将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:きゃらめる

13030909  この駅は営団地下鉄の千代田線ができたて開通したとき駅もできました。
 私は私の親友だった堀雅裕さんと、ここの東口にありましたお店に行ったものでした。その後店は西口に替わりまして、今に至ります。

  西日暮里『きゃらめる』

 堀雅裕さんの紹介で知ったお店で彼とその後にも何度か行きましたものです。ママさんがゆかりさんと言いまして、その妹さんがひとみさんで、二人とも大変に綺麗な女性です。
 今後もこのお店には行くことがあることでしょう。

11092503 ビジネスシヨウがあると、結局いつものとおり(晴海へいくといつものことだ、いや晴海でなくとも同じだけど)、飲んでしまうことになりました。
 その2軒目で行った「きゃらめる」でのことです。

 ママ「周さん、何か唄う?
 私「唄う、三橋美智也!
 ママ「三橋美智也の何唄うの?
 私「『母恋吹雪』!
 ママ「だから、それはないっていつも言っているでしょ
 私「では、『一本刀土俵入』!
 ママ「それもないの!
 私「『男涙の子守唄』
 ママ「!?
 私「『怪傑ハリマオの歌』!
 ママ「………ここにある歌唄って!
 私「べつにカラオケになくたって、私しゃ唄っちゃうよ
 ママ「いいわよ、どうぞ

といって、ママはマイクで私を紹介してくれました。私はマイクを握って、突如どうせ唄うなら、やっぱり詩吟やろうと思って、詠い出しました。何の詩吟やったか覚えていないけれど、お店にいたみんな感動したのじゃないかな。
 いつものことです。
 当然そのあと、いろいろ唄ったと思うけれど。たぶん平野愛子とか、渡辺はま子とか。そして、また唄ったな。いつものことです。
 激辛庵さんが一緒で、久し振りに彼のプレスリーの歌を聞きました。感動しました。 

11082201   Friday, August 27, 2004 9:06 AM
大丈夫でしたか TK
 無事帰宅できたの?帰った後心配で心配でなかなか寝付かれませんでした。あんまり飲んではいけないわよ。体に良くないし、しんどいでしょう。大変お金を使わしてしまってごめんなさい。またパソコン教えて下さいね早めにパソコン購入を考えなくては、早く足を治して萩原さん達の仲間に入れて下さいね。

   Friday, August 27, 2004 9:32 AM
元気ですよ
 実はあのあとタクシーの運ちゃんと喧嘩したようですが、とにかく元気で大丈夫です。身体はきわめて健康で全く「しんどく」はないです。今、ある会社のメルマガに原稿を提出したところです。書いたのは私の飲み屋の紹介の書き物です。書いたのは「池袋西口『ふくろ』」です。ヒサンないいお店ですよ。今は朝7時からやっています。昔は朝5時からやっていたのよ。
 そうねえ、パソコンはやればできますよ。私はね、JCAにいたときも、あの仕事は全くの素人だったのよ、でもあの時あの場で必死に覚えました。経理税務の仕事も、突如やることになって、その時学び覚えました。パソコンも同じですよ。萩原周二

   Friday, August 27, 2004 10:11 AM
 メール頂いて安心しました。無事でなによりです。大きなバックもなくならなくてなによりです。ホッとしました。

   Friday, August 27, 2004 10:48 AM
Re:
 あのね、バックはなくさないの。つい先日長女と私の母親の家に行きました。
長女がいうのです。

  パパはどうして、そんなに前につんのめるように歩くの

 私は答えます。

  今背中に鞄を背負っていないから、どうしても前のめりになっ
  てしまうんだ

 そのとき私はあの鞄を背負っていませんでした。でも母の家に行きまして、ビール飲む以外やることがないので、また家に引き帰して、また鞄を持って母の家にいきました。あれがあるとビールを飲みながらインターネットができるんです。
 きのう行ったお店二つともいいお店でしょう。長年つきあっているお店です。「きゃらめる」のママのゆかりさんは実は女優をやっているのです。それで実は彼女の妹さんがひとみさんといいまして、お姉さんより、かなり若くて、すごく綺麗で私も惚れています。ところが彼女は今病気でして、店に出られません。私とは携帯でメール交換するだけです。だがだが、そのひとみさんの娘がまた圧倒的に綺麗で、実は木曜日と土曜日にあの店に出ています。その娘さんに会えるかなというよこしまな気持ちも私にはあったのですが、そこは残念でした。また行こうね。
(第211号 2004.08.30)

b09b4a91.jpg

 わが家のおかあさん2010.01.07へ、鈴ひとみさんから、以下のコメントをいただきました。

1. Posted by 鈴 ひとみ   2010年01月07日 09:37
周ちゃん
あけまして おめでとうございます
今年も宜しくお願いします
今年は寅年
ゆかりちゃんが年女です
きゃらめるで会いたいですね(^−^)
今朝 ベランダから
右手に富士さん
左手に朝焼け
真ん中に 白い月を
望むことが出来て 最高の気分です
周ちゃんには 良い年になりますように(^−^)

 ありがとう。ひとみさんの年賀状もものすごく嬉しかったです。また手紙も書きますね。
 そうね、きゃらめるでも会いたいのですが、もう前のようには飲まない私なのですね。とにかく、飲むよりもやることがたくさんありすぎるという思いですね。
 今年は私には、実にいい年になると思っています。

続きを読む

619f8d9c.jpg

「なんだかとっても 久しぶり・・・」ひとみ(今のブログでは鈴)さんから、次のコメントを頂きました。

1. Posted by ひとみ    2009年06月20日 12:21
周ちゃん こんにちは
心配かけて ごめんなさい
ちょっと 体調をくずしてました
今度 きゃらめるで会える日を楽しみにしています
                    ひとみ

 ありがとうございます。昨日鈴さんにお手紙を書きましたよ。
 たぶん、私から手紙を受け取られた方は、けっこうとまどわれているかと思います。でもいいのですよ。別に私が勝手に出しているだけですから。
 でも私の手紙は和紙にプリントしているから、その和紙が素敵でしょう。あの、内容は問わないでください。もうどうでもいいことばかり書いています。
 私の次女には、ずっと漢詩の解説を書いているのですが、このところは曹丕の詩ばかりです。私はやはり曹丕の詩が好きなのですね。曹丕は、私が何を書こうと、知ったことではないでしょうが、ときどき私の方をみて、少しは笑顔になってくれている気がするのです。
 でも次女には、判らなくてつまらないかな。どうか私の娘だったことを呪うか、感激するかにしてください。やがていつかは、曹丕の詩が判ってくるはずです。

 今この部屋にも雨の音が聞こえます。
 こうして、雨の音を聞いていると、何故だか私は前秦の符堅を思い出します。おそらく、私が彼のことをよく書いていたときが、昔東大闘争のときにいた府中刑務所でこの6月だったのでしょうね。だからいつも独房の中でも雨の音を聞いていました。そして100万の軍勢を率いてそして何故か破れてしまう符堅のことをいつも考えてしまっていました。碧眼で髪も違う色だったのでしょう符堅です。しかし、彼の大軍が破れてどうしても笑顔になってします東晋の知識人の顔も判る気はします。

 でもいつも、なんだかどうでもいいことばかりを思い浮かべています。

続きを読む

c0612903.jpg ここに掲げた画像は、昨日行きました、西日暮里「きゃらめる」で店に置いてありました絵葉書です。斎藤龍弘さんという方の絵です。
 それでこの葉書を6種類手に入れてきました。そしてさきほど宛名と文章を書いて4人の方に出しました。ただし、この絵のものは、宛名をまったく違う人に打ってしまいまして、あと1枚は文面を間違えましたので、4枚のみ出しました。
 普段は手紙を出しているのですが、こうして葉書は年賀状ソフトを使って印字しますから、少々大変ですね。
 でも思えば、封書を書いているのもいいですが、こうして絵葉書を出すのもいいことだと思いました。

2e0fe686.jpg

 26日に銀座に行った私は、新しい『きゃらめる』にいくのに、ここのお菓子を持っていこうと考えました。
 思えば、ここではいつもケーキを買ってきていました。そして学生の時代から、この銀座店で待ち合わせをしていたものでした。ここで待ち合わせてもいつも、落ち着かなくて、すぐに飲み屋へと移動したものでした。

店 名 ウエスト銀座店
住 所 〒104-0061
    東京都中央区銀座7丁目3番6号
電話 03(3571)1554
FAX  03-3289-1885
営業時間 AM9:00〜PM11:00
    (土曜・日曜・祝日/正午〜PM9:00)
URL http://www.ginza-west.co.jp/

 その後、社会に出ても、この店はよく利用していました。インターネットの注文も08052603こういう食べ物を注文するのがここで最初でした。でもそのときは、結局電話で双方で確認していたものでした。まだインターネットで注文するのが実に最初の頃でしたね。
 上の写真は、その『きゃらめる』に持っていきましたケーキです。そしてこの下の写真は、お店のウエストの前にあったあじさいです。
 今後もまた、このお店のケーキをあちこちへ持っていくことでしょう。

394a001a.jpg

 4月26日に新規オープンした『きゃらめる』に、私が5月26日に始めて行きました。なかなか行ける日がなかったのです。もうオープンして1カ月も経ってしまっていました。
 ちょうど午後6時10分くらいにドアを開けました。すぐにママの眞木ゆかりさんが迎えてくれました。
 ゆかりさんのお話ですと、オープン以来1日も休んでいないそうです。日曜日もずっと営業したそうです。でも次からは、日曜日はお休みするそうです。
 もう本当に、休日をとらないと身体を壊してしまいます。
 でも、前の店のときのお客さまもおいでになり、新しいお客さんもおいでになるそうで、ママは元気にこれからも頑張っていくようです。

店 名 きゃらめる
住 所 〒116-0013
    荒川区西日暮里5丁目27番4号
    エルアルカサルフジ103
電話FAX 03-3806-7479
(名刺をもらうと、ケータイメールアドレスが判りますから、それで連絡とればいいですね)

 ただ、私は前のようには飲んでいませんから、できるだけ、この店が開店した時間くらいに来まして、お酒は、ビール1本、酒3合で、もう帰宅するようにします。
 前の店も実に素敵でしたが、この新しいお店も、実に綺麗で、前の店みたいにステージがあったりというわけではありませんが、もう素敵なお店です。
 もう今は、ある女優さんもおいでになっているということでした。あとは、妹のひとみさんともお会いして、またたくさんお話したいものです。もう私はいつもいいお客でいられるように致します。
 それで、ここに掲げたのは、私が行きました日に、飲んだお酒です。美味しいお酒でした。

da9533bb.jpg

 周の雑読備忘録「レオ=レオニ『フレデリックちょっとかわったのねずみの話』」に、この絵本の紹介者であるナミちゃんが、以下のコメントをくれました。

1. Posted by なみんと    2008年05月29日 11:09
周さん〜おはようございま〜す(*^_^*)
最初、周さんがフレデリックを見て「嫌なヤツかな〜」って想像した所が面白かったです。こんな感想をいってくれる人は貴重です(笑)
周さんらしいですね。でも結局・・あかくなっておじぎをするフレデリックをみて見直すところがまたいいです。

 ありがとうございます。うん、最初読んでいくと、こいつ嫌なヤツかなあ、なんて思ったのよ。それでも最後、あかくなったフレデリックの絵の顔と、はずかしそうに言うフレデリックがいいです。
 私は26日に、西日暮里の『きゃらめる』に行ったのです。そこのママが私のケータイメールに返信をくれました。「周ちゃんがお店のドアを開けて入って来る時の所在なさげな照れくさそうな顔」とあります。そうなんですね。私は飲み屋さんはいくら親しくなっても、どうしても照れくさいのですね。
 フレデリックは、最初はしたたかなのねずみに思えていても、実はこんなに純情なのだと思います。
 あ、西日暮里の『きゃらめる』のことをまだ紹介していませんね。先月26日に新規オープンしたのです。またこのあと書きますね。

続きを読む

2e6431b0.jpg 義母が水曜日お休みの日は、なかなかたくさんのことを混乱していることが判ります。いつも義母のそばにはいろいろな方がいるようです。でもきのうも私の孫が義母を笑顔で見ていてくれました。
 写真は26日に行きました西日暮里の『きゃらめる』というお店の装飾です。実に愉しいですね。(05/29)

↑このページのトップヘ