将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:あじさい

12060310 ここで5月15日の2012年5月14日のポメラの2から、ずっとあじさいの画像をここに使っています。
 これはここのサイドバーにあるKSNETの写真素材を使っています。私はこの花はそんなに好きだとはいえないものでしたが、山田洋次『男はつらいよ』のことでに書きましたように、この回の映画を見て、私の間違いも私の心の中で直して、この花も好きになってものでした。
 ここの画像のあじさいは、昨日2012.06.10の16:18に、私の長女おはぎの家に行くときに、自宅の近所で撮りましたものです。こうしてあじさいの花を撮りますと、私はいつもこの「あじさいの恋」を思い出すのです。

12052814 今ポコ汰から背中を少し蹴られました。
 でも今はその足の暖かさを感じています。ずっとその足と私の背中がふれ合うことを感じています。いいなあ。

  思えば今は、ここの画像にはあじさいを使っているわけですが、これでまたいくつかあじさいを使っていけますね。あじさいという花は、少しさびしいというか、少しわびしさも感じるのですが、そんなことはありませんね。
  このあじさいは、鎌倉の長谷寺の南側の紫陽花の集まっているところから、海を見たところです。
 ここの海を見ていると、私はいつもこの浜を駆け抜けた新田義貞を思い出すのですね。
 いつもいつも新田義貞を思いだしているのです。あのときは彼は格好いいよねえ。

5d9e03d3.JPG 私は仕事で川口には20年以上行っていましたが、川口神社というのは知りませんでした。川口は実に広いですからね。いや広くてもあちこち歩いていると思っていました。
「歴史さとう」で、「ゲーテの愛した女、クリスティアーネ・ヴルピウス」というのを書きました。ゲーテの奥さんのことは名前だけでなく、始めて知った気がします。思えば、私は中学生の頃から名前しか知らなかったのだなあ。
 きょうは、長女の家に行きまして、孫のポポとお留守番をします。
 写真は昨日6月11日に撮りました。王子の図書館分室のそばにあるあじさいです。(06/16)

486a3dbf.jpg

 おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪このUPがありました。

 私はやもりにしろ、いもりにしろ、とかげにしろ、みんな苦手なんですよね。だから、もう一軒家住まいよりも、我孫子ででも、王子でも、マンション住まいがいいです。我孫子の今のマンションの前は、一軒家だったので、いろいろと大変でした。娘たちみたいに、私はみみずも触れないから、とても困るのです。
 困るといえば、このときの一軒家は、家の周囲の垣根が、すべて薔薇の花がからまっていました。最初は、素敵な家なんだなあ、と思いましたが、住むとそうではありません。薔薇というのは、とてつもなく枝が伸びるのよ。それで、普通に人の通る道に伸びていきます。だから、これはみなちゃんと刈らなければなりません。一年に二度くらいは、父の家と合わせて業者さんに入ってもらいますが、もうそんなものでは間に合いません。それで日曜日には、いつも薔薇の枝を刈ります。
 ところが、この薔薇の枝は、普通ゴミでは出せないのです。特別に市のどこかへ持っていかなければ、ならないのです。私はもう深く穴を延々ほりまして、深く埋めたものでした。
 私は薔薇なんて、実に嫌いになったものでした。
 あと、紫陽花があったのです。これは実に綺麗です。でもこれまた、刈らないと大変なんです。もういつも、「こんなに刈ったら、もう紫陽花は咲かないだろう」なんて、少し反省するくらい刈ったものでしたが、いやいや、すぐに「もっと徹底して刈るべきだった」と反省するくらい、実に繁茂します。
 もう私は、紫陽花なんて花も嫌いになりました。鎌倉の名月院あじさい寺も、昔はよく行きまして、あの紫陽花は好きだったのですが、もう嫌いになりました。北小金のあじさい寺も行ったものでしたが、もうあじさいは嫌いになりました。もう手入れが大変なんだもの。
 いや、もうどこでも一軒家は大変です。もう私なんか無理ですね。こういうマンションで、ボーッと毎日酒飲んで、好きかってなことを言っているのが向いています。

 あ、そうだ、ただ、どこでもごきぶりは女性たちみたいに苦手ではありません。追いかけて行って、みな殺しています。

続きを読む

↑このページのトップヘ