将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Category: あまちゃん

1309280813092809
 私はこのドラマを毎日見ていました。そして最後の2013年9月28日には、ここにこうして載せましたように、ただデジカメでテレビの画面を撮っていました。
 私はただただこの物語を見ていたばかりです。
 その画像をこうしてここに載せます。
1309281013092811
 これは男女の愛の物語でもなく、ただただ「あまちゃん」と呼ぶばかりのお話でした。ここにこうしてその画面を載せていきます。
1309281213092813

A13092005 今日でこの「あまちゃん」は終わりです。また私はあとでこの話への思いを書きましょう。
 この北三陸手鉄道ができたのは1984年ということです。思い出しますね。私の長女おはぎが生まれた時です。
 いいドラマでした。ただただいいドラマでした。A13092007
 またいくつも思い出していくことでしょう。

A13092008 3組か、いいなあ。
 夏ばあ、いいです。春子さん、綺麗だなあ。
 夏ばあ、引退するんだ。
 鈴鹿ひろ美と春子さんが一緒に飲んでいると嬉しいです。影武者問題か、そうねえ、いろいろ思うな。
 いいなあ、すべてがいいです。

A13092601 さあ、また「あまちゃん」なのです。
 嬉しいな。また涙になります。鈴鹿ひろ美のいうことに感激です。私は涙ばかりになります。そのあとの親子(またもうすぐ義理関係になるんだよね)も泣いてしまいます。
 そのあとの結婚式はいいなあ。私はものすごく嬉しいです。

A13092501A13091202「あまちゃん」なのです。
 春子さん、どうしたのかなあ。心配です。春子さんが唄うのじゃないかなあ。
 あ、鈴鹿ひろ美が唄っている、もともと薬師丸ひろ子は歌は上手いものなあ。いい話だなあ。
 もうこうなって私はいいです。感激しています。

A13092006 さあ「あまちゃん」を見ます。もう今週で終了だから、なにか総括的なことを書かないといけないのだなあ。
 鈴鹿ひろ美の音痴なことがバレちゃうのかなあ。このままではどうなるのかなあ。
 北三陸鉄道の試運転だ。
 大吉の結婚(再婚というのかなあ?)はどうなのだろう。私も列車に描いている言葉で感動して、涙を出して笑いました。
 いいなあ。良かったな。

A13092001「あまちゃん」を見ます。
 今週で終わりになるのですね。しっかり見ていきましょう。
「可愛いほう」と「なまっているほう」って、いいなあ。
 面白いな。
 みんな面白い。あ、太巻と鈴鹿ひろ美が結婚するんだ。

A13092002A13092004 さあ、「あまちゃん」です。
 もうもうすぐこのドラマも終わりになりますね。肉丼を食べている鈴鹿ひろ美もいいし、怒っているじいじもいいなあ。
 1984年か、「ジョージ・オーウェル『1984年』」を思い出します。いいなあ。
 笑うなあ。
 あ、荒巻も来た。
 来週は最終回だ。

A13092010A13092011 昨日「あまちゃん」をテレビで昼に見ていました。その時にデジカメで撮りましたのが、この二つの画像です。
 こうしてテレビを撮るのもいいですね。

A13092001 今日は朝は見ていられなかったので、昼の部でこの「あまちゃん」を見ています。
 アキとじいじはどうなのかなあ。
 私は3人の孫とは仲いいです。もう一人の孫じゅににはなかなか会えないので、少し悔しいし、まだ字も書けない読めないので、悔しいのです。でももうけっこう手紙は書いていますが。
 さかなくんがでてくれるんだ。
 アキのじいじが戻ってきた。鈴鹿ひろ美もいる。
 海はウニがいっぱいいる。私は嬉しいです。
A13092003

A13091204
「あまちゃん」です。
 鈴鹿ひろ美が北三陸でチャリティライブをやるんだ。大変ですね。
「みんないらいらしている」って、分かるなあ。
 また私は涙になります。涙ばかりだなあ。いいなあ。みんなで海女カフェを綺麗にしているのは。
「泣くな!」という声に、私もでも泣いてしまうのです。
 海開きと同時の日なんだ。

A13091702
 ユイちゃんのいうことを、そのままやっていってほしいです。いいなあ。
 アキもいいなあ。あまちゃんて言われてもいいよなあ。
「私はまだ渦中にいるのだから」って、その通りだなあ。
 いいなあ、春子さんがやるんだ。
「海女カフェ」でやるんだ。いいなあ。

A13091701「あまちゃん」が始まります。
 昨日は「重い」っていう語を使いすぎました。
 いいなあ。でもユイちゃん、少し毒舌なんだなあ。なんか、また涙になります。
「面倒くさい、ユイちゃん、お帰り!」っていいなあ。
 アキは本当にいい子ですね。私はまた好きになりました。

A13091201 もう「あまちゃん」です。
 水口とユイちゃんが久しぶりに会います。でもユイちゃんには………、難しいな。
 でもアキはユイちゃんのことが重いのかなあ。重いんだなあ。
「やっぱり重い」、………そのあとのアキがいい。
 勉さんの言い方がいいです。重いです。

A13091205
 もう8時です。今日はいい天気で明日は雨になります。
 マスターいいなあ。もう感激してしまいます。
 正宗いいこというじゃないか。でも春子さんは怖いなあ。でもでもそのあとの展開もいいです。
 いいなあ。
 夏さんが、いいなあ。

A13091301
 さて「あまちゃん」です。
 寝ている人、琥珀の人を除くと……って、いいなあ。
 なんか、ユイちゃん怖いなあ。また涙になります。
あ、なんだ種市の店のマスターが来ました。マスターも来てくれたんだ。

A13091201
 また「あまちゃん」になります。
 種市先輩が帰ってきました。でもユイに会ってしまっています。少し心配です。
 アキのいうことに私は涙になります。
 夏ばあのいうことにも私は涙です。
 この種市とアキの高校の歌を私も唄います。 

A13082302
 もう「あまちゃん」です。
 復興祈願か、分かるなあ。私も協力したいです。あ、どうしたらいいのかなあ。
 平成元年か、懐かしいな。いろいろと思い出しました。
 春子さんのいうこともいいです。分かるなあ。
 安部ちゃんがいいなあ。
 アキは海女カフェを再開させるんだ。

A13090101
 さあ、「あまちゃん」が始まります。
 また私は涙になっています。
「やっぱり、オラ、この海が好きだ」って、いいことばだなあ。アキは「言葉を失った」ということです。涙ばっかりだなあ。
 ケータイメールは無料(同一機種だと)だけど、まだこのときはそうじゃないのかなあ。無料でも電気代はかかるけれど。
 笑うところを見ていました。いいなあ。

A13090105 アキが、潜ってもウニがいないのです。なんだか、あのころを思い出します。あの日のあとはいっぱい思い出すことがあります。
 また涙になるなあ。
 ウニの多くが死んだんだ。こうしたことを今知るんだなあ。
 ああ、そうだ。たしか9・7の放送で、ポスターにユイちゃんの海女姿があったなあ(はっきり見られないのですが)。

A13090102 この回は、朝が見ていられなく、昼はちょうど私の親しい友人とケータイで話していました。それでそれでも私の記憶にある限り(NHKのサイトも参考にしました)書いてみます。
 アキは教育テレビで子ども番組「見つけてこわそう」に出演しているわけですが、それが再開されます。ただし、タイトルは替えられます。
 これで懸命にやるアキなのです。でも故郷(思えば、アキは東京育ちだから、北三陸は正確には違うわけなのですが)に帰る気持になります。
 だがJRで向かうと、そこはものすごく変わっていまっているのです。
 アキの大好きな夏ばあばはどうしているのでしょうか

A13082802 さてまた「あまちゃん」を見ます。パソコンにもこのファイル移動してUPしないとなりません。
「海女カフェ」は「あそこには懐かしいと思うものはないよ」といわれてしまうのだねえ。
 夏ばあばのいう「それが人間の傲慢さだ」というのは分かりますが、でもアキが海女カフェを復活させるというのはいいです。
 ユイちゃんも変えてよ。変わってよ。

A13082901 昨日は、この私の「あまちゃん」に関するUPはすべてこのポメラは使わないで、パソコンのみでやったものでした。仕方なかったのでした。
 アキが北三陸に帰ります。でもそこは地震で変わり果てていました。また私は涙が流れます。
 また涙になります。私はもう駄目だなあ。夏ばあはどうしたのかなあ。
 でも最後がみんな良かった。良かった。もう私の涙はどうするんだ。

 あ、思い出した。昨日は昼の部をずっとauケータイである友人とおしゃべりしていたのだ。だから将門Webには書いていないのです。
でも上のように思い込んでいたのでした。

A13090104 昨日の放送で、夏ばあはそれほど元気には見えなかったのですが、どうなんだろう。
「ストーブさん、忘れていた」とアキは思い出しました。私も忘れていたんだよ。
 ゆっくり考えごと、ってなんだろう?
 また私は涙になります。
「ユイの笑顔だけ思い出せない」つって、つらいなあ。私も涙が流れます。
 今日が一番涙が流れたかなあ。

A13090101 夏ばあはどうしたかなあ。
 あの日は、ユイが「もう行けない」というのだ。私もあの日のことをいっぱい思い出していました。
 また私は涙になっています(あ、春子さんがナレーターだ)。
 あの日のことを思い出します。
 夏ばあ、大丈夫じゃないかなあ。テレビの中では元気にウニ丼を五つ作っています(だいぶくたびれているようですが、そしてたったの五つですが)。

A13090103 さてもうこの時間なのですね。
「あまちゃん」が始まります。
 あの時の地震だ。私は忘れることはできないです。あの日はよく覚えています。神戸大震災の時も、実に驚いたものでしたが、今度の震災では、天野の夏ばあが心配です。

A13082601 今日の朝刊を見て思いました。日経新聞の「春秋」にありました。

 岩手県と東京を舞台に話が展開するNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。物語の中の時計が、東日本大震災の起こった2011年3月11日午後2時46分を迎えそうなのだ。

 私はその前の阪神大震災も思い出します。あれはもう随分昔のことになりました。私の二人の娘が震災後の神戸を義父と義母(二人のおじいちゃんとおばあちゃん)と一緒に訪れたものでした。
 私は「フーテンの寅おとこはつらいよ」でも、寅さんが阪神大震災のあと一生懸命に震災地のがれきの中でボランティアしていた姿を思い出します。

 このドラマではどう描いてくれるのか、しっかり見ていきます。

A13082603 今日は日曜だから、この「あまちゃん」の放送はありません。でも書きたい思いです。ああ、写真はドラマでは、アキがNHK教育テレビでやっていたというものです。
 こうしてさかな君も出てきて、私も嬉しいです。
 私は教育テレビも見ますので(おはぎの家で三人の孫とよく見ています)、この画像は嬉しいものです。
 ただもうすぐ、東日本大震災が起きるのですから、それがものすごく心配です。

A13082301 今日は朝はこれを見られませんでした。孫たちが来ていて、ディズニーチャンネルをテレビは見ていたのでした。もう帰りましたから、これが見られる訳です。
「親娘(おやこ)の○」か、いいなあ。(私はこの○が分からないのです)
「地元へ帰ろう」か、いいなあ。
 夫としてはいいけれど…って、鈴鹿ひろ美は太巻と結婚しているんだ。
 驚いちゃうなあ。
 夏ばあ、大丈夫かなあ。
 そして悲しいことになるのです。
 2011年になります。大震災の年です。もうすぐその日が来るのですね。あの日のことは忘れません。私も忘れられません。いつまでも覚えています。

4A13082903 毎日いくつものことがありますね。
 昨日は昼の番組を見ました。今日は朝でも見ていられます。
「あまちゃん」がだんだんあの震災に近づいていることを私は感じています。
 いよいよ主題歌のレコーディングなのですね。
 アキ、がんばってね。
 春子さん、唄ってください。今現実の世界でも小泉京子が唄っていて、そのCDが売れているんだよね。
 なんか、私は怖いなあ。
 そして私はまた涙になります。
 アキ、いいなあ。アキの唄う歌はいいです。でもなんだか私はまだ涙です。

A13082902 こうして「あまちゃん」を見るためにリビングのテレビの前にきます。
「母ちゃんのように、強(つえ)え女になる」。また私は涙になります。
 涙ばかりなのです。
「駄目ね。結局向いていない」。「向いていないけど、続けるのも才能よ」。
 いいなあ、私はどうしようかなあ。  

 この画像は、一昨日ヨドバシカメラ秋葉原の7階の書店で本を見ていました。

A13082801 正宗パパ、大変だなあ。
 アキを見て、アキには鈴鹿ひろ美の背中が夏ばあに思えるんだ。なんか、分かるなあ。
 なんか、また涙になります。
 ユイちゃん、大事なところに来るなあ。
 心配ですね。
 どうしても夏ばあの思いに涙になります。

A13082604「貪られるって」、小説の一シーンとしては、いいなあ。
 この「前髪さげお」って、嫌な奴だなあ。種市こらえろ、こらえろ。
 ユイちゃんは知っているんだ。種市とアキのことを。考えてしまいます。

A13082602 今日もこうして「あまちゃん」を見て行きます。
 鈴鹿ひろ美がずっと喋りすぎです。
 映画って難しいのだなあ。出演しているスターは大変だなあ。
「いずれ出ていく」か。難しいな。
「まだ、ワンカットもとっていないよ」って、そうなんだなあ。

A13082301 さあ、「あまちゃん」です。
 このテーマ音楽の時もずっと見てきています。水口いいなあ。私はいつも彼の俳優のお父さんを思いだしています。
 水口が小田勉にいいます。「原石、やっと輝きました」。いいなあ。嬉しいな。
 アキが鈴鹿ひろ美とダブル主演ということです。
 いいなあ、がんばってください。

A13081903 アキはどうなるのかなあ。心配です。いや種市とはうまくいってほしいのです。
「百万倍の男」って、何なのかなあ。
「今逃げちゃ駄目だ」って、いいなあ。
 鈴鹿さん、どうかなあ。
 太巻、何とかしてよ。あなたの思いが何とかなるんだよ。
 こうした結果になって私は嬉しいです。

A13081904 アキちゃんは、いつになく大胆だなあ。ああ、うまく行ってほしいです。
 天野春子って、言っているけれど……アキじゃないじゃないか。太巻、間違えているよ。
 いろんなことを思い出しました。
 なんだか、笑いました。

A13081905 こうしてまた「あまちゃん」です。
 夏ばあばが……嬉しいです。
 いいいなあ、ユイちゃんのお母さんもいいなあ。どうしても涙になります。
 いいなあ。
 種市とどうするのかなあ。

A13081901 夏ばあばがよかったな。息を吹き返したんだ。
 嬉しいです。こうして毎日書いている私には嬉しいばかりです。
 あ、このごろ毎日30分くらいの短い昼寝をしています。これがいいのですよ。

A13081902 夏ばあが倒れたんだ。心配だなあ。嘘じゃないんだ。
「オラには夏ばっぱがついている」って、そうだよ。なんか涙が出ちゃうな。
 また私はいつも涙です。どうしてこんなに涙になるのでしょう。
 きっと大丈夫です。私はそう信じています。

A13080804 アキが春子さんに詰問されています。いや、そんな鋭い問じゃないか。
 アキがどうなるのかな。
 荒巻はもうこの業界にどっぷりつかっているんだ。
 ああ、夏ばあばが心配です。
 なんだか、いっぱいのことがあって見ているほうも大変です。

A13080807 もう「あまちゃん」の時間になります。
 会社の企画会議か、昔もあったなあ。
「仕事が恋人」って、なんだかおかしいな。おかしいというか笑うよなあ。これを「恋人が仕事」っていっちゃうんだよね。
 笑っちゃうよな。
 笑ってばかりです。
 笑ってばかりで、面白いな。

A13080806 昨日はこの「あまちゃん」はブルータスの家で昼のを見たものでした。
 ユイちゃんの叫びはよく分かります。でもお母さんを許してあげてくれないものかなあ。
「ユイちゃんは格好いいものね」。
 ユイちゃん、お母さんと仲良くなって……、私の強い願いです。
 いつもありがとう。

A13080808 ブルータスの家でも「あまちゃん」です。今はブルータスの家で昼のを見ているのです。
 正宗はよくやってくれるなあ。
 夏ばあばのお土産はユイちゃんのお母さんだ。
 ユイちゃんの言うことはいいけど、正しいけれど、夏ばあばの言うとおりです。
 私じいじは思うのです。

A13080901 さて「あまちゃん」です。今日もさかなくんが出てくるのかなあ。
 さあ、今日はアキはどうなるのかなあ。
 ユイちゃんのママが春子さんと話しているよね。「どんどん、遠くに行きたくなって」か、難しいなあ。
 自分勝手だけど、仕方ないよな。春子さんの言う通りです。
 いい知らせと、悪い知らせ、か。
 ユイちゃんが海女やっていることがいわば新しい知らせなんだ。
 ユイが東京へ出てこないんだ。

A13080803「あまちゃん」が始まってしまいました。焦ってテレビの前にきました。
 種市に出前に行かせるアキは面白いな。
 恋人を作ってはいけないのだ。
 太巻と鈴鹿ひろ美が昔は恋人同士だったのだ。
 え、驚いた。春子さんがユイの母親と会うんだ。

A13080805 また「あまちゃん」を見ます。
 春子さん役の小泉京子の歌のCDが売れているようです。驚く事態のようです。
「アキちゃんがいなくても、ユイがいいなあ」というのは、なんだか嬉しいことです。
 でもそのあとはなんだか、アキのことを思うと私は悲しいです。水口のことも考えます。
 いっぱいいくつも思います。
 また涙になってしまうなあ。

A13080802 今日も「あまちゃん」です。
 やっぱり春子さんは迫力あります。
「太巻マジック」か、すごいなあ、でも私には分からないよ。
 春子さんの迫力もアキにはどうなのかなあ。またどうしても泣けてしまうなあ。

A13080801 さあ、「あまちゃん」が始まります。
 春子さん、えらい迫力だなあ。
 ユイちゃんが海女になるんだ。驚くなあ。
 また私は涙が流れそうです。
 春子さん、何に驚いているのかなあ。何を思ったのかなあ。

A13072906「あまちゃん」です。
「指導が的確なので、助かっています」って、いいなあ。春子さんの指導はいいんだ。でも荒巻が駄目だなあ。
 いや、だから私は経営者としても駄目だったのです。
 この四人はどうだろうか。
「春ちゃんがやりのこしたこと」ってなにかなあ?
 今後どうなるのかなあ。

↑このページのトップヘ