将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:お便り帳

10112109わが家のおかあさん」を約4年を超えて書き続けてきました

 最初に、2006年2月21日に以下から開始しました。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50460391.html
             「わが家のおかあさん」を開始します

 だから4年9カ月書き続けたことになります。
 思えば、この最初のときには、私の義父は病院にいたのでしたね。その病院に何度も行ったことを思い出します。
 この「わが家」というのは、義母の介護サービスをお願いしていたところです。北区志茂にありまして、私は何度か実際に(今まで3度かな)行っています。
 でもこれからは、この家での介護です。実にニチイ学館さんがよくやってくれます。実にありがたいです。
 その最初のときから、「わが家」のお便り帳に、私が書いたことを、私の書いたことのみを私のブログにUPしてきていました。私は手では一切書けないので(漢字を知らないというか、ひらがなもカタカナもローマ字も知らないのです)、パソコンで書いたものをプリントしてお便り帳に貼ってきました。
 今度は、お便り帳はないわけですが、私がこの私のブログにUPしていきます。「わが家のおかあさん」は、私のブログの中で一番多いUPでした。今度から書きます「うちのおかあさん」もやがて、ものすごい量になっていくはずです。

  バナーは以下の通りです。もうサイドバーに貼りました。
utino

10101607 仮名本忠臣蔵の6段目のことを詳しく思い出していたのでしたね。

2010/10/21 07:53昨日も同じ時間に同じようなことをやっていました。でも忘れてはいけないですね。
 もうこの前に「わが家のおかあさん」は書きました。もうお便り帳には印字して貼ってあります。もちろん、写真も貼ってあります。
2010/10/21 07:59さて、「てっぱん」です。いつもいっぱいの思いを抱きながら見ているものです。
 走っている尾道ちゃんを見ていると、もう涙が出てきます。単純な私です。
2010/10/21 09:47義母を送る時間です。早めに伝えておかないと大変なのです。今「歴史さとう」で仮名本忠臣蔵の6段目のことを書いています。あと少しというところで、このリビングに来て、台所の洗い物をして、そのあとの時間です。電話があるのを待っています。
 義母はいつも「病院へ行くの?」と聞いてきます。この時間にそんなことは一度もないのです。いや4年間に一度くらいあったかなあ。連れて行きました医院も思い出しました。
 何度も何度も同じことが繰り返されています。大変なことですが、仕方のないことです。

 次女ブルータスの子どもが生まれたら、私はものすごく嬉しいだろうな。

a4105ee2.jpg いつも義母が通っています北区志茂の「わが家」のお便り帳には、いつも義母の「わが家」での写真が添えてあります。それを見て、いつも「ああ、義母はいい顔しているなあ。少しは身体の調子がいいのかなあ?」なんて感じたりしています。
 それででもこうして毎日毎回写真を見ていますと、私のほうもデジカメ写真を載せようかと思っていまい(ずうずうしいね)、11月23日から、プリンタで普通紙に印刷してハサミで切って貼ってしまうようにしました。
 それで、だからこの「お便り帳」のコメントとこの私のブログについている写真とが違う場合があります。「続きを読む」で掲載している写真は、この私のブログ上の写真です。
 紛らわしくて申し訳ありません。
続きを読む

学校・宗教・家族の病理―吉本隆明氏に聞く
 今このお便り帳がなくて焦りました。義母はいつもどこかに置いてしまって、困っていることが多いです。今あわてて書きました。(1/5)
続きを読む

a18be986.jpg 今朝は青い空で嬉しいです。きょうは私の次女の彼氏が結婚の申込にきます。あんなに小さかった次女ブルータスが結婚するのです。義母も驚いてしまうほどのことです。どう喜んでくれるのかな。(10/21)
続きを読む

2aab11cb.jpg 今朝の「お便り帳」に妻が、義母のいうことで、「家で寝ていてもしょうがないよね。行くだけでも運動になるし〜」と書いているのを見ました。なんだかとても嬉しい思いでいっぱいです。こうしてたくさんの方と接するのはいいことなのだなと真剣に思うのです。(10/20)
続きを読む

831a24a5.jpg きょうの朝、この「お便り帳」がなくて困りました。もう仕事に出ている妻にケータイメールで連絡取り合って判りました。義母が自分の部屋に持って行って、本箱の中に置いていたのでした。さすが、この残暑には、義母もつらいようです。あと少しだ、あと少しで秋になると思っています。
続きを読む

f15b6cf3.jpg

 写真の義母の落ち着いた顔を見て、嬉しくなります。そしてとても安心します。またきょうの朝はどうなるかな、なんて思っています。また愉しくすごして、明るく帰ってきてくれればいいな。(6/17)

 ところが、これを印刷して、お便り帳を貼るのをすっかり忘れていました。申し訳ないことです。

続きを読む

e8c21f83.jpg 義母の包丁を使っている写真を見て、とても嬉しい気持になりました。こうして「わが家」での義母の写真が見られるというのは嬉しいことです。さきほど長女が、この「お便り帳」を見まして、私が書いているのが、関係のない勝手なことを書いていると言っていました。え、これじゃいけないのかなあ(6/4)
続きを読む

↑このページのトップヘ