将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:お風呂

11110912  王子駅7時38分の電車に乗っていきました。9時10分のバスで医院へいったのでした。

2011/11/10 09:35じゅには今血圧を計ったら79だといいます。私とは100違うのですね。T先生が計ってくれました。
 いいなあ。じゅにはいつもブルータスママからキスされています。私はうらやましいばかりです。
2011/11/10 10:04今お風呂へ行きました。私はみーねえが初めてお風呂に入っていた頃を思い出します。懐かしいな。みーねえがおじいちゃん、私の父と楽しくお風呂に入っていたことを思い出します。
 私もすぐに孫たちと一緒にお風呂に入ります。ポコ汰とは、私と一緒にお風呂へ入ったのでしたが、まだ小さすぎたポコ汰は覚えていません。じいじの赤ふんなんか、何も覚えてくれていないのです。
 じゅにのお風呂に入ったところが見たいのですが、でもだめかなあ。
111109132011/11/10 10:25じゅには今ブルータスママに抱かれています。
 ちょうど眠いのですね。
 ブルータスママに抱かれて眠っているじゅにはとってもいいお顔です。
 やがて今日は王子ばあば(私の妻)が来てくれます。そうしたら、私は交代でまた私の行くところがあります。
 いつか一緒にみんなで眠りたいねえ。
2011/11/10 11:02いや私も少し眠ってしまいました。もう私はこの頃は眠ってばかりです。睡眠時間が増えたのですね。仕方ないのかなあ。じゅにはやはりママに抱かれているのが一番いいようです。私なんか、ここで眠ったらみんな私のいびきで驚いてしまうよね。
 こうしていつもじゅにも懸命に頑張っているのです。でも私はこうして書いていながら、じゅにとブルータスを見ながら、外の景色を見ながら、いくつものことを思い浮かべています。遠いいくつもの思い出です。
2011/11/10 11:30ばあばがあとどれくらいで来てくれるかなあ。
「ごくらくももんちゃん」をブルータスが読んでくれています。いい絵本ですね。私も聞いていて、いつも喜んでいます。
2011/11/10 11:55今ブルータスママはウンチを処理に行きます。くわずかな間なのですが、じいじがじゅにをかまっていたら、少し泣き声をあげました。ママが帰ってきて、またもとに戻りました。いつも面白い看護師さんが来まして、私はものすごく大好きです。
 王子ばあばが来てくれました。

 王子ばあばは、バスがないので、鎌取から医院まで歩いたということでした。私はこのあと12時37分のバスで鎌取へ帰りまして、御茶ノ水のプラド理容室へ向かいました。でも電車の関係で(待つ時間が長いのです)着いたのは、2時40分くらいでした。それから散髪です。
 ここに掲げた写真は前日10日に、お義母さんが持ってきてくれた美味しいお弁当です。「長女の学校へも行きたいな」へ掲げた写真はそれを私が受け取ったときです。なお、「海が何回も見られます」に掲げたのは、院にある写真を撮りました。右から二番目の男の子が、私の孫ポポに似ているように思えてならないのです。

11110509  やっぱり、リビングに来ますとテレビを見いってしまいますね。しょうがない私です。


   もう上に書いてから3時間が経過しています。今は長女おはぎの家に来ています。ここにばあばも来てくれます。

  もうポコ汰とポニョがママと「戦いゴッコ」をやっています。ポポはまだ「戦いゴッコ」はできません。もう、この三人との格闘は大変ですね。もうじいじなんか、かないません。
   今ばあばが来てくれて、三人とおはぎママは今お風呂です。でもお風呂から、にぎやかな声が聞こえています。
  ポニョは、6時からの『ちびまる子ちゃん』を見ることで、今5時40分お風呂に入りました。

ef0d369e.jpg

 私の書いた レビストロースがなくなりました目森一喜 さんが以下のコメントをくれました。

1. Posted by 目森一喜   2009年11月04日 18:29
 先日「ヨーロッパの100年」を読んでいて、フランス人が風呂に入らないので臭いというところがあり、「悲しき熱帯」を思い出していました。冒頭でアメリカに向かう船の中で、みんなが風呂に入りたくてしかたがないのです。あれは、フランス人が風呂に入りたがるほどだったという事なんだなと納得したのです。レヴィ・ストロースはその船でアンドレ・ブルトンと一緒だったんですね。

 あ、私は「ヨーロッパの100年」も手にしたのですが、上下2巻なので、止めてしまいましたものでした。
 でもフランス人だって風呂に入りたいよね。私はもう毎日入っています。いや、銭湯にも行きたいのですが、もうこの近所は銭湯なんてないのですね。王子温泉というところがあるから、ポコ汰と行きたいのですがね。
 ポコ汰にはいつも、一緒に「お風呂入ろう」と言っているのですが、なんだかまだ2つなのに、じいじとは嫌みたいなのですね。
 あ、ポニョと入ろう。まだ一つだから、きっと入ってくれるな。
 フランス人というのは、風呂入らないというのは、もうどうしようもないことですね。思えば、ナポレオンは実に風呂が好きでした。思えば、私がナポレオンが好きなのは、お風呂好きなこともあるのですね。

続きを読む

c8fd1943.jpg

 6日夕方に妻が帰宅すると、長女の家に行くことになりました。そしてなんと泊まることになりました。私が他の人と一緒の部屋で眠るのは何年ぶりのことでしょうか。
 あ、思えば、一昨年の夏に旅行で泊まったことがあったな。

2009/08/06 19:07ポコ汰のお家です。
2009/08/06 21:073Fの部屋に来ました。ポコ汰はばあばとお風呂に入っています。「じいじとはお風呂には入らない」なんて言われてショックでした。
 もう、ここで独りで眠ろうかなあ。

 ポコ汰はばあばとはお風呂に入るのですが、でもじいじの私とは入らないのです。もう、ものすごく寂しいです。

続きを読む

aea6e117.jpg 昨日はそちらでお風呂に入ったということで嬉しいです。なかなか、こちらではお風呂に入らないのですね。
 暖冬とはいえ、寒く感じますね。でももう春一番が吹くのでしょうか。
 写真はいつもリビングに置いてあるバナナです。義母は好きです。私はもう子どものときから、嫌いでけっして食べません。(02/14)

fbb5ae9e.jpg 昨日義母がそちらでお風呂に入ったのですね。嬉しいです。
 写真は1月の私の妻の誕生日に、長女がくれた自作のカードです。これを開けると、長女の言葉と二人の孫の写真が写っています。「ええ、じいじのときはないのかなあ?」なんて思っている私です。この模様はポコ汰が描いたようです。(02/11)

4f3770df.jpg 昨日はお風呂に入ったということで、良かったです。義母の心配事って、たぶん、自分の母親や父親のことでしょうね。それと、私の部屋でいつもパソコンがつけっぱなしなのも気になるようです。
 写真は、12月13日に長女宅の前のお家のお花です。この前で、ポコ汰は自分の自動車に乗って一生懸命でした。でもまだ小さいから、足で漕げないのです。(12/17)

05a45a8d.jpg「お風呂は、入っていただけること多くなり」という言葉に嬉しくなります。
 写真は昨日夕方5時を過ぎた頃の谷中のある家の前の花です。こうして街を歩いていても、綺麗な花を見られることがとっても嬉しいです。(07/02)

a79bbeb4.jpg「お義母さんお風呂入ったんだね。良かった、良かった」という言葉がさきほど私の口からでました。ありがとうございます。
 昨日ビデオ鑑賞で寅さんを見たと書いてありました。私も寅さんは全て見ていますが、その感想を思い出しながら、私のブログに書いていくつもりです。すべて書くとなると時間がかかることでしょう。
 写真は私がときどき読んでいます「舊新訳聖書」です。耶蘇はあまり好きにはなれないのですが、でも聖書はいいです。(07/01)

b3e1631a.jpg 私の孫が可愛いと書いてくれていまして、もう私は大喜びです。もう孫にもママにもいっぱい伝えます。もうこの孫と私はお風呂に入りました。早くみんなで温泉に行きたいです。
 写真は私の部屋にある「梯明秀『ヘーゲル哲學と資本論』」です。これは1971年秋に早稲田の古書店街で購入しています。(06/27)

fac0afdf.jpg 義母がお風呂に入ったということが嬉しいです。これからは暑くなりますから、こちらの家でも入ってくれればいいのですが。
 写真は昨日友人の絵の展覧会に行ったのですが、その銀座通りのお花です。(05/27)

9c20208b.jpg

 歯が入りましたナミちゃん から次のコメントをもらいました。

1. Posted by なみんと    2007年09月27日 10:15
ポコちゃんのママが用事があってパパが食事の支度をしてその間にじじがポコちゃんに絵本を読んであやしていたとの事ですが・・ママとパパ☆助かりますね。本当に。近くにじじとばばが居てくれてご長女夫妻は良かったですね♪赤ちゃんのいる若い夫婦だけですと何かと外出するのもままならない時が多いですが、喜んで預かってくれるじじが居てそれも一生懸命絵本を探していい絵本!を読んでくれる・・周さんの役割大ですね。私は子どもたちが小さかった時は、じじばばの家から遠い所に居たので外出する時は大変でした。おはぎさんも安心して用事を済まされた事だと思います(^^♪

 ありがとう。でも私があやしても、ポコちゃんはぐずってしまうのです。私の妻は、私のように孫を溺愛する感じはないのですが、でも見ていると、とても上手くポコちゃんをあやしています。私はいつも、自分は駄目だなあと思っていますよ。
 絵本読んでもね……その絵本も、このごろはナミちゃんのブログで推薦している本だけではなく、私が「0歳用」と思われるのを、選んで読んであげているのですが、声をあげて読んでいても、ポコちゃんは、その絵本のことより、私の持っているケータイやその他のもの(私が首から下げているたくさんのもの)に興味をもって、それを手にして、いっぱいいろんなことをしています。
 一昨日は、四国徳島の義弟から、たくさんのすだちが届いたのですが(もちろん他にもありましたが)、ポコちゃんは、そのすだちをつかんではすぐに投げてしまうのです。私は「これは投げるものではありません」と言っていますが、全然ききめがありません。私は「そんなことをすると、ばばに怒られるよ」と言いたいのですが、でもばばである私の妻は、ポコちゃんにも優しいので、私はただただ困っています。だから、そんな嘘のことは言えません。いや、可愛いのはいいのですが、すだちを投げられるのは困るよなあ。
 私の長女が、大変に、このポコちゃんのことが可愛くてたまらないのが判るし、その彼のミツ君がまたとてもポコちゃんを可愛がるのが、私はもう嬉しいだけです。
 私は、いつもポコちゃんとお風呂に入りたいというのですが、おはぎは、絶対にいいと言ってくれません。いつ、その日が来るのかなあ?

続きを読む

354371e5.jpg

 ナミちゃんが、私が通夜の晩からずっと母のそばに居ることを書いてくれました

大学の先輩のお母様がこの八月十四日にお亡くなりになられました。
先輩というのは私のブログの産みの親の周さんです。

彼のブログで二十日の夜のお通夜から次の日の告別式までずっとお母様のそばにいるそうです。お母様はさぞお喜びと思います。
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

 でも本当は、実際の20日の夜みなお清めの場かあら去ったあと、私はこの葬儀場のアビコセレモアホール の私の泊まる部屋で、さらに飲んだのですが、でも母を一人残して、歩いて5分くらいの「盛」へ飲みに行きました。この「盛」も実に親しく感じている飲み屋さんです。
 母は、

 なんだ、ずっと居てくれると思っていたら、飲みに行くのか。もうしょうがない息子だね。でもしょせん周二だからしかたないねえ。

と言っていたでしょうね。でも当然記憶なく、またセレモアホールへ戻っていました。
 そのあとの記憶は21日の朝5時頃、ノートパソコンでワンセグの見ていた記憶です。そしてお風呂に入りました。お風呂の中でさまざまなことを思い出していました。

続きを読む

↑このページのトップヘ