将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:お久しぶり

13062205 nelu(かわふくG) さんが次のように書いていました。

お久しぶりです。 投稿者:nelu(かわふくG)  投稿日:2013年 6月22日(土)02時15分24秒  力量というか、読書量からすると私は周さんの十分の一以下かもしれませんが

 前には、たしかに290〜300冊を読んでいました。30年くらい続きました。でも今は2年前から100冊に落ちています。もう『「書き言葉」と「話し言葉」』ということで、今は書き言葉のほうに関心が移りました。
 ただ2008年には608通の手紙を書いたものですが、今はこれも少なくなりました。
 今はケータイメールをけっこう出していますよ。
 手紙は誰でも出せるのに、返事も書かない人が多いから、ケータイメールはいいです。書きそうもない人にはそもそもアドレスも知らないわけで、このことはいいです。

13062111 私の周の掲示板に、nelu(かわふくG) さんからの以下の書込みがありました。

お久しぶりです。 投稿者:nelu(かわふくG)  投稿日:2013年 6月22日(土)02時15分24秒  力量というか、読書量からすると私は周さんの十分の一以下かもしれませんが、吉本隆明信者?との関係に引きつけていうと、tamo2さんのブログで「おどろきの中国」を知って読んだことが、切っ掛けで、橋爪大三郎さん………  ああっ、なんで、この一言のことを書くかというと、前、廣松渉さんのお弟子さん、名前は今出てこない…… そのひとが、周さんと同年だからでしたけど、橋爪大三郎さんも同年ですね。「永遠の吉本隆明」という本を最近読了しました。感想は大変だから書きません。

時々、約一名私のブログを覗く方がいます。またずっとまれに二人のときがあります。ここ半年体を壊していまして、更新できませんでした。まあ、しかし、わたしの発言の場は、まっぺんさんとこの人民食堂です。
http://8816.teacup.com/mappen/bbs

それから、数年前から構想しているものですが、取り敢えず独自ドメイン10年取得しました。文字どうり蝸牛の歩みになろうかと思いますが、少しずつ作って行く計画です。
http://anuzon.com

 ちょっと言われていることが私にはよく理解できません。
 私もこの橋爪大三郎さんの本については以下で書いています。

 2011年08月06日
 第41回橋爪大三郎『永遠の吉本隆明』

 もともとは、2003.12.01に書いていますから、もう10年前のことなのですね。私はここで書いているよりは、この橋爪さんのことが好きになれた気がします。
 ただ、もう私には今ではどうでもいい存在になってきましたね。でも私には、吉本(吉本隆明)さんだけはずっと読み続け、今も読んでいます人です。
 私は奥様の和子さんも(もう亡くなられましたが)、二人の娘さん(長女のハルノ宵子さん、次13062112女のよしもとばななさん)も大好きな存在です。二人の娘さんの作品も何度も読んでいます。
 吉本(吉本隆明)さんと和子さんを考えると、私はどうしても涙になってしまいます。もっとばななさんが作品を書いてくれないものかなあ、なんてそんなことばかり考えているものです。

↑このページのトップヘ