将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Category: Kumie'sBlog

7c74f517.jpg

「遅ればせながら5月3日手賀沼ウォーキングの写真です」KumiesBlog「女性と仕事」さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by kawamoto    2009年05月17日 08:33
先日は1周20キロ歩くことが目標で、周辺を見て歩く余裕がありませんでした。
次回からは7、8キロ程度にしてもっと楽しもうと思います。

 あの手賀沼の周囲すべてを歩くというと大変なことです。でもどこにも水鳥がいて、実にいいところでしょう。あの手賀沼は地下の水路で利根川にもつながっているのです。でも歩いていくと、河童がいるというのが本当に思えてきませんか。
 我孫子市がもう少し整備してくれれば、もっとたくさんのものを見ることができると思いますよ。将門神社なんて、ただそのままあるだけですからね。将門の井戸もただあるだけです。実は湖の反対側の湘南にも別の将門神社があるのですね。

続きを読む

2a0441f8.jpg

 Kumie'sBlog女性と仕事このUP がありました。

 手賀沼の最寄駅は我孫子駅と思い込んでいましたが、誘ってくれた友人は北柏駅から歩き始めました。確かに、駅から沼までの距離は北柏の方が近いようです。サイトを見ると、自然と歴史の道、文人が愛した湖畔を巡る、手賀沼復活の試みを訪ねるほか、いくつものコースがあります。

 私は我孫子には、随分長く住んでいました。私の二人の娘は、保育園、小学校、中学校とこの我孫子で育ったものです。そして我孫子といえば、この手賀沼とは随分親しんできたものです。ここに掲げられた写真もよく思い出せます。手賀沼は、もう水鳥がものすごい数がいるでしょう。大きな水鳥もいるんですよ。
 それと手賀沼は歩くと、けっこうな距離があるでしょう。北柏からだと我孫子駅を下ったあたりから、天王台、さらには湖北のそばまで歩けます。距離がありすぎるかもしれません。湖北のほうまで歩くと、将門神社があります(ただし、歩いて行きましても、この神社にたどりつくのは大変ですよ)。この神社へ行くと、いつも将門様が語りかけてくれます。神田明神の将門様とは違って、少し荒々しい神様ですね。

続きを読む

b7ee25d6.jpg

 周の雑読備忘録「戸澤宗充『あなたが生きている理由』」へ、川本さんが、以下のコメントをくれました。
 でもそのレスを書くのが、こんなに遅くなりました。ごめんなさい。

1. Posted by kawamoto    2009年02月22日 21:19
取り上げていただきありがとうございました。
この駆込み寺開設にあたっては、友人の僧籍を持つ弁護士が、毎朝、新橋駅で読経、托鉢して資金協力をしていました。

 こうして協力する方がいて、いいことですね。思えば、羨ましい思いまでします。私なんか、いつも自分のことを「面倒な人だからなあ」なんて思ってしまうものです。

 いやいや、私も自分で考えていつでもやりきらないといけないとまた考えてみたものです。ただ毎日がとにかくものすごいスピードで通りすぎます。毎日あたふたと焦っているばかりです。

続きを読む

34e5f218.jpg

 今、この私の友人のブログを読みまして、「アッ」と声をあげました。昨年10月31日の「母の履物」というUPには、「母は来年1月で100歳になります。…………このところ体調が良いようで……………」とありましたが、ちょうど100歳になられた翌月に亡くなられたのですね。

 この今月2月12日のUPには以下のようにあります。

母の前にあるのはバースディケーキ、蝋燭は100本です。
近くのケーキ屋さんではそんなに大きなケーキはできないと断られ、上野桜木のパテシエ稲村省三さんのお店にお願いしたそうです。
年明けあたりから食が細くなっていたようですが、母はクリームを少し舐めたそうです。

 私は日暮里駅谷中口からいくお店には開店した当初から、ここのチョコレートを手に入れるために行っています。

   チョコレート専門店「ショコラティエイナムラショウゾウ」

 いえ、私はチョコなんて、口には入れられないのですが、でもここで手に入れて、いろいろな方にプレゼントしています。

 お母さまには、お会いしたことはないわけですが、いい家族にみとられていたのですね。私もここで合掌します。

続きを読む

b8a8f995.jpg

 Kumie'sBlog性と仕事このUPがありました。厨子マリーナに義理のお兄さんお姉さんを尋ねられたことが書いてありまして、私もなんだかあの厨子マリーナを思い出しました。私は三度行きましたことがありました。
 一度目は、ここにつながれているクルーザーの側面にロゴをつけるのですが、そのデザインを決めるためです。二度目は、そのクルーザーに乗りに行きました。乗っても私はただ飲んでいるだけですが。三度目は、私のボードセーリングの仲間と行きまして、翌日厨子で、私たち中年のボードセーリングのレースをやる目的です。
 もう日曜日に帰るときには、私は必ず一人で、小町通りで飲んでいました。

 でもその小町通りでの、お孫さんの写真を見まして、私も今6カ月目の孫のポコちゃんを鎌倉に連れていける日を考えました。
 私は昨年は2度鎌倉を歩きました。最後は、結局飲んでいるのですが、昔必ず寄っていた飲み屋もなくなってしまい、寂しい限りです。思い出せば、前には私は鎌倉からの帰りには、いつも東京駅のステーションホテルのバーカメリアで飲んでいましたね(あそこは日曜日もやっていました)。
 今度は、私は孫を連れて歩くのだから、小町通りで、このKumieさんのお孫さんの姿のような、私の孫の姿を見て、ニコニコ笑っていようと思いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ