけ、出会うことが出来ました。遠い遠い記憶の友達でしたが、お顔は子供の頃の面影あり。お元気でいてくださることが本当に嬉しい。

 これはいいですね。私は小学校は5つで、札幌、名古屋、鹿児島ですし、高校も横浜でもありますから、日本中に友人がいるはずです。でもインターネットにはみんないないのですね。寂しいものです。

たのしみは 日脚の延びて 帰り道 懐中電灯 要らなくなる時

 寒さは厳しくなっていますが、日暮れは遅くなったようで年が明けての帰り道は 去年の暮れのように懐中電灯で道を照らす必要が無くなりました。これもうれしい!

 ああ、今日7日にまた私も孫たちに会いたいな。あとで私の友人たちにも私のMIXIで見てみましょう。あ、でも書いていないな。寂しいな。

13010404  1月3日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 元旦2日と 外出し 3日は家で まったりする時

 親戚に年始のご挨拶で隣県まで出て行きました。着物で行こうとしていましたが着付けに失敗、洋服で行きました。今日、着物にして初詣、その後洋服に着替えてほっとしました。

 私たちは2日に神田明神に初詣いました。元旦には長女家族が来てくれました。次女家族にも今日はケータイメールします。

たのしみは 仕事始めも 明日となり 正月気分に さよならする時

 明日から仕事。また忙しい日々が始まるけれど 今年も元気に頑張ろうと思う。

 今年もやらないとね。私もいくつか手紙を出さないといけないと思っています。インターネットのブログは今まで以上にUPしていきます。

13010110  1月1日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 歩こう会の 仲間たちと 高台に立ち 初日を見る時

  早起き苦手の私ですが、元旦ぐらい早起きして初日の出を仰ぎ、今年一年の無事息災を祈りたいと思います。

  あ、これを読んで私ももう元旦ではないですが、真似して、初日の出を仰ぎましょう。今年は少しはいいことができる思いです。

たのしみは 今年一年 去年より ずっとずーっと 良い年なる時

 2011年3月11日の大震災で被災した方たちに、以前のような平穏の日が早く戻りますように。今年こそ、拉致被害者に幸せな帰国がありますように。

 これはものすごく同感です。私も同じ思いをどこでも伝えます。

12123122  12月31日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

 「わたしの独楽吟」を読んでくださるあなた様へ 

独楽吟を作ることは前向きな明るい心になれるひとつの良い方法です。くすんだ気持ちの中から「たのしみ」を見つけ出すのは ちょっと大変かもしれないけれど 必ず有るものです。
「宝探し」のようなものですね。
きょうで今年もおしまい。
私の拙い「独楽吟」を読んでいただき 本当にありがとうございました。来る年も 続けて行きたいと思っていますので、よろしかったら読んでください。

 去年もこの破茶さんの独楽吟を読み続けました、今年もよろしくお願いいたします。

たのしみは 今年も無事に 年を越す 喜び感じ 歌作る時

 体調良好。気をつけなければいけないのは、そそっかしいがゆえの怪我です。来年も怪我や病気に気をつけながら、がんばろうっと!

 私も気をつけていきます。また今年いっぱい健康で行こうと思うばかりです。

たのしみは 読んでくださる 方々の 無事を祈って 歌を詠む時13010101

 本当に ありがとうございました。

 私は今も今年も元気ですよ。またやっていきましょう。

12123020  12月30日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 人の喜ぶ 顔を見る ことの喜び 求め行く時

  やっぱり喜んでもらうことが わが生きがいのような気がします。笑顔が一番。

「やっぱり喜んでもらうことが」って、私なんか実現できているのかなあ。いつもいつも自分はだめじゃないかと、そればかり考えます。

たのしみは しわしみたるみの 目だつ顔に 両目をつぶり 化粧する時

 若さからはどんどん遠のいています。化粧は塗りすぎると老いが目立ちしなければもっと老いが目立つ。大変難しい素材になりました。まぁ、ええさ!形ばかりの化粧をしています。

 昨日孫たちと接して、でも最後に一番下の孫が私と一緒にパソコンをやってくれて、ものすごく喜んでいた私です。その前に私のそばでガラパゴスでゲームを順番にやる孫たち、可愛いです。

12122901  12月29日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 犬たちもまた トリミングで 新年迎える 準備する時

 優しいお姉さんたちにトリミングしてもらって 犬たちも嬉しそうです

 もうすべてが新年を迎える準備なのですね。私の家もそうかな。昨日来るはずだった三匹の孫が今朝来てくれるので、嬉しいばかりです。

たのしみは 老いた父から 出る愚痴を 右から左へ 聞き流す時

 離れて住まう父親と暮れの墓参りに行ってきました。1920年生まれ。私は父の年までこんなに元気でいられるのか全く自信がありません。愚痴は言っても、気力があってしっかりしているのは尊敬です。

 もう結構なお歳なのですね。いつまでもお元気でおいでになることを希望します。

12122701  12月27日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 三味線披露と 言いながら 着物のおしゃれも 楽しめる時

  みんなの前で三味線を弾く時、着物のほうがかっこいいから、着物を着ますがそれもひとつの楽しみです。

 いいですね。破茶さんの着物姿も見てみたいです。

たのしみは 明日一日を 働けば 正月休みの 待っている時

  大掃除が待っていますが、今年は、伸餅を搗いてもらい、お節料理もお店に頼んで気楽にお正月を迎えられそうです。

 大掃除を私も真剣にやらなくちゃなと思いました。これは真面目にやるんだよ、と自分に言い聞かせます。

12122603 12月26日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 幼い孫たち 訪ね来て 程好く疲れ 熟睡する時

 まだ幼い孫たちの来訪。家の中をきれいにして、ご馳走の支度をして、いろいろ準備して待ち、来てからも大いにおしゃべりして 帰ってしまうと急に静かになり夜はぐっすり。家はきれいになるし、熟睡できるし良いことばかり。

 孫は可愛いですね。昨日は私の四番目の孫と接しました。もう笑顔になってくれて、ものすごく可愛く、嬉しいばかりでした。しばらく一緒にいました。

たのしみは 「夫唱婦随」のようでいて その実「婦唱夫随」でいる時 

 女のほうがやはり強いのじゃないかしら?

 どちらが強いのかは、私にはどうでもいいのです。でも私はずっと妻に従う自分でいたいです。
 写真は昨日の9時43分の東京湾アクアライン上のバスから見た東京湾です。孫のじゅにの保育園のクリスマス会へ行くところでした。

12122207  12月22日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 今更ながら 生理学の 教科書開き 勉強する時

 医学は日進月歩と言いますが、日進月歩は医学の世界だけではなさそうです。おなか周りの増加が起こすメタボリックシンドロームなども 最近わかって来たことですし、それについていくためにはやはり勉強しなくてはなりません。それもまた楽しいことかも。

 私は生理学なんてまったく興味を持ったことはないですからね、私には仕方ないと言ってしまえるほど何もしりません。

たのしみは きれいなビーズの 腕飾り さっと作って 腕に巻く時

 手芸は美しいものなので、心が安らぎます。少ない時間の中でたまにしか出来ないけれど、楽しみの一つです。

 この手芸とやらも私はまったく知らないことです。仕方ないよなと思っています。

X12121803  12月18日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは メジロのつがい 2組も ヒュイヒュイ鳴いて 庭に来る時

 わが家の近辺には、結構たくさんの野鳥が飛んできます。昔良く見かけたスズメやカラスもいるにはいますが、ヒヨドリ、ムクドリメジロ、カワセミ(これは庭には来ませんが・・。)等、良く見ることができます。一日で良いから鳥になってみたいと思うのです。空を飛べるなんて すばらしいことです。 

 野鳥が飛んでくるのはいいですね。我孫子で私の父は庭へ来る鶯を捕って(今はダメですよ)、雌は逃がし(雄しか鳴かないから)、また4月終わりになると「また来年おいで」と逃がしていました。そして翌年また同じ鶯が来るのです。私の娘二人が「またおじいちゃん、うぐいす捕まえたよ」と言っていたことを思い出します。でも前にもこのことは書いたものでした。

たのしみは 歩こう会の 友達に 遊ぼうよって 声かける時

 ここに移り住んで丸3年、歩こう会に参加することで少しずつ知人が出来てきました。同い年くらいに見えるYさんが、「あそこのイルミネーション、観に行こうってダンナ誘っても嫌だって言うのよ。」と。私、「ね!一緒に行かない?」と誘ってみた。子供の頃は良く「遊ぼう!」って誘ったけど、最近は相手の迷惑とか気にして滅多に誘うことの無い私でしたが、気楽になったのかな?

そういうわけで 今度観に行くことになりました、たのしみ!X12121804

 これで私は金子みすゞの「こだまでしょうか」を思い出しました。

こだまでしょうか

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「ばか」っていうと
「ばか」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、だれでも。

 こうして金子みすゞを思い出したことが嬉しいです。

X12121609  12月17日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 頭と口が ばらばらに 動く自分を 思い知る時

 きょう職場で「皆さん、次回の運動教室は今週金曜日です!」と言ったつもりでした。が、私の口からは『水曜日』と出たそうです。還暦を迎えることは喜びですが、「変な私」は健在です。

 もう還暦ですか。私ももうとっくに過ぎているのですね。昨日も三人の孫たちと触れ合って楽しかったです。

たのしみは 「還暦」の字を 間違えて 賀状を修正 正しく書く時 

「今年は還暦を迎えます。」と数人の方に書いたつもりでした。でも、還暦の「還」を「金環食」の「環」 、「暦」を「歴史」の「歴」と書いていたのです。気付いて良かった!漢字、難しいです。これは、自分で自分を笑っちゃってます。そして何か変?と感じてラッキーでした。

 私はいつもなんでもパソコンで書きますので、でもときどき間違えていて、またそれをあとで修正しています。



X12121306  12月13日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 敬愛していた 人の死に メールをくれる 友のいる時

 私は、俳優の「小沢昭一」さんのファンでした。ずいぶん以前のことですが小沢さんの書かれた本を読んで、感想を書いて送ったりしました。万年筆で書かれたお返事の葉書は宝物の一つです。そのことを覚えていてくれた友達からお悔やみのメールが届きました。

 小沢昭一さん、私も好きでした。でも思えば、本も読んだことがないなあ。今度読んでみます。

たのしみは バス中で観た 「フラガール」 感動物の また増える時 

 蒼井優さんが出た「フラガール」、楽しかった。常磐炭坑でハワイアンショウを作り上げていく映画。映画は短い時間で感動を与えてくれます。女優さんって すごいなぁ!ダンスがとってもうまい!

 蒼井優さんの出た映画は、「山田洋次『おとうと』」で見ました。それで泣き虫の私は映画でずっと涙を流していたものです。

12121108  12月11日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 強い寒気の 押し寄せて 空気がぴーんと 張り詰める時

  寒いのは苦手なのですが、寒さの中を歩くのは嫌いではありません。冬らしくて良いなぁと思うのです。

 だんだん寒くなって、昔よりつらいなあとは思います。でも私も「寒さの中を歩くのは嫌いではありません」ということで、元気に歩いていこうと思います。

たのしみは エアロビクスの リズムに乗って 皆の動きの 一致する時 

 仕事で運動教室の中に入っています。年代も性別も色々ですが、みんながリズムに上手に乗って動きが一致する時ってある種の感動があります。 

 いいですね。寒い季節なのに、こうしてみんなでやっていくのは、私も読んでいて、感激です。

X12121005  12月10日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 眼鏡を変えて  きのうまで  見えてなかった  星見える時

  いつの間にか眼鏡の度数が変わっていたらしく、眼鏡を新しくしたら冬の夜空にたくさんの星が光っていました。空気はつめたいけど嬉しくなりました。

  私も眼鏡は持っていたものなのですが、もうかけなくなって何十年となります。もういいや。

たのしみは ジングルベルを  三味線で  弾いてみようと  稽古する時

  先日チャンスを頂いて、みんなの歌に三味線伴奏で童謡を弾き、好評だったので次回はジングルベルを弾いてみたくなりました。たのしみです。

 孫たちに、クリスマスソングを聞かせようと思いました。もういっぱい喜んでくれるよね。

X12120908  12月9日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 久方ぶりの 上京で スカイツリーを ひと目見る時

スカイツリーを見に出掛けます。楽しみです。

 スカイツリーはあちこちから見ているのですが、まったくそばには行っていませんん。そうなんだなあ。少し考えてみようかなあ。

たのしみは 明日の朝の ウォーキング 必ず行くぞと 早寝する時 

明日は、早起きするつもり。がんばります。

 朝はいつも今頃の時間には必ず起きています。もうこういう習慣になって10年以上過ぎています。

X12120802  12月8日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 過去の過ち 重ねぬべく 折れるところは 折れて行く時

 一人では生きていけない自分なので、たいしたことじゃ無いことには折れて2人3脚で行こうと思います。そのほうが人生楽しい。

 私はどんなことでも折れないでやってくる傾向がありました。それを日々反省しています。

たのしみは ノースポールの ポット苗 ひとつ買い来て 地に植える時

 出張で出掛ける先に花や野菜のポット苗が無人販売で置いてあります 可愛いのでつい買ってしまいます。
 きょうは、有り金が少しだけだったので、ひとつだけ買って来ました 庭の空いているところに植えてやりました。わが家で花を咲かせてね!

 そうだな。こういうものにも目を向けないといけないのだと、自分に言い聞かせてみます。

12120704  12月7日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 新たな目標 湧いてきて 生きる希望に 満ちて来る時

 過去には しょんぼりすることもありましたが、今ちょっとばかり目標が出来てがんばらなくっちゃなぁと嬉しい気持ちです。そのためにも 体調管理をしながら努力継続です。

 体調管理か、私なんかもちゃんとやらないといけないなあ。孫のことを思い出し、懸命にやっていこうと思うばかりです。

たのしみは 五木ひろしを 聴きながら 嫌味の無さに 感心する時 

 五木ひろしさんの歌は好きです。申し訳ないけど作詞がイマイチかなと思える歌でも良い歌に聞こえます。

 うーん、例えば「よこはま・たそがれ」なんかは、「作詞:山口洋子/作曲:平尾昌晃/編曲:平尾昌晃」の歌で、かえってあのような歌詞を並べることで、成功したと思えるのですね。前にはやらなかった手法なのです。はっきりいえば、驚くべき手法だったのです。作詞の山口洋子さんにはただ感心するばかりです。ただし、私はこの歌はそれほど好きにはなれませんが。以下その一部です。X12120411

よこはま たそがれ ホテルの小部屋
くちづけ 残り香 煙草のけむり

 こういうふうに、単語をあえて並べるのですね。

X12120403  12月4日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 柿大好きな 犬っこに カキなる言葉 わからせる時

 犬は言葉がわかります。「散歩」とか「クッキー」とか大好きな言葉です。柿が大好きとわかったので今は「カキ」が「柿」だということを教えようとしています。今はまだわかっていないから、「柿むこうか!」と言っても反応しません。

「犬は言葉がわかります」って、よく分かります。でもちゃんとした会話はできないのですね。いつも首を傾げていた表情を思い出します。

たのしみは 就業時間の 目一杯 忙しくって 疲れ果てる時

 幸いなことに今の職場はなんだかんだと忙しく あっという間に終礼です。夜は熟睡できるし、嬉しいことです。

 私も夜はすぐに眠れます。でもこれは大昔からです。

X12120301  12月3日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 祖母とおんなじ 年になり 祖母の言葉を 思い出す時

 子供の頃、祖母が病気の友人を見舞って言った言葉を覚えています。年をとったけど気分は20代だよね、と。そんな意味合いの会話をしていたのを覚えています。その頃の祖母の年になりました。そう、全く同じ気持ちです。

 私も年はとりました。ただ、「20代だよね」とは思わないのです。20代よりは進化しているつもりです。

たのしみは 休日の夜 きょうぐらい 良いじゃないかと コーヒー飲む時

 防災訓練でご近所の子供たちに救急法を教える仕事をしました。子供たちは素直で可愛い。でも緊張しました。夜は のんびりお砂糖の入ったコーヒーを飲みました。メタボ注意で普段は砂糖を控えています。

 私はコーヒーは一切飲みません。砂糖も使いません。お菓子は孫のところへは持っていきますが、一切口にしません。昨日ポニョが言っていました。「じいじは本当に甘いお菓子食べないんだね」。「そうだよ、じいじはいつも同じです」。

X12120105  12月1日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 家人に不評の 朝ドラを これも良いわと 続けて観る時

 通常の朝ドラは優等生の女の人が主人公みたいな感じだったけど、今回のは 私にとって『そうだよね!』『私も心の中でそう叫ぶだろな!』と思うことが結構多いため まぁ早く言えば劣等性みたいな子だから共感できて観ています。

 今の朝ドラの「純と愛」は、私のブログでも毎日(日曜日を除く毎日)書いています。いつも「今日はどうなるのかなあ?」と思って見ていますよ。

たのしみは 進んで世話役 買って出て 六、七割の 成功成る時

 4人の子供たちが、大方満足に大きくなれたのも 周りの方たちのお陰だと思い 自分に出来ることはご恩返ししたいとひとつだけ世話役をしています。7年目位になりました。年に2回活動していますがきょうがその日でうまく行くことを願うばかりです。

 私は2人の子ども(女の子)と4人の孫(男の子二人、女の子二人)です。もうじいじになってしまったばかりだなあ、ということを感じています。これじゃいけないのですね。

12112419  11月24日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 「徹子の部屋」を  観てついつい  つられ笑いに  誘われる時

 昨日の客席は女優の「奈良岡朋子」さん「大滝秀治」さんを偲ぶ追悼番組何だか客席に同席してるような錯覚に陥り、アハハと笑っている自分を発見

 私は奈良岡朋子さんも大滝秀治さんも好きでした。鹿児島の方で私の母が奈良岡朋子さんに似ているといわれ続けた方が居まして、彼女を見るとそれを思ったものです。大滝秀治さんは、先日見た降旗康男『あなたへ』で私が最後に書いた通りです。いくつもの映画を思い出します。

たのしみは 冬枯れの庭  山茶花の  花一輪と  初めて遭う時

 雨が上がった庭に降りたら、夏にヒヨドリの巣が出来ていた山茶花に この冬初めての紅い花を見つけました。私と顔が合ったって感じでした。

「ヒヨドリの巣が出来ていた」なんていいですね。もうマンション暮らしだとそんなことがなくなってどくらいになるのでしょう。

12111903  11月19日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 家人不在の 冬の夜 葛湯くるくる かき回す時

 葛湯ってさっぱりしていてちょっぴり甘くてそれほど美味しいものではないけれど 寒い夜には心がほっとあったまります。

 葛湯って私は飲んだことがありません。どうやって飲んだらいいのかな。どっかで探してみようかな。それで飲んでみて感想を書いてみます。

たのしみは ポインセチアを 頂いて その育て方 本に読む時

 草花は大好きなのですが、あまり良く知りません。育て方を良く読んで大事に育ててみたいものです。

 私はこの草花もよく知りません。知らないことばかりだな、と思い、これまた知ってみましょう。

12111610  11月17日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 今の暮らしで どうやって 楽しくなるか 考える時

 子供に戻るといいますか、とにかく楽しいことが好きで いろいろ考えます。
子供将棋というものに今は挑戦しているのですが、相手の動物たちにぼろ負けで めげそうです。将棋の才能もなさそうです。

 私は昔から姪のみーねえの息子たちにトランプを誘われても、「周ちゃんは博打はしないんだ」なんて言って逃げ回っていました。いつも「トランプは賭け事じゃないの!」なんて言われていたものです。

たのしみは 北の事務室 「寒いね」と 言いつつ せわしく仕事する時

 今いる部屋の寒いこと!温度計で調べたら、20度もあります。肩や背中が冷えてしょうがないのに 20度! 20度では暖房をつけられず、それでも仕事が忙しいので寒さを忘れて仕事しています。

 もう歳をとってじいじになると、寒いのがきついです。でもまた孫のところには出かけます。いつものことです。

12110810  11月8日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは みんなで歌う 童謡の 三味線の譜を 作ってみる時

 今度、みんなで歌う歌の伴奏を三味線でしてみることになりました。クリスマス会に三味線、ちょっと変だけど 楽しいかも。「ジングルベル」に「赤鼻のトナカイ」いろいろ譜面を作ろうとしています。

 もうそんな時間なのですね。いいなあ。私もこうしたクリスマスの漢詩を作ってみるかなあ。「大聖基督」という七言絶句は昔詠ったことはあるのですね。

たのしみは 救急法で 子供らに 三角巾を 教えてみる時

 地域の防災訓練で子供たちに救急法で三角巾の使い方を教えます。子供たちのエネルギーをもらえるのでたのしみです。

 いやあ、それは楽しみですね。私もいつも孫たちにいくつもの元気をもらっています。

12110605  11月6日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 自分で探し 行くよりも 求められるが 楽と知る時

 自分の運命は自分で切り開いていかねば!の精神で歩んできましたが振り返ってみますと、探して探して切り開いてきた道よりも やるだけの努力をしているうちに回りから求められて動くほうが 楽に行くことに最近気がつきました。

「回りから求められて動くほうが 楽に行く」ということに自分から気がつかないといけないのですね。なかなか気がつかないよね。

たのしみは 戸を閉てられぬ 人の口 自分も言ってることを知る時

 水野源三さんという詩人(故人)の歌でこんなのがあります。

  「私がいる」
 ナザレのイエスを
 十字架にかけよと
 要求した人
 許可した人
 執行した人
 それらの人の中に
 私がいる

12110606 知らず知らずに罪を犯す人たちの中に私もいるのです。

 文語版の聖書をときどき読んでいます。マタイ傳ばかりでしたが、このごろはマルコ傳も読むようになりました。

12110509  11月5日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 冬を控えた 植物に 敷き藁などを 施しやる時

 この所、体調不良やら何やらで独楽吟を作れずメルマガが滞りました。先日久し振りに笑い学会浜松支部の活動に参加、楽しいひと時を過ごして来ました。独楽吟、頑張って書いて行きたいものです。

 うん、でも私は毎日待っていましたよ。「体調不良」か、でもこれから書いてくれることを期待します。私もなんとか生きていますよ。「頑張って書いて行」ってくださいね。

たのしみは 演奏会を 前にして 楽器の稽古を し始める時

 今度、小ちゃな演奏会が有って、それで、稽古不足を幕は待たないという感じで急にまたお稽古を始めた私です、三味線。

 私も詩吟をやらなくちゃいけないのですが、やる場所に困るのですね。なんとかやっていかないとなと思っています。

12102403  10月24日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 「この指とまれ」の 案内状に 「出席します」の 返事来る時

 受身より攻撃の好きな私、忘年会の案内状を出しました。欠席のお返事がぼちぼち届き始めました。

「この指とまれ」なんて懐かしいな。私は小学校が5つ、中学は1つ、高校は2つ、大学は1ついましたから、それぞれ参加していたはずなのですが、今はもう分からないです。

たのしみは 当たり少ない 懸賞に 応募し後の 結果を待つ時

 懸賞なんて当たることは滅多に無いけど、忘れた頃に当選と出るかもときょうもひとつ応募してみた私です。

 懸賞なんて応募したことはないですね。ずっと興味もなかったです。

12101610  10月17日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 今週末に 友と行く 酒場とやらに 思い馳す時

 職場仲間と飲みに行くことになりました。終末までにはまだ日があります仕事、がんばらなくっちゃ!

 まだまだたくさんの日があります。私なんか、いつも孫といっぱい接しています。昨日も三匹のところへ行きまして接しました。ポポに「バイバイ」といわれるのがちょっと寂しいのです。

たのしみは 「泥流地帯」を 読み終えて 達成感を 頂ける時

 何の本もそうなのですが、最後まで読み終えたときの爽快感はうれしい。村上春樹さんの本は案外短時間に読めたけれど、今回読んだ三浦綾子さんの「泥流地帯」「続泥流地帯」は案外時間がかかりました。「苦難の意味」をテーマにしたものでした。

 三浦綾子さんも随分前に読みましたが、その本が思い出せません。本は長年年間300冊を超えていましたが(290冊読破だと20年を超えています)、今はもう100冊くらいになりました。今はもう読むことよりも、このブログで書くことが大事だと思っています。

12100812  10月8日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 高校時代の 友と写る 笑顔の写真を 飾って見る時

 屈託なく笑う二人の写真、ただ懐かしく嬉しい。故郷に帰れない私の宝物のひとつ。

 もう顔写真は撮らなくなってしまいました。そういうクセになったようです。でもこれからはよく撮らないとなあ。

たのしみは 離れて住まう 孫4人 遊びに来ては 帰り行く時

 今5歳・3歳・10ヶ月それぞれの孫たちが来るたびに少しずつ成長しているのが感じられ、嬉しいひととき。つい写真をばちばち撮ってしまいます。

 私も孫が現在四人です。ここのサイドバーに「ポコ汰はいくつになったの?」から、その誕生日が分かります。今日、5歳、4歳、2歳、1歳なのです。

12100704  10月7日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは ノウゼンカヅラを 植えつけて 来年夏の 開花を待つ時

 夏にオレンジ色の大きな花を咲かせるノウゼンカヅラを ヤマモモの木の傍に植えてみました。うまく育つといいですが。

 私は植物って、まったく分からないから、こうして字で読んでも想像もできないのです。恥ずかしいな。

たのしみは 未だ実をつける ナスを抜き 来る季節の 庭にする時

 夏も終わりということで、この夏たくさん実をつけてくれたナスを全部抜きました。ナスの葉にメンガタスズメという蛾の幼虫がいてびっくりしましたけど。 

 もう夏も終わりですね。暑いのは嫌いですけれど、夏が終わるのはなんだかさびしい思いにもなります。

12100411  10月5日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 低調だった 体調の 上向く兆しを 体感する時

 季節の変わり目のせいか、体調を崩していましたが、主治医のお薬で回復してきました。体調が悪いと気分まで暗くなるものだなぁと実感。独楽吟もなかなか作れなかった、反省。

 私はこうして、独楽吟を読めることが嬉しいばかりです。今後もずっと期待していきますよ。

たのしみは 三連休だと 思うだけで 幸せ気分の 湧いて来る時

 仕事が苦しいとか辛いとかはほとんど感じないのですが、お休みはうれしい。のんびりできるから。

「三連休」って、始めて気がつきました。今回は四人目の孫に会いに行きます。

12093004  9月30日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 七日遅れで 帰宅した 夫と犬の 元気なる時

 ドライブ旅行はやはり帰って来るまで安心は出来ないので、無事に帰って来てくれるとホッとします。犬も大喜びで甘えて来ます。

 こうしてみんなで会うと嬉しいでしょうね。そのときの気持が伝わってきます。

たのしみは 今日で9月も お終いで 残る三月の 無事祈る時

 今年も元気に9ヶ月過ごすことが出来ました。長い間サボっていた三味線も復活させることが出来ましたし、良いことばかりの一年でした。あと3ヶ月、体に気をつけながら日々充実の日にしたいものです。

 今年もあと3ケ月か。これからはもっと早く時間が進むのだろうな。

12092814  9月29日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 独楽吟の 何一つ 出て来ぬ日々も 平和なる時

 ここ数日独楽吟は何も浮かんで来ません。仕事に追われて一日があっという間に終わってしまいます。でも、心は平穏です。また、ふっと浮かんでくる日もあるでしょう。

「心は平穏」というのはいいですね。私は昔からの友だちに「手紙を書こう」と思ったところです。

たのしみは おしゃれ楽しき 秋近く 服のカタログ 眺めてる時

 どうも、地味な無難な色の服を選びがちなので、友達の助言で華やかな色の服に注目しようと努力しています。

 昨日は私の一番上の子のプールを見に行きました。上中里から駒込まで自転車で行くのですが、もう私はばててしまいました。元気な孫たち(この子は自転車で先導してくれました)に、じいじはついていくのがやっとです。

12092603  9月26日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

 今度の旅で一番嬉しかったのは、20歳の頃から会っていない小学校時代の親友や、高校・大学(私は専門学校)時代の友と出会ったこと。九州ツアーが実現しない時のことも考えて、連絡せずにいた友と前日の電話で会えて良かった。

たのしみは 四半世紀の 時を越え 昔の友と 語り合う時

 お互いにそれぞれの苦労があったようです。でもこうして出会えた幸せをつくづく感じた次第です。

 いいですね。私は小学校時代の友人には会っていないものなあ。

たのしみは 100円ショップで 色々な 生活用品 見て歩く時

 100円ショップにはいろんな使える物が置いてあります。え?これが100円?みたいな感じで、結構楽しめます。

 100円ショップは時々買物をします。でももう他の店とは変わりない存在に私にはなっています。

12092205  9月22日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

 旅も終わりに近づきました。明日は帰宅です。楽しいことは早く過ぎます。

たのしみは 阿蘇草千里の 中にいて 人間ですがと つぶやきみる時

 大自然の中にいますと、人間一人の無力さを感じます。土から生まれて土に帰るすべての生物と変わりない自分だと感じます。

「人間一人の無力さを感じます」というのは、そうなんだなあ、と思います。ただまだ土に帰る気持にはなれない私なんです。

たのしみは  いきなり団子に ちゃんぽんに 九州名物 堪能する時

  サツマイモと餡がたっぷり入った「いきなり団子」も「長崎チャンポン」もしっかり食べました。予は満足じゃ〜!

 こうした九州名物は私もよく知っていたはずなのですが、もう味までは思い出せません。

12092106  9月21日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 子供の頃と 変わらない 友の笑顔に 癒やされる時

  今回の旅では、故郷の幼友達との再会で嬉しいひとときを過ごすことができました。会えて良かった。

 そうですね。鹿児島へ行ったのですね。懐かしい思い出の地で嬉しかったことでしょう。

たのしみは  霧島山の 清浄な 空気の中に キャンプする時

  坂本龍馬も新婚旅行で訪れたという霧島で温泉に浸かり 自炊のカレーライスを食べました。9月半ば、広いキャンプ場でゆったりと時が流れます。

 龍馬・楢崎龍の旅行は新婚旅行と言われています。ただ木戸孝允(桂小五郎)の京都三本木の芸妓幾松(木戸松子)との萩行き(途中城崎温泉等に寄ります)が日本発の新婚旅行といわれます(龍馬たちより一年早い)。龍馬たち二人は「天の逆鉾」(私も修学旅行で行きました)をいたずらで抜いてしまったと言われるのですね。

12091912  9月19日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

  再就職してから家族旅行は行けないものと諦めていましたが、1年ぶりに家族での旅に出てきています。夫婦と犬2匹の好い加減旅行。旅に出る前の腰痛も、温泉に浸かりながらの旅ですっかり良くなりました。

たのしみは 旅人同士の挨拶で 地域情報 キャッチする時

  鹿児島県出身とは言っても、高校までで、旅にもあまり出ていませんから、九州旅行も初めてのようなものです。30年前の鹿児島とは様変わりしていて、全くわかりません。
  旅先で挨拶を交わし、ここがお勧めだとか教えて頂くのも旅の楽しみの一つです。

 鹿児島も変わったことでしょうね。いえ私は27歳で少し歩いた思い出しかありません。もうそれから40年近くなるのです。

たのしみは  湯から上がって  土地土地の 冷えた牛乳 一人飲む時

 牛乳は特別好きというわけでもないのですが、お風呂上りは何だか飲みたくなります。有難いことです。

 私も牛乳はいつも飲んでいます。もう昔の瓶の牛乳の時代とは違うなということを感じています。

12091406  9月14日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは カメラウーマン 気取っては 友の写真を 取りまくる時

  きょうは、雑誌に載せるという彼女の写真をいろんな角度からパシャパシャと何枚も撮って見てもらいました。もっと違う角度が良いかなぁ?と聞くとこれで良いこれで良いとのこと。自然体で撮れるとカメラを撮るのも楽しいものですね。

 私も常時カメラを持っていて、どこででも撮っています。今日は孫のお神輿をしているところを撮ります。ポポはまだ担げないだろうな。でも喜んでいる顔が見えるでしょう。

たのしみは  仕事を離れ 1週間の 気儘な旅に 出発する時

 今度は客船で九州に渡ろうと思います。犬2匹も一緒の家族旅行です。

 うわー、いいですね。そうして犬も一緒の旅だと犬も大喜びでしょう。

12091304  9月13日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 明るい色を  着る友と  ブティック巡りし  試着する時

  一人で服を買いに行くより、おしゃれ好きな友達と行く方がずっと楽しく良い買い物が出来ます。たまには良いです。

「ずっと楽しく良い買い物が出来ます」というのはいいですね。そんな時はいいだろうなあと想像できます。

たのしみは  腰痛高じて  オススメの  整体師在り  楽になる時

 原因がはっきりしないけど、かれこれ10日ほど腰が痛んで辛いので知り合いに勧められた整体師のところで施術して貰いました。ちょっと楽になった気がします。

 今思い出の中にある整体師を何人か思い出しました。そうだな、どこでも腰等が悪いという人は多いのですね。

12091103  9月11日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 久方ぶりの 腰痛も 生きてる証拠と いとおしむ時

 このところ、みんなの前で上がって血圧が180くらいになったりして疲れたんだと思います。久方ぶりにぎっくり腰に片足を突っ込んでいる感じです。歩けますから大丈夫なのですが・・・。これも生きてる証拠だと思えばそう苦になりません。

 180というのは高いですね。私はこのごろは上が140台ですね。でも下が低いので、嬉しいです。

たのしみは あと数日を 働けば 家族旅行の 待っている時

 久しぶりに、一家で旅行に行く計画があります。早く腰痛を治さねば!ファイト! 

 昨日も長女の家に行きまして、孫と触れ合いました。

12090808  9月8日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは みんなの前で 堂堂と 「出世街道」 歌ってみる時

 私が苦しかった時、畠山みどりのこの歌は、大いに応援歌でした。今でも感謝の気持ちでこの歌を歌います。不思議ですが、カラオケを歌っているときは全く上がらないのです。

 前に破茶さんと一緒に飲んだときに、この歌をお聞きしました。そのときは不思儀だったのですが、こうして今分かった思いです。

たのしみは 職場で偶然 知り合った 異国の人とも 語り合う時

 ブラジルの人です。私は、鹿児島県出身のせいか街を歩いていても若いころから良く「ブラジルの人?」と間違われました。日本ではちょっと受け入れられないわが性格もブラジルなら受け入れてもらえるかもしれません。ブラジルの言葉を覚えていくのも、将来的には良いことかも知れません男性名詞、女性名詞とかあって難しいです。

 英語はそうじゃないけれど、男性名詞、女性名詞なんて、あちらの言語では普通なのですね。そんなことをいくつも思い出します。

↑このページのトップヘ