12021104  このごろの私のブログのUPは、ここのUPも含めて、以下のUPはみな、リー&笑美の只見日記の画像を遣わさせてもらっています。

吉本隆明全著作(単行本)「わが転向」(1994.03.25)へ文化芸術 DVDさんからのコメンント へのさらにコメント
周の『独楽吟のススメ』の657
小島均さんの奥さまからのハガキが着いておりました

 前にも、こうして私のサイトでは、の笑美さんのデジカメの画像を使わせてもらっています。こうして、素敵な画像ですね。

遠藤周作『札の辻』
ブルータスへの誕生日祝いを用意しました
発天ロールを手にしています
じゅにとブルータスに会いたい

 前にも使っているのです。ただ今では、もう笑美さんのサイトの画像だということは断っておりません。今後も使っていくことだろうと思っています。

 笑美さん、いつもありがとうございます。私は雪国は秋田市と札幌市に住んだのです。札幌市では、そのころも「雪祭り」をやっていました。昭和29年と30年です。
 それが実に華やかで、こども心に感動していたものでした。その後住みました名古屋市(南区、千種区、北区と三ヶ所住みました)、鹿児島市、横浜市は、もう冬は何にもなかったものでした。みんな冬の寒さには、外で何か作るなんていう元気は想像できなかったのじゃないかなあ。札幌という町の「ハイカラさ」みたいなものは、好きになれませんが、この「雪祭り」での元気さ(いやほかのことでも元気なことは感じていました)は、楽しいものでした。だから、この「只見ふるさとの雪まつり」の笑美さんの画像には、ものすごく感動しています。
 これからも笑美さんのサイトを拝見してまいります。