将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:じいじとばあば

5d78a9ff.JPG

 日曜日というのは、このポメラを開いていることができません。思えば、毎日私は何をやっているのかなあ?

2010/06/20 17:35今「笑点」を見ています。このところ長女おはぎの家に行っていました。だからいつも見られませんでした。きょうはおはぎたちが来てくれました。ちょうど私が「いこうかな」と思っていたところです。
 いえ、赤羽に行くというので、ポポを預けにきたのです。そのポポを抱いて、泣き出したので困ったなというときに、妻の腕に預けたらちょうどみんな来てくれました。
 もうやっぱりポニョがくいしんぼでいつもの通りです。ポコ汰は実にいい男の子です。
 その長女の家族5人が帰るときに、このマンションの1Fの外を歩くときに、おはぎがケータイしてきて、私と妻もマンションの外を見ました。もうそこから、ポコ汰とポニョが声をあげて来ます。もうじいじとばあばには実に可愛い孫です。
2010/06/20 17:58もういつもこのポメラを朝書いていたのですが、きょうは朝は書いていなかったですね。
 かなりきょうはこのポメラを書く場がなかったのですね。 

 ただただ毎日必死に生きているものですね。

b9960f75.jpg ひさしぶりに写真を見られて嬉しいです。パソコンが直ったのですね。
 ポコ汰が長女の前の学校の同僚の先生の息子さんと会って、でもそのあと会えないので、泣いているそうです。でもその相手の男の子もポコ汰を思って泣いていてくれるそうです。もうそれを聞いて、じいじの私も泣いてしまいます。
 写真は昨日17日に長女家族と行きました赤羽のあらかわ丸です。もう長女とミツ君がお買い物に行っている中、二人の孫は私じいじとばあばと、この船の中でいっぱい遊びました。あんなに面白いことはとっても喜ぶのです。(08/18)

62ffcf18.jpg

 昨日は、朝8時少し前に長女の家に行きました。ポニョがお熱が出たというのです。おはぎとポコ汰が保育園と学校へ行くと、しばらくは追いかけて泣いていましたが、そのうちじいじのそばへ寄ってきます。
 なんだか、私は少しポメラを書きましたが、少し眠くなったりしていました。
 おはぎは、それほどの用事はなかったので、帰ってきて、私は家にもどりました。
 でも実は、午後1時すぎに来客があったのです。あ、私がいて良かったです。大切な用でした。
 それから、私の妻が午後7時に帰ってきて、おはぎの家に行くと、いいます。私は「ああ、ばあばに会えれば嬉しいから行っておいで」といいます。でもすぐに気が付きます。今は、義母がお泊まりでいないのです。どうしても妻と私のどちらかが、夕方や日曜日は家に居ないとならないと考えがちです。
 でも今は、いいので、二人で長女の家に出かけます。長女の家に着くと、そのうちにミツ君も帰ってきます。
 もうばあばに会うのはひさしぶりなので、ポコ汰とポニョは大喜びです。二人とも、もうおしめを替えるのも忘れて遊んでいます。もうこんな姿が可愛くて仕方ありません。
 時間はたちまちのうちに過ぎて、夜10時を回りました。あのあとお風呂に入ったら、疲れてすぐ眠っただろうな。ポコ汰は、私たちを送ってこちらの家にまで来るなんて言っていたものでした。

 もう夢中で遊んでいた。声をあげて喜んでいたポコ汰を思い出します。

続きを読む

806d1c05.jpg

 この13日は、午前中に長女宅に行きまして、長女とポコ汰と3人で近所の公園へ行きました。一つは私も始めて行く公園でした。でもポコ汰が、二つめの公園のすべり台で、すべるのを止めたりしまして(少し怖かったのかなあ)、それがものすごく感じました。「私の孫なんだなあ」と。

009/06/13 18:00今はまた(きょうは午前中も来ていました)長女の家に来ています。でもポニョがそばにくると大変です。
2009/06/13 18:46もうポコ汰がものすごく元気です。もうミツ君のばあばも来てくれていますから、ばあばが二人で面白いのでしょう。
 ポコ汰は今こちらのばあばと車のおもちゃで遊んでいます。ポニョもそれを懸命に見ています。
2009/06/13 18:59ポコ汰がもう大騒ぎです。もう思えば、二人とも実に大きな声です。

 妻が帰ってきて、長女宅に行くというので、「えっ、俺も行っていいの?」というので、また行きました。ミツ君のお母さんも来てくれて、ポコ汰もポニョも大変に愉しかったはずです。でもでも、ミツ君のお父さんも来てくれて、もう二人が大変に嬉しかったはずです。でも、せっかくお父さんが描いてくれた絵をポコ汰が消したりして、私は少し心配でした。
 でもこんなに優しいじいじがいて、そして、優しいばあばが二人いて、ポコ汰もポニョも嬉しいよね。

続きを読む

6d1333ba.jpg

 ナミちゃんの絵本の紹介ナミちゃんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by なみんと    2008年09月06日 11:28
周さん〜おはようございます。
秋もすぐそこまで・・になってきましたね。
めぐる季節の早さに驚いています。
ポニョちゃん〜生まれてから一月・・八月は猛暑でママもポニョちゃんも。。ポコちゃんも。。もちろんじじも・・家族の方も大変でしたね。
ますます賑やかで楽しそうで何よりです。
さて・・<かみなりかあちゃん>は人気絵本ですからきっと何処かで出会えると思います。<はたけうた>は福音館の<こどものとも傑作集>なのです案外置いてなかったりしますね。絵はとっても素晴らしいし文も優しさに満ちているのですが。この絵本の魅力を知ったのは私は遅ればせながら・・今・・でした。

 ナミちゃん、ありがとう。そうか、なんとか読んでみるように頑張ってみますね。私が絵本の愉しさ、絵本の良さを知ったのは、ナミちゃんのおかげです。今まで私が 周の雑読(絵本・童話篇)備忘録 に書いてきたのは、みなナミちゃんの関係で知りました絵本ばかりです。

 それから、私もこうして

秋もすぐそこまで・・になってきましたね。
めぐる季節の早さに驚いています。

ということに驚くばかりです。長女の家族が新居に移って、寂しくなるなあ、と思っていましたが、いやもう前以上に毎日会っていますよ。
 昨日は、妻と私で午後長女の家に行きまして(いえ、私は午前中にも行きましたが)、帰るときに、ミツ君のお父さんに抱かれたポコ汰が私たちを送ってくれていました。もうそれを振り返ると、涙が出てくる私なのです。もうしようがないじいじですね。
 でも昨日は、じいじも二人いて、ばあばも二人いて、ミツ君のお兄ちゃんも来てくれていて、ポコ汰は嬉しかったでしょうね。

続きを読む

08051104 昨日は、午後からおはぎとミツ君がおはぎの高校時代の友人の結婚式でした。それで、ポコ汰を午後2時頃から私たちの家で預かりました。
 ポコ汰はパパとママがいなくなると、泣くかなあ、と心配していましたが、元気に振る舞っています。このじいじとけっこううまくやっています。
 でも2時間半ばかりお昼寝したあと、起きるとさすが大泣きしています。でもばあばが抱いて、外を歩いたりしているうちに直ってきました。でも、さすがパパとママが気になるらしく、私はポコ汰を自分の家に連れていきました。そこでテレビを付けて、大きな画面で見ていました。
 一生懸命に話しかけていまして、でもそのうち、「上のじいじとばあばのうちで待っていようか」というと、素直についてきます。
 そこで、私たちの食事になります。ポコ汰もいっぱい食べています。あんまり食べないのはおおばばだけです。
 それで、やっと午後9時頃、パパとママが帰ってきました。そしてやがて、家に帰るときが来ました。今度は、私の妻ばあばが、ポコ汰と手をつないで送っていきます。私は、「あ、ばあばがここへ帰ってくるのが大変だなあ」
 そして時間が経ちまして、やっとばあばとおはぎ(は忘れ物をとりにきました)が帰ってきました。ミツ君が構っている間に、黙って帰ったのですが、ドアの外に出てしばらくすると、号泣するポコ汰の声が聞こえたというのです。
 私は心配になって、「じいじが行くよ」というのですが、「そんなことをすると、同じことに繰り返しだ」というのであきらめました。
続きを読む

865b00a8.jpg

 一昨日の4月19日土曜日夜の食事の前に、長女家族3人が来てくれていました。
 ポコ汰は、洗面所で、水遊びを覚えてしまいました。お椅子の上に乗って遊んでいて、おはぎママもばあばも、そこからポコ汰を引き離すのが大変です。もう水でビチョビチョになってしまいます。なんとか、そこからやっと引き離したら今度はまたリビングでいっぱいいたずらしているのです。
 このすぐ前には、王子おおばばが食事しているところへ行きまして、たくさん食べ物をもらいました。ケーキを小さく切ったものをいくつももらっているのです。「もうあげないで」と言っても、来たら、どうしてもあげてしまいます。おおばばも困っています。でも困っても笑顔になっています。
 こうしてポコ汰は、さんざんいたずらして帰りました。でも帰るときに、ばあばが家について来てくれると思っていたら(前のときにそうしました)、こないので、外で大声で泣いていました。ポコ汰の泣き声を聞くと、つい心が動揺しますが、それでも私じいじもばあばも我慢するところです。

 この王子でも小さな子どもを連れてお母さんはたくさん見かけています。つい先日は、自転車の前と後に子どもを乗せて、さらに小さい赤ちゃんをおぶり、さらに長男だろう子が、自転車の横を走っているのを見ました。4人の子どもなんだねえ。すごいです。でも祝福したくなります。
 本当に、この北区は赤ちゃんと子どもの数が多いです。私はどこでもポコ汰と同じくらいの子どものことを見てしまいます。「あ、この子はポコ汰より少し大きいな」なんて感じることが多かったのですが、このごろは、「ポコ汰よりも小さいな」、「もっと誕生日があとだな」と思う子どもも増えてきました。
 よく私の通る柳田公園でも、小さな子どもたちがいっぱいで走り回っています。やがて、その中にポコ汰もいるようになるのだと思っています。私はまず、真っ先に、その公園の隣にある駄菓子屋に手をつないで行きたいのですが、まだおはぎがいいと言ってくれません。

続きを読む

↑このページのトップヘ