13062207 私の靖国神社の鳩は普通のハトです その3に「鳥好き」さんが以下のコメントをくれました。ありがとうございます。

2. Posted by 鳥好き   2013年06月22日 05:12
何年も前のブログへのコメントになりますが、もちろん現在でも普通のハトと白鳩は同居しています。
 靖国神社では「英霊の魂」に見立てて白鳩を飼育していますので、普段は境内の一角にある鳩小屋の近くをうろうろしていて、行事の時には一斉に飛ばしたりもします。
 一方普通のドバトは千代田区内の至るところに居るわけで、当然境内くまなく居るはずで「白い鳩しか居ない」と見た人は余程観察力のない人か「はとバスツアー」でそれだけを見てきた人なのでしょうね。
 ドバト自体人間が品種改良して作ったもので天然自然を語れる存在ではありませんし「白」に特別な意味をもたせるのは世界中で一般的なことなので、靖国の専売特許でもありません。
 少なくとも「白い鳩」は世界標準で平和の象徴として扱われているので、民族浄化的な文脈で語る人がいるのは驚きです。
 いち鳥好きとしては、ハトに変なものを背負わせるのは気の毒な感じがしてコメントいたしました。

 たしかにもはや随分前のUPですね。でも私には、この「鳥好き」さんが一番まともなことを書いてくれました。と私は思っています。もうどこでも、(とくにこのインターネットで私は感じていました)、靖国神社では白いハトば13062208かりがいるという記述を見てきました。私はハトはそれほど好きではありませんが、こうまで「靖国神社は白いハトばかり」という記述ばかりに嫌になっていました(事実は私は境内でも普通のドバトを見ていますが)。白いハトばかりを大事にして、その他のドバトは抹殺する(殺す)というような事実があるのなら断固嫌ですが、そんなことはありません。

「白い鳩しか居ない」と見た人は余程観察力のない人

 まったくおっしゃるとおりです。ただ言われるように、『「白い鳩」は世界標準で平和の象徴として扱われているので』ということです。これは目の前の事実を見ないで、ただただ靖国神社を何か大東亜共栄圏構想の一貫だと決め付けたいだけなのでしょう。右翼も駄目なのが多いですが、自分を平和主義だと決め付けたい人たちもひどいです。いやそのひどさはひどすぎるものです。私も前でもよほどの真実を自分が言っている、多くの人は知っているが黙っていると思わせたたいばかりなのでしょう。
 私はハトはあまり好きではありませんが(本当は「ハトも」と言ったほうがいいかな)このUPは次のように私は書いていました。

 靖国神社の鳩は普通のハトです
 靖国神社の鳩は普通のハトです その2
 靖国神社の鳩は普通のハトです その3
 靖国神社の鳩は普通のハトです その4

 しかし、このインターネットの世界でも、また同じことを決め付けて言う人がいるのはどうしようも13062209ないと思いますね。そういう封建的(これを私は「ふうけんてき」と心の中でも声に出しても読んでいます)な人はもうどうしようもないですね。
 私は若き日に東大闘争の安田講堂で闘ったいわば過激派ですが、こうした阿呆な平和主義を装う連中は大嫌いです。