13021910 私が書きました昔金八先生の言ったことを思い出しましたで、私は質問を受けました。「何を言いたいのかよく分からない」と言うのです。私は答えました。

 うんこのことだよ。子どもたち、小学校にも行かない子たちにも、「朝保育園、幼稚園に行く前にうんこをするという訓練は大切なことなんだ」ということなのです。「いつでも自由に自分のしたいときに」という考えではいけないのです。

 ソルジェニーツイン(私はソルジェニーツインの作品では、『イワン・デニーソヴィチの一日』『ガン病棟』『煉獄のなかで』『収容所群島』『仔牛が樫の木に角突いた』とあと短編をいくつか読んでいます)の『収容所群島』の中でベッドの中で、ベッドの上下を替わらせたことがあります。それは上になった男がどうしてもウンコをもらしてしまいからでした。その男は昔は輝かしい革命派でしたが、今は収容所に入れられているのです。この収容所側に自分が要求したことを、ソルジョニーツインはいつまでも悔やみ反省していました。
 このことを忘れないのです。
 あるときに、40代の男性でしたが、小学2年のときに学校でうんこをもらして、そのことをずっと言われ続けた、中学生になっても言われたと言っていました。それは言うほうがいけないのです。だけど、私は家で自宅で「朝保育園、幼稚園に行く前にうんこをするという訓練は大切なことなんだ」ということをパパやママがやってあげることだったと私は思うのです。
 私はロシア文学者の中ではドストエフスキーもトルストイもゴーゴリもプーシキンもチェーホフもその他もみな読んできて好きです(オストロフスキーは好きになれないかなあ)。でもその中でも、このソルジェニーツインが一番好きです。それは『収容所群島』のことを書い13021911ているからです。彼はスターリン主義ではなく、マルクス主義そのものが嫌いです。もちろん彼は元はマルクス主義者でした。だがこうした非人間的なことをしてしまうのは、スターリンが悪いのではなく、共産主義・マルクス主義がいけないのだと気がつくのです。