将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:お花見

11093002 下谷落語会の開催する「大江戸屋形船お花見ツァー!」に昨日参加しました。TANUKI夫妻と一緒です。
 下谷落語会の例年のイベントですが、私は初めての参加でした。この下谷落語会というのは最初の会長を歌人の福島泰樹さんがやっており、現在の会長は私の友人の松本晃氏がやっています。福島さんも元気に参加されていましたが、彼はもともと下谷のお寺の息子さんなのですね。
 福島さんの歌で、私の好きなのは、

  二日酔いの無念極まるぼくのためもつと電車よ  まじめに走れ
  カタロニア讃歌レーニン選集も売りにしコーヒー飲みたければ

でしょうか。福島さんの縁でか、立松和平さんも奥さん同伴で参加されていました。
 このお二人とも、昔の早稲田大の活動家ですから、私のたくさんの友人たちをたどれば、私も友人という関係になるのでしょうが、今回はそうしたお話はしませんでした。
 ところで参加者は80人もいて、実に大勢で下谷落語会というのはいいなと思いました。会長の松本晃さんとは、私は実に長い付き合いになります。彼とは私が75年11月に入社した会社で、出会いました。彼がコピーライターでの私の上司でした。彼と私と、今は進学教室をやっている牧田和美さんという3人で、その会社で労働組合を作って暴れました。
 この松本さんは実に面白い人です。非常な酔っぱらいです。そのうちに私たちのオフ会に参加してもらいますから、ぜひそのときに面白がってください。
 私もこのお花見に、着物で行きましたが、彼も着物姿で、しかも彼は完全に決っています。そういえば、随分昔日経新聞で、彼のことを、「ただ和服が着たいがために谷中に住んでいる」人と紹介されていたのを覚えています。
 もっとも着物姿は、女性でも何人もいました。そして当然、出演してくれた、

  桂南なん、桂小南治、桂小文
  お囃し 森本規子

の4人も着物姿で、特に落語の3人は紋付き姿です。でも私は小文さんが男の子のような女の子で、愉しかったな。
 屋形船は4時に浅草橋を出発、隅田川を遡って、浅草へ出てそこで両岸の桜をみて、落語を聞いて、ただひたすら飲みました。私も当然詩吟をやりました。
 そしてたしか2時間くらいで、また浅草橋に戻りました。TANUKIご夫婦と別れまして、私は2次会の浅草「菊水」へ行きました。30人くらいの参加でした。この2次会でまたいろいろ話していると、結局また別に知合いがいたりして、面白かったものです。
 さすが疲れて、もうこれで終りというところなのですが、私と松本氏で、結局谷中の「浅野」へ行って、最後の宴会をやりました。
 私は屋形船に乗ったのは2回目ですが、お花見では初めてです。いいものですね。それと私は着物がいくつも欲しくなりましたね。

11080906     Monday, April 05, 2004 8:49 PM
お花見はとっても楽しかったです
 萩原さんと買い物に行った事、おでんの味付けした事、ビンゴのお手伝いした事、初対面なのに色々お話しした事、お手伝いできた事がとっても嬉しく楽しかった事。
 無知でお話しが上手くないけど、神田会にも参加したいなあって思いました。萩原さんの周りには不思議な人達が沢山いて、少し興味が沸いています。
 来年のお花見も是非是非、お声を掛けて下さい。大きなお鍋持参して行きます。おでんでも豚汁でもご希望のもの何でも作っちゃいますよ。
それでは又・・・・   会社のURL    ♪O.K.♪

   Tuesday, April 06, 2004 6:57 AM
Re: お花見はとっても楽しかったです

萩原さんと買い物に行った事、

 ものすごく私も愉しかったですよ。あの谷中・千駄木・根津という街は、私が一番好きな街なのです。とくに、あの谷中銀座に至る階段の道から、谷中を見下ろす景色が好きです。その他、あの谷中銀座から夜店通り(おでん種のお店の通り)に通じている各路地が好きです。
 私の大好きな吉本(吉本隆明)さんも、あの街を歩かれるのが好きなんですよ。「背景の記憶」という吉本さんの単行本の表紙が、この路地を歩いている吉本さんの写真です。

おでんの味付けした事、

 おでん、大変に美味しかったです。私はもっと食べたかったな。でもみんな食べられたかな、なんて心配にもなります。せっかくOさんが作ってくれたのだから、ぜひみんなに食べてほしいものでした。とくに私の関係者(神田会や埼大の関係)には食べてほしかった。いや、また会ったときに、あのおでんとOさんの話がしたいからです。

ビンゴのお手伝いした事、

 本当は私は「ビンゴ」というのは少しも好きではありません。でももう、私も社会人だし、いいかな、「いいかなと思わないといけないかな」と思っています。今回も

  萩原さんは嫌だろうけれど、ビンゴをやります

なんてMさんに言われていたんです。ようするに私はただただ「酒が好き」だけの男と思われているんです。

初対面なのに色々お話しした事、お手伝いできた事がとっても嬉しく楽しかった事なのに

 そうねえ、愉しかったよね。私はIさん(浪曲をやってくれた方)の息子さんにお会いできたのが嬉しかった。あとSさんという美人が来てくれましたが、彼女はK社のYさんの紹介だったのですが、私がクライアントのRの会社に紹介しました。そのことで、大変に彼女が私に感謝していてくれるのを知りました。嬉しいです。それと、あんなに美女だったって、全然判らなかった。女性は化けるものですね。
 それから、私たち神田会の仲間で、T君が連絡もなしに来てくれたのは嬉しかったです。彼はお母さんをずっと介護していたのですが、そのお母さんが亡くなって、その後熊本で働いていると思っていたのですが、突如来てくれたのです。ただ、あまり話せなかったのが残念です。
 その他、埼大のNさん(彼は神田会と浦和会の仲間です)とB君と、神田会のUさんと、上記のSさんと、あのあと「きゃらめる」に行ったのですが、私とN、Bの、埼大活動家は、みんな軍歌を唱っていまして、やはり埼大らしくていいです。

無知でお話しが上手くないけど、神田会にも参加したいなあって思いました。萩原さんの周りには不思議な人達が沢山いて、少し興味が沸いています。

 うん、ぜひ参加してください。神田会の仲間は、一言でいいますと、「不思儀」というよりも、「いい人」ばかりですよ。だから会うと、安心して飲んでいられます。
 そうねえ、浦和会を形成しているのは埼大の昔の活動家が多いのですが、私の印象では、やはりいい人で、いわば礼儀ただしいそしてけっこうおとなしい人ばかりなような感じがします。でもみんな、不当な権力に対して向かうときには、驚くほど戦闘的になってしまうのです。それが思えば、不思儀で面白いことですね。

来年のお花見も是非是非、お声を掛けて下さい。大きなお鍋持参して行きます。
おでんでも豚汁でもご希望のもの何でも作っちゃいますよ。

 ありがとう。みんなにも伝えておきます。また来年も愉しくやりましょう。
 そういえば、

  稲荷寿司の「磯貝商店」

のおすしも美味しかったよね。でもひとつしか食べなかったから(ひとり1個づつだから、それでいいんですが)、なんだか寂しい。また買いにいきます。
 美味しいといえば、「浅野」の作ってくれたお弁当は絶品でした。私はそのまま自宅へ持って帰って、翌日食べたのですが、店長の言うとおり(これは、持って帰って翌日食べても大丈夫ですと言われていました)、美味しかったし、妻も「美味しい」と言っていました。

それでは又・・・・

 今度また飲もうね。それとそのときには、もっと時間を確保してきてね。なにしろ、私は唄える店というと、「きゃらめる」しか知らないのよ。萩原周二
(第192号 2004.04.19)

11052408 4月3日に谷中霊園で、お花見でした。私がお花見するところとしては、一番好きなところです。
 ただ、ここは大変に混みますので、私たちは前日の2日午前6時から、墓地の中心地の五重の塔の焼け跡地に、場所取りしました。
 それで私は2日午後泉岳寺のクライアントから、蛎殻町のクライアントへいきましたら、午後8時ころ、場所取りを貫徹している部隊から、「今、前夜祭をやっている」という電話があり、私は急遽結集しました。
 蛎殻町からタクシーに乗りまして、谷中といいましたら、運転手さんは、カーナビを入れようとします。ところがうまくできません。

  実は5日前に個人タクシーをやり始めたばかりで、このカーナ
  ビも初めて使うんです

ということなのです。それで、「それなら車を止めてちゃんと設定しよう」というにしました。私が谷中霊園の住所をいいますと、それで設定します。彼は私より1歳上の昭和22年生まれで、「こうした機械をちゃんと使いたいが、うまく使えない」ということで、「きょうこそちゃんと使ってみたい」というのです。私は車を運転しませんし、かつ友人の車のカーナビはたびたび見てきましたが、「まだ完璧ではないな」という思いだけできました。
 それでもこのカーナビは最新のものです。私も興味深くて、「ちゃんと使ってみよう」という思いでした。
 さて、「もうカーナビの言う通りに走らせよう」ということになりまして、右折・左折もいう通りにしていきました。もうそれに任せて、ただお喋りをしていきました。彼も個人事業主になったわけで、できたらパソコンで、経理処理他いろいろとやりたいということなのです。

  もともと機械いじりは好きなんすが、パソコンはまだうまく使
  えないんです。絶対に使いたいとは思っているんですが。

というようなことで、私はいろいろなことを言いました。私は機械いじりも苦手だし、ビデオも扱えないことをいいました。子どものときから、工作も苦手でした。それでも私はパソコンは使えているのです。
 そんな話をしているうちに、カーナビの指示通りに車を走らせ、思ったより早く、谷中墓地の桜並木の中に入っていきました。いやはや、ちゃんと正確に指示してくれるものですね。彼と私と二人で、「機械って便利なものだな」と感心していました。
 そのあと、私は私の名刺を渡して、「私のホームページを見てね」といいまして、お花見の前夜祭の場に着きました。
 あの運転手さん、ちゃんとパソコンをやろうとしているかな。カーナビがちゃんと使えたんだから、きっとパソコンも使いこなせるはずです。

7359c30e.jpg もうすぐに花まつりなのですね。とにかく月日は早く過ぎていくものですね。
 一昨日も昨日も長女家族と会いましたが、ポコ汰は、「じいじはいいの!」なんて言いまして、じいじには少し意地悪です。私はとっても哀しくなっています。
 写真は昨日4月5日夕方5時15分に撮りました。私の長女の家のすぐそばにある桜です。このお地蔵様のすぐ後の家のベランダで二人の女の子(まだ3〜5歳くらい)が、お花見で声をあげていました。(04/06)

211d55bf.jpg 義母は薬がきいていると、かなりしっかりできているのですが、時間が経つとやっぱりいつも分からなくなります。今も「ここが東京」ということも大混乱しています。
 昨日も散歩で長女の家に寄りました。お昼寝もポコ汰はすぐに眠ってくれるのですが、ポニョが大変です。でも私じいじは、いつもその笑顔にただただ嬉しくなってしまっています。
 写真は昨日29日の午後3時数分前の飛鳥山公園です。お花見の方が大勢いました。(03/30)

75835b47.jpg

 書いていたのですが、UPするのを忘れていました。

 本日06:00に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2009/03/24 【No.1799わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 何だかそわそわ させられる 99号を 発信する時

気がつけば、1799号!うれしいですね。何だか!

 すごいですね。橘曙覧もこんなにたくさんの独楽吟は作成していないですね。こんなにたくさんの独楽吟がもっと続くことを期待しています。

たのしみは 花冷えのきょう 頑張れば 初夏の訪れ 近きを知る時

今 頑張っていることがあります。今は大事な時!自分を叱咤激励!

 花冷えって、きょうの朝こそ感じています。お花見も少し遅くなるのかな。

続きを読む

 3月28日の桜の写真がうまくここに貼れません。それでこうして、また続きで貼ってみます。
08032811 08032812

08032813

 

 

 

 

 

 

080328140803281508032816

31ee6204.jpg 3月28日午後5時頃、私は日暮里駅を降りて、谷中の墓地に入りました。桜を見るためです。私はここで長年お花見をやってきていたのです。でももう昨年からやらなくなってしまいました。私が極端に酒に弱くなったこともあります。
 それででも、私はこうして3月28日にここを歩きました。どうやら、やる仕事をこの日書留郵便を出すことで、終えたあとのことです。
08032807 日暮里駅を降りて、谷中の墓地に入ると、すぐに桜の樹がいくつも見ることができます。そしてやがて、元五重の塔の跡になります。もうここは何枚ものブルーシートが貼ってあります。でももう5時を過ぎているのに、誰もまだ飲んでいません。
 この五重の塔の跡の前は実に狭いのですが、実際のお花見のときになると、もういっぱいの人になります。08032808もう私は何年やり続けてきたのかなあ。たぶん、20年くらい続けたのじゃないかなあ。
 でもとにかく、今年もこうしてここの桜を見ました。 08032809

08032810

 

e7853324.jpg

 3時に起きてしまったので破茶さんから次のコメントをいただきました。

1. Posted by 破茶    2008年03月29日 19:43
 お忙しそうですね。でも楽しそう!周さんの頃のお花見 陣地取りは大変だったみたいですね♪でもなんだか楽しそう。ではでは。

 ありがとうございます。あの頃は毎年やっていましたね。この私が必死になるのは、一つのだけで、あとは、いくつかのお花見に参加するだけでした。谷中の墓地ではいつもやっていました。あとは市谷の土手、代々木公園、柏あげぼの山公園、そして毎年遠くまでも出かけていて、お花見に参加したものです。いや私が必死になるのは、お花見の場所を確保することで、あとはとにかく参加して、歌を唄うことには、どこでも元気に懸命にやっていたものです。
 今年は、1日に市谷でやるのですが、みな私より年上の方ですからね。私のやる詩吟の解説をプリントしていきましょう。

続きを読む

5880f4a7.jpg それで手紙を書いていました。きょうは我孫子の自宅へ長女夫妻と行きまして、そこに次女ブルータスも来てくれるはずですから、手渡しする手紙を書き、かつ我孫子のつくし野に住んでいる白六郎さんと蒲原ユミ子さんにも会いに行きまして、万が一留守のときは、この手紙を入れておくためにです。
 でもどこも桜が綺麗ですね。昨日は、ちょうど夕方5時すぎに、谷中墓地を歩きました。桜が満開でしたよ。そこから歩いて、私は下駄を買いまして、そして千駄木「浅野」で飲みました。
 さて、きょうはたくさんのことがあります。

 あ、そう言えば、谷中は五重の塔跡のあたりが、みなお花見の予約で、ブルーのシートだらけでしたが、誰も人はいませんでした。今のお花見はあれでいいのかなあ。私なんかの場所取りというのは、土曜日だとすると、その前日の金曜日に夜に行きまして、そこで花見やっている人たちと話して、その場をそのあと借りることを約束して、土曜日は、朝からその場に居まして、私なんか本を読んでいたものです。そして昼ごろ誰かが来てくれると、私は買い物にあちこちを歩いたものでした。今はあれで、いいのかなあ。

続きを読む

5ce697bc.png

 3月31日私は初孫ポコちゃんと、長女夫妻と妻とかよばあ(ミツ君のお母さんをこういうハンドル名にしましょう)とお花見に行きました。私は少し遅れて焦って走っていました。
 いいお花見でした。私はお酒を飲みたいのですが、孫のために我慢しました(いえ、どうせ長女おはぎに、飲むと怒られるのだ)。いいお花見でした。王子駅のすぐそばの音無川の桜が綺麗でした。

周のハイクブログ

周のハイクブログ過去LOG

e2f93c94.JPG今ポコちゃんのそばです。酒が飲めないのでつまらないです。

  だけど、この写真は、音無公園でも飛鳥山公園の桜でもなく、29日に撮りました柳田公園です。

be00f231.jpg きょうは、桜を見に、長女夫妻と孫と音無川を午後歩こうかと思っています。彼のお父さんとお母さんも来てくれるかもしれません。私がどこかで桜を入れてある詩を吟じたいのですが、そうするとまた娘から怒られるなあ。私の孫にとっても初めてのお花見です。義母も29日にお花見したと書いてありました。思えば、義父がまだ元気なうちに一緒に桜を見に歩きたかったなあ、とつくづく思っています。(3/31)
続きを読む

↑このページのトップヘ