将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:かがり

11081606 この本も、12日に「私たちの寅さん」を読み終わったあと、すぐに読み終わったものでした。だが、「私たちの寅さん」の目次を抜書きしていたあと、その日も翌日もその翌日もずっと時間がなかったもので、今日の今になってしまいました。

書 名 車家の謎・寅の巻
著 者 寅さんをこよなく愛する会
発行所 KKベストセラーズ
発行日 1993年7月5日初版発行
読了日 2011年8月12日

目次
まえがきにかえて
第1章 寅の生い立ちの巻
 寅さんは何歳のときに家出をしたのか?
 寅さんの出生の秘密とは?
 寅さんの親父さんはどんな人だった?
 寅さんのお母さんは、何をやっている?
 寅さんの隠れた才能とはいったい何かな?
 寅さんが子どもの頃にやっていたイタズラとはどんなこと?
 寅さんは警察に捕まったことがあるか?
 寅さんは勉強が出来たか?
 寅さんは病気で入院したことがあるけれど、どんな病気だった?
 寅さんは目がいい? それとも良くない?
 寅さんが高校を退学になったいきさつは?
 寅さん、堅気になったことがあるのか?
 寅さんが肌身離さず持っているものとは?
 寅さんの名ゼリフには、どんなものがある?
 寅さんの好物はいったい何?
 寅さんが嫌いなものは何だ!?
 寅さんがもらったものには、どんなものがある?
 寅さんはどの税務署で税金を払っている?
 寅さんはどこでクマに食われそうになった?
第2章 寅の生活の巻
 寅さんが勘違いをしていることってナンだ!?
 寅さんはどんなお洒落をしている?
 寅さんは洋服を自慢したことがあるか?
 寅さんはパンツ派? それともフンドシ派?
 寅さんが持っているカバンの中身は?
 寅さんが泊まるのは旅館だけ?
 寅さんはケチケチ旅行の名人?
 寅さんの財布の中身、いったいいくら入っている?
 寅さんはギャンブルに強い? それとも弱い?
 寅さんがお金をあげるときの言葉は何?
 寅さんは毎回、どんなものを売っている?
 寅さんは、写真を撮るとき、どんなことをするのかな?
 寅さんはテレビに出演したことがある?
 寅さんはどのように自己紹介しているのかな?
 寅さんはゴルフがうまい?
第3章 寅とマドンナの巻
 寅さんの女性の好みは?
 寅さん、どんな恋愛テクニックを持っている?
 寅さんとマドンナ、肉体的なふれあいがあった?
 寅さんの恋に賭ける覚悟、真似できるもんじゃないぞ!
 寅さんと結婚してもいいといった女性は?
 寅さんが仲人をやったことがあるって本当?
 マドンナの名前、あなたは何人知っている?
第4章 さくらと博の巻
 さくらが大事に持っている写真とは?
 さくらの年齢、いったいいくつ?
 さくらは結婚する前、何をやっていた?
 さくらの隠された才能とは?
 さくらと博、いつ家を持ったのか?
 さくらと博のなれそねは?
 さくらが寅さんだけに告白した秘密とは?
 博の経歴はどうなっている?
 博の趣味は?
 博が独立しようとしたきっかけは何?
 博が印刷所でおこした自己とはどんなものだった?
 満男がいった初めての冗談、ことばの遊びとはぃつたいな〜んだ?
 満男は寅さんが好き? 嫌い?
 満男をどのように教育してきたか?
 満男の恋人の泉ちゃん、どんな女の子?
 博の父親は何をやっている?
第5章 とらやの巻
 おいちゃんがおばちゃんにプロポーズした言葉は何?
 おいちゃんがもっとも気にしていることって、ナニ?
 おいちゃんの病気が心配だけど、どんな病気なの?
 おいちゃんがよく間違えることといったら何?
 おいちゃんの枕元に出たものとはいったいナンだ?
 おいちゃんとおばちゃんは信心深い?
 おいちゃんとおばちゃん、どれくらい旅行にでかけている?
 寅さんがいないときのとらやは、どんな雰囲気?
 とらやのみんなの小さい頃の夢は何?
 とらやの歴史ってどうなっているの?
 とらやで起きたガス爆発。何が原因だった?
 とらやのみんなが初めて飛行機に乗ったのはいつ?
第6章 柴又・ご近所の巻
 舎弟の登、いったいどんな商売についていたのか?
 舎弟の原公は、どんな商売をしている?
 タコ社長が忙しそうにしている訳は?
 タコ社長のプライベートはどうなっている?
 タコ社長の娘・あけみちゃんが結婚したのは?
 寅さんはご近所でどのように噂されているの?
 午前様は寅さんのことをどのように見ている?
 寅さんシリーズのタイトルを教えて!

 以上を記しながら、また寅さんの映画を見直してみたいという気持になりました。
 だが、やはりどうしても見てしまうと、悲しいのですね。
 今まで私は以下のようにこの映画のことを書いてきたものです。

2008.06.25「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
2008.06.25「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 の2
2008.07.06「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 の3
2008.11.10「かがり 寅
2010.10.26「男はつらいよ『寅次郎の青春』」(1993.01.04)

 思えば、たくさんのマドンナの中で、私はいしだあゆみが一番好きになれるかな。そして2008年も2009年も2010年にも、私はすべて、あじさい寺成就院へ行っています。
 でもやはりどうしても映画を見ても、成就院に行きましても、いつも悲しい思いになっています。

c2f91660.jpg

 今少し明いた時間に、インターネット検索をしていました。いえ、私のブログを訪れるかたのアクセス解析を見ていましたら、「かがり 寅」というキーワードで、私のサイトを訪れてくれる方がいました。
 私のサイトでは、以下を訪れてくれたのです。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/51451811.html 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

 ところが、このUPは、さらにその2その3と続いてしまっていました。そして私は、このあじさい寺の成就院に行って来ていました。それは今年の7月12日のことです。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/51464526.html 8日のあじさい寺・成就院

 それでさきほどこのインターネット検索を見ていましたら、この「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」で、最後寅が失恋して、もうまた旅に出たあと、かがりからのはがきが柴又の団子屋に届きます、その手紙の文面がありました。
 以下のようです。

寅さん、この間は、ごめんなさい。
私は、とても恥ずかしいことをしてしまいましたけど、
寅さんならきっと許してくださると思います。
今は、夏休みで私も機織りの合間に、民宿の手伝いに借り出され忙しい毎日です。
母も娘も元気で手伝ってくれています。
寅さんは、今どこかしら?相変わらず旅の空かしら?
風はどっちに向かって吹いてますか?丹後のほうには向いてませんか?
今度、寅さんが来たら、この間のような間に合わせでなく、
美味しい魚の料理を腕を振るってお腹一杯食べさせてあげたいと思います。
寅さんの楽しい話を聞きながら・・・・・・。

 読んでいて、また単純な私は、また涙を流していました。

 また来年の6月に必ず、このあじさい寺を訪れます。できたら、誰かと一緒に行きたいな。もうポコ汰は元気に歩けますが、ポニョはどうかなあ?

続きを読む

2017061908

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 で、私はこの映画を思い出して、このブログに書いたわけですが、今回、男はつらいよ 全作品覚え書ノート 寅さん 映画渥美清 を読んでみて、いくつも私の記憶を訂正することになりました。53cb0fc1.jpg
この 男はつらいよ全作品覚え書ノート 第29作「寅次郎あじさいの恋」を見ていながら、私が一番間違っていたのは、この映画のあじさい寺を、北鎌倉のあじさい寺明月院だと、今も今まで思い込んでいたところです。でもこのいしだあゆみのかがりと、寅とそして満男が会うあじさい寺とは、明月院ではなく、江の電の極楽寺を下車した由比ヶ浜を望める 成就院 なのですね。
それで、始めて判ったのです。かがりと寅と満男は、このあじさい寺から、江の島まで行きます。思えば、北鎌倉の明月院から、江の島まで行くのは、大変に遠いはずです。「小さな満男もいるのになあ」なんて思っていましたが、成就院なら江の島はすぐそこです。
ああ、そうなんだ、と今になってやっと判った私なのです。
その他、いくつものところで、このシナリオを読みながら、私の記憶のいい加減さに嫌になりました。

この映画では、かがりがものすごく暗い印象があります。でもそれが寅にあって、ものすごくいい貌になる彼女の姿顔があります。寅からもらった下駄を嬉しそうに見ているかがりの顔、とってもいい顔です。こんな顔のかがりをいつも見ていたい、こんな顔の女性の顔をいつも見ていたいと思います。
加納先生の弟子の蒲原がきて(実は私はこの人物が弟子か加納の息子か判りませんでした)、かがりを棄てることになります(でも別に結婚の約束をしていたわけではないから、棄てたわけでもないのですが、結局なぜかかがりが暗く消極的だったのです)。
そして傷心のかがりは丹後に帰ることになります。
そこを寅さんが尋ねることになります。寅さんはかがりに惚れていて、ふられて傷心のかがりが心配だったのです。
そして丹後でかがりに寅さんは会います。二人が海を見ていて会話するところは、とってもいいシーンです。二人が海を見てたたずんでいるところは、なんだか実にこのまま時間が止ればいいのにと思うところです。
そしてやがて、二人でお酒の飲むシーンになります。このときのかがりは実にエロチックで魅力的な表情をしています。
でも私は思うのですが、そしてつまらないことをいいますが、こういうシーンで飲むのはやっぱり日本酒ですね。お酒をお猪口についでも、結局コップにつぐことになっても、それがビールだったり、ウィスキーだと絵にならないものです。かがりが、コップの中に残ったお酒を飲み干すシーンもあります。
そしてかがりは、寅の眠っているはずの2階に上がってきます。寅がそれが判っています。でも眠っているふりをします。

*****************************     思わず寅は寝たふりをする。
かがりん……寅さん…
寅、顔を横にして寝たふり。
かがりもう寝たの?…
和代のランドセルのカバンの鈴が僅かに鳴る。
かがりのテーマが静かに流れる。
静かに襖が開く。
ランドセルの鈴が鳴る。
寅をじっと見るかがり。
窓が開いている。
かがり「あ、…開けっ放し…」
と部屋にそっと入り奥の窓を閉める。
寅の横に座り
かがり(無声音)電気つけたまま…
寅の顔はかがりの方を向いている。
かがり、スタンドをそっと消そうとする。
寅寝言のように
寅「う、あー寒い…
と寝返りを打ち、かがりから顔を背ける。
かがり、少し驚くが、そのままスタンドの灯りを消す。
嘘のイビキをかく寅。
そのまま座り、寅の布団を静かにゆっくり直すかがり。
直し終わっても暗闇の中座り続けるかがり。
嘘のイビキを小さくかき続ける寅。
緊張しながら何かを待つかがり。
顔をそむけたまま嘘寝を続ける寅。
時間が経っていく…
嘘寝のまま目を開けようとしない寅に、耐え切れず
腰を上げ立ち上がるかがり。
部屋を出て行くかがりの白い脚首が明かりに照らされて
妖しく光っている。
ゆっくりゆっくり襖を閉めるかがり。
鈴の音…
階段のきしむ音
嘘寝を続ける寅
階段を下りていくかがりの足音…
目を開ける寅
むくっと上半身を起こし、何かを考える寅。
寅「はあー……」とシリアスな顔でため息。
目は遠くを彷徨い、複雑に一連の行動を考えている。
寅にもう少し寄り添いたいかがりの深い孤独と性、
そしてそれに応えることができない不甲斐ない自分への絶望。
目はゆっくり下を向いていく。                                     ****************************

そしてそのあと、かがりは東京へ旅行に出てきて、柴又を訪れて、そこにいた寅に手紙をこっそり渡します。

鎌倉のあじさい寺で日曜の午後一時、待っています

やっぱり、私なら明月院のあじさい寺と思って北鎌倉へ行ってしまいますね。寅はよく成就院と理解できたものです。この成就院は、弘法大師ゆかりの縁結びの神様が祭られており、恋が成就する場所と言われています。思えば、かがりは必死の思いで、寅との恋を成立させたかったのだと思います。
でもそこへ来たのは、満男がいなければ、こられなかったような寅なのです。

江の島で、寅とかがりはお酒を飲みます。あ、江の島にも渡っていたんだと私が気がつきます。

****************************
寅「もし…よかったら、あいつだけ一人先に帰してもいいんだけども…
かがり、首を横に振って、微笑みながら
かがり「そんなことやないの…。今日寅さん、なんか違う人みたいやから
寅「そうかなあ…、オレはいつもとおんなじつもりだけども
かがり「私が会いたいなあ、と思っていた寅さんは、もっと優しくて、楽しくて、風に吹かれるタンポポの種みたいに、自由で気ままで…。フフフ…、せやけど、あれは旅先の寅さんやったんやね
寅は下を向いてしまう。
かがり「今は家にいるんやもんね。あんな優しい人たちに大事にされて…
寅、何か言おうとするが、結局何も言えない…                     ****************************

けっきょく、これは何がいけないのでしょうか。思えば、どんなに恋していても結ばれない二人っているんですね。もう仕方ないことなのかなあ。

しかし、私は自分の記憶力にかなり自信がなくなりました。

それと、このあじさい寺成就院に行ってみましょう。そして江の島にも渡ってみます。

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 へ

続きを読む

20170619112017061910

私は 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 で次のように書きました。f0694e98.jpg

かがりは寅さんに惚れたのだと思います。かがりは積極的に寅に好意を見せるのですが、寅さんがむしろ逃げてしまいます。なんだかいつもじれったいところです。

だんだん、思い出してきました。寅さんがかがりの丹後の故郷の家に行きまして、かがりの家で飲みます。でも帰ろうとする頃には、もう帰るバスがありません。寅はかがりの家に泊まることになります。
その寅の眠る部屋に、かがりが来ます。「寅さん、もう寝たん?」と尋ねるかがりに、寅さんは眠っているふりをします。いわば、寅さんの貞操の危機の場面ですが、寅さんはかがりがあきらめて下に降りて行くと、ガバっと身体を起こします。
なんで、寅さんは悲しい思いにいたかがりに会いに来て、彼女を嬉しい愉しい気持にさせたのだから、ちょっとだけでも顔だけでも抱いてあげてもいいのになあ、と思うのに、寅はそれができないのです。
なんだか、いつも不思儀で駄目な寅さんなのです。寅さんは、いつも振られてはいないのです。いつも惚れられているのに、振られていることばかりを続けてしまうのです。

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 の3 へ

続きを読む

↑このページのトップヘ