将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:おだんごぱん

ee3afd84.jpg

 以下のように書いていましたが、

 画を見ていますと、あ、ヨーロッパのどこの話だろう、ドイツかなあ、なんて思いました。ちょうどグリム童話を読んでいるような気持になりました。

 これはロシアの民話だったのですね。ロシアといえば、「イワンの馬鹿」くらいしか知らなくて(トルストイが書いていましたね)、なんだか羞しいなあ。
 こうした外国の童話もたくさん読むべきですね。そしてポコちゃんに読んであげるのです。

続きを読む

おだんごぱん―ロシア民話

 

 

 

 ナミちゃんのブログの名前になっている おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪ の「おだんごぱん」を見つけて読んでみました。

書 名 こどものとも
    おだんごぱん
瀬田貞二 訳
井上洋介 画
発行所 福音館書店
発行日 1989年10月1日復刻版発行
読了日 2007年7月10日

 画を見ていますと、あ、ヨーロッパのどこの話だろう、ドイツかなあ、なんて思いました。ちょうどグリム童話を読んでいるような気持になりました。
 あるところに住んでいたおじいさんが、おばあさんにおだんごぱんを作ってくれるように頼みます。おばあさんは、おだんごぱんを作って、まどのところでひやしておきました。
 でもこのおだんごぱんは、窓からおりてころがり下りて、ころころころがって、おもてに出てしまいます。おだんごぱんは、おじいさんにもおばあさんにも食べられたくないのです。
 すぐうさぎにあって、食べられそうになりますが、うまく逃げ出します。
 そのあとおおかみに会っても、くまに会っても、おだんごぱは逃げ出します。

 でもそのあときつねに会うと、きつねのうまい話にだまされてしまいます。

 きつねは、たちまち くちを とじ、
 おだんごぱんを、
  はくっ と、
 たべてしまいました。

 うん、なんてひどいな、おだんごぱんはがんばって、誰にも食べられずにころがってきたのに、こうしてきつねに食べられてしまいます。
 でも、もともと食べられるために生まれてきたおだんごぱんですから、こうして誰かに食べられてしまうのは、仕方ないのかなあ? 私には判りません。
 これを読んだ子どもたちも、よく判らないことでしょう。ただし、強烈な物語として覚えていくことでしょう。
 でも童話って、こういう話が多いように思いますね。
 そんなたくさんの童話を思い出してきました。

 ただし、私が王子図書館で借りてきました本は、表紙が違います。私が手にしたのは下の本です。
07071003

 


 私が読んだこの絵本は、井上洋介さんの画であり、上の表紙の本は、脇田和さんの画です。

 もちろん、どちらも同じお話です。

a1428ecf.jpg

 おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪このUPがありました。

 ワアーッ、お刺身がどれも美味しそうですね。

毎週土曜日は銚子からお魚屋さんがきてくれる。

 これはいいですね。私もみな好きですね。とくにいわしのお刺身なんていいですね。私の妻は私と結婚して、こうしてお刺身を食べるということを知ったようです。もともと、西の博多とか北九州で育ったせいかもしれません(でも私はずっと東京生まれだとばかり思っていました。娘から「ひどい」と言われています。「結婚の前に、そういうこと喋らないのか?」。ええ、私は喋らないのです)。
 でも今は、毎日お刺身が並びます。これで私は毎日飲んでいるのです。

 私が今でもときどき飲みにいきます千駄木「浅野」のご主人は、ナミちゃんと同じ東葛高校出身ですが、いつも実に美味しいお魚がありますよ。でもここではもう私は、ビール1本とおちょうし3本の制限がありますので、実にいい酒です。

ついこの前まで雑草で人は死なないから草取りはしなくてもいいよ
とか雑草は可愛くてきれいなものが多いからとか色々いってたのに
せっせと休日などは手伝ってくれる。この変化は何か??

 雑草は、とにかく抜かないと駄目です。とにかく、そうしないと大変な家の庭になってしまいますよ。
 でも思い出すと、札幌、名古屋(ここは3カ所)、鹿児島も住んだところは、あまり雑草も生えませんでした。横浜もそうでしたね。我孫子というところは、それが半端ではなく、もう少しほっておくと、雑草が生い茂ります。
 今は、この雑草とりの用がなくなり、実にいいです。
 でも先週土曜日我孫子の自宅へ行ったときに、相変わらず我孫子は野鳥が鳴いていました。やっぱり、すごくいい街なんですね。

続きを読む

294f6a65.jpg

 おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪このUPがあります。あ、これが最新のUPなのです。ナミちゃんが、東北に彼と二人で旅行してきたという報告です。
 私もこのところ、いつも夏休みに娘二人と妻と4人で、旅行してきました。昨年は、長女の彼のミツ君と5人です。
 これが実に愉しいです。昨年は、湯西川温泉に連れていってもらいました。実は私は27歳のときに、この湯西川温泉には、温泉新聞の記者として集金旅行に行っているのです。でもそのときは、鬼怒川温泉で集金してまわり、あと川治、川俣温泉をまわり、この湯西川温泉にも行って、さらに日光湯元温泉に泊りましたから、実に強行軍でした(だって、翌日は那須温泉に行き、次の日は塩原温泉でした)。でもそのときの思い出と違って、実にいい温泉でした。家族で温泉に行くって、実にいいことですね。

そして今回は夫と二人!
高校生のときに食べた同じ山寺のこんにゃくを食べてみた。
あれから色んなことがあって大学生になって大学生の時も・・
色んなことがあってそれからそれからもっともっと色んなこと
があって大人になってお母さんになって・・・・高校生の時は
どんな思いでこのこんにゃくをほお張っていたんだろうなんて!
思いながら食べていた。親がいてくれる有難さと心地よさを今度
は子供たちに!

 私も今度は、孫のポコちゃんと愉しもうという気持になっています。それに次女ブルータスの彼のナオキ君も一緒だと、ミツ君もいるから、男組のほうが4名で、女組3人より多いのです。
 でも私は盛岡も弘前も行ったことがあるのですが、中尊寺は行っていないなあ。なんだか、私の若いときの旅行は、あちこちでただ飲んでいるばかりでしたね。それにどうしてもそのときは秋田も行きまして、秋田市は昔住んでいた思い出があるから、どうしても懐かしくていろいろなところを尋ねたくなるのです。

こんなおばさんがブログなんて恥ずかしいけど
パソコンに向かっている自分の素直?さにちょっと驚き・・

 あなたがおばさんで、羞しいなら、私は孫のいるじじいで、もっと「羞しいはず」ですが、私は少しも羞しくないよ。きっとそのうち、孫も読んでくれるだろうと思っています。
 いろいろとたくさんのことを書いていこうね。

 このナミちゃんのサイト おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪ は、ここのサイドバーの「将門のリンクするブログ」でリンクしました。

続きを読む

a9af22a4.jpg

 きょうは、水曜日で、義母のデイサービスのお休みの日です。いつも妻と私で交代で、この日義母をみています。きょうは、私の番です。
 でも朝からいくつものことがありました(私の友人の長い電話がありました)。
 それで、私の昔からの友人のナミちゃんから、ケータイメールで彼女のブログを教えてもらいました。「なんだ、もっと早く教えてくれればいいのに」という思いもしたのですが、とにかく私は嬉しいです。あ、ナミちゃんは、「私の昔からの友人」と言っても、実に私よりも随分年下の実に綺麗な女性です。
 以下がその彼女のブログです。

   おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪

 これの最新のUPが ちょっとご無沙汰でした〜 です。

 あ、でも「デジカメを忘れてしまったぁ〜〜〜〔泣〕」ということで、これは大変ではないですか。早く連絡してとりもどさないと。

 私はね、デジカメ、スカイプ端末、iPod等々は、すべてベルトに付けています。ケータイ、………………………………、あ、これのことはまた別に書きます。もう写真で説明しないと、判らないですね。
 要するに、私はもう自分に自信がないから、すべてのものを身につけるようにしているのです。手でもつと、不安なので、すべてを身につけています。とくに、なんでもかんでも背中に背負っているリック型の鞄にすべて入れています。

 あ、でもこの「おだんごぱん」も読まないといけないなあ。

続きを読む

↑このページのトップヘ