将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:かがくいひろし

11090413 私の孫のじゅにに、おはぎが絵本をプレゼントするというので、私が取りに行きました。私はそれを口実に、孫三人にも会いたいのです。
 この絵本は私の家でも買っていました。でもその本は、どうしてのでしょうか。おはぎや妹のブルータスも読んでいたものでした。家にあるはずだといっても現実にはないのですからね。ブルータスの部屋に置いてあったのです。

書 名 はじめてのおつかい
作   筒井頼子
絵   林 明子
発 行 福音館書店
定 価 800円+税
発行日 1977年4月1発行
読了日 2011年9月4日

 もう昔とまったく変わらない絵本に嬉しくなります。
 みいちゃんが5歳になって、初めてお母さんから買物を頼まれます。みいちゃんには、小さい妹がいるのです(もう一冊「あさえと小さい妹」という絵本もあります。もう思い出すと、私はこちらの絵本も涙が溢れてしまうのです)。
 でも思うのですが、私の孫たちは、こんな物語に出てくるお店が想像できるのかな。これがコンビニストアになるのかなあ。
 この絵本ももう古典といえるのかなあ。

 私が今日じゅにに届ける絵本は、かがくいひろしさんのだるまさんシリーズ3巻です。2009年9月28日に、彼が54歳で亡くなったときに、驚いたものです。彼は私よりも6歳年下の方だったのです。
 いつかじゅににもそんなことを説明してあげよう。

0ab85944.jpg

 今朝の新聞の訃報を見ていましたら、絵本作家のかがくいひろしさんが亡くなったことがありました。

かがくいひろし氏死去 絵本作家
 かがくい ひろし氏(絵本作家、本名加岳井広)28日午前6時、すい臓がんのため千葉県松戸市の病院で死去、54歳。東京都出身。葬儀・告別式は10月2日午前10時半から松戸市串崎新田63の1、松戸市斎場で。喪主は妻久美子(くみこ)さん。
 昨年から刊行した絵本「だるまさん」シリーズは、3巻で50万部を超えるベストセラーとなった。

 私の脳裏にもこの方の以下の絵本が甦りました。その彼の描いた画が私に甦えるのです。

   周の雑読備忘録「かがくいひろし『おもちのきもち』」
   周の雑読備忘録「かがくいひろし『だるまさんの』」

 私より7歳年下ですから、まだお若いのになあ、という思いでした。いい絵本を見させていただきました。
 合掌します。

続きを読む

おもちのきもち (講談社の創作絵本)おもちのきもち (講談社の創作絵本)
クチコミを見る
 今朝長女宅に届けるものがあり、そのときに、この絵本に気が付きました。昨日書きました「かがくいひろし『だるまさんの』」と同じに、大学時代の友人の女性から贈ってもらったもので、その女性がこの作者と同じ学校に勤めていたそうです。

絵本名 おもちのきもち
作・絵 かがくいひろし
発行所 講談社
定 価 1,500円+税
発行日 2005年12月
読了日 2008年12月4日

 うーん、こんな絵本を今度のお正月に、ポコ汰と一緒に読んで愉しく笑いたい思いです。もちろん、今朝もポコ汰を私の膝に乗せて、この絵本を読みました。
 自分の子どもや孫に、こうした絵本を読んであげることはとってもいいことだと思います。ポコ汰は、読み終わると、この本をまた自分で見ていました。
 このかがくいひろしさんは、1955年生まれとありますから、私よりも7歳年下です。こんなお話が作れることに、私はとっても感激していました。

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)
だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)
クチコミを見る
 私の長女から電話があり、ポコ汰が転んで頭を打ったというので、病院に行くので、私がポニョと留守番をするので、行きました。でもなんともなく、笑顔を帰ってきてくれましたが、その間、私はポニョを見ていました。
 そのときに、この絵本がありましたので、ポニョに読んであげましたが、まだ小さいポニョには、訳が判らないようでした。でもまだ4ケ月ですからね。

絵本名 だるまさんの
作   かがくいひろし
発行所 螢屮蹈鵐瑳
定 価 850円+税
発行日 2008年8月8日初版第1刷発行
読了日 2008年12月3日

 表紙のだるまが赤い姿なのは判るのですが、眼鏡をかけています。これは何なのでしょうか。
 この絵本は、私の長女の友人が贈ってくれたものです。長女と大学時代に同じ水泳のアルバイトをしていた娘で、彼女は千葉県で教員をしていましたが、そこでの同僚がこの絵本の作者ということでした。
 でもとってもいい絵本です。私はポニョにも何度も読んであげます。いや、読むところなんかないと言えるのですが、でもでもこの絵をなんども見せてあげたいです。

↑このページのトップヘ