将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Category: 鈴さんのブログ

b09b4a91.jpg

 わが家のおかあさん2010.01.07へ、鈴ひとみさんから、以下のコメントをいただきました。

1. Posted by 鈴 ひとみ   2010年01月07日 09:37
周ちゃん
あけまして おめでとうございます
今年も宜しくお願いします
今年は寅年
ゆかりちゃんが年女です
きゃらめるで会いたいですね(^−^)
今朝 ベランダから
右手に富士さん
左手に朝焼け
真ん中に 白い月を
望むことが出来て 最高の気分です
周ちゃんには 良い年になりますように(^−^)

 ありがとう。ひとみさんの年賀状もものすごく嬉しかったです。また手紙も書きますね。
 そうね、きゃらめるでも会いたいのですが、もう前のようには飲まない私なのですね。とにかく、飲むよりもやることがたくさんありすぎるという思いですね。
 今年は私には、実にいい年になると思っています。

続きを読む

46d0748d.jpg

 私の 今私の顔写真が必要になったのですが鈴さんが以下のコメントをくれました。

1. Posted by   2009年12月21日 10:18
お久しぶりです お元気ですか?
おはぎさん 絵が上手なんですね
周ちゃんの特徴 よく捉えてますね(^−^)
寒さに気をつけて 良いお年をお迎えください
                  ひとみ

 鈴さん、ありがとうございます。私は元気ですよ。お酒は毎晩の晩酌くらいです。
 でもね、一つ前に書きましたように、私は自分のケータイを壊してしまったのです。ですから、ひとみさんのケータイメールもケータイ番号も今判らないのですね。
 今はもうケータイでこんなことになると、もう大変な事態ですね。それに私はスカイプ名も換えたので、スカイプでも連絡できないのです。だから、ケータイ番号、アドレス等々を私のGメールに教えてもらえますか。
 でも書き込みをありがとう。私の長女のおはぎは、小学校の図工の教師で、もともと大学も文教大学の美術課は私が選んだのです。たぶん、私の父は、このおはぎの大学の推薦入学を知って亡くなりました。おはぎもじいちゃんがとっても好きなはずでした。
 次女のブルータスも何故か同じ大学を目指しまして、今は千葉県の教員になっています。
 私は娘が好きですから、娘の働く学校へ行くのですが、娘は迷惑らしくて、嫌がっているみたいです。実は姪たちの学校へも、運動会や授業参観に行くのでしたが、みんな心からは歓迎してくれないようでした。
 今は姪の子どもものイベントにも行っています。もちろん、これからは私の孫のイベントにはいっぱい登場しますよ。ようるするに、「ハイ!」なんて手をあげなければいいのです。
 いつも綺麗なひとみさんを思い出しています。そしてブログをUPしているのが、ものすごく嬉しいです。
 私も自分のブログだけでなく、他にも書いていますよ。
 あ、私はひとみさんに私の赤いふんどしを見せたことがあるかなあ?

a934924e.jpg

 私が日々生きているということ 鈴 を拝見しました。このUPを読んでいますと、眠るってことは大変なんだなあと思っています。
 鈴さんのUPには、次のようにあります。

ずっと 起きてて こんな時間になっちゃいました
サー寝ますよ〜って 布団が呼んでいます
それじゃ おやすみなさ〜い

 そしてでも、コメント覧には、

結局 昨日は朝方まで起きてて 今頃眠い私です(−−;)

とあります。
 うーん、私は「眠る」というと、すぐ眠ってしまうのです。私は孫をよくあやしていますが、すぐそばで添い寝は絶対にしません。横に寝ると、私がすぐに必ず眠ってしまうからです。
 私の長女が、まだ赤ちゃんのときに、私は添い寝をしてあやしていたそうですが、すぐに私がゴーッと眠ってしまったらしくて、長女は顔をあげて、私を見て困っていたそうです。それを私の妻が見ていました。それでもうそれ以来、私は私が寝ると必ず眠ってしまうのを恐れて、絶対に添い寝しないのです。
 もういつもすぐにゴーッと眠る私ですから、とにかく孫にも添い寝しないことと、そして眠っても、また今もけっこう短い睡眠時間で起きてしまいます。ただし、昔よりは眠る時間が長くなりましたね。

続きを読む

71ed837b.jpg

 鈴さんのブログが開設して9ケ月目 に、その鈴さんが、以下のコメントをくれました。

1. Posted by ひとみ(鈴)    2009年07月23日 07:22
周ちゃん おはようございます
周ちゃん ありがとうございます
これからも ずっとずっと 宜しく お願いします
姪御さん ご結婚 おめでとうございます

 ひとみさん、わざわざありがとう。私の姪はまだ20歳いや21歳だから、私にはまだまだ小さい子どもで、私の娘二人をとっても慕っている感じなのですね。だからもう結婚というと、驚いてしまいます。でもいいことだなあ、嬉しいなと思います。こうして私の身内もどんどんと増えていくのですね。本当に嬉しいことです。
 昨日も、私の孫二人に会いました。これがもう可愛くてね。下のポニョはもうすぐ満1歳になります。もう私には二人とも可愛くてね。でもいつも私は身勝手で、ときどき長女に怒られています。いえ、長女のほうが正しいのです。
 ひとみさんにお会いしたいけれど、なかなか機会はないですね。
 だからまた手紙を書きますね。今年は、昨年と違ってなかなか手紙を書いていられないのよ。このひとみさんへのお手紙で、今年はやっと100通目の手紙になります。
 私の孫にも葉書を書くのですが、二人はまだ小さいから、字が読めませんものね。

続きを読む

d8964b24.jpg

 私が日々生きているということ 鈴このUP がありました。

鈴です(^−^)
2009/7/23(木) 午前 2:24

私の周りの 愛しいものたち
ありがとう
みんなみんな 愛おしくって しょうがない
ありがとう
私はあなたたちに 生かされているんだな
嬉しい 嬉しい・・・

ブログ開設 きょうで9ヶ月目
今まで ありがとう

 もう、そんなに時間が経ったのですね。嬉しいことですね。ブログもなかなか毎日UPしていくのは大変なのですね。いえ、私はもうずっと平気でやってきましたがね。
 でもこうして鈴さんがずっとUPされていると嬉しいです。
 毎日UPしていったからといいましても、だからどうだということはないのですが、でもいいことですよ。

 私は今手紙も書いています。今度結婚する私の姪にも手紙を書きました。だって、私もとっても嬉しいのですもの。私が姪に手紙を書いて、私の義父が笑顔でいてくれることを思います。義父のお墓参りにも、私の二人の娘とその彼、二人の孫を連れて行きたいです。
 そしてまた私は義父の墓のある神戸で、くだくだ飲んでいます。

続きを読む

4eacb455.jpg

 あ、本当にひさしぶりで、嬉しいです。元気になったのかなあ?

 http://blogs.yahoo.co.jp/suzunosukelove1206 私が日々生きているということ

 このブログを毎日見ていまして、「どうしたのかなあ?」とばかり考えていました。

今日は東京都足立区綾瀬にある武道館で
卓球の試合を見てきました
最前列に陣取り 愛ちゃんの勇士を見てきました

 うん、こうして何かを少しでも書いてくれると嬉しいです。

続きを読む

408467ee.JPG

「惑星ソラリス」へのコメント へひとみさんからのコメントへさらにひとみ(鈴)さんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by ひとみ (鈴)    2009年04月21日 12:42
周ちゃん こんにちは

周ちゃんも 保育園に行ってたんですねぇ

可愛らしい 保育園児だったんでしょうね

そして 今度は 周ちゃんの お孫さんが保育園に

行かれるんですね

お孫さん 可愛いでしょ(^−^)

私は いつになったら 孫の顔がみれるんでしょ?

今度 きゃらめるで お会いしたいです♪

 どうもありがとう。私はね、秋田市で保育園に入ったのね。それでたぶん3つくらいのときだろうな。
 それでそこは保育園と幼稚園が併設されていたと思うのですね。それで、幼稚園の年長さんのときに、札幌市へ引越になりました。この札幌のめばえ幼稚園に最後7カ月いました。そしてそこを卒園して、幌西(こうさい)小学校に入学しました。思い出せば、最初入学して、1年生のクラスは70名の子どもがいたのでした。
 そこも2年の3学期の1月に名古屋の南区へ引越することになりました。そのときは、母が私と弟(弟は思えば、2年ちかくあの幼稚園に行っていたのでしたね)を連れて、めばえ幼稚園に挨拶に行きました。フィンランド人の女性の園長先生が優しい言葉をかけてくれたのを、よく覚えています。あ、思えば、この幼稚園で卒園のときにもらいまして新訳聖書(口語版)は、今も私のすぐそばにあります(ただし、今は文語訳の聖書しか読まなくなりましたが)。
 名古屋の小学校は、南区の桜小学校というところです。私たち家族は若草町というところに住んで、私はたくさんの思い出があります。私の兄は、秋田で中学に入って、札幌に転校して、そして中学3年の3学期に名古屋の中学へ転校したのね。私の兄を、その中学の中3のクラスの先生方が一人も引き受けようとしないで、私の母は、実に悔しい思いをしたようです。名古屋の先生は、「北海道のような田舎から、この3学期の忙しいときになんだ!」という思いだったようです。でも札幌は、言葉も綺麗な標準語でしたが、名古屋は実に判らない言語の名古屋弁でしたね。
 でもでも、私の家族は1年くらいで、また名古屋の千種区へ引越したものでした。

 私の孫は今二人です。もう可愛いよ。私の下の妹のブルータスも結婚しましたから、早くまた孫が生まれるのがもう待ち遠しいです。
 私の二人の娘は、二人とも小学校の教員で、その彼も教員です(長女おはぎの彼は違う職種だったのですが、臨時教員になり、通信で資格も取り、昨年の試験に受かりまして、今年から正式採用になりました)。今度の連休に、長女家族4人と次女家族2人でディスニーランドに行きます。私はそのときの話をポコ汰に聞くのが今からおおいに愉しみなのです。
 思えば、私ももともと(と言っても大学へ入る頃ですが)は教員になるつもりでいたのですが、大学2年のときに東大闘争で逮捕起訴され、その後保釈になってもまた大きな事件で逮捕起訴されて、実に社会に出てからも、その関係は続きました(ようするに、まともに就職できないのよ。公民権停止が続きました。あ、選挙権もなかった)。だから、今こうして子どもたちが、教員になっていると、その姿を見ていると、実に嬉しいです。私には、どうにもならなかったことでしたからね。

 でもひとみさんは、「きゃらめる」に出られることはあるんですか。もう私は、どこかで飲んでから、またきゃらめるに行くというのは絶対にしません。一軒目で行きまして、すぐに帰るようにします。どうみても、酒がまるっきり弱くなりました。
 とにかく、まともな私を目指します。でもひとみさんのブログを読んでいて、実に嬉しいです。これからも更新を続けてくださいね。

続きを読む

53e5f134.jpg

「惑星ソラリス」へのコメント へさらに 私が日々生きているということ の鈴さんから、次のコメントをいただきました。

2. Posted by ひとみ (鈴)    2009年03月25日 21:38
周ちゃん
お久しぶりです
お元気ですか?

私の絵本『ホワホワ、ホワッきい』が完成しました

見て頂ければ幸いです

ヨロシクね(^−^)

 これは以下の ホワッきい で読むことができます。

 私も今も改めて読みました。今回はコメントも含めてすべて読みました。次の鈴さんのコメントも読みました。

今 友達が ホワッきいを 絵本に作ってくれてます(^−^)

 ペイントで綺麗に描けるのですね。
 私はね、けっこう絵本も読んでいますよ。それは、周の雑読(絵本・童話篇)備忘録 で読むことができます。

 孫のポコ汰にも絵本を読んできましたが、今度はポニョにも読んであげましょう。ポニョはお兄ちゃんのポコ汰のことが大好きなんです。もうすぐ4月から二人は保育園に行きます。どうなるかなあ、といつも思っています。

 思い出せば、私は秋田で初めて保育園に行っていたのですね。それからやがて、札幌で小学校入学まで7カ月幼稚園に通いました。思えば、あの頃も絵本をよく見ていたものでしたね。
 その頃のこともよく思い出していますよ。

続きを読む

b68e64f4.jpg

「惑星ソラリス」へのコメント へさらに鈴さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by ひとみ    2009年03月05日 03:17
周ちゃん
昨日は雪でしたね 風邪等ひいていませんか?

「トラックバック」のこと
あんなに詳しく調べてくださってありがとうございます
(・・・ちゃんと解らないおバカな私 これから PCのこと いっぱい 勉強しなくっちゃ)

3時を過ぎました
周ちゃんはもう夢の中ですね きっと

この時間になって眠気が覚めてしまいました

このまま起きて朝を迎えましょうか・・・

明日も素敵な一日になりますように(^−^)

                ひとみ

 どうもありがとう。
 トラックバックのことは、一度実際にやってみるといいと思いますよ。やってみると、ものすごく判ってきてしまいますよ。
 それと、これからは、ひとみさんのことを「鈴さん」と呼んで行きますね。

 私の今住む王子では昨日は雪が少しも降らなかったのです。同じ東京でも違うものですね。
 私はよく夢をみていますよ。いや見ないというほうが私にはありえないことです。それで私は、夢の中の日常 という部屋を私のホームページ内に持っています。それで、その続きを私のブログでも続けています。
 これからも私の見た夢のことは書き続けます。でももう書かないことも多くなっています。だって毎日見ているのですものね。
 このブログには、できるだけたくさんのことを書こうと思っているのですが、なかなか果たせません。私はこのパソコンの前にいるだけじゃなくて、よく外も歩き回っているのです。この王子も走り回っていますが(自転車で)、電車にもよく乗っています。電車の中では本を読んで、ポメラを打っています。なんとなく、大忙しですね。昨日は、私の義母の確定申告をしました。そして、他にもたくさんのことをしました。
 パソコンを使えると(もちろんインターネット接続したパソコンです)、いろいろなことができるでしょう。もう私は、いろいろなことを、自分のパソコン内に置くのではなく、できるだけインターネットのあちら側に置くようにしています。自分のPC内だと、もし壊れちゃったら大変じゃないですか。

 あ、鈴さんは鎌倉行くのも好きでしたね。私はなんとか今の仕事を完了させ(けっこう大変ですが)、この3月内に鎌倉を歩こうと考えています。鎌倉を歩いて、いつも実朝を思い出しています。

続きを読む

e4761c93.jpg

 ひとみさんのブログ「私が日々生きているということ」に、この 惑星ソラリス がUPされていました。

アンドレイ タルコフスキー監督の映画
宇宙ものの映画の中では最高点を占める(私の中で!)

この前 公開された「ソラリス」(私は見ていませんが)は「惑星ソラリス」のリメークです

地球がガイアと呼ばれ 星も生きているのだと思います
ソラリスは頭脳を持った星でした

もう一度映画館で観てみたい映画の一つです

 私は、私のホームページの 周の書評(SF篇)に、この原作の小説のことを書きました。

   http://shomon.net/bun/sf4.htm#remu
        スタニスワフ・レム「ソラリスの陽のもとに」

 ここに私は次のように書きました。

 問題は、狭い空間の中での各自の妄想であることと、いやソラリスの海こそが高度な生命体だということが、このSF上の宇宙空間では同じことかもしれないと私は思ってしまうところです。この著者はポーランドの作家であり、この作品がそのロシア語版からの翻訳です。まだまだソ連邦が健在のときのSF作品です。そうしたことから思ったのは、社会主義国家こそがひとつの強烈な意思であり、そのなかに生きる各個人が見ていることはただの妄想でもあり、また国家が作り出してしまった現実でもあったのかもしれないということもまた考えてしまいました。

 でも映画も、この小説も印象深い内容でした。

 そもそもガイアとは、ギリシア神話においての初源の女神であり、カオス(混沌、宇宙の元はこんとんとしたものだったのでしょう)の娘です。そしてウラノスを産み、このウラノスを夫として、クロノスを産みます。ウラノスは、この自分の子のクロノスを恐れ(自分の地位を奪うと考えた)ますが、結局クロノスが世界を支配します。このクロノスまでは神というよりも、巨人族でした。
 やがて、このクロノスからゼウスが産まれます。クロノスも我が子ゼウスを恐れ、殺そうとしますが、結局はゼウスが勝利して、新しい神々の時代を創ります。
 おそらく、このクロノスの巨人族というのは、ギリシア人ではない、アジア人のことなのでしょうね。

 あ、余計なことばかり書きました。私はまず「トラックバック」を説明するために、このUPをしたものです。

続きを読む

↑このページのトップヘ