将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:じゅには懸命に回復して

11100104 今日もじゅにとブルータスに会いに行きます。

 じゅにへの手紙を書いて持って行きます。
 じゅにへの手紙は、5月6日が最初で、今日の10月2日で33通目になります。もちろん、じゅには、まだ10カ月のあかちゃんですから、私の手紙は読めません。でも大きくなったら、ママのブルータスに読んでもらえるはずです。
 前回の9月27日より可愛いシールを貼るようにしました。前回は3つ貼りまして、今日は5つ貼りました。
 いつかこれも喜んでくれるはずです。

ea701307.jpg

 昨日「あちらのじいじが入院していまして」と書きましたが、その昨日は、前日に退院して、じゅにのところに来てくれたそうです。じゅには分かったかな。まだ小さいから分からないよね。
 ここのサイドバーに以下のようにあります。

じゅにはいくつになったの?
じゅには生後8ヶ月9日♪
★1歳の誕生日まで114日★

 もうじゅには丸2ケ月以上こうして入院しているのです。最初死ということまで言われたのに、こうして闘って来ました。じゅにに面会できるのは、両親と祖父母だけです。ブルータスの姉のおはぎも面会はできません。
 でも病気によっては、祖父母も面会できないこともあるのです。
 こうして、あちらのじいじが退院して、じゅにに面会できるようになって嬉しいです。
 画像は、昨日と同じく、私の妻ママが一人で折っている千羽鶴です。こうして毎日どんどん増えていきます。

8c0d0638.jpg

 いつもケータイメールで連絡をとっています。ただ、ブルータスはじゅにと一緒の部屋に入りきりで、そこではケータイは使えません(これはどこの病院でも一緒でしょう)ので、そこから出たときに、私のケータイメールも読めて(もちろん、妻やその他の方のケータイメールも同じです)、返事を書くことができます。
 今の病院も、面会できるのは、父母と祖父母だけなので、できたら、一番会っていっぱい話したいだろう姉おはぎとは会えないのです。
 なんとか、早く回復して、みんなで会いたいです。みんなで会えれば、ポコ汰もポニョもポポもミツ君も、ものすごく嬉しいはずです。
 もういつも、ナオキ君が頑張ってくれています。じゅにもナオキ君のことは、「あ、パパだ」と分かるはずです。それにあちらのばあばも毎日のように来てくれています。
 ただ、あちらのじいじが入院していまして、それが心配です。
 早くみんなで元気に集まりたいな。私じいじは、勝手に詩吟やったり、お酒飲んだりしません。

 写真は、私の妻ママが一人で折っている千羽鶴です。私はこうしたことが少しもできないのです。

1107181411071813 私が今日の午前10時50分頃、ブルータスに出したケータイメールです。ここでは、名前をハンドル名にしてあります。『』内は、私が随分前にブルータスに出したケータイメールです。

昨日ママと話した内容を聞きました。じゅにが泣いているとつらいよね。それを聞くと私も涙が出てしまいます。私が前に書いたことです。『昭和23年か24年のことでしょうが、私は当時疫痢(えきり)にかかりました。我孫子ばあばがいうのには、まだ小さい私は、何かに向かって、「お前、あっちへ行け!」と叫んでいたようです。いや叫んでいるだけでなく、両手で相手を追いやるようなしぐさをしていたようです。たぶん、その相手が疫痢菌でした。ばあばが懸命に頑張ってくれたおかげで私は今こうしています』。私はこのことは、自分の母から少しだけ聞いただけで、少しも記憶がありません。でも大事なお話でした。でも実はこのことを思い出したのも、今回のじゅにちゃんのことがあったからなのです。これは大事なことです。その実際のときには、小さい私は少しも記憶がありません。そしてでもこのことを少しも母に感謝していなかった、声で出して感謝すべきでした。だからね。じいじがじゅにが大きくなったら、お話してあげるからね。

 ケータイメールなので、段落なんか作らず、ひたすらベタで送付します。私はこうして、孫のじゅにのことで、自分の母親を思い出しています。
 自分の母がやってくれたことは、実はたくさんありますが、こうして今感謝しています。でも母には一言も口では言ってはいませんでした。
 反省しても、悔やんでも、もう元には戻れないのです。

 画像は昨日持っていきましたサイダーです。この缶の絵がポコ汰の大好きな仮面ライダー(実は私はよく知らないのです)が描いてあるのです。

11071004 最初府中の多摩医療総合センタ−では、じゅにの今回の病に関しては、「死」という言葉も担当の先生から出てきました。それを私たちは、ひたすら祈ることだけで、やってきました。いや、もう祈ることしかできないのです。
11071005  それで多くの方が祈ってくれました。千羽鶴もたくさん折ってくれていました(私は駄目です。いや鶴の折り方を知らないのです)。
 私はこのときに、初めて千羽鶴の大きな意味を知りました。私の妻は今もいつも折ってい11071006ます。
 あと、どのくらい入院したらいいのかは、今もまったく分かりません。
 ここのサイドバーの一番上に、「じゅに!じいじと遊ぼうよ」というところに、「サンタさんにプレゼントをもらおう」とあるのを、不思儀に思われた方がいるかと思います。これを置いたのは、5月のときなのです。でも私には、そのときに、「何とかクリスマスには元気になってほしい」という思いだったのです。
 ここに掲げた画像は、今いる「千葉こども病院」で掲げてあるものを私が最初の頃撮りましたものです。
 私はまた24日に行きます。実は妻はもっと行っています。私はただただ、じゅにとブルータスに会いたいのです。
 私は何もならないのかもしれません。でもとにかく、ひたすら祈ります。

110710 私の4番目の孫じゅには、今千葉こども病院で懸命に病と闘っています。最初何がなんだか分からない感じでしたが、今も原因は分かりませんが、どうやら、7月19日に一般病棟に移れました。
 もう、以下のUPをしてから、随分時間が経過しました。

私の孫のじゅにが原因の分からない病気で入院しています

 もうすぐ2カ月が経過しているのです。
 たった今ブルータスは妻に電話してきました。電話では泣いていたようです。
 もう私もどうしたらいいのか分かりません。でもひたすら祈るばかりです。ひたすらじゅにが少しでも元気になるように祈るばかりです。

 ここに掲げた画像は、じゅにが今もいる医院です。

↑このページのトップヘ