べっぴんさん

2016年12月26日

べっぴんさん2016.12.26

2016122605
2016122601
2016122607
2016122606
今は7時51分です。今日から今週の「べっぴんさん」になります。
 24日にはこのドラマでもおはぎの家でも「メリークリスマス!」で良かったです。さあ今日はどんな「べっぴんさん」を見せてくれるのかなあ。

 紀夫の言葉に私はまた涙です。この主題歌もここで書いていかないとなあ。
 キアリスを法人化か、そうなのだなあ。
 本来は会社の法人化と事業の安定は関係ないのだけどなあ。
 でも麻田が社長になるのだなあ。
 いいなあ、こうしてみんなで話していくのは。
 昭和24年か、私はこの時はまだ0歳です。
 キリアスはいいなあ。
 紀夫はいいです。キリアスは変わるのだ。
20161226082016122609


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月24日

べっぴんさん2016.12.24

2016122401
2016122404
2016122402
2016122403
2016122405
今は7時55分です。今日で今週の終わりです。
 さくらの言うことで、私は涙が流れます。
 紀夫は辞めるのだ。
 喜代さんが退院した。これがみんなには一番のクリスマスプレゼントです。
 紀夫の決意は聴いていて、難しいことを言うな、私はそう思ってしまいます。でも紀夫の話を聴いているうちに納得します。
 五十八も亡き妻を偲ぶのだ。みんな「メリークリスマス!」だ。
 これを見ている方も、メリークリスマス!
2016122406
2016122401
2016122407


shomon at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月23日

べっぴんさん2016.12.23

2016122301
2016122301
2016122302
2016122303
 今は7時50分です。もうNHKテレビを見ています。

 潔とゆりが心配です。あ、潔のお父さんが現れた。もう亡くなっているのだけど、また私は涙です。「命は継ながれていくものなんや」という言葉に私はうなづきました。私は5人の孫がいるのです。
 潔の「わしはゆりとちゃんと家族になりたい」という言葉にまた涙ですお腹の子どもを二人で(いやもっと多くの人たちと)大事にしてゆくのだ。
「夢を見る」っていいことなのだ。その夢とは、現実に夜寝床で見てしまうものと、将来の夢でもいいのだ。
 紀夫が「坂東営業部を辞めさせてくれ」と五十八に言うのだ。
 もう考えちゃうなあ。
20161223042016122305
2016122306
2016122307
2016122308
2016122309



shomon at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月22日

べっぴんさん2016.12.22

2016122201
2016122202
2016122203
2016122204
 今は7時10分です。

 もう始まりました。
 さくらはクリスマスプレゼントを手にしています。私も孫へのプレゼントを用意しないとなあ。
 潔はゆりに会いに近江へ行っている。
 さくらの小さい時は可愛いなあ。今も可愛いのですが。
 ゆりは潔の何が気に入らないのだろう。分からないなあ。ゆりは難しいなあ。でも違うのだ。難しいなあ。
 すみれがさくらと眠っているシーンはいいなあ。
 すみれの書いている「キリアスガイド」はいいです。
 私も孫へのクリスマスプレゼントを必死に考えます。
2016122208
2016122205
2016122207
2016122206


shomon at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月21日

べっぴんさん2016.12.21

2016122111
2016122112
2016122103
2016122102 今は7時48分です。
 今日もキアリスの4人・ゆりを見て行きます。

 さくらが「家出って、なに?」と聴くのがなんか悲しい、悔しい。
 潔は大変だなあ。潔は麻田のところへ出かけている。
 夫婦は難しいなあ。潔のいうセリフが私にはむなしいです。
 さくらはどうしたのかあな。さくらは赤色がすきなのだ。でも難しいなあ。
 さくらの語る話はつらいなあ。いろんなこと(私自身の思い出です)を思い出します。
 さくらの寝顔は可愛いなあ。あ・目を開けた。
 さくらのリボンが可愛い。
 すみれは頼りになる存在なのだ。
 いいなあ、すみれは「べっぴん」を作るのだ。  
2016121601
2016122113
2016122114


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月20日

べっぴんさん2016.12.20

2016122002
2016122003
2016122005
2016122001
今は7時51分です。
 神戸元町は私の故郷でもあります(私の義父と義母のお墓があります)。神戸のことをいつも思い浮かべるのです。
 すみれはキアリスを辞めたのだなあ。なんか、詳しく考え込んでしまいます。そうなのだなあ。
 クリスマスセールか、私の家では昭和27年に秋田市のデパートがやったサンタクロースが来たものでした。
 面白いな。
 明美がすみれの家に来た。
 ゆりの心の中を思います。
 ゆりが泣くのだ。私も泣きそうになります。
 すみれは頑張って家のこともやり、キアリスガイドも書くのだ。
2016122006
2016122007
2016122008
2016122009


shomon at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月19日

べっぴんさん2016.12.19

2016121907
2016121906
2016121908
2016121910
2016121911
  こうしてテレビの前に来ました。さあ、この番組を見ていきます。
 今日もすみれにもゆりにも紀夫にも潔にも会いたいです。

 すみれの言うことは突然のことだなあ。また私は涙が浮かんでしまいます。今涙を拭いました。困ってしまいます。
 さくらの言う疑問は当然だ。
 とんでもないことです。
 悲しいことだなあ。でもすみれが深く考えたことなのだろう。
「みんな悩みながら子育てしている」………、大変なことだなあ。
 明美が言うのはいです。大切なことです。「真似していいんです」というのはいいです。
 ゆりの「赤ちゃんができた」という家族への報告にまた私は涙です。
 いいなあ、「道しるべ」か。いいなあ。
2016121909
2016121901
2016121905


shomon at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月17日

べっぴんさん2016.12.17

2016121804
2016121811
2016121808
20161218012016121806
2016121805
 今は7時52分です。
  さあ、この番組を見ていやされていきましょう。

さくらは可愛いなあ。そしていい娘です。
  ゆりが「夫婦って、一体なんだろう?」というのは私も考えてしまいます。
  ゆりが潔とうまく行ってほしい。
  ゆりが子どもが生まれたことを潔にいます。潔は大感激です。
すみれの思いはなんだろうか。
  明美はいいなあ。変わってきたのだ。
  こうして変わることはいい。
  君恵のお義母さんも今はいいなあ。
  すみれがキアリスを辞めるって、ものすごく驚きました。
  そうしたのだろう。私では明確に分かりらないのです。
2016121807
2016121809
2016121810


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月16日

べっぴんさん2016.12.16

2016121604
2016121603
2016121602
2016121442
今は7時58分です。

キアリスの支店ができた。いいなあ。もう見ていて嬉しいです。
 最初の日の売り上げがすごいのです。嬉しいなあ。
いいなあ。でも紀夫が心配だ。
 さくらは今も起きてまってくれている。
 紀夫、もっとまともに優しくなれ! さくらはお母さんが心配だ。さくらはいいなあ。
 また私はすみれが心配で涙になります。あ、やっぱり心配なことが起きた。
私は心配で涙です。昔なら、もっと根性があったのですがね。困ってしまいます。
すみれの3人の家族はいいなあ。私の涙を考えてしまいます。駄目ですね。さくらの問いかけはいいなあ。2016121436
2016121437
2016121438
2016121439
2016121440
2016121441



shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月15日

べっぴんさん2016.12.15

2016121709
2016121701
2016121502
2016121504
 今は7時37分です。もう「べっぴんさん」を見る用意です。

 あ、子どもが三人いる。
 面白いなあ。旦那たちは、新しい武君を大事にして。
 このお義母さんもいいなあ。
 すみれはいい、他のお母さん方と一緒に協力していくのだ。
 喜代の語ることで、私はゆりの心の中を思います。
 ゆりは子どもができたのかなあ。私は嬉しいです。
 でも紀夫がすみれを心配する様はいいです。
紀夫はいいです。
 また私は涙です。すみれが心配です。
店の入っているビルの警備員が来た。困ったな。
紀夫の気持ちは十分に分かります。
2016121424
2016121503


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月14日

べっぴんさん2016.12.14

2016121423
2016121425
2016121426
2016121427
 今は7時55分です。NHKテレビを見ています。さあ、「べっぴんさん」を見て行きます。

紀夫の語ることに私はまた泣きます。紀夫はいいなあ。それを貫いてくれ。
お義母さんは琴子というのだ。
 紀夫、ガンバレ!
 また私は涙になりそうです。坂東紀夫、やれ、やりきれ!
 ゆりはどうしているのかなあ。
 キアリスの4人はいいです。いいなあ、夫たちもいいです。
 明美とぜひ結ばれてほしい。前にも言いましたが、今も切実に思います。
 でもばあや喜代が大変だ。
 また見ていて、また涙になります。
2016121428
2016121430


shomon at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月13日

べっぴんさん2016.12.13

2016121407
2016121406
2016121409
2016121411
また「べっぴんさん」を見て行きます。
 さあ、今日もまた神戸の街が見られるかなあ。

 紀夫が出ています。「奇跡のようなことだなあ」というのはよく分かりるなあ。娘さくらが「さっきまで元気やったのに」という言葉はつらいなあ。
 また涙が出てしまいました。
 今は笑いました。

 紀夫、頑張ろう、続けるのだ。
 あの戦争は本当にとんでもないことだったのだ。
 紀夫、ガンバレ! やっていこう!
 私はテレビを見て、涙を流すしかないけれど、私もこれを書いてインターネットでみんなに流していくよ。
2016121410
2016121412
2016121413
2016121414


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月10日

べっぴんさん2016.12.10

2016121002
2016121004
2016121003
20161210052016121007
 昨日(12・19)は「その2」は書きませんでした。今日こそ書きます。
 今は7時56分です。さあ、「べっぴんさん」になります。

 大島社長の言うことはいいです。
 さあ、またやりきるのだ。
 いいなあ、私はまたトロイから涙になります。
 あの頃は電卓はないのだなあ。算盤は私も小学校の授業で習ったものです。いいなあ、亭主たちの言葉に私はまた涙です。
 足立武が明美にプロポーズします。
 私が好きになろうと努力している女優さんもいいです。
 紀夫が頑張っている。いいなあ。
 あ、紀夫が倒れた。
 そうか、彼女は大島社長の奥様だったのだ。
 いいなあ、いいことになるのだろう。
2016121008
2016121006


shomon at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月09日

べっぴんさん2016.12.9

2016122905
2016122902
20161229042016122907
2016122906
 昨日はこの私の「べっぴんさん」を完全にUPしていないのです。あとで「その2」としてUPします。

  さあ、今日の分を書いていきます。今は7時54分です。

  いいなあ、すみれもゆりも。今はテーマソングが流れています。あとでこのテーマソングの歌詞もUPします。
  大島社長はいいなあ。
  潔とゆりの提案はいい。ゆりはすごいなあ。紀夫も頑張らないとなあ。少し心配です。
  この4人の亭主たち(まだ一人足立武は明美とは結婚していませんが)の会話はいいです。紀夫もガンバレ!
  すみれの亭主の酔いにあきれる思いなのです(私がそう言い切れるのかなあ)。
  すみれは大急百貨店の言うことに必死に合わせるのだ。
2016122908
2016122909


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月08日

べっぴんさん2016.12.8

2016122804
2016122803
 こうして12月8日、日米戦争開戦日にこの「べっぴんさん」を見ていきます。

shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月07日

べっぴんさん2016.12.7

2016120703
2016120704
2016120705
2016120708
 また「べっぴんさん」を見て行きます。まだ7時18分なのですが、こうしてやっていきます。
 こうして書いていけるのが嬉しいです。

 私が昨日「このお義母さんの思いは半分分かる気がしてます」と書いたのは、私がこの女優が好きではないからです。でももう改めるべきだなあ。

 龍ちゃんはみんなでもうちゃんと見ていけるようにすればいいのだ。
 いいなあ、この大急百貨店の社員は気にいらないけれど、もうキアリスのみんなが頑張るのはいいのだ。
 君枝は大変だなあ。
 良子の亭主(勝二)がすみれの家に来ている。難しいなあ。
「みんなで育てる」か、いいなあ。
 すみれが言うのはいいです。
 みんなガンバレ!
 いいなあ、この4人は。
 どんなに難しくても、この4人で頑張るのだ。
 良子がお義母さんにいうのはいいです。また私は涙です。いいお義母さんじゃないか。
 龍ちゃんはいい子です。
2016120706

2016120707


shomon at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

べっぴんさん2016.12.6

2016120601
2016120601
2016120602
2016120603
2016120604
もうこうして「べっぴんさん」です。

 このお義母さんの思いは半分くらい分かる気がします。
 でもキアリスの4人はいいなあ。
 いいなあ、頑張れ、ガンバレ!
 もういっぱいのことを感じます。悦子は売り子に向いているんだ。
 でも難しいなあ。良子の家庭は、良子の息子には困ってしまうところがあるのです。
 紀夫は出張だ。
 すみれは今考えている。
 保育所か、考えちゃうなあ。
 良子が来ない。心配だなあ。
 すみれが良子の家を訪ねる。
2016120608
2016120609
2016120605
2016120607
2016120606


shomon at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月05日

べっぴんさん2016.12.5

2016120517
2016120514
2016120512
2016120510
また「べっぴんさん」です。いくつか単語登録をしました。

 大島百貨店にすみれはでかけている。大島社長とどう話すのかなあ。すみれの言うことで、私はまた涙です。すみれが「それではキアリスの商品ではなくなってしまう………」というのはいいです。
 大島社長はいいなあ、いいことです。すみれの言うのはいい、正しいです。
 すみれは紀夫の前で頭を下げている。
 でもキアリスの4人はいいです。やり続けて行こう。
 明美のいうのはいいです。正しいです。
 明美はこの人と結婚してくれ。私はしてほしいのです。
 いいなあ。頑張れ、ガンバレ!
2016120516
2016120518
2016120519
2016120511
2016120515
2016120513


shomon at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月03日

べっぴんさん2016.12.10

2016120316
20161203142016120315
2016120306
2016120307
2016120308
 こうして「べっぴんさん」を見て行きます。

 すみれはいい。「この話はなかったことにしてください」と大急の担当者にいうのだ。
 すみれはいいなあ。紀夫はバカだ。私はすみれを断固支持します。私の支持なんか、すみれには役にはたたないけれど。
 潔とゆりはいいなあ。潔は大急と取引したいのだ。
 でもすみれはただしい。いい主張をしている。
 明美のことで、また私は涙になります。ああ、私はこの彼と一緒になってほしいのだ。
 是非そうなって欲しいのです。大島社長が直接すみれと会いたいというのだ。
2016120310
2016120311
2016120312
2016120313


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月02日

べっぴんさん2016.12.2

2016120204
2016120201
2016120205
2011120202「べっぴんさん」は今日はどういう4人と、4人以下のみんなを見せてくれるかなあ。今はテレビの前に来ました。

「キアリス」のログマークをはずせという大急の要求ではもうだめだこのデパートは。ロゴをはずせなんているところは駄目だ。でもひどいけれど、それを見ているすみれをと、それをさらに大急の社長が見ているのです。
 龍一が泣く瞬間、私も泣いてしまいました。なんか、悔しいな。
 明美の家を嫌な奴が来ている。心配だ。
 キアリスの店も心配だ。
 ロゴで作られているマークを手にして見つめるすみれの心が分かる思いです。
 すみれが言うのは正しいです。
2016120207
2016120209
2016120208



shomon at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月01日

べっぴんさん2016.12.1

2016120112
2016120108
20161201092016120110
2016120114
 また12月もこの「べっぴんさん」を見て行きます。

 4人はたくさんの人を使いだした。でもすみれの悔しさは分かります。でもでも私には「いいなあ」という言葉が口から出きます。
 新しい人たちも4人だ。
 保育所はいいよ。大事だよ。私は保母の養成講座でばあばと知り合ったのです。
 保育所に関する理解はまだ難しいなあ。
 悪い奴はまだいる。
 でもこのドラマはいいなあ。
 大急はどうなのだ。
 いいなあ。
 でも大急はとんでもないなあ。キアリスのロゴを外しちゃだめだよ。
 違和感だなあ。
2016120113
2016120115
2016120116
2016120118
2016120119
2016120117


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月30日

べっぴんさん2016.11.30

2016113013
2016113001
2016113003
2016113005
2016113006
2016113009
2016113007
もうテレビの前(まだ7時36分)にいます。
 大急百貨店が取引したいと言ってきて、ものすごくいいなあ。そうなることか、熱心に見て行きます。新聞に掲載されたのも大変に嬉しいことです。

『「全員が母親」と言ったほうがいいだろうな』という明美の言うことに私はとても考えてしまうのです。
 いや大変だ。大急百貨店って、そんなにいい加減な経理をやっている百貨店だったのだ。でもそれはもう紀夫の判断に任せよう。
 紀夫、あなたに期待するよ。すみれの言うことで、私は涙になります。そのあとの話でも私の涙は続きます。
 大変だけど、いい話だ。
 明美も結婚したらいい。その彼がいいよ。
2016113008
2016113010
2016113012
2016113011


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月29日

べっぴんさん2016.11.29

2016112707
2016112706
20161127082016112710
今日も「べっぴんさん」を見て行きます・

 こうして私が生まれた昭和23(1948)年の神戸を見ていきます。
「キアリス」が新聞の取材を受けているのだ。いいなあ。4人が一緒にやっているのはいいです。素敵です。素晴らしいです。戦後はこうした日本になったのだ。
 私はまた涙になります。大急百貨店が取引したいというのです。社長の大島が直接依頼してくるのです。
 すごい、いいことです。男たちがいろいろいうが、この4人はいいです。このいい機会を逃すな。
 4人の亭主たちは(明美は亭主はいませんが)もっと妻たちのことが分かれ! 取材した新聞社の記事がいいです。

 今電池を替えました。
2016112709
2016112711
2016112712


shomon at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月28日

べっぴんさん2016.11.28

2016112813
2016112814
2016112819
2016112821
2016112815
2016112817
さあ、もう始まります。

 昭和23年の夏だ。もう私は生まれています。私は5月30日に生まれたのです。
 いいなあ。いいお客さんが来てくれた。その人の語ることで、私は嬉しいです。
 でもみんな大変だなあ。
 紀夫も自覚しないとなあ。
 すみれの言うことはいい。
 新聞社の取材だ。
 大急百貨店社長が会っている。「売れる仕掛け」か。
 いいなあ。
 これがいいきっかけになるのだ。
2016112816
2016112820
2016112822
2016112823
2016112801


shomon at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月26日

べっぴんさん2016.11.26

2016112612
2016112613
2016112607
2016112609
2016112606
2016112608
2016112610
2016112611
さてまた「べっぴんさん」を見て行きます。

 紀夫は変わってほしい。きっと変われるよ。それを見たいです。さくらは可愛いなあ。
 ファッションショーだ。いいなあ。
「キアリス」はいい。いい素敵なことがみんなでやれるのだ。「人を信じることの豊かさ」か、いいなあ。すみれ、間違いないよ。
 英輔も来ていたのだ。いいなあ。でも英輔はこのあと姿を消してしまうのだ。
 もっともっと考えて行こう。
 紀夫は変わるのだ。
2016112617
2016112615
私は名古屋市には南区、千種区、北区と住んでいました。生まれたのは茨城県佐貫(今は取手市になりました)です。それで名古屋が嫌われるのも、茨城県が嫌がれるのも、ものすごくわかります。両方とも日本語を話していないからなあ。
あ、「日本語を話していないからなあ」のはひどすぎます。ただ私には生まれ故郷の茨城弁も名古屋弁も本当にひどい方言・言葉に思えてしまうのです。
2016112618
2016112619


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月25日

べっぴんさん2016.11.25の文字のみ

2016112512
 私の次女のブルータスの次女の11月21日に生まれた孫の名前が決まりました。ハンドル名は「ニコ」です。名前をケータイの名簿に載せるのに、名前の2字目が大変なのです。あとでやります。

  紀夫が本を読んでいる。私は「本を読む」ことでもいくつもの思うこと、思い出すことがあります。
  明美と紀夫の会話は難しいなあ。
  また私は涙になります。悦子を見て涙になるのです。私は困ったものだなあ。
  4人がプランを練っているところでまた涙です。いいなあ、また頑張れ、紀夫も協力してやればいいのだ。そうすれば、変われるはずだ。まだ難しいけれど、やるんだ。

「べっぴんさん2016.11.25の文字のみ」としましたが、この画像も加えました。これが原因かもしれませんね。 


shomon at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

べっぴんさん2016.11.25

shomon at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月24日

べっぴんさん2016.11.24

2016112407
2016112406
2016112405
こうして今朝も見て行きます。

 紀夫は大丈夫かなあ。ゆりも心配です。きっと上手くやってくれるだろう。
 潔は「狂犬の潔」というのだ(嘘ですが)。いいなあ、でもやっぱり紀夫が心配だ。
 また私は涙になります。
 五十八の言うのはいい。紀夫、頑張れ!
 すみれの家庭もうまくいきそうだ。
 でも紀夫がすみれにいうのは間違っている。すみれ、紀夫に言え!
 紀夫は分からないのだ。英輔の言うのが正しい。
2016112404
2016112402
2016112403


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月23日

べっぴんさん2016.11.23

2016112315
20161123132016112316
2016112312
2016112314
 今日は昼に見ています。朝はもうこの「べっぴんさん」の時刻は他のことをやっていたのです。いえ、お風呂に入っていたのです。今日は私の埼玉大学の後輩のみんなと会うのです。
 良子もその他のメンバーもいいなあ。早く紀夫ももっと昔に戻ってほしい。

 いいなあ。「キアリス」の新規開店だ。でも紀夫はもっと喜んでほしい。また涙になります。
 なんか、見ているとまた涙です。時子の言うことにまた涙です。
 このポメラの電池を今替えました。
 店の前にいる紀夫は難しいなあ。見ていることが辛いです。
 また涙です。涙ばっかりだなあ。
 サマードレスか、いいなあ。
 ゆりの決心はいい。すごいです。
20161123102016112311
2016112309


shomon at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月22日

べっぴんさん2016.11.22

2016112207
2016112211
2016112209
2016112206
また書きます。私の新しく生まれた孫を思いながら、これを書いていきます。福島岩手の地震の報道も見てます。

 英輔が少し心配です。
 でも8時になりましたが、このドラマが始まりません。そうか、大きな地震だったのだなあ。

 昼に見ています。

 今日からすみれたちは新しい店で開店です。
 でも紀夫は難しいなあ。どうしたらいいのだ。
 難しいなあ。私の「ギブミーチョコレート」の声は鹿児島にいるときに聴いたことがあります。そのことはまた別に書いていきます。
 ゆり、頑張れ! 辛いなあ。
 紀夫は大変だなあ。
 紀夫の言うのは嫌な思い出なのだなあ。
 もうあれは嫌な思い出ばかりだ。あれはスターリンがわざとやらせたことなのだ。
2016112208
2016112210
2016112212


shomon at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月21日

べっぴんさん2016.11.21

2016112107
2016112105
2016112104
2016112109
2016112106
2016112108
今はテレビの前です。

 紀夫はすみれと娘とひさしぶりに一緒に過ごせるのだなあ。また私は涙です。もう私はどうしようもないなあ。
 でも嬉しいです。私の父と母を思い出します。また私は涙だらけです。
 潔もゆりもいいです。もう私は涙だらけです。娘の寝顔は可愛いなあ。
 もう私はまた涙です。紀夫のお父さん・お母さんも来てくれた。私は涙ばかりです。
 もうみんながこうして会うシーンでまた私は涙です。今涙を拭いました。
2016112111
2016112103
2016112110


shomon at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月19日

べっぴんさん2016.11.19

2016111909
2016111907
20161119082016111901
もう今からテレビの前です。

 紀夫が無事だったのですね。でもこうしたいいことなわけですが、英輔の複雑な気持を思います。
 すみれの気持はいいなあ。早く紀夫と会えるシーンが見たいです。
 英輔は難しい気持だろうな。
「近江の本家」か、難しいなあ。
 ゆりの言うことで、私は涙が出る思いです。

 もうすみれも元気になるのだ。
「キアリス」という名前を店につけるのだ。以下のように店のスタッフの名前をつけます。

 キ‥君枝
 ア‥明実
 リ‥良子
 ス‥すみれ

 いいなあ。
 こうして紀夫が帰国できて、「キアリス」もできて、いいです。英輔が心配ですが。
 とにかく紀夫とすみれと娘の幸せを思います。
2016111910
2016111914
2016111915
2016111912
2016111913
2016111911


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月18日

べっぴんさん2016.11.18

2016111423
2016111811
2016111814
20161118102016111818
 今テレビの前に来ました。明日で今週は終わりますね。
 紀夫はまだ帰ってこないのかなあ。そればかりがものすごく気になります。もう昭和23年になるじゃないか。5月末には私が生まれてしまうのだ。栄輔には悪いのですが、紀夫ばかりを気にします。
 ものすごく紀夫の帰国ばかりが気になります。

 また私は涙です。紀夫は生きているよ。五十八とすみれの会話に私は涙ばかりです。
 もうどうしようもないくらい私は涙です。すみれが可哀想すぎる。
 明美のいう言葉に答えるすみれの言葉に私はまた大量の涙です。
 私の涙には困ったものです。
 もうこのドラマはいいなあ。
 栄輔が家の前で待っている。
 これがこれで紀夫の消息が分かるのだ。紀夫からの便りがあったのだ。私はものすごく嬉しいです。ただ栄輔は難しい気持ちだなあ。
2016111815
2016111816
2016111813
2016111817
2016111819
2016111812


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月17日

べっぴんさん2016.11.17

2016111422
20161116155
20161116154
 またこの時間になりました。

 さくらは無理をいうなあ。でもひとりだからね。お父さんがまだ帰ってこないのだ。私の父と兄もどうしてもずっとしっくりこなかった。うまく向き合えたのは実に私が詩吟をやっていて、父もやりだしたときです。私の兄が栖山流の宗家になったときでした。
 すみれが小さいときに母に縫い物を習うシーンはいいです。
 また涙になります。たまらないです。さくらが可愛くて、可哀想です。もう涙ばかりです。今涙を拭いました。戦争が憎いです。
 悲しいばかりです。こんなことばかりだ。
 紀夫がはやく帰ってきてほしいです。
 なんか、悔しいなあ。悲しくてたまらないです。
2016111701
20161116157
2016111613
20161116156


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月16日

べっぴんさん2016.11.16

2016111421
2016111607
2016111606
2016111609
2016111608
 このドラマを見ていきます。

「夢も大きうなると思いますよ」という麻田のいうのはいい。また私は涙ぐみます。
 君枝が提案する内容はいいなあ。子ども服を作るのだ。
 英輔がすみれに惚れているのだ。紀夫はまだ生きているのになあ。私の父がスマトラ島から帰れたのは、昭和22年10月なのです。
 根本の提案はいい。この案はいい。ゆりがいうのはいいことだ。闇市は変わるのだ。
 大きくかわるのだ。
 また私は涙になります。もうさくらの「いや」という返事にまた私は涙です。
 でも神戸も日本も闇市も大きく変わるぞ。

以下の画像はずいぶん前にとっていたものです。
2016101334
2016101335
2016101336


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月15日

べっぴんさん2016.11.15

2016111420
2016111503
2016111510
2016111504
 またテレビの前です。

 お義父さんとお義母さんの言うことで、私はまた涙です。すみれは辛いなあ。
 麻田はいいことを言ってくれる。
「夢も大きうなる」。いいなあ。すみれ、頑張れ!
 また私は涙になります。
 五十八の言うのは聴いているとつらいけれど、やっぱり頑張ってほしい。すみれは辛いなあ。
 みんな頑張るのだなあ。いいなあ、勝二と昭一も納得してくれた。
 英輔がさくらを抱いてくれた。いいなあ。
2016111505
2016111506
2016111507
2016111508
2016111509


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月14日

べっぴんさん2016.11.14

2016111409
2016111410
2016111411
2016111413
2016111412
 またこうして見て行きます。この時期は私が生まれた昭和23年(1948)のことなのです。日本の大きなことがらの時期だったのだなあ。

 紀夫の両親が来たのだ。話は予想がつくが、悲しいです。私の父も同じだったのだろうな。
 また私は涙になります。つらいなあ。これは辛らすぎる。もうどうしようもない時代だったのだなあ。私の父も母もこの時期を過ごしたのだなあ。
 闇市の光景はもう悲しいばかりです。この悲しいメロディは本当に哀しくなります。
 悲しく哀しく嫌になるばかりです。
 辛いなあ。この時代は辛いばかりだ。
 私の父は昭和22年の10月に帰国できました。常磐線の佐貫駅でみんなが窓から降りてくるのに、父はドアから降りてきたのです。私の兄を連れた母は「帰ってこなかったね」と悲しくなりましたが、ドアから降りた父が「おおい、たか子!」と呼びかけたようです。2016111415
2016111416
2016111417
2016111418
2016111419



shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月12日

べっぴんさん2016.11.12

2016111202
2016111201
2016111206
2016111203
2016111205
2016111204
 昨日は見られませんでしたが、こうして今日は確実に見ていきます。
 紀夫はどうしたのだろうか。また涙になります。
 また「いつもの朝が訪れます」というのがつらいです。紀夫、生きていてくれ。
「ベビー相談室」か、いいコーナーです。
 この姉妹(きょうだい)が喋ることにまた涙です。
 君枝はいいなあ。優しい旦那だ。
 すみれの家を英輔が訪れている。
 お義父さん・お義母さんが来てくれた。すみれにはつらいことを言いに来たのだ。
2016111207
2016111209
2016111208


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月11日

べっぴんさん2016.11.11

2016111102
2016111103
2016111111
2016111106
2016111109
 今日は体調が悪かったので、朝も昼も見ていなかったのです。とくに朝みていられなかったので、昼に見るつもりでしたが、眠り込んでいました。疲れちゃったのですね。
 インターネット上の情報で書いていこうとしますが、どうかなあ。
 最後に「紀夫の情報が明日わかるのかなあ?」というところだけでした。明日はしっかり見ていきましょう。
2016111104
2016111110
2016111107
2016111105
2016111101


shomon at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月10日

べっぴんさん2016.11.10

2016111001
2016111002
2016111003
2016111004
また「べっぴんさん」です。
 こうしてテレビの前で必死にやります。
 今NHKテレビにしました。でも神戸の街が今日も見られることを期待します。

「人を元気にするのは希望です」という言葉は嬉しいです。ここで今はテーマソングです。
 いいなあ。英輔も潔も。
 また私は泣きそうになります。いやもう涙が流れています。
 もう明美は厳しいけれど、もう変わるよなあ。
 ゆりはすみれの家に来ている。
 もういっぱいのことを思います。考えます。
 良子が来て、それでまた涙です。良子の話すことで涙なのです。

 ショーウィンドーに飾られたワンピースを子ども娘さんが着て、私はとっても嬉しかったです。
2016111006
2016111005


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月09日

べっぴんさん2016.11.9

2016110903
2016110904
2016110911
20161109052016110914
 もうテレビの前です。
 今日も神戸の街を見たいなあ。
 さあ、懸命にテレビを見ていきます。

 君枝はやりきってほしいのです。
 また私は涙です。テーマソングが聴こえて、少し私も安心します。そして私は孫のじゅにを思い浮かべます。
 明美の言うことは私にはいいです。その通りです。
 五十八はいい先輩です。父親というだけではないのです。
 嬉しいな。正一はいい亭主じゃないか。いいなあ。
 明美はいいことを言う。大事だなあ。

「ベビー相談室」か、いい言葉だ。私は嬉しくなります。2016110912
2016110913
2016110915
2016110901



shomon at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月08日

べっぴんさん2016.11.8

2016110815
2016110801
2016110810
2016110811
またこうして見ていきます。

 君枝はご主人に言えて嬉しいです。でもこれが大変なことなのです。
 やっぱりこのテーマソングはいいなあ。
 あ、でも良かった。君枝のご主人は了解したのだ。
 また私は涙になりそうです。
 今このポメラの電池を替えました。
 そうだなあ。大変なことだなあ。また涙です。辛い日々だったなあ。
 君枝は辛い日々を生きてきたのだ。みんなそうだったのだ。辛いなあ。君枝の話を聴いていて、そればかりを思います。
 辛い、辛いです。
2016110812
2016110813
2016110814


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月07日

べっぴんさん2016.11.7

2016110713
2016110715
2016110716
今週の「べっぴんさん」の開始です。
 今週の番組では紀夫が帰国できたシーンが見たいなあ。すみれだけでなく、みんな喜ぶだろうな。もちろん私もです。その瞬間になってほしいです。

 明美も可哀想だなあ。いや良子も君枝も可哀想です。みんななんとか頑張ってほしい。昭和23年5月に生まれた私の思いです。
 また見ていて涙です。辛いなあ。
 でも私はなんか悔しいです。

 みんな秘密があるのだなあ。辛いなあ。私の父と母を思います。辛いばかりだ。辛いなあ。厳しいなあ。また涙になります。見ていて、聴いていて、辛いだけです。
 明美の言うことに私はまた涙です。困ってしまうなあ。みんな辛いなあ。
 君枝が来てくれて、私はうれしいです。でも君枝の隠していたことが夫に分かってしまった。でもかえって良かったのじゃないかなあ。2016110718
2016110720
2016110717
2016110719


shomon at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月05日

べっぴんさん2016.11.5

2016110504
2016110508
2016110509
2016110510
2016110505
2016110507
2016110506
 また「べっぴんさん」を見て行きます。
 友だちの夫たちは帰国できたのだ。すみれの紀男はどうなのだろう。
 また見ていて涙です。
 子ども(まだ赤ちゃんか)は可愛いな。五十八の言うのは正しいです。また私は涙です。五十八はいいです。いいなあ。
 なんか、私は涙ばかりです。
 すみれが「大丈夫よ」という言葉に私はまた涙です。
2016110503
2016110501
2016110502


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月04日

べっぴんさん2016.11.4

2016110408
2016110407
2016110405
2016110404
 もう「べっぴんさん」です。

 もうお母さんの言うことで、また私は涙です。私は困ったものですね。テーマソングを聴いて、画面の画像を見て、私はまた涙です。
 なんか悲しいなあ。
 私はゆりと同じで震えています。
 もうなにか、悔しい。でもゆりの言うのは正しいのだけど、何か、悔しいなあ。
 また涙になります。君枝のご主人が帰国したのだ。また私は涙です。
 悔しいな、悲しいな。
「信用」か。大事だなあ。
 ゆりが「お姉ちゃん…」というところで、私は二人の私の娘(おはぎとブルータス)を思いました。
2016110406
2016110409


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月03日

べっぴんさん2016.11.3

2016110302
2016110304
2016110301
2016110303
 始まりました。またあとでこのドラマのテーマソングの歌詞も書いていきましょう。
 勝二が来た。真相が分かってきた。また私は大変な思いを抱きます。なんか辛いなあ。
 この私が「辛い」と感じることを、また私は聴いていて、辛いばかりです。
 なんか見ていて辛いです。
 もういっぱいのことを思います。
 ゆりの言うことは正しい、でも正しいけれど、難しいことです。
 お母さん(坂東はな)の言うこと(坂東はなは亡くなっていて、でもナレーションが彼女なのです)で、私はまた涙です。
2016110305
2016110301


shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月02日

べっぴんさん2016.11.2

2016110204
20161102052016110206
2016110101
2016110208
 もう8時になります。「べっぴんさん」を見られるなあ。
 潔を殴った警官は許したくないです。私にも東大闘争の時に同じことがあったものです。その警官は今も許せません。

 良子と明美の争いは嫌だなあ。
 あ、紀夫が帰ってきたのだ。嬉しいです。父がスマトラから帰国できたときの母を思います。間違えた、良子の彼だ。勝二だ。
 もうまた涙になります。もう勝二の喋ることは悲しいばかりです。私の父を思い、母を思い出すからです。悲しいなあ。こうした私の思いでも悲しいし、このドラマでも悲しいです。
 もう良子の話を聴いていてもまた涙になります。
 何で、良子の話を聴くとまた辛いなあ。
 辛いです。
20161102092016110201
2016110207
2016110212
2016110213


shomon at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月01日

べっぴんさん2016.11.1

2016110105
2016110106
 また「べっぴんさん」を見て行きます。
 潔が釈放されることを強く思います。

 ゆりが心配している。私も同じにものすごく心配です。
 なんとかなってほしい。
 明美は強いなあ。
 潔は釈放された。でもまだ心配だ。
 この親分は少し怖いなあ。
 でもまた私は涙です。
 なんか悔しいなあ。
 みんな頑張れ。また私は涙です。
20161101072016110110
2016110109
2016110108



shomon at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月31日

べっぴんさん「昭和22年の神戸」

2016103114
2016103118
 いつもNHKテレビで、このドラマを見ていて、「昭和22年 神戸」と入れて、インターネット検索してみました。
2016103111
2016103113
どうしても、こうして闇市が出てきます。
2016103112
2016103117
あの素敵な街の元町もこういう風景が広がっていたのですね。2016103115
どうしても涙が流れます。

shomon at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

べっぴんさん2016.10.31

2016103102
2016102906
2016103101
今月の「べっぴんさん」は今日で終わりです。
 10月3日から始まってもうこんなに過ぎたのですね。
 また懸命に見て行きます。また闇市の光景は見られるのだろうな。 
 私の父がスマトラ島から帰国できた昭和22年秋になろうとしているのだ。

 みんなが集まってやってくれる。四人でやるのだ。そして最初のお客が五十八なのだ。いいなあ、私は嬉しいです。明美も一緒にやってくれるのだ。
 いいなあ。
 まだ闇市の光景があるのだ。
 五十八の言うのはその通りです。
 すみれが言うことはいい。けれど五十八の言う通りだ。
 でも潔は警察で大変なことになっている。
 すみれの新し店はお客は来たけれど、潔のことを聴いて大変な思いです。
2016103104
2016103106
2016103105
2016103108
20161031012016103110
2016103107
2016103103
2016103109


shomon at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!