将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:お正月

 今年のお正月は、天気はいいし、私も体調もいいし、私の各クライアントも苦労しながらもなんとか切り抜けられそうだし………、それに珍しく昨年31日までに全部の年賀状を投函できたしと、なんだかいい気分でいたのですが、4日の夜に体調を壊してしまいました。5日は1日中寝ていました。電話かける元気もなくて、ただ寝ていました。本日もお休みしてしまいました。でも明日からは、またやりぬくぞと、だんだん気合いを入れています。
 4日は事務所へ出て、いろいろ整理して、神田明神に参りまして、そのあと友人のぱらむさんの会社へ行きまして、愉しく飲みまして、かつ次の日に、大事なことをやりぬこうとぱらむさんの提案で、それこそのりまして,さらに気合いが入っていたのですが、自分の事務所へ帰って、そのことばかり考えていまして、思えば、このときが良くなかった。暖房も入れずにいろいろなことをしていたもので、気がついたら夜の12時をすぎていまして、それであわてて帰りましたが、次の5日の朝にベッドから起きれない状態になりました。身体を冷やしすぎたようですね。もう年ですね。肉体が消耗すると、気持も駄目になってしまいます。
 私はいろいろな方から、「いつも元気ですね」と言われるのですが、いやはや、もう身体がなかなかいうことをききません。今回もよくよく考えると、年末はずっと眠らないでいましたから、それが身体を冷やしたことで、いっきに出てきたのかななんて思います。ただ、身体が弱ると、精神も萎縮してしまうので、まともに分析できません。

 1日はいつも母の実家へ行きます。ここへ弟の一族もきます。兄の娘も結婚していますが、子ども2人を連れてきます。それで今年は私の娘二人は大阪へ行っていましたから、少し寂しいのですが、でもにぎやかな元旦の風景です。私はただただ飲んでいます。ノートパソコンで、母に娘のホームページを見せたり、姪の4歳の子どもゆうちゃんと遊んだりして、実に愉しいときを過ごせました。姪の旦那も酒好きなので、私は少しは勢力が増えました。いつもは評判のいい弟(この男は酒を飲まない、テニスをやる)が、ゆうちゃんのパズルをもとに戻せなくなり(ええと、むかしのルービックキューブみたいなもので、私が買ってあげたのだ)、ゆうちゃんが泣き出して、評判を落としました。
 夜遅くなって、私の二人の娘が帰ってきまして、またお喋りして、朝4時すぎまで起きていました。それで2日は、また母の家に娘を連れていきまして、すぐに神田明神に初詣にいきます。私は神田明神には毎年2日に、家族親族の健康を祈りにいきまして、4日か5日には、私のクライアントや私自身の会社や友人の健康と繁栄を祈りにまいります。
 そういえば、2日は神田明神にお猿さんがいたな。ete1ete2ete3




  ete5ete4





デジカメがあるといいですね。家族の写真もいくつか撮りました。そしてその足で妻の実家へ向かいます。ただし、娘二人は買い物に行くということで別れました。「あいつらは元気だな」と夫婦で言い合います。
 そうえいば、妻の両親は東京北区の王子に住んでいるのですが、王子の柳田公園を通りまして、その風景も撮りました。

 思えば、この柳田公園というのは、1968年2月3月の「王子野戦病院闘争」のときに、最初に各党派が集会を開いたところでした。もうまったくその面影はありません。ただ、ここを通るたびに、あの頃のことを思い出します。ou1
 この王子の妻の実家では、私は不思儀なほど眠りました。義父にノートパソコンで娘二人のホームページを見せたりして、酒を飲んでいるうちに眠ってしまいました。
 でもまた、3日になって帰宅して、またあんまり眠らないまま、4日になって、会社へ出かけてしまいました。
 4日の神田明神は、なんだか、太鼓を叩いているグループ(伝統芸能みたいだったな)がいて、そして暖かくていい雰囲気でした。
 そこで携帯電話がなって、ぱらむさんの会社へ行って、元気に飲み出したのは愉しく良かったのですが、早く帰宅すればよかった。その後、ぐずぐずといろんなことをやっていましたから、こうして体調を壊してしまいました。
 それから、今年の年賀状を見ていて思いました。パソコンで作っていると思われるのが、自宅へ来たうちちょうど約半数あります。それから、「この人はインターネットをやっているな」と確認できる人、想像できる人も、約半数います。つまり年賀状をパソコンでは書いているが、インターネットはやっていないとか、逆に年賀状は印刷屋さんだけれど、アドレスが書いてあるとか、あと個人的によくメールくれるとかを勘案すると、約半数がインターネットをやっていると想像できました。元旦に自宅にもらいました、私および妻あての年賀状は140通だったのですが、そのうち67通がインターネットをやっていると確認できたり想像できたりする友人や親族でした。ただ、3日4日5日と来る年賀状では、だんだんインターネットもパソコンも関係ないだろうなという方が増えてきます。一般にパソコンをやる人のほうが、年賀状ははやめに出すようです。最終的にはどうなるでしょうかね。たぶん、45%くらいがインターネットをやっているというようなことになるのではないかと想像します。昨年よりは、それこそ圧倒的に増えましたね。これが娘たちの場合だと、この年賀状から判断できるインターネットしている人の確率はもっと高くなります。
 確実にインターネットが浸透しているのが判ります。変わったよな、と思いますね。そして思いもよらない友人や親族がインターネットのアドレスが書いてあると、実に実に嬉しくなります。できたら、50代、60代、70代がやってほしいよな。(2000/01/06 18:41:16)

   周の家族の2000年の年賀状

 今年の年賀状は昨年の12月19日の夜、ちょうど20日になっていまして午前1時頃家族4人が集まりました。下のブルータスは四国への旅行からついでに友だちのところに泊まりまして、それで午後4時頃帰ってきまして、それからアルバイトへ行きました。午後12時40分くらいに帰ってきまして、それから我が家はみんなで「よし、年賀状の写真を撮ろう」と騒ぎ出しました。今年はいつもの一眼レフではなく、デジカメがあります。それで、このデジカメについては、何故かブルータスが詳しく操作できまして、彼女がすべてを仕切ます。
 いつもは干支のぬいぐるみをみんなで手に持ちます。でも辰のぬいぐるみはありません。「まあ、パンダにしようぜ」ということでしたから、そこでパンダのぬいぐるみを出してきます。でも汚れているな。ママが洗います。昔、大きなパンダのぬいぐるみの「どんちゃん」がありましたが、それが出てきます。ブルータスが2つくらいのときに、私が夜遅く帰宅すると、ブルータスのとなりに、ブルータスの顔より大きいぬいぐるみが寝ていました。
 私の母は孫が5人いるので、順番にいろいろなものをプレゼントしてくれていました。とくにブルータスと弟の次女は小さかったので、二人順番にいろいろなぬいぐるみをくれていたのですが、この回は、弟の次女の番だったのですが、そのぬいぐるみを見た途端、ブルータスは自分より大きいぬいぐるみを抱き締めてしまったのです。そして勝手にどんちゃんと名づけて、自分の家まで持ってきてしまいました。そのぱんだのどんちゃんが今出てきました。でもそれが小さいこと小さいこと。ブルータスも驚いていました。「こんなに小さかったんだ」
 それで、いつくも写真を撮って、パソコンで見て、そして印刷しました。ブルータスがプリンタを見張っていまして、「おおッ!」っと声をあげます。「まあ、こんなもんだろう」。かくして、我が家の年賀状の撮影を終えました。そして各自が年賀状で言いたいことを再度明確に聞きまして、打直し、また印刷に入りました。(2000/01/06 22:45:21)

09010303 私は今年元旦の午前3時に、この近くの本局のポストへ年賀状を入れました。そのあと眠りまして、朝7時から起きて、もちろん新年のお酒を飲みました。
 すぐに、妻の分の年賀状を出しに行きました。妻は、文面に何かのコメントを書くので、少し遅れるのです。
 年賀状を受け取って、妻の分で出していない方への年賀状をプリントして、また出しました。

 1月2日は、朝10時に上野松坂屋に入りました。3日から、長女家族が行く、あちらのお父さんとお母さんの家に苺を持って行って欲しかったのです。松坂屋はいっぱいの人でした。もう驚くほどでした。
 それで私は3日のポコ汰の誕生日にプレゼントする絵本の『3びきのこぐまさん』を包装する用紙も買いました。これは きょうでポコ汰は2歳です に載せた画像です。
 そして私が帰ってきて、しばらくしますと、ブルータスとその彼のナオキ君が、私の長女の家に寄って、長女家族、おはぎとミツ君、ポコ汰とポニョを連れてきてくれました。
 ポコ汰は、もう大喜びしています。こんなに大好きな人がたくさんいるのが嬉しいのでしょう。でもこれをみんなでわいわい言っているのはリビングなのですが、ポニョは奥の部屋で寝かされています。それでは可哀想だということで、ブルータスが抱いて連れてきます。ポニョもブルータスおばちゃんに抱っこされて嬉しそうです。
 午後4時頃になりまして、トイザラスに行って、おもちゃをポコ汰に買ってあげるということで、私たちとポニョを残して、長女夫妻、次女夫妻、ポコ汰が出かけました。私たちは、食事会の用意と、いろいろとやりました。
40ff6913.jpg ポコ汰がお昼寝をしていないので、心配でしたが、そのうちに帰ってきました。少し車の中で眠ったそうですが、帰ってくるなり、ナオキおじゃちゃんが奥の部屋いっぱいに鉄道模型を作ります。そして完成させ、それを走らせます。この頃は午後6時頃でした。もうポコ汰は大感激です。
 ポコ汰は、こんないいおじちゃん、おばちゃんがいて良かったです。私なんかは、こんな模型を作って走らせる能力もないし、財力もありません。
09010211 そこで、みなで食事会になります。スキヤキを食べます。この家では、私の義父がスキヤキが好きで、いつも実にいい肉を買ってきてくれていたものです。私の娘二人も、このスキヤキを食べるのが好きでした。でも、実は私はスキヤキは好きでありませんでした。どうにても、あれは私には、酒のつまみには思えないものでした。だから、外で食事するときには、スキヤキではないしゃぶしゃぶにしてもらうようにしていたものでした。
 でももうお酒を前のように大量には飲まない私ですので、スキヤキでもいいのですが、それほど私はどうしても手がでません。でもビールは飲みました。
 そして感激なことは、次女ブルータスが私のグラスにビールをついでいてくれたことです。でも、長女おはぎは少し怖い顔を私を睨んでいます。おはぎは、私にいつもお酒の制限をするのです。でも、それも私の身体を気づかってのことなのです。それは判っているのですが、お正月くらい、いいじゃないのよ。
 でも私はお酒をついでくれる優しいブルータスとそれを心配して見てくれる優しいおはぎがいて、本当に嬉しいです。
 午後8時すぎに、みんなで記念写真を撮ります。ポコ汰は、ブルータスとナオキ君に挟まれて笑顔で座っており、ポニョはおはぎに抱かれています。
 帰るときに、長女夫妻には、明日3日にあちらのお父さんとお母さんに苺を持って行ってくれるように渡し、次女夫妻には、31日に購入した草月黒松と藤や酒店の美味しいお酒2本を持って行ってもらいました。

09010315 1月3日には、午後1時半をすぎて、私一人で、神田明神に出かけます。私は毎年かならず神田明神に出かけます。昔はほぼ2日に家族で出かけて、1月7日頃も事務所の挨拶として出かけていたものでした。でも昨年は1月4日に家族7人(まだポニョは生まれていませんでした)で出かけたものでした。でもこの日も大勢の人でしたが、ことしは割と人出が少なかったです。鳥居から境内まではたくさんの人で列んでいたものでしたが、今年は楽でした。
 神殿の前で、さまざまなことをお祈りしまた。かつ私は境内に入ってからは、将門さまとずっとお話していました。そのあと、昨年のお札やお守り等を返しまして、今年のものを手に入れました。妻には、お守りを手に入れました。神田明神 は3人の神様がいますが、この妻のお守りには、だいこく様のお守りにしました。
 私は平将門様のお札です。これをもう30年ほど、私の仕事場に掲げてありますそれにこの頃はずっとITお守りというのを、私のパソコンには貼り付けるようにしています。
09010323 このあと、毎年湯島聖堂に寄ります。そしていつも何か本を購入しているのですが、もう私はほぼ読んでしまったものばかりで、以下の写真の今年の干支の丑を手に入れました。

     09010324例年なら、このあと家族みんなで食事をしたものでしたが、今年は私一人です。そのまま家まで帰りました。

 1月4日もさまざま忙しくしていましたが、思えば、今はコンビニで振込等支払いもできるし、ビール等も買えるので、便利ですね。土日祝日でも何時でもできるわけで、実にありがたいです。
 この日の午後4時半に、王子駅北口の藤や酒店で、美味しいお酒を買いまして、新年のご挨拶もしました。もちろん私からの年賀状も届いていると言われました。

 1月5日は、この日から義母のデイサービスが始まります。午前9時40分に出かけたあと、私は東武によってお線香を買い、権現坂の狸屋で和菓子を買って、上中里駅で長女家族4人と待ち合わせて湖北正泉寺へ向かいます。
09010502 午後0時少しすぎに、湖北駅を降りて、タクシーで正泉寺へ向かいます。お寺に挨拶して、父母のお墓に向かいます。私は私のこのサイドバーにある年賀状を持って行きまして父母に見せます。そして私の孫、父母にはひ孫のポコ汰とポニョを見せました。お線香をあげて、それからお墓を少し水をかけて、掃除しました。
 あ、そういえば、私は義母の年賀状を、長女には手渡ししまして、さらにこの日の朝ブルータスの義母と義父に贈ってもらったたくさんのものの中に入っていましたミツ君の弟の結婚式でのいくつかの写真を長女に見せました。あそうだ、この弟さんの奥さんには、お腹の中で赤ちゃんがいるそうです。ブルータスにも早くおめでたが欲しいものです。
 このあと、タクシーを呼ぶと、恐ろしいほど早く来てくれました。もう少しお寺の中を見学したい気持もあったのでしたが、我孫子駅まで走ります。
09010503 そしてすぐに、柏駅の駅ビルの中で食事します。ポニョはミルクを飲ませようとするのですが、あまり飲みません。ポコ汰は、「つるつる」と言ってそばを食べたがるので、私のお蕎麦を少しあげます。
 このあと東口のビックカメラに、私とミツ君とポコ汰で行きます。おはぎはポニョと別のところへ行きます。ミツ君は、新しいノートパソコンに入れる新しいHDを購入していまして、そこに前のHDから引越させるソフトが欲しいのです。でも、私はここで愕然とします。もう私は、そういうソフトが判らないのですね。ただ、値段が「こちらは、あれより少し安いな」ということくらいが判るだけなのです。もう私は、ポコ汰を乗せたベビーカーをずっと押していただけでした。最初は、このベビーカーに乗っても、あちこちで少し騒いでいましたが、そのうち眠ってしまいました。
 そしてソフトを購入して、おはぎと柏駅の改札口に待ち合わせます。もうポコ汰はベビーカーでずっと眠っています。
 そして電車の中で上中里駅で、おはぎ家族と別れました。
 夕方5時少し前には、私の妻が帰ってきて、義母も5時10分に帰ってきます。
 この日の朝9時には、ブルータスの義母・義父さんから、いくつものものを宅急便でもらっていました。そのお礼を妻が電話でしました。お義父さんが、私の贈りましたお酒を今美味しそうに飲んでいるということでした。
 そして、そのあと私はまたこのいくつものもののうち、いくつかを自転車で、おはぎ宅に届けました。
 もう元気にポコ汰が走り回っています。そのポコ汰を私が抱っこしても、また走り回ります。1月3日のポコ汰の誕生日に、おはぎが贈ったものが、素敵なので、私が写真に撮りました。また、ここで披露します。
09010508 そのあと、ポコ汰の「バイバイ」という手を見て、また家に帰りました。そのときに、いくつかミツ君のお父さんとお母さんから贈られたいくつかのものを持って帰りました。
 また家で、ビールとお酒を美味しく飲んでいた私です。

 でも、私は二人の娘とその二人の彼、私の二人の息子を誇りに思います。そして二人の孫が実に可愛いです。もうさらにあと何人もの孫が欲しいな。

続きを読む

07080201 なんだか、私の兄弟の家族があつまるお正月のことを思い出していましたら、もうたくさんの愉しいことを思い浮かべてきました。

 めばえ幼稚園のことで思い出しました へコメント の続きの2 に書きましたように、お正月には私の母の家(兄夫婦と住んでいます)か、兄の長女のみーねえの家に、みんなが集まります。私と兄とみーねえの彼はリビングの隣の部屋でお酒を飲んでいます。子どもたちと、みーねえの二人の子どもは、みなでトランプやウノをやっています。母と奥さん方3人は、テーブルに座ってお喋りしています。
 それで、私の弟はお酒も飲めないのに、私たちのところで飲んだり、子どもたちに混じってゲームをしたりしています。
 それで、お酒も飲まない弟なのですから、評判がいいはずなのですが、実はそうでもありません。みーねえの子どものルービックキューブを手にして、そんなものが子どものときから得意だった弟は、いろんなことをやりみーねえの子どもに見せていますが、そのルービックキーブを元に戻せなくて、みーねえの子どもが泣いてしまったことがあります。「あのおじゃちゃんがいじって、こうした」と泣いています。
 私はそうしたものは、一切いじりません。だって私にはできるわけがないんだもの。それに、私もトランプやウノに誘われますが、「周ちゃんは、賭け事は一切やらないんだ」と言って、ゆうやなんかに、「トランプは賭け事じゃないよ」なんていうのを、「いや、それが賭博という怖ろしいことの第一歩なのだ」などと言って、一切やりません。これが実に毎回繰り返されています。
 だから、もう愉しいですよ。これに来年のお正月には、私のポコちゃんも加わり、ブルータスの彼も参加しますから、もっと大勢になります。正志の長女のしほちゃんの彼なんか、いつも大勢なので、誰が誰だか、うまく把握できないようです。これでその妹のかなちゃんも結婚すれば、もっと増えます。愉しいなあ。

 そんなシーンを来年のお正月、母にも見せてあげたいのです。そんなとき母は何故か、私のことだとしっかり記憶が戻るのです。

 やがては、私のところで、二人の娘の家族も一緒に、そういうときには、過ごすことになるでしょう。まだ孫はポコちゃん、一人ですが、やがて多分二人の娘は、4人づつ子どもをもつから、全部で8人の孫が集まります。きっと愉しいことでしょう。

続きを読む

18adf3dd.jpg いいお天気が続いたお正月でしたが、きょうは冷たい雨です。義母はまだ義父が亡くなったことを明確に認識できていません。これはもう仕方ないことなのかなあ。介護って、実に大変なことなのですね。ついもうすぐ私にもその年齢が迫っていることなのです。(1/6)
続きを読む

↑このページのトップヘ