12022009 いつもこの京葉線では、この「周のIS01ブログ」を書いていますが、実は他にも書いています。
 これは、フォルダ管理する必要もないのでこれで手紙も書いて、あとで家に帰ってプリントします。ポメラでも同じにやっています。 ただポメラは携帯ではないので、じゅにのそばで書けるということでしょうか。
 私はポメラに「あ、これは携帯じゃないんだ」(病院の中では携帯電話は使えません)と気がついたのは遅いのです。

  それまでは、じゅにのそばでは、書くものもないので、私はいくつもの漢詩の長詩を心の中で読み上げていたものでした。
 それと「マルクス・エンゲルス『共産党宣言』」も読み上げていたものでした(ただし、私は訳者の大内兵衛は好きですが、向坂逸郎は大嫌いです)。だが長い間続けると、それも飽きていたものでした。