将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Category: 周の使うソフト・システム

 私のちょうど1年半くらい前の 初めて絵文字使いました に英語のコメントがありました。以下の内容です。でも私は当然皆目分からないから、

  http://www.excite.co.jp/world/ エキサイト翻訳

で翻訳しました。以下の通りです。

(本文)
You ought to essentially think about engaged on developing this weblog into a major authority in this market. You evidently have a grasp handle of the topics everyone is looking for on this website anyhow and you can certainly even earn a buck or two off of some advertisements. I might discover following current subjects and elevating the amount of write ups you place up and I assure you?d start seeing some superb focused site visitors in the close to future. Just a thought, good luck in whatever you do!

(エキサイト翻訳での翻訳)
あなたは本質的には主要な権威にこのウェブログを開発するときこの市場にほとんど従事していた状態で考えるべきです。 あなたは明らかに皆がこのウェブサイトでとにかく探している話題の把握ハンドルを持っています、そして、確かに、いくつかの広告から1ドルか2ドルを得ることさえできます。 私が順流対象と量を上げるのを発見するかもしれない、あなたが置く上を詳しく書いてください。そうすれば、私はあなたを保証します--閉鎖で何人かのずば抜けた集中しているサイト訪問者を未来まで見るd始め。 考え、まさしく利益はあなたがすることなら何でも運よくうまくいきます!

11063004 そのままここに載せました。
 どうしろというのかなあ。
 当然、相手のIPアドレスも分かりますから、何かあっても平気なのですが、私のように英語がまったく分からない人間には、困ってしまいますね。

 さらに、書いておきます。

急遽同じ文面を簡易書留で出したものでした。

と書いたことですが、私は必ず文面もパソコンで書いています(自分の名前だけは手書きします)ので、当然それもパソコンの中に置いてありますので、再びそれを使えるのです。
11030912  それに私はここの提示した洋3窓空封筒(スキャンしましたが、うまくいきません)を使っていますので、手書きの部分は、自分の「萩原周ニ」という署名だけです。
 これは大事なことです。もし私が少し綺麗な字が書けたなら、手書きにしているでしょうから、こうしたときに困ります。
 私の妻は手書きも綺麗に書けるのですが、手紙等はパソコンで書きます。でもこれが一太郎とかいうソフトでやっていますので、少し面倒ですが、私はこれも妻のノートパソコンを持ってきて、ここでプリントしています。
 とにかく、パソコンでプリントすることは実に便利ですよ。

41cbcf26.jpg

 わが家のおかあさん2010.04.22ゴトさんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜   2010年04月22日 05:59
ポメラのIMEはATOKですよ。それに、おそらく、携帯電話のIMEもATOKです。

 ポメラにはATOKとMS-IMEが入っているのです。私はMS-IMEを使っています。私はどうしてもATOKって嫌なのですね。
 そしてええと実は少々ずるいのですが、「携帯電話のIMEもATOKです」は知っています。でもそれでもしらんぷりしているのです。だって、ずうっとATOKは使ってこなかったですからね。なんとなく、私はずるいのです。ATOKも一太郎もずっと使ってこなかったですからね。
 でもこういうこだわり、偏見、ずるいのは止めるべきだなあ。

841dcba3.jpg

 今回新しくパソコンを使うことになりました。私はパソコンを使い始めたときからFEPはずっとVJEを使ってきました。エディタはVZでした。WindowsになってからもしばらくはVZでしたが、そのうちWZもなりました。でもFEPはずっともうVJEです。ただ今回から変えました。ATOKはもともと好きではないので、まったく使ったことがないので、今回からIMEにしましたが、実に大変です。
 それで私の友人から、以下のメールをもらいました。

で、IMEの辞書ですが、コンバート出来るはずです。
まず、元のIMEを出力して(テキストで出るはずです)、出さえすれば、今
のIMEは、どれでも読み込めます。
あるいは、今のIMEの辞書を一度出力して、形式を合わせてエディタで書き
込んで、それを吸い込ませれば、一気に辞書が鍛えられると思います。
それから、文字によっては、シフトjisでは使えない文字がuft8n(bomなし)
だと使えます。

 でも今やってもできないのですね。でも何度かやってみます。

 それと、私は「全確定キー」を「無変換キー」にしていました。これだと、変換確定が、「変換」「スペース」「無変換」の3つのキーでできるので(この3つはそばにありますね)実に早く打鍵できる思いでした。でもこれもできないのです。だから今も、少し遠いところにある「Enter」キーを右手の小指で押してします。これも変えられないのかな?

 どなたか判ったら教えてください。

続きを読む

abbf1db7.jpg メールアドレスはいくつも持っていますが、今はもうGメールばかりになっています。他のメルアドはスパムメールばかりになっています(もちろんソフトで防御しています)。それとケータイメールも実によく使います。
 思えばメールはもう欠かせませんね。いくつか大切なメールがありますから、これを常に見ることは大切です。
 ただ、ケータイメールもケータイを身につけているのに、メールが届いてから1時間以上経ってから気がつくことがあります。ケータイメールはすぐに返信しています。Gメールは少し内容も重要で長いので、これまたあとから考えて返信しています。
 とくに、夜中に大事なメールが入っていることが多いですね。
続きを読む

6aad9d68.jpg 昨日の朝からメールを送ろうとする相手が に書いた方はさきほど私にメールをくれました。それで私は用件をメールしました。
 それから、次に書いた方ですが、これは彼女からケータイメールをしてくれました。それで私のドジなことが判りました。私は相手のアドレスの中の一文字を、aではなくeにしていたのです。これでは着くわけがありませんね。
 でもこれで連絡ができて嬉しいです。
続きを読む

8ec3674e.jpg ちょっと大事な用があるので、でもその人のメールアドレスにしても、駄目で、職場に電話しても、もう退職しているということで、困り果てました。仕方ないので、その方のホームページの掲示板に書込みましたがきずいてくれたかなあ。
 いや、最初は、その方のブログにあったプロフィールのアドレスにもメールしましたが、まったく返信がないのです。なんとなく、不便な世の中だよなあ、という感じですね。
 実は、昨日ケータイメールアドレスを教えてくれた方にも、少し前にメールしましたが、「送信先メールアドレスが見つからない」ともどってきました。つまり教えてくれたアドレスが違うのです。これは、少し前に届いたインターネットメールアドレスにその旨をメールしました。
 なんとなく、どうにも面倒なことになってしまっていますね。
 まずは、手紙が送れればいいのですが、住所を知らない方だとお手上げです。
続きを読む

11e515e2.jpg

 SHIROのポメラ日記 の [PC]に、2月10日、このUPがありました。

 えっ、と驚きました。私は「メーラーを何にするのか?」なんて一度も考えたことがないからです。今はGメールをひたすらに使っているだけです。

 これまでは、昔のDOSの時代にビレッジセンターのVZ Editorを使っていた流れで、同社のWZ Mailを長年使っていました。

 私もDOSの時代は、VZをずっと使っていました。Windows になってもしばらく使っていました。でもワープロというのは、一切使っていなかったので、さっぱりわかりません。
 ATOKは一切使っていません。でも私は、ATOKを「あーとっく」と呼んで笑われたことがあるんだよな。でもまた、今の一番使われているワードのかな漢字変換を何というのか判りません。今妻に聞きにいきましたが、妻も知りませんでした。

 あ、今インターネットで検索してわかりました。MS−IMEでした。
 でも、ようするに、私はどちらも一切使っていないから、まったく忘れているのですね。

 私はVZをずっと使っていて、そのあとはWZをずっと今も使っています。そして、漢字かな変換は、VJEをずっと使っています。これで辞書はすべて登録していますから、もう替える気がないのです。
 要するに、諸葛孔明「出師の表」を速やかに打てることを、私は望んでいまして、そういうふうにVJEを鍛え上げました。だから、それでしか使えないのです。使わないのです。
 一太郎・ATOKというと、私はいつも徳島の法月弦之丞(のりづき げんのじょう)を思い出すのです。『鳴門秘帖』は、吉川英治の長編小説です。
 徳島鳴門は、私はそれほどのところとは思えませんが、この吉川英治の小説は好きです。でも、パソコンソフトの「一太郎」は嫌いなんだなあ。
 そういう、何の根拠もなく、私は一太郎ATOKは嫌いで使ったことがありません。その上にワードMSーIMEも使ったことがありません。

 でもこの偏見の持ち主の私も、今後はどうなるのかなあ。

続きを読む

542bb264.jpg

 昨日の昼に「浅野」で食事しました目森さんが以下のコメントをくれました。

1. Posted by 目森一喜    2009年02月05日 06:45
 この程度の図なら、オープン・オフィスの図形描画の方が簡単かもしれません。無料ですし・・・
 表計算、図形描画ぐらいなら、ほとんどオープン・オフィスで十分だと思いますよ。

 えっ、もうパワーポイントを買いましたよ。でも、このソフトも手に入れて使ってみようとも思っていたので、いい機会でした。
 それに「この程度の図」と言ってもね、私にはできないのよ。いつもパソコンに関しては、判らないことばかりです。
 現在、オープン・オフィスをダウンロードしている最中です。けっこう大きなファイルなんですね。

 この間、義母の食事の用意をしたり大変です。……………。いつも朝は大忙しです。

続きを読む

c0132062.jpg

『「携帯禁止」に物申す:(9))統計は時にウソをつくSHIROのポメラ日記 の斎藤さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年02月03日 15:52
 「SHIROのポメラ日記」の斎藤です。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
テレビや新聞の言うことをそのまま鵜呑みにして議論してしまう大人が多いですよね。赤の他人の先生の言うことより、目の前の子どもから学べることの方がずっと多いと思うのですが…

それから図の作り方ですが、手近な所では、Microsoft Officeに入っているPowerpoint(プレゼンテーションソフト)を使うと書きやすいです。
用紙サイズを「はがき」などの小さいサイズにして、スライドの上に文字や図形を並べて、保存する時に「GIF」または「JPEG」形式を選ぶと、ホームページで使える画像ができます。
WordやExcelなどの書類に、図を貼り付けることもできます。お試しください。

 ご丁寧にありがとうございます。それで私はPowerpointは持ってないのですね。だから、きょうか明日秋葉原へ行きまして、手に入れます。
 私は、Wordというのは、持っていません。そもそもワープロは使っていないのです。パソコンを持ち出したときから、一太郎も使いませんでした。とにかく、ずうっと今にいたるまで、エディタで文章は書いていました。
 Excelは、随分前に購入して、年に数度(年に2度かなあ、と思いましたら、もう少し3、4度)使っています。

 Powerpointは購入したら、何か図形を作成して、ここにUPします。

 でも間違いなく斎藤さんの書かれていることは、今の教育現場にも私たちにも、とっても大事なことだと確信しますよ。

続きを読む

65e6999e.jpg

 私は常にパソコンにつけている、『HD-PL250U2』をXドライブ、『SHD-U16G』をZドライブにしています。それでポメラのSDもドライブ名を変更することにしました。今はIドライブになっていますが、もう一つのノートを使うときも常に同じになってほしいのです。
 それで、でも私は簡単にできないので、以下を参照しました。私が昔書いておいたものです。

   http://shomon.livedoor.biz/archives/50979143.html
     周の使うソフト・システム「ドライブ文字を変更する」

 しかし、実は私はこれがどこに書いてあるか判らなくて、グーグル検索で自分のこのページを見つけたものでした。なさけないけれど、仕方ないです。そして私は自分がこういうふうになるだろうと、これをUPしておいたものです。たぶん、自分で簡単に判らなくなっても、書いておけば、グーグルで検索できるだろう、と思っていました。
 私は、「ドライブ名を変更する 将門Web」で検索して、自分のこのブログに書いておいた箇所を見つけました。
 このときには、私の母が我孫子のつくしの病院に入っているのですね。ここの画像を見て、すぐにそのことを思い出していました。
 かくして、Yドライブが私のポメラのSDになりました。もちろん、ノートパソコンでも同じことをやります。

続きを読む

b50b0000.jpg

「メールにワードの添付ファイルがありまして」へのコメント へさらに目森一喜さんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜    2008年12月05日 06:17
 いえ、abiwordではありません。
 Microsoft Office Word Viewer
 です。
 それから、googleが、ネット上でワードファイルを読めるgoogleドキュメントというサービスをやっています。
 ファイルフォーマットの違いを吸収する努力は、沢山あります。
 人によっては、ワープロのデータをテキストにするのも負担なようですから、こうしたツールを使い慣れてしまうのもいいかもしれませんよ。
 それに、ワード文書をテキスト化すると、妙なタグが入っていて、嫌な感じです。

 あ、判りました。今検索して、このソフトを見ました。今後必要なときに、使います。なにしろ、ワープロソフトがあちこちで使われていますから、こうして見られることはいいです。ただ、ほぼ3年に3回くらい必要なだけなのですね。思えば、私がFAXを必要とする頻度と同じですね。

続きを読む

ea18e23e.jpg

 メールにワードの添付ファイルがありまして目森一喜さんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜    2008年12月05日 01:30
 ワード、エクセル、パワーポイントのビュワーは、MSが無料で配ってますよ。
 私は
http://cowscorpion.com/index.htmlで手に入れました。
 オープンオフィスでも開けます。
 両方無料ですが、編集しないなら、MSのビュワーの方がいいかもしれません。

 AbiWord というソフトですね。でもダウンロードはしませんでした。どうせまた3年くらいワードなんて読むことはないでしょうから。ただ、この添付ファイルをくれたかたに文句だけは言おう。「ワードなんか誰でも使っていると思うなよ」と。
 そういえば、私の妻が一太郎とかいうソフトを使っていて、ときどきそれで私が印刷をするのですが、これまた私は一苦労です。なんで、ワープロなんていう面倒なソフトを使うのですかね。妻のノートパソコンをプリンタにつなげればいいわけですが、私が一太郎の操作が判らないからもう面倒なのです。

続きを読む

12398677.jpg 私はほぼメールはGメールに統一しているつもりです。他のメールもこれに転送しています。ただヤフーメールだけは、転送していませんが、これもまた莫大な数のメールがあり、これはほぼスパムメールは排除して、一日数通のメールがあります。
 それに昨日頂いていたある依頼のメールがありました。それをきょう午後読みまして、私のほうからお電話しました。
 だが、そのあと、このメールには添付ファイルがついていました。さて、これをどう読むのかというのが大変なことになりました。添付ファイルは拡張子でワードの文章なようです。
 こんなときのために、たしか5年くらい前にワードを購入したのですが、探してソフトのCDーROMは見つかりましたが、その16桁の番号が見つかりません。函の裏面に添付されているというのですが、もうその函なんかないのです。
 たしか、ワードパットでも読めるのではないかと思いつきましたが、もう私のこのメインのパソコンでどうやったらいいのか判りません。
 でもでも、とにかく時間がかかりましたが、USBメモリを使ってノートパソコンで読み込んで、テキストにして、それをWZで読むことができました。
 もうかなり時間がかかりました。
 こういう面倒なことは大変です。できたら、そのままテキストで送ってもらえないかな。これはたしか5年くらい前にも、いつもお願いしていたものでした。
 メールを読むのに、こんなに面倒なことをひさしぶりに体験しました。
 そしてこの体験を私はすぐに忘れ、また何年後かにも、苦労していることでしょうね。
続きを読む

3d3285c4.jpg

 9月27日に、ここの絵葉書を谷中よみせ通りのアラスアラサンで手に入れました。これにまたプリントして友人たちに出します。葉書のプリント 08092724の画像のような感じでプリントします。

 でも画像が6枚あるから、全部UPするのは大変なのです。少し苦心惨憺しています。08092725

 この桜井桜花さんの写真を拝見しますと、いくつもの写真をフォトライブラリーで選んでいたことを思い出します。プロカメラマンで実際に撮影もしま08092726したが、フォトライブラリーでもいくつもの写真も選んだ思い出があります。

 そんなことの思い出もいくつも甦ってきます。08092727
08092728

59c772d9.jpg 同じく9月17日のアラスアラサンで、手に入れました絵葉書です。これはインドネシアのジャワ島で手に入れたものなのかなあ。

 

 

 

08092108

 


 

 

 

 

08092109

アラスアラサンで手に入れました絵はがき の3 へ

f1d9d253.jpg「第16回芸工展2008」のガイドマップ に書きましたように、谷中よみせ通りのアラスアラサンで、9月17日に絵葉書を何枚も手に入れました。この葉書を、葉書のプリント に書きましたやり方08092103でプリントしまして、送ります。

 これでプリントすれば、かなりな量の文面が書けますからいいですね。もちろん、少し08092104長い用件は、今まで通り和紙に印刷していきますが、少しの文量のものは、こうして葉書にプリントしていきます。

 

08092106

 この葉書の画像は、小川桜花さんの、作品です。すべて写真で撮られたものです。葉書にパソコンでプリントしてポストに入れるのもいいことですね。

08092105

 アラスアラサンで手に入れました絵はがき の2 へ

 

c055e295.jpg

 私は今年の2月から私の私的な用のものは、和紙で手紙を書いています。もうかなりな数の手紙を出しています。もうすぐ500通を越えます。ところが、封書の手紙は問題なのですが、葉書が大変でした。アラスアラサンのハガキ に次のように書きました。

 そして印刷はDOSの時代はPRTを使い、WZでは、それ自体についている印刷機能を使っています。
 でも葉書では、少し面倒でした。私はいつも筆王で書いてプリントしていましたが、それがとても面倒な思いがしていました。
 ただそれは私の思いだけでした。昨日は実に簡単にプリントできました。これなら葉書でもいくらでも印刷できます。

 今後は葉書でもたくさん書いて送るようにします。このアラスアラサンにはいくつも素敵な葉書がありますから、今度はここでいくつも購入してまいります。

 筆王のソフト内で書くと、その書いた手紙の内容は残りません。それで、きょう午後すぐに書きました葉書は、WZで葉書用にレイアウトして書いたものなのですが(娘二人に書いて、もう手渡ししました、次女は昨日の夕方に長女の自宅に来ていました。)、WZでは、宛名と本文を別な活字で書くということはできません。郵便番号も同じ活字になります。だから郵便番号と同じ大きさの活字が、宛名も本文にも続くわけです。これだとちょっと格好悪いですね。
 それで考えまして、本文はまずWZで考えまして、そして印刷のみ筆王でやることにしました。そうすれば、プリントすれば、少しは格好悪くありません。
 今後はこれで、プリントすることにします。
 この上の画像が、その例です。もちろん、これは、私の葉書の例としてプリントしたものをスキャンしたものです。
 今後は和紙の手紙を書くだけでなく、こうして絵葉書でも手紙を書いていきます。

63401cdc.jpg 画像は、9月12日の千駄木よみせ通りの『アラスアラサン』で手に入れました絵葉書(と言いましても画像は絵ではなく、写真です)です。またハンカチを購入したのですが、この葉書も購入しました。
 この写真については、アラスアラサンのホームページで以下のように書いてあります。

10年前から度々バリ島に通う小川さんが、素直な感情で切り取ったひとコマひとコマを、ぜひご覧ください。もう二度と会えないふとした風景の瞬間に、今のバリを造りだしたその土壌が深く感じられる作品です。

 小川桜花という方が撮られた写真なのですね。

 それで昨日この2枚とも送りました。一枚は、私の娘ブルータス、もう一枚は私の友人の女性です。
 私は封書に書くのは、実に簡単なのですが、この葉書というのは少し面倒だという気持がありました。私はいつもエディタで文章を書いています。これはパソコンを始めた時代から一貫として同じです。ワープロなるものは一切使ったことがありません。
 それでDOSの時代は、VZを使い、Windows になってからはWZを使っています。そして印刷はDOSの時代はPRTを使い、WZでは、それ自体についている印刷機能を使っています。
08091229 でも葉書では、少し面倒でした。私はいつも筆王で書いてプリントしていましたが、それがとても面倒な思いがしていました。
 ただそれは私の思いだけでした。昨日は実に簡単にプリントできました。これなら葉書でもいくらでも印刷できます。
 今後は葉書でもたくさん書いて送るようにします。このアラスアラサンにはいくつも素敵な葉書がありますから、今度はここでいくつも購入してまいります。

fdba4e4f.jpg でもまた印刷し直しました。もうなんとかA4用紙にしてもらえないものでしょうかね。A4の和紙ならいくらでも私は持っているのです。いやA4洋紙もたくさん大量にありますよ。
 なんだか、また私の愚痴を誰かに手紙書きましょう。
 あ、それとまた吉本さんとドステフスキーのことも書かなくちゃなあ。
続きを読む

e8420522.jpg また結局ワープロの設定を直しまして、またプリントしなおしました。できたら、A4で打ってもらえればいいのですが、でも打ち出す用紙はA5版です。
 まあ、思えば私はいっぱい手紙を書いていますからね。また手紙をいろんな方に書いていきましょう。
続きを読む

1d896576.jpg

 一つ前のUPで、

ちょうど、私の四国の徳島に住んでいる甥と姪とナミちゃんへの手紙をポストに入れて

と書いたのですが、実は私の妻も叔父に手紙を書いていました。それが一太郎で書いていました。どうせなら、プリントすれば一緒に出せるわけですが、でも何故か画面から消えてしまったようです。私は一切ワープロは使ったことがありませんから、さっぱり判りません。でも多分、バックアップが残っているはずなのですが、皆目判りません。
 それで私が帰ってきてから、しばらく経つと、また書いていました。それからプリントをすることです。それは私のパソコンの上に置いてあるプリンタでやります。それに私は前の設定通りにプリントすればいいはずです。でもプリントすると、少しばかり左に寄っています。でも私は設定を直すことができません。妻もできません。
 仕方ないので、字を一字おくりまして、結果としては、行が一字少なくなって、プリントできました。
 もう私は、こうしたワープロがさっぱり判りません。よくあんな面倒なものを使うなあという思いなんですね。
 私はDOSの時代から、ワープロは使いません。パソコンで字を打つのは、エディタだけです。そして印刷は、印刷ソフトを使ってきました。今はエディタはWZを使っていますから、このソフトでも印刷できます。
 でもワープロなんていう面倒なソフトをよく使いますよね。

続きを読む

e2d960fe.jpg 今、さきほど古河庭園で撮ってきました薔薇や他の画像を印刷すると、綺麗なのですが、でもすぐに気が付きました。私はいつもこのブログに使うために、サイズを640×480にしています。そうではなく、印刷するために、4000×3000でやるべきだったのです。これはポスターにも使えるサイズなのです。これをL版で89×127のサイズで印刷すると、実に綺麗になります。
 でもそれを忘れていた私はまったく阿呆です。
 とにかく、こうして書いておきますと、次回には、多分忘れません。
続きを読む

94bd1b75.jpg

 私は BUFFALO『HD-PL250U2』BUFFALO『SHD-U16G』を常時持っているわけです。これをあちこちのパソコンにつけるわけですが、そのパソコンに接続するたびに、その接続している機器のドライブ名が毎回変わっては面倒です。パソコンに接続している機器は他にもあるわけですから。
 それで、『HD-PL250U2』をXドライブ、『SHD-U16G』をZドライブとドライブ名を変更して、固定してしまおうと考えました(HD-PL250U2のほうは、もう購入後すぐ変更していました)。
 それは以下のように行います。

 スタートメニュー→マイコンピュータを右クリック→管理→「記憶域」の「ディスクの管理」→ドライブ名を右クリック→ドライブ文字とパスの変更

 以上で、ドライブ名は変更され固定されました。これを私の使うパソコンすべてで行います。XとかZにしたのは、まずこのドライブ名はまず使うことはないだろうと考えたからです。そして何故、「XYZ」のYを使わなかったかというと、何? 要するに忘れたのよ。

 でもこれで私のパソコンの使い勝手が少しは向上しました。

続きを読む

fd5b91eb.jpg

 パソコンを使い、インターネットを利用するようになって、情報検索とともに、一番使っているのが、各メールだと思います。ただ今までのPOPメールは今でも使っているとは言っても、もう圧倒的なスパムメールの嵐で、メール管理ソフトで整理しているとはいえ、まさしくもう困ってしまうことのほうが多いです。とはいえ、やめるわけにはいきません。何百通に1通か2通は大事なのがあるからです。
 ウェブメールも最初は使い勝手がよくありませんで、まさしくスパムメールばかりという感じでした。だがもうつい近ごろは、よくスパムメール防止をしてくれていて、例えばヤフーメールも実によく使っています。
 でもとにかく、このグーグルのメールが今の私には、一番使いやすいものです。現在では、私は自分の名刺にもこれを入れており、前のPOPメールのときには「あ、名刺で知れたことでも、こんなにスパムが届くのか」という思いで嫌になっていましたが、このGmail は実によく管理してくれています。

   https://mail.google.com/mail/  Gmail

 そして今、このGmail が一番使いやすいというのは、これがケータイにも対応できていることです。ケータイそのもののメールも実に便利ですが、やはりパソコン上で自在に使いたいものです。Gmail に来たメールをケータイでも見ることができるのは、実に便利です。
 なおかつ、ケータイメールでも、パソコンでも送受信できるわけですが、私はそのときには、もうすべてGmailを介在させています。
 ちょっと長い重要なケータイメールは、Gmailに送り、また加工し、ケータイメール経由で、相手に送るようにしています。なんといいましても、相手はパソコンのそばにいるとは限らないですから。

 今私は、このGmailとケータイメールを一番多用していると言えるかと思っています。

続きを読む

07012704 もう私の友人・クライアントとはほぼケータイメールにて連絡をとっています。でもまだ少し携帯電話でしか連絡をとれない人がいます。これが実に大変に面倒なことです。
 だからそういう人にはケータイメールを使ってくれということをいつも言っています。電話はもう使えないことが多すぎるのです。
 私の義弟ももうケータイメールで連絡できるようになりました。彼は自宅の電話で連絡をとるのですが、まず捕まりません。夜も出ていることが多いのです。彼の奥さんの実家へ行って手伝いをしているだろうことと、奥さんと二人で夜どこかを走っているのです(ええと彼のおくさんは、ある種目の選手なのです)。
 それで、インターネットメールは使えるようになりまして、そして今はケータイメールを使えます。だから、これで連絡できます。
 でも彼ももう55歳です。でも彼よりも若いのに、ケータイメールが使えない人が何人もいます。もう不便で面倒で堪りません。
 ついでに電話はできるだけスカイプを使ってほしいのです。スカイプなら、どこにいても何時間喋っても無料です。だんだん使える人が増えてきましたが、まだまだです。
続きを読む

3d120c7a.jpg

 私の 周の掲示板 に川本さんから以下の書込みをいただきました。

本年もよろしくお願いします。  投稿者:川本  投稿日: 1月 1日(月)17時42分19秒  
 バークレイは今、年が明けました。
娘夫婦がカウントダウンパーティに出かけた留守、孫娘を寝かしつけた子供部屋で娘のノートパソコンを借りています。
会社のメールを転送したり、外部メールでソネットのメールを受け取ったり、ウェブメールの便利さを再確認しています。
ライブドアのブログは管理画面に入れず更新していません。休暇にはブログもお休みでもよいのかな、と思っています。
今年もよろしくお願い申し上げます。   

 ええとできたら、川本さんのスカイプ名が判れば、スカイプで話せるのですが。残念です、名前で検索しても出てこないのです。
 そういえば、12月30日電話をかけた金沢の友人もスカイプを使っているのに(設定は若い人がやったといいます)、スカイプ名を私に告げることができないので、高い市外電話料のままで喋っていました。
 そういえば、そのすぐあと大阪のOさんがスカイプをくれました。ちょうど札幌にいるといいます。彼はこの1月にヨーロッパ行って山に登るから、その山の上からスカイプしてくれると言っていました。彼は耳につけるイヤホンマイクだけなので、寝ころんでもトイレに行っていてもスカイプで話せると言っていました。私はスカイプの携帯電話バッファローのがもうすぐ発売になるということを教えました(この1月に発売だといいます)。これだと、もうパソコンなしでどこででも話せますよ(ただし無線ランのあるところ)。

06123114 でも川本さんが「ウェブメールの便利さを再確認」というのはよく判ります。私はウェブメールはGメールとヤフーメールとライブドアのメールを使っています。ただやはり、Gメールを一番使っていますね。私の新しい名刺には、このGメールを入れています。もちろん、スカイプ名も入れています。
 今年は、このスカイプとGメールとそして、ケータイメールがより一層使うことになるかと思っています。

 あ、これから急いで神田明神へ初詣でに行きます。やはり、初孫の誕生を将門さまにお願いするのが一番最初にやるべきことです。それと次女の結婚のことを報告します。

続きを読む

eb1d801d.jpg

 私のこのブログ将門のサイドバーに、「いまこい」のバナーを今置きました。これは私が一昨日紹介を受け、すぐに参加してみたものです。
 それで、「あ、これは使えるんじゃないかな」とすぐに思ったものです。それでここを紹介したいと思いました。
 私がこの「いまこい」をいいと思いましたのは、次のようなことがあります。

 今私たちが日々接しているインターネットというのは実に便利ないいものです。だが、でもでもパソコンがないとどうにもなりません。自宅や事務所のパソコンはありましても、私たちはそれをいつでも身につけているわけではありません。私のようにノートパソコンをいつも持っている者(周はいつもユックサックを背負っていて、その中にエプソンのノートパソコンがあります)でも、実際に電車の中や路上でパソコンを開くのは、大変な手間です(あの、周はときどき電車の中でノート開いたり、路上のどこかや飲み屋でノートを開いています。インターネット接続のためです)。
 でもインターネットにつなぐのはパソコンだけではありません。私たちが常時持っているケータイもまたいつでもインターネットに接続できるのです。

 だが、まず普通の電話で考えても、「電話する、電話に出る」というのは、実に面倒なものです。ほぼ普通の電話は、今誰もほぼ嫌になるような存在です。私の御茶ノ水の事務所では、もう実にどうでもいい電話が約8割の頻度でかかってきました。私は事務所にいられないことも多かったのですが、そこで仕事をしていると、もうまともな仕事にはならないくらいどうでもいい電話が多量にかかってきます。でももちろん、大事な電話もあるわけですから、電話というものは困った存在になっていました。
 そして今、王子の事務所ですが、亡くなりました義父あての非常にどうでもいい営業の電話がかかってきます。これまた実に不愉快です。もう義父は亡くなったことを伝えると、「では、あなたでもいいですから……」と、同じ誘いを続けるところがありましたよ。これはもう普通の人間の常識がありません。
 いわば、こうした面倒で不快な電話に変わるかもしれないものがケータイ電話なわけですが、このケータイ電話は、どこでもでられる・かけられるわけではありません。電車の中ではケータイ電話はできません。
 ただ、ケータイメールは実に便利なものです。私は前にはドコモの携帯を使っていましたが、もうスパンメールには嫌になっていましたが、auに替えてから、それは皆無になりました。ただし、このauでもときどき迷惑とでもいっていい電話がほんの少しかかってきます。「ああ、ケータ番号は公開すべきではなかったな」と思っているところです。

 そんな思いの今、この「いまこい」を知りました。
 ほぼケータイメールのやり方と同じで連絡できます。そして電話のように互いにわけの判らない相手と会話する必要はありません。ケータイメールはいいのですが、あくまで一対一の連絡です。同報メールは送れますが、細かい連絡はやはり個々にです。
 この「いまこい」なら、「この時間は、俺は秋葉原のココにいるよ」「あ、あの店にいるよ」という広報が、仲間友人やある種のグループにはできるのです。そしてその伝言が駅の伝言板のように、消されるまで掲示されているわけではありません。12時間で消去されます(最大7日間掲示できる)
 なにしろ、誰も時間が実に貴重ですから。余計な会話、余計な電話はしたくありません。なんといいましても、どうでもいい電話を受けてしまうのが非常に嫌です、無駄です。それと同時で、ましてどうでもいい相手と同じ空間・時間をすごすのは嫌です。その点で、この「いまこい」はいいと思うのですね。
 できたら、クリックして見てください。
 私は昔のように気のある仲間友人と電話で会話するのは、もうスカイプになると思っています。スカイプなら地球の裏側と何時間喋っても無料です。そして私たちの持っているケータイは、ケータイメールとインターネット接続の用になると(ほかにもSuicaで買い物したりもありますけれど)考えております。
 そう考えますと、でも従来のように実際に会って、会話して、ときにはお酒を一緒に飲んだりすることはとても貴重なことになっていると思います。従来のように、もうどうでもいい相手と一緒の空間・時間をすごしたくありません。

imakoi http://imakoi.net/

  そうした思いには、この「いまこい」が最適なシステムではないかと思ったものなのです。もちろん、私たちが使うことによって、もっといいシステム、使いやすいシステムに変わっていくだろうということを信じています。

続きを読む

06121906 私のこのブログのサイドバーに「Yahoo動画」を入れました。これはけっこう動画がちゃんと見られますね。できたらそのうちに、東映の仁侠映画がこれで見られたらいいなあ、なんてまずこれは無理ですね。あたりまえだ。
 それにしても驚きました。もう充分に動画として見ることができますね。

 それでこれをどこで知ったのかというと、もちろんlivedoorReaderで知ったわけですが(私はいろいろなところのニュースをこれで得ています)、ところが、その中のどのブログで知ったのか忘れてしまいました。もうたくさんのニュースがあるので、その中で見出しとURLをコピーしておいて(今回の場合は、以下をコピーして置きました)、あとから時間のあるときに見ています。

<script language="javascript" type="text/javascript" src="HTTP://ca.c.yimg.jp/stream/00/img.streaming.yahoo.co.jp/js/blog_parts_01.js"></script>
(ええと、リンクしてしまうので、HTTPはわざと大文字にしました)

 でもこれは、どこにあったのか、そのニュースを忘れてしまったのですね。
 ただ、ほぼどのブログにも貼れるようですよ。
 だから自分のブログにも貼りたいかたは、私のように置いてみてください。

続きを読む

06121902 でもたった今(と言ってももう時間とられちゃったなあ)、「FAXを送っていただければ、そこに折り返しFAXします」というのがありまして、私は今はFAX受け取るのは簡単なのですが、送るのは、「あれどうするだっけ?」と大変です。
 FAXソフトって、インターネットではどうやって送るんだっけ。ここはインターネットはケーブルテレビの接続ですから、さて困りました。
 それで、電話回線につなげればいいのですが、モジュラーケーブルがどこにあるんだろう。私は以前は常時持っていたものですが、もう今は、まず必要ないので、持っていません。それで焦ってあちこち探してありました。
 でもこの部屋からは遠いので、ノートパソコンにインターネットで内容を送りまして、それからノートから送りました。
 でもまずいな。インターネット経由でFAXを送るのはどうするのでしたっけ。もう判らないことだらけです。

 いえ、必要なものをすぐに送ってほしいのですが、どこも平気で「3週間くらいかかります」なんていうのですね。もう信じられません。よくそれでビジネスやっているよな。それで文書でほしいのだといいましたら、こちらがFAXくれれば、そこに送るというのですが、今度は相手がこないなあ。
 D-FAXだと判らないのかなあ。

 インターネットから、すぐにFAXを送れるソフトも探しておこう。

続きを読む

49e35e91.jpg

 周の使うソフト・システム「VJE」にコメントをいただいていました。

 いつの間にかvjeがなくなっているのに驚きました。ヴァックスも休眠してしまったんですね。
 エックスファーとエヌファーを使った仮名漢字変換は好きでした。dos/vを使い始めて、wxに変えた時、確定でつかうエンターキーのせいで小指が痛くなったのを思い出しました。
 仮名漢字変換の小指の思い出です。
 しばらく、スペースキーを確定にして、エンターを改行だけに使ってました。
 動作が不安定なので、やめましたが・・・

 私もWXは使いましたが、やはりどうしてもvjeが私には合っている気がして、これでずっとやってきました。
 でも、これからどうしようかというのは、ただただ「困ったなあ」という思いだけで、私は止っています。自分に対して、「それじゃ無責任じゃないか」なんていうことも言ってみるのですが、「でもでも、どうしたらいいのか判らないんだ」という気弱な応えしか出てきません。

 本当にどうしようかな。

続きを読む

7bdaf975.jpg 私はパソコンを使い出した頃から、FEPには、VJEを使ってきていました。DOSからWindows になってもそれは変わりませんでした。
 もちろん、それ以外のFEPも、どれも使っては見たのですが、どれもこれも私には気にいらなくて、結局このバックスのVJEのみを使ってきていました。
 そして漢字辞書はもう圧倒的に登録をしてきまして、もう自分でも驚くばかりです。だから数々の古典の漢文を私はそのまま自在に打っていくことができるのです。
 例えば、私は諸葛孔明の「出師表」をパソコンでそのままどんどん打っていきますが、それが画面上に出てくるのが私は嬉しいのです。だがこれはVJEのおかげなのです(と私は思っています)。
 でもバックスでは、もうこのVJEの販売は1年前に終了しました。そしてもう他に替えないとならないようですね。
 でも私なんかどうしたらいいのでしょう。もう今の私はどうしたらいいのか、とても悩んでいます。困っています。
 本当にどうしようかなあ。
続きを読む

c5e467f7.jpg

 このソフトは以下でダウンロードできます。

   http://gizmoproject.com/intl/ja/
                Gizmoはコンピューターのための無料電話です。

 やっぱりこれからは、もっと面白い世界になりそうですね。

 私の父や義父の時代、そして母と義母の時代を思います。いつも「もっったいない」と言っていた、そう思っていた時代を思い出します。
 古い時代のほうが、古い機械の時代は、実に「もったいない」ことをしていました。

 電話もなあ、無料で話したいよね。いや話している時間がなかなかないから、そういう時間があるときは、実に無駄にだらだらと話したいな。
 あ、酒飲みに行こう。だらだらと飲んでいたいな。

続きを読む

16ce8bd8.jpg

 私がきょう午前中行きましたクライアントは、Skypeを実際に使っている数少ない社長(いや使っている人はたくさんいるのでしょうが、私の友人・知人では少ないのですよ)です。

 それで、そのSkypeではない、無料のインターネット電話ソフトのニュースを私は今朝インターネットのlivedoor Readerで見て読んでいました。無料で電話できるというソフトはSkype以外にもあります。でもこのソフトは、NTTの電話及び携帯電話に無料で電話できるというのです。Skype同士は当然無料ですが、かける相手が普通の電話や携帯でも無料というのは始めてです。
 それですぐ見たのですが、そのソフトはすべて英語です。「あ、なんだ毛唐の言葉だけか」なんていうことで、時間のない私は、もう詳しく見ていられませんでした。でも考えてみればSkypeも最初は同じだったわけなのですが、それでも私はやってわけですが、今はだらしのない私です。
 でも時間のないまま、クライアントへ行きまして、そこにSkypeで電話してきた方もいまして、私は朝のそのニュースを思い出して、教えましたが、でもそのソフト名もなにもかも忘れ果てています。

 それで、事務所に出てインターネットで調べましたが、少しも思い出せません。
 そのほか、いろいろと用がありまして、あちこち歩きます。でも「スカイプ 嫌い」なんていうキーワードだったなと思い出すのですが、でも検索では出てきません。

 でもでも、今やっと思い出しました。「嫌い」ではなく「キラー」でした。「gizmo project」というソフトでした。次のその記事を紹介します。
 まったく、私は阿呆でもうどうしようもないな。

続きを読む

6c0b165f.jpg

 このところ、メールに関してスパンメールが実に大量に入ってきます(これは数年前からそうなのですが、このごろさらにひどい)。私は3つのパソコンを使っていまして、このスパンメール対策は強力にやっていますが、それでも実にこの大量のスパンメールには嫌になります。

 それで、もうケータイメールをもっぱら使っていますが、これは短い文面ならいいのですが、ちょっとした原稿や添付ファイルつきのは無理になります。それで実に重宝に使っているのは、このYahoo!メールです。
 これはウェブメールであり、いつも使っていますPOPメールとはおおいに違うもので、従来ははっきり言いまして、「これじゃ使えないな」と思うものばかりでした。とくに、このYahoo!メールは、スパンメールだらけで、もう、「使えないな」という思いばかりでした。
 でもつい近ごろ使いまして、それはlivedoorのメールが、実に受信に時間がかかって「これは困ったな」というときでした(でも今は普通に使えますが)。それで、ウェブメールはいくつもあるのですが、まずこのYahoo!メールを使ってみたのです。
 驚きました。スパンメール対策が実に私たちの手で完全と言っていいほどやりきれます。これなら充分に使えます。
 これはウェブメールですから、どこパソコンでも自分のメールを見ることができます。POPメールでも、どこのパソコンでもメール受信ができますが、受信サーバーも設定しなければなりませんし、終わりましたら、その情報も消しておかないと大変なことになります。
 ただし、これはウェブメールでも、受信サーバー等の設定の消去は必要ありません(そもそも設定の必要がないから)が、パスワードは使ったあと消去しておかなければなりません。でもこれなら、POPメールよりは数段簡単です。

 それに、このYahoo!メールはPOPメールと同じ使い方もできます。自分の
パソコンでメールを受信することができます。オンラインでインターネット上
のウェブメールを見るのではなく、オフラインで、メールの内容や添付ファイ
ルをゆっくり見たいこともありますね。それも充分できるのです。

 もう私は、このYahoo!Japan にいつも感謝して、このメールを使っています。

続きを読む

d32a4d6c.jpg

 きょう帰宅するときに電車の中で、メールを受け取りました。
 その中で、「これはどう使うのでしょうか」という質問がありました。それが、このD−FAXのことです。
 それで、すぐメールが送りましたが、「これじゃ、よく理解できないだろうな」という思いの中で、電車から降りてから、電話をしました。
 それで、この D−FAX に書いていた、私の義父の病院での診断内容がFAXされたことを例にして話しましたが、あれだと判ってくれたかなと不安です。

 ようするに、このD−FAXは、FAXを受取る側が用意すべきなのです。FAXを送ることも受け取ることも、パソコンソフトでできますが、普通の紙の上に書かれているものを、パソコンは送ることはできません。
 それで図形なり、絵なり、手書きで書いたものを送付するときに、これは実に役立ちます。そこのあるファクシミリからこの私の020の電話番号に送ればいいのです。
 受け取る側の私は、これを自分の何かのメールアドレスに自動で送るようにしておきます。私はヤフーのウェブメールに送るようにしています。そうすると、パソコンのある場所で、この私あてのFAXをパソコンの画面で見ることができるのです。
 もちろん、面倒くさいものが書かれているものの場合は、私はそこでプリンタで印刷します。

 これですと、もうどこにいましても、それが図形であれ、パソコンがあればFAXを受け取ることができます。

 これは、いろいろなときに実に便利ですよ。

続きを読む

 IT用語辞典 から引用します。

  ******************************
RSS
Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。

 RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができる。

 指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめたWebページを生成するアンテナ(巡回)ソフトや、デスクトップに指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが開発されている。また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、更新情報をRSSで公開するところが増えている。
  ******************************

06041303 私のこのブログでもサイドバーに、私が必ず読んでいきたいブログのRSSを置いています。でももちろん、ブログでない今までのホームページでもできるわけですから、私のホームページ将門Webのほうでもやるべきだな。
 私は、私のホームページを、今の 将門Webhttp://shomon.net/ を、このブログにしようという気持を1年前から持っているのですが、なかなかそれを実行するに至っていません。今のこの「http://shomon.livedoor.biz/」をホームページ「http://shomon.net/」にするのには、いろいろとやらなければいけないことがあります。今までのTOPページをどうするのかという問題もありますね。
 でもこうしてRSSがどこでも使われているのを考えますと、私も早く決意して実行することが大事ですね。ただそうすると、ホームページ全体の大改造ですね。私にそれをやれる器量があるのかな。

続きを読む

72bcd99f.jpg

 IT用語辞典 から引用します。

サイドバー
 ソフトウェアのウィンドウやWebページの左側や右側に縦長に配置される表示領域のこと。
 メイン領域の表示の変遷に関わらず常に同じ内容が表示されるよう設定されていることが多く、そのソフトウェアの使用やWebサイトの閲覧に際して頻繁に必要とされるような機能や情報が配置される。具体的には、全体を俯瞰するメニューやページの閲覧履歴、検索機能、広告などが置かれることが多い。メイン領域を挟むように左右両側にサイドバーが配置されているWebサイトなどもある。

 このブログ将門を始めてから、このサイドバーにどのようなコンテンツを置き、どうレイアウトするのかというのはいつも考え、かなり変更してきました。これは今までのHTMLのホームページとは違って、実に簡単に変更できます。私のブログは自分でも驚くほどこのサイドバーを変更してきました。
 左右にサイドバーを置いたこともありましたが、すぐに止めました。左右に置いてしまうと、ブログの本文があまり置けない感じになってしまうのです。私は本文とサイドバーが同じように終わるようにレイアウトを考えているつもりです。
 このサイドバーを見て、前のホームページの形式よりも、こちらのほうがいいかな、と私は一番に感じたものでした。

 事務所や自宅にいるときには、常時パソコンを立ち上げていますので、画面上の私のブログから、さまざまな情報を引き出せることが大切なのです。
 それで、「あ、これは使えそうだな」というサイトには、この私のブログ画面からすぐに行けるようにしているわけです。当然に、当初は「もっと使うだろう」と思い込んでいたのに、実際にはそれほど使わないので、サイドバーから、はずしてしまったアイテムもたくさんあります。

続きを読む

84f11e99.jpg

 IT用語辞典 から引用します。

 個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称。内容としては時事ニュースや専門的トピックスに関して自らの専門や立場に根ざした分析や意見を表明したり、他のサイトの著者と議論したりする形式が多く、従来からある単なる日記サイト(著者の行動記録や身辺雑記)とは区別されることが多い。

 私も、このブログは従来の日記サイトとは別なものだと思っていましたが、「いやもともとは、この日本でこそ流行っていたのだ」という主張もあるようです。
 私は前に ウェブログの心理学 に次のように書きました。

 ブログが米国から来た新規のコンテンツではなく、もともとこの日本でも流行っていた日記サイトなんだというのは、「そういえば、そうかな」とか「とはいえ、少し違うんじゃないかな」ということが、その両方ともが真実のように思えます。

 このこと、「ブログがそもそも始まったのは、米国か日本か?」ということよりも、実際に多くのブログから、たくさんのことを知り、学べることと、自分のブログを毎日更新することにそれこそ毎日情熱をそそいでいることが私には大切なことです。

 このブログの大きな特徴といいましたら、トラックバックがあります。

 多くのブログには読者が記事にコメントを投稿して掲載できる掲示板的な機能が用意されている。また、別のブログの関連記事へリンクして相手の記事に自分の記事への逆リンクを掲載する「トラックバック」という機能もあり、興味や話題ごとに著者同士や著者と読者によるコミュニティが形成されている。最近では、ブログによる「口コミ」で情報が広がり、マスメディアが後追いでそのトピックを取り上げるという現象も起こっており、そういった面からもブログは新しいメディアとして注目されている。

 コメントは従来からの掲示板の「レスを書く」ことと同じ機能だと言えるかと思います。ただ、このトラックバックは、いわばこのブログになって初めての機能でした。最初の最初はどう使っていいものなのか、判らなかったものです。友人に明確に説明できなかったものでした。
 でも今は、この私も実によく使っています。
 いくつものブログの(それは友人のブログだけではなく)内容について、私が示唆されて何かを書くときに(それはその相手のブログ内容に賛同のときも意見が少し違うというときもあります)、自分のブログで書きまして、そのもともと示唆されたブログにリンクしておくという機能です。これは実に画期的な機能と私は驚いたものでした。

 またこのブログによる「口コミによる情報の広がり」というのも、よく理解できます。まさしくこうして誰もが簡単に書けるブログにより、いわば「口コミ」が、他のブログがインターネットで読まれ取り上げられて広がっていくのがよく判ります。
 このことは、前には、まさしく新聞・テレビそして実際のウワサ話により、広がっていった数々の情報が、今はこのブログによりいわば一瞬のもとに拡がることを私たちは目の前にすることができるのだと思います。
 ただ私が リンクス「建築総合ブログ」 に書きましたように、次のことを感じています。

 誰も、インターネット上でほんのわずかな情報発信しかできていないのに、「期待しているほどの効果が得られていない」ということで、あきらめてしまっている現状を多く見ています。私は「それしか情報発信をしていないのに、効果が出てくるわけないだろう」といつも思っています。
 ただ、このことは大きなことでね。もう世代が変わらないと無理なのかな、なんて思うところもありますが、「いや、やはりやりきる人たちもいる」というところで、世代の問題ではなく、やはりやりきれる企業団体や人間がいるのにも拘わらず、むりな企業や人もいるんだなあ、とつくづく思っています。

 せっかく、このブログというものを私たちは自在に使える時代になったのに、そのことを全然理解できていない人たちに私ががっかりしているところです。だが、でもでもちゃんとやっていく多くの友人たちも見ていまして、私はまた勇気をたくさんもらっているのも大きな現状です。

続きを読む

5028473d.jpg

 私のここのサイドバーに IT用語辞典 があります。ここを読んでいますと、

   あ、これは判っているつもりだったが、正確にはこういうことか

と思うものばかりです。今後、この私の 周の パソコン・インターネットの話 で、これを取り上げていきたいと思います。そうすると、私の誤解していた思いが訂正されることがいくつも出てくるかと思っています。

続きを読む

40b0b04a.JPG  私はパソコンを常時3つ使っています。我孫子の自宅と御茶ノ水の事務所、そしていつも持参しているノートパソコンです。
 ただこうなりますと、例えば住所録みたいなものが下手をすると3種類になってしまいます。うまく管理して使えているのが、私のホームページです。
 ホームページのファイルはすべて、サーバーにあるものが必ず正しい(正しいという言い方は私独自のものです)と考え、どこかのホームページのファイルを更新したら、その作業の最後には、必ず変更したファイルをUPしています。
 そしてパソコンを新しく使い始めるときには、必ずまずホームページのファイルをダウンロードすることから始めます。
 前々から、このやり方を他にも応用したかったのですが、なかなか実現しませんでした。データはUPできても、ソフトやシステムはパソコンに入れるのだが、サーバーにアップロードできないものが多いのです。
 ただ、私が前から願っていたことが、今回実現できました。
 それが、このシステムです。

   http://www.filebank.co.jp/  オンラインストレージ[FILEBANK]

 まだ始めたばかりですが、今後すべての私のさまざまなデータを、ここにアップロードしていきます。
 一見簡単の思える携帯電話の電話番号なんか、できたらインターネット上で管理したかったのですが、そうしたソフトは皆無でした。一つだけ実現できたのがあったのですが、でも私の携帯電話には対応してくれていませんでした。
 今後すべてこれに統一していきます。

 そいいう意味では、メールアドレスも一つのウェブメールで管理したほうが問題ないのですね。これはかなり決意してやらないとなりません。いったん整理してウェブメールにすべて入れれば、もうそれからは楽になるはずです。

続きを読む

0e6cf21e.jpg

 ファックスというのは、もうこちらから送ることはほとんどないのですが、受け取る必要はあります。
 FAXを送る場合には、私はほぼ

   http://shomon.net/pc/soft2.htm#030623  STARFAX

で送っていました。ただし、これは私のパソコンがないとできません。まあ、いつもノートパソコンを背中にしょっている私はいいのですが、普通は誰も外では困ると思います。
 そんなときに、今私は、以下を使っています。

   http://www.d-fax.ne.jp/  D-FAX.ne.jp

 ここに申し込むと、電話番号を一つもらえます。これがもらった方のFAX番号になります。これを今まで通り名刺なりに、自分のFAX番号として明示しておきます。
 こにFAXが届きますと、自分のメールアドレスのどれかにメールがきます。それを開けば、届いたFAXは画像の添付ファイルになっています。それを見ればいいわけです。もちろん、印刷してもいいでしょうが、私はとにかく見るだけです。見るだけで済むものをなんで印刷するんだ、といつも思っていますからね。

 それでこのFAXが届く先のメールアドレスをウェブメールにしておけば、私のようにパソコンを背負っていなくても、どこでもそれを見ることができるのです。
 これは実に画期的です。やはり、自分用のFAXの電話番号がもらえるのがいいですね。私はこれを名刺に入れています。

 あ、それとこれは無料です。いいソフトやシステムがありますね。ぜひ使ってみてください。最初は驚きますよ。驚くより感激するかな。

続きを読む

 けっこう大変です。というのは、昨日から私は、自宅でもなく事務所でもなく、そして昨夜からは、長女の部屋でインターネット環境は申し分ないのですが、なにしろ新しいマシンで、私が普段使うソフトが一つも入っていないのよ。
 今書いているのも、メモ帳でです。私はいつもWzで書いています。そしてFEPが私のVjeでないから、もうその面倒さは実に大変です。
   上の「インターネット」も、普段なら「いん」と打てば済むのですが、今は全部打たないとなりません。
 そのほか、私のマシンでは、どれでも簡単に入力できるようにしこたま漢字熟語他が登録してあります。だから、私は諸葛亮孔明の「出師の表」も実にスムーズに打てます。「孫子」「呉子」も、入力は簡単です。でも、今はそれができません。

 ああ、そういえば、携帯の単語ももっと簡単に登録できないものかな。
 1月20日の 義母のデイサービス待ちですが は携帯で打ちますときに、「梁恵王問尉繚子曰」と書くのに、「繚」が出てこなくてね。それで困り果て、別な「りょう」の字を入れて、数時間たちましてから、パソコンで打ち直したものです。「尉繚子」なんて、携帯では書く人がいないだろうから、漢字が登録されていないのかな。それとも私の探し方が悪いのかな。

 とにかく、このマシンも早く私流になってほしいものです。あ、私は「私」を、「わたし」なんていれていないよ。ふだんは「わ」で済むのです。でも、まだこのマシンは「わたし」と書かないとなりません。それにキーボードもまだかなり違うのです。私は早く打てるように、かなりキーボードを独自のものにしています。そうすると、書きます内容に集中できるわけで、打ちますキーボードの打鍵には少しも気を入れなくて済みます。

 まあ、いいや、今晩には直せるだろう。

99d35a56.jpg このブログのサイドバーの「周のプロフィール」に「Skype me!」が置いてあります。私はこのSkype me!をやりはじめたのは、実に早かったのですが(ちょうど1年前のいつだったかな。年末ごろかな)、誰もやる相手がいないもので、そのままになっていました。マイクも手に入れて、何度かあちこちでやりましたが、誰も結局はやってくれません。今年の2月に、このブログでもサイドバーに入れられるようになりました。それで、その頃 Skype(スカイプ)でChatしました にありますように、上海の若い中国人の方とはChatができたものでした。でも、この日本では駄目でしたね。

 でも本日午前中行きました私のクライアントで、このSkypeで、電話しました。やはりいいですね。そこでは、もう日常的に使っているんです。東京同士でしたが、これが海外でも無料で電話できるのですから、これはもう実にいいです。電話自体は、もうこんなものだと思うのですね。さらに、このことに、もっといろいろなことができるようになるのだと思います。海外だろうが、どこだろうが、音声での会話だけで料金が発生するなんと、もはやおかしいことだななんてつくづく思いますよ。
 でも以前はいつも持って歩いていたマイクも忘れがちですね。いえ、このごろは、パソコンも重くてね。それらも重くてね。年とっちゃったな。

続きを読む

3bda7232.jpg
 
昨晩「track feed」なるものを見付け、HPに貼ってみた。
 
とありましたので、私も早速見つけ、私のこのブログのサイドバーに貼りつけました。実にRSSって便利ですね。私はこのブログを始めるのが実に遅かったわけですが、ここでこうして知りますと、日々その新しいさまざまなものに驚いています。「もっと早く知ればよかった」と思う半面、「俺の程度だと、こんな速度だよな」という気にもなります。
 とにかく、私はブログの関係で知った限りのものは、この「周の発言」のサイドバーに入れていきます。もしよかったら、私のを真似して入れてみてください。その替わり私もみなさんのたくさんのブログを真似しています。
 きょう朝から、二日酔いの頭で、あちこちのブログを眺めていまして、いろんな発見をします。
 
 そういえば、今城さんのブログには、「通州事件」のことをトラックバックしなくてはいけないな、と思っているのですが、どうしてもこの事件のことを書く気持がわき上がりません。いえ、書かなくてはいけないのですが、間違いなく書くことが辛すぎます。なんという悲惨なひどい事件でしょうか。なんで中国は、このことを反省しないのでしょうか。………でもでも、そんなくずくず言っているより、普通に書くべきですね。また書きます。
続きを読む

421714ad.jpg
 私の 周の掲示板 にて、 imajouの独り言 の今城さんから、RSSリーダーをいくつか教えていただきました。3つなのですが、私はそもそも、「RSSリーダー」がよく判りませんでした。どうやって使うのか、何が便利なのか、全然判りませんでした。その中で、Goo RSSリーダーは、どうやら、少し意味かつ意義が判りかけてきました。ただ「でもこれはgooのブログしか使えないのかな。いや、他も使えるのだろうが、goo向きなのかな」というくらいの段階でした。
 それが今週22日にBlogWalkerを知りまして、「なるほど、これはいいや、便利だ」と実感できました。これは以下で手に入れることができます。
 
 
 このソフトについて、今解説できません。まだよく判っていないからです。そのうち私の 将門Webマガジン で書きまして、それを私の 周の使うソフト・システム に書いておきます。
 実は、私の ニッポン放送の新株予約権発行、高裁も差し止め は、このBlogWalkerによって書いたものです。いえ、このニュースに関する新聞等々の記事は、他でも(つまり直接)手に入りますが、このBlogWalkerで知るのが一番早いし、ログをとるのも簡単です。私は昨日夕方、これでこのニュースの詳細を知り、あとは私の「抗告というのは、憲法違反だということがないと」という、中学3年生での知識を入れて書いたものです。
 今後、このBlogWalkerを使って、もっとブログで書いていくようになるかと思っています。
 あと必要なのは、○○と××だな、なんて思っています。
 
 さて、これから長く電車に乗ります。直行するところがあるんです。そうすると、本を読みたいのですが、コーンウェルの「痕跡」しかないのですね。もう上巻を読み終わるところなんですが、何故か乗って読んでいけないのです。なんだかサ、みんなスカーペッタも、マリーノも、ベントンもルーシーも誰もが人間を信じていないような感じに思えちゃうんですよ。いえ、この巻では、この今の時代はそうなっちゃうのかな、読んでいるのが面白くない、辛いです。
続きを読む

00c94740.jpg
 18日の livedoor Blog 開発日誌 に次のお知らせがありました。
 
無料で使えるインターネット電話ソフト「Skype」のIDを設定したボタンをプラグインとして表示できます。「プラグインの追加」の「livedoor プラグイン」から設定することができます。プラグインに自分のSkypeIDを設定しておくと、Blogを閲覧している方がSkypeを利用して電話をかけることができるようになります。
 
 ということで、早速導入しました。
 そうしましたら、先ほど、Chatの呼びかけがありました。Chatなんて何年ぶりでしょうか。以下そのログです。相手のハンドル名を「A」としました。それ以外はログのままです
  *****************************
[13:45:10] Aの発言:こんにちは
[13:46:14] 周の発言:はい こんにちわ
[13:46:25] Aの発言:昼ごはんをたべましたか
[13:46:35] 周の発言:まだです
[13:46:56] Aの発言:そうですか、中国人ですか
[13:46:58] 周の発言:今、ブログを更新しているので
[13:47:15] Aの発言:そうですね
[13:47:19] 周の発言:違います。国籍は日本です
[13:47:40] 周の発言:なんかひさしぶりのチャットです
[13:47:54] Aの発言:分かりました、ども貴方は中国からの日本人ですね
[13:48:19] 周の発言:私は56歳です。違うよ、もともと日本人だよ
[13:48:55] Aの発言:ええすみません
[13:49:01] 周の発言: 「周」というのは、私の名前の周二からつけたハンドル名です
[13:49:27] Aの発言:私の名前は周○○です
[13:49:33] 周の発言:ただ、魯迅がすきですよ。彼は「周」でしたね
[13:50:06] Aの発言:ええそうですよ
[13:50:14] 周の発言:「周○○」さんでしたか。よろしく
[13:50:34] 周の発言: 私は魯迅が好きですね
[13:51:12] 周の発言: 彼の作品では、「薬」が一番好きかな
[13:51:17] Aの発言:それから押せ歯になります
[13:51:42] 周の発言:歯医者いくの?
[13:51:45] Aの発言:ええ私も薬が大好きです
[13:52:04] Aの発言:それから、お世話になります
[13:52:17] Aの発言:どうぞよろしくお願いします
[13:52:54] 周の発言:あの作品は、中国の革命家秋瑾がモデルなんですね
[13:53:23] Aの発言:ええ、
[13:53:49] Aの発言:貴方の専攻は歴史ですか
[13:53:53] 周の発言:処刑されたのが、悔しいなという思いです
[13:54:06] 周の発言:歴史は専門ではありません
[13:54:17] Aの発言:ううそうですか
[13:54:27] 周の発言:私のホームページにも、ブログにもいろいろ書いていますよ
[13:54:57] Aの発言:中国の近代史が上手ですよ
[13:55:39] 周の発言:秋瑾のことを、魯迅が書いてくれて、それで彼女の魂は休息を得られたのではと思います。
[13:56:07] 周の発言:近代史というと、辛亥革命ですか?
[13:56:45] Aの発言:中国で大勢の人は秋瑾さんと思う
[13:57:00] Aの発言:はいそうです
[13:57:11] 周の発言:私は中国でいうと、司馬遷の「史記」で描かれる世界が好きです
[13:57:38] 周の発言:辛亥革命の頃というと、私はいま、章炳麟に興味があるかな
[13:58:22] 周の発言:それと、革命家としては、宋教仁が好きです
[13:59:01] 周の発言:彼は袁世凱に暗殺されますが
[13:59:02] Aの発言:ええ日本人中で同じな貴方は多いですか
[13:59:13] Aの発言:ええ
[13:59:21] Aの発言:すごいですよ
[13:59:29] 周の発言:ええとどうでしょうか。私みないのは少ないでしょう。
[13:59:53] 周の発言:「私みたいのは少ないでしょう」でした
[14:00:10] Aの発言:分かりました:)
[14:00:23] Aの発言:でもどんな専攻ですか
[14:00:45] 周の発言:ただ、私は日本の60年代の活動家(革命運動を目指していた)なんでね
[14:01:09] Aの発言:なるほどそうですか
[14:01:14] 周の発言:私の専攻はね、何かな、
[14:01:33] 周の発言:まあ、プロレスが好きなことかな
[14:01:43] 周の発言:中国の映画も好きですよ
[14:02:02] 周の発言:「初恋のくる路」がよかったかな
[14:02:18] 周の発言:「芙蓉賃」も好きです。感動しました。
[14:02:40] Aの発言:上の句が分かりません、三ヶ月だけ日本語を勉強しましたから
[14:03:14] 周の発言:上の句というと「プロレス」かな
[14:03:27] 周の発言:スポーツの格闘技です
[14:03:30] Aの発言:そうですか、中国と日本は変えているよ
[14:03:47] 周の発言:あ、そうか
[14:04:13] Aの発言:中国へ来たことがありませんか
[14:04:29] 周の発言:いえ、ありません
[14:04:52] 周の発言:というか、ずっと海外に出ちゃいけなかったのです
[14:05:12] 周の発言:なんせ、昔は過激派でしたからね
[14:05:32] Aの発言:分かりました
[14:05:38] 周の発言:でも、こうしてチャットできて嬉しいです
[14:06:08] 周の発言:56歳のおっさんですが、打つのは速いでしょう
[14:06:11] Aの発言:世界中で全部の国で過激派があります
[14:06:46] 周の発言:そうですね。過激という言葉は好きですが、そうも嫌ですね
[14:06:56] Aの発言:ええ、でも今どこに住んでいるか
[14:07:03] 周の発言:今千葉県です
[14:07:13] 周の発言:事務所は東京御茶ノ水です
[14:07:41] Aの発言:知ります
[14:08:00] 周の発言:あなたはどちらなのでえすか
[14:08:12] Aの発言:中国語ができないか
[14:08:12] 周の発言:日本にいるの?
[14:08:31] 周の発言:私は中国語はできません
[14:08:37] Aの発言:いいえ、今中国の蘇州に住んでいる
[14:08:45] 周の発言:習っている時間がなかった
[14:08:56] 周の発言:蘇州といえば、越のあったところですね
[14:09:12] 周の発言:それと、紹興酒が美味しい
[14:09:18] Aの発言:でも今年六月ごろに日本へ研修しに行きます
[14:09:34] 周の発言:あs,そうですか。まだ若いお年なのかな?
[14:09:43] Aの発言:そうですよ
[14:09:58] Aの発言:ええ ありがとう
[14:10:13] 周の発言:中国人の友人はいます
[14:10:25] 周の発言:北京出身の女性です
[14:10:40] 周の発言:いろんなことを教えてくれました
[14:10:56] Aの発言:ええ、
[14:11:13] 周の発言:天安門事件のときには、彼女は泣いていました
[14:11:29] 周の発言:私もくやしかった
[14:11:55] Aの発言:ええ でも中国は進んでいる
[14:12:01] 周の発言:早く、中国が変ってほしいです
[14:12:28] 周の発言:中国は私たち日本人にとっても大事な国です
[14:12:37] Aの発言:もちろん
[14:13:09] 周の発言:私たちは、漢字を、たくさんの古典を習いました
[14:13:30] 周の発言:中国の古典は、私たちにとっても古典です
[14:13:36] Aの発言:ええ 以前日本は中国から
[14:13:58] 周の発言:李白でも杜甫でも、その詩は私は大好きです
[14:14:38] 周の発言:ついでにいいますと、私は曹操の詩も、曹丕も、曹植の詩も好きです
[14:14:38] Aの発言:以前日本は中国からの影響は多いですよ
[14:15:12] 周の発言: そうですね。日本の民話もたくさんの中国の話を取り入れています
[14:15:14] Aの発言:ああ 中国の文化が得意ですね
[14:15:59] 周の発言:そういえば、諸葛孔明の「出師表」も昔は全文暗記しました
[14:16:32] Aの発言:海内存知己,天涯若比?
[14:16:44] 周の発言:だから、中国とは、実に仲好く連携していきたいなと私は思っています
[14:16:59] Aの発言:あああああ  本当にすごい!!!!!!
[14:17:13] 周の発言:海内存知己,天涯若比?
[14:17:32] 周の発言: ごおめん、この詩句は誰のなのですか
[14:18:24] 周の発言:私も昔、過激派の運動で、刑務所にいたときに、七言絶句を作ってみたものでした
[14:18:57] 周の発言:ただ、とにかく私たちには難しいのですね
[14:19:03] Aの発言:古典文化は今少ないなります
[14:20:05] 周の発言:そうねえ、前に書いた北京の女性は「紅楼夢」が素晴らしい文学だと聞いて驚いたものです
[14:20:42] Aの発言:でも、私は古典音楽や古典芸術が大好きです
[14:20:53] 周の発言:「紅楼夢」は読んでも少しも面白くないもの
[14:21:07] 周の発言:古典音楽って、何かな?
[14:21:41] Aの発言:ええ、紅楼夢を知る前に中国文化を習い
[14:22:44] Aの発言:例えば古筝,古琴,?
[14:22:46] 周の発言:「紅楼夢」と「金瓶梅」の二つは、中国ではすこし論争を続けているなんていう話を聞いて
[14:22:58] 周の発言:私は驚きました。
[14:23:06] 周の発言:ああ、そうか。
[14:23:18] 周の発言:私は詩吟をやっていまして
[14:23:27] 周の発言:弟が尺八
[14:23:48] Aの発言:国の文化では論争がないが、進歩はない
[14:24:02] 周の発言:義妹が琴をやっています
[14:24:29] 周の発言:私の二人の娘は、三線をやっています
[14:24:38] Aの発言:すみません、用事をするから、さようなら
[14:24:48] 周の発言:ありがとう。さようなら
  *****************************
 
 どうしても、Chatは、打つ速度と画面に出る速度の関係で、会話がちくはぐになりがちです。ゆっくり相手の返答があってから返事を出せばいいのですが、どうしてもそんなにゆっくりはできないのですね。
 でもこれで、実は電話でも無料で話せるわけですが、たった今は私のこのパソコンの音が出ないのです。なんでかな。
 でもこれをいろんな人に教えましょう。燕尼(尼ではなく、本当は女に尼の字)に教えれば、彼女は北京の家族や友人と無料で喋られるよ。あの彼も、ニュヨークの親と無料で話せる。私が役員をやっているあの会社も、米国に居る仕事先と、何時間でも無料で話せます。
 これを読んだ方も、これをパソコンに入れましょうよ。
続きを読む

7713ae69.jpg
 Mozilla Thunderbird(モジラ・サンダーバード)  で次のように書きました。
 
 本日事務所のパソコンも、持っているノートパソコンもこれを入れます。おそらく、どのマシンも1週間もすれば、充分満足できる状態になれるだろうと判断できます。
 
 16日朝、この通り事務所で、ノートパソコンに入れました。だがこの日は、ある女性が私の事務所のメインのマシンを使っていまして(会計ソフトを使っていたのです。私が教えていました)、このメインのマシンには翌17日朝サンダーバードを入れました。
 もう私は「1週間もすれば」なんて書きましたが、もう1日でいいです。ただし、最初に「迷惑メールフィルタ」をちゃんと設定しておいたほうがいいです。最初にやっておいたほうが面倒でない。それと私のようにいくつものメールアドレスを持っている場合には、
 
   ツール−オプション−詳細
 
で「パスワードの保存」でパスワードマネージャーをちゃんと見ておいたほうがいいです。というのは、パスワードを何にしていたかというのは、アドレスによっては忘れ果てているんですね。少しだけ、このことが苦労しました。
 最初の数度のメール受信で、「迷惑メール」フォルダに、必要なメールが入ったり、逆に私にはスパンメールなのに、「迷惑メール」フォルダに入らないメールがありましたが、それを私が手で選択していますと、次回にはもう私の指定したとおりになります。
 これでさしもあの多数延々と来るスパンメールがかたずけられます。「なに、こんなに簡単なことなの」という感じです。
 ぜひとも、このスパンメールで嫌になっているかた、苦労している方、ぜひこのサンダーバードを使ってみてください。
続きを読む

785904dd.jpg
 この「周の発言」のサイドバーに置いてあります、Blogpetを、本日うさぎからぱんだにしました。
 それで、「これは何だ?」と思われる方がいるかと思います。これは、このブログに住むペットということなわけなのですが、これがアクセス解析をしてくれるのです。
 以下の解析をしてくれます。
 
■アクセスログ
・時間別のアクセス
■リンク元の統計
・リンク元URL
・リモートホスト
・検索エンジン
・検索ワード(単語)
・検索ワード(語句)
■OS/ブラウザ
・OS
・ブラウザ
 
 私のこの「周の発言」は、livedoorでもアクセスログを提供してくれます。ただ、それは翌日午前5時をすぎないと、前日の記録を見せてくれません。このぱんだですと、それが即座に今現在のデータを見ることができます。

↑このページのトップヘ