将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:「話し言葉」と「書き言葉」

 BLOGOSで、次の記事を見ました。これは田中善一郎さんの書かれたものです。12121604

  http://blogos.com/article/52321/
  日本人の好むコミュニケーション手段、対面よりも電子メールなのか
友人や家族とのコミュニケーションで、フェイス・ツー・フェイスよりも電子メールが好まれて使われている。日本人は欧米人以上に、友人や家族とのコミュニケーション手段として対面を避け電子メールに頼っているという。

欧米先進国では、対面と答えた者が電子メールと答えた者の約4倍もいた。ネット時代になってもフェイス・ツー・フェイスのコミュニケーションを大事にしているという結果になっている。一方、日本人は欧米人に比べ、対面のコミュニケーションを好んで利用している割合が極端に低い結果となっている。

 この記事に載っている図がここに掲載したものです。私は「そうなんだ」と少し驚き、でも納得もしました。自分自身を省みると「こうなのかな」と納得してしまうのです。
 私は『「話し言葉」と「書き言葉」』ということを言ってきました。これは吉本(吉本隆明)さんを読んでいて思ったものなのです。
 おそらくこの私たち日本人は約一万年くらい前から、この日本語と言われるX12121608言葉で話してきました。だが日本語と言われる書き言葉を使ったのは、紫式部や清少納言、更級日記の少女の頃からですから、まだ1,100年しかたっていないのです。
 そのことで、私は今もこうして書き言葉で表出できるメールをより使っているものです(私は手紙もよく書いていますよ)。

12021407  もうすぐ鎌取です。今日は実にいい天気です。
  じゅにはどんな顔でじいじを迎えてくれるかなあ。 今は鎌取駅でバスを待っています。どんどんとバスは来ますが、私の乗るバスはまだです。

  思えば、前にはどこででも本を読んでいたものでしたが、今はこうして書いています。
  先日瀬名波氏に、「話し言葉」と「書き言葉」のことを言いましたが、本を読むことは十分にやってきました。今は書くことを熱心にやらなくてはと思っています。
  だから手紙も書くべきなのです。 手紙は、もう熱心に書かないといけないですね。2008年には600通を越える手紙を書いたものですが、今はだめだなあ。
  なかなかパソコンの前で書いていられないのですね。 それは、私にはものすごく不満なところです。

11101408  いつもこうして電車に乗ると、小さい子どもが気になります。私のおはぎのところの3人の孫、それにこれから会うじゅにのことが気になるのです。
  じゅににはいっぱい話しかけよう。

  思うのですが、吉本(吉本隆明)さんの言われる、「書き言葉」と「話し言葉」では、人間以外の犬や猫やその他の動物も、人間には分からない言葉で会話してるのかもしれません。すなわち「話し言葉」と「書き言葉」は大きく違うのです。 人間を含めた動物は言語を含めたいくつもの手段で意思疏通を図ろうとしています。でも言語という書き言葉で意思を相手に伝えようとするのは、人間だけです。これは動物の中の人間の大きな特徴です。おそらく人間は、話し言葉だけの時間がものすごく多かったのだと思います。それがこうして、「書き言葉」という言語手段を持つことができたのは、大きなことです。

11021907 この日は、義弟と妻と3人で東京北社会保険病院へ行きました。

2011/02/19 07:39さて義弟が徳島からバスでこちらに向かっています。飛行機がとれなかったのですね。午前9時より東京社会保険病院で義母に関する医師との会議があるのです。
2011/02/19 07:56もう義弟は到着しました。あとはいつものタクシー会社に依頼します。病院に10分前に着くでしょう。
2011/02/19 08:00今タクシーを8時30分に予約しました。私のブログのサイドバーにバナーを置いているタクシー会社ですが、ここをいつも使っています。呼ぶと費用が少し多くかかりますが、自分たちで外でタクシーを探すより、とても楽です。今のように予約ではなく、すぐに呼ぶ場合は、人との会話はなく、いっさいできてしまいます。
 でも今は、右の耳で義弟と妻の会話を聞き、左耳と目は「てっぱん」で涙を流しています。
 このあかりのお兄ちゃんとこの京野ことみが一緒になればいいなあ。私はこの京野ことみに興味がわき、一昨日にインターネットで彼女のことを検索しました。彼女は京都生まれだと思っていましたが、広島生まれなのですね。
2011/02/19 08:53義母の病室に来ました。
2011/02/19 09:29お医者様との打ち合わせが終わりました。
 私は、私の母のことと、父のこと、そして義父のことを思い出しています。私の父は少し辛い亡くなり方だったかなあ。義父はかなり大変な思いをさせてしまったかなあ。母は、義姉が実によくやってくれていました。今義母は、とにかく穏やかに最後の時を迎えてほしいです。
 思えば、きょうも私のブログにはいくつものUPをしています。「話し言葉」と「書き言葉」ということを思います。またあとで私のブログに書きます。いや、私のパソコンのほうで書いているのです。今は思い出せないなあ。

 私は次のように書いていました。

 私は、「書き言葉」と「話し言葉」ということを考えます。私個人もどうしても話し言葉、要するに自分の口から話すことよりも、こうして文章で自分の思いを伝えることのほうが好きなのです。私には向いているのです。この思いからすると、「沈黙も言葉」(吉本隆明さんの言われることです)なのです。

 義弟と、長女家族5人が会いまして、もうポコ汰もポニョも元おじちゃんと会えて、ものすごく楽しかったのじゃないかな。ポニョのパンを食べるのがものすごく楽しかった。ポポも実に可愛いです。

10120907 12月5日の22:38に届いていた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/12/05 【No.2044】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 知らない街に 一人来て 地図を片手に 逍遥する時

寂しがり屋の私としては一人で見ず知らない土地を歩く事は 一種ストレスなのですが 人生甘えてばかりではいけないので しゃきっとし直し 目的地に向かって歩くのです。

 今は「知らない土地」を歩くことがなくなりましたね。昔はよくあちこち歩いていたものでした。

たのしみは 携帯メールを 止めてみて 請求金額 暴落する時

携帯電話というのがなかなか大変で ずっと高くて困っていました。一大決心というほどでもないけどメールを止めましたら 半額以下になりました。

 私はケータイはメールを止めるわけには行かないな。どうしても止めるんなら、通話の方だな。「話し言葉」と「書き言葉」は、どうしても私には書き言葉のほうが優先です。

↑このページのトップヘ