12081515「周の掲示板」にneluさんが書いてくれました』に目森一喜さんが次のコメントをくれました。

1. Posted by 目森一喜   2012年08月14日 20:34
 廣松渉は小坂修平の事が気にかかってしかたがなかったんだと思います。
 小坂も廣松渉の事ばかり考えてたはずです。
 ブントなんてどうしようもないですが、はみ出る所というとそこになるように思います。
 そして、いいところもダメなところもそこにあるような気がします。

 小阪さんは、駿台予備校で働いていたので、偶然私の昔の事務所の前を歩いていたときに、「あ、小阪じゃないか、少し寄っていかない」(思えば彼は私より一年年上だから、ちゃんと「小阪さん」と呼ぶべきだったな)と言いまして、私の事務所へ連れて行きました。たしか亡くなる年(彼は2007年8月10日に亡くなりました)の6月くらいのときじゃないかなあ。
12081516 私の事務所で、パソコンでインターネットを見せた思いがあります。でも彼はパソコンもインターネットも簡単に肯定はしていなかったな。私のように単純な人間ではなかったのだと思います。
 彼はパソコンだと、「言葉が広がるから駄目だ」というようなことをいい、私は当然「それはどういう意味だ」としつこく迫ったものです。
 もう少し付き合うべきでしたね。今になってそんなことを思います。