将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:すだち

11062611 昨日家族4人で、ブームのコンサートへ行けたのは、実に嬉しい思いでした。でもあまり元気でない私のことを、長女は気にかけてくれたようです。「でもパパは家族4人でいられることが嬉しいんだよね」。そうなんです。私はただそれだけでいいのです。
 妻の弟から、おはぎの結婚式のたくさんの写真を送ってきました。「あ、こんな写真もある」と喜びました。もうたくさんいろいろの写真があります。それと、彼の住んでいる徳島県の名産「すだち」を実にたくさん送ってもらいました。彼の奥さまの実家が生産しているのです。でも多すぎて、多すぎて、どうしようかというところで、私が解決しました。すべて2日に渡って、千駄木の「浅野」へ持っていきました。もう来てくれたお客さんみんなは、あのいいすだちで喜んでくれたことでしょう。        

10091512 昨日四国徳島の義弟から、徳島のすだちとさつまいもが着きました。長女の家に持って行ったら、ポコ汰が、手に取りましたので、あわてて、「これは食べると酸っぱいよ」といいました。でもあとで、家で食事のときにいろいろなものにかけたら、実にいい香り、いい味がしました。あ、きょうあとで義弟にケータイメールでお礼をします。
 毎日書いています「ニュースさとう」で、将門伝説のことを書きました。将門伝説って、日本中にあるのですね(沖縄にはないですが)。私のブログの将門Webもこの将門様から付けた名前なのです。
 それと「歴史さとう」もこのあと書きますが、何を書くのか、いままだ決めていません。どうしようかなあ。
  写真は、9月15日午前11時42分に撮りましたご近所の公園の中の噴水です。(09/17)

21f450d9.jpg 今は、このマンションは大工事で凄まじい音がしています。そして私の家もきょうはベランダをやっています。私はこの自分の部屋に引きこもっているだけです。
 でもそこへさきほど宅急便09091702が来まして、ここの画像であげた、すだちとさつまいもが来ました。毎年のことです。
 それで、もうこれを「浅野」へ持って行かないとならないな。浅野へはしばらくご無沙汰なのですね。さつまいもは天ぷらにできるけれど、すだちはどうするんだろうかな。
 まあ、私が心配することはないですね。

2ee36af7.jpg きのうの夜、千駄木「浅野」に私の義弟から送ってもらいました徳島のすだちを持っていきました。先週木曜日に届いて、翌ゝ日の母の49日には、みなにあげたのですが、この浅野さんにも持っていくように冷蔵庫に用意してあったのですが、なかなか行くことができません。実は、本日朝我孫子の自宅へ行って、ある用をして午前11時に市谷のクライアントへ行きまして、午後蛎殻町のクライアントへ行きまして、ある契約書に印鑑を押して、それを書留で送って、その後御茶ノ水で理髪店に行って、そのあと王子に帰ってから、「浅野」へ行くつもりでした。
 でも、そのまず最初の我孫子の用が、雑芥ゴミを出すことだったのですが、それは違う曜日で、駄目になり、いろいろ考えて昨夜「浅野」には持っていくことにしました。
 そうしたら、浅野の奥さまにも会うことができ、嬉しかったです。先週行きましたときに、奥さまが倒れられて寝込んで店に出られなくなったと聞いていたので、心配だったのですが、きのうは出てこられたようです。
 それでもきょうは、いくつものことをやります。
続きを読む

9c20208b.jpg

 歯が入りましたナミちゃん から次のコメントをもらいました。

1. Posted by なみんと    2007年09月27日 10:15
ポコちゃんのママが用事があってパパが食事の支度をしてその間にじじがポコちゃんに絵本を読んであやしていたとの事ですが・・ママとパパ☆助かりますね。本当に。近くにじじとばばが居てくれてご長女夫妻は良かったですね♪赤ちゃんのいる若い夫婦だけですと何かと外出するのもままならない時が多いですが、喜んで預かってくれるじじが居てそれも一生懸命絵本を探していい絵本!を読んでくれる・・周さんの役割大ですね。私は子どもたちが小さかった時は、じじばばの家から遠い所に居たので外出する時は大変でした。おはぎさんも安心して用事を済まされた事だと思います(^^♪

 ありがとう。でも私があやしても、ポコちゃんはぐずってしまうのです。私の妻は、私のように孫を溺愛する感じはないのですが、でも見ていると、とても上手くポコちゃんをあやしています。私はいつも、自分は駄目だなあと思っていますよ。
 絵本読んでもね……その絵本も、このごろはナミちゃんのブログで推薦している本だけではなく、私が「0歳用」と思われるのを、選んで読んであげているのですが、声をあげて読んでいても、ポコちゃんは、その絵本のことより、私の持っているケータイやその他のもの(私が首から下げているたくさんのもの)に興味をもって、それを手にして、いっぱいいろんなことをしています。
 一昨日は、四国徳島の義弟から、たくさんのすだちが届いたのですが(もちろん他にもありましたが)、ポコちゃんは、そのすだちをつかんではすぐに投げてしまうのです。私は「これは投げるものではありません」と言っていますが、全然ききめがありません。私は「そんなことをすると、ばばに怒られるよ」と言いたいのですが、でもばばである私の妻は、ポコちゃんにも優しいので、私はただただ困っています。だから、そんな嘘のことは言えません。いや、可愛いのはいいのですが、すだちを投げられるのは困るよなあ。
 私の長女が、大変に、このポコちゃんのことが可愛くてたまらないのが判るし、その彼のミツ君がまたとてもポコちゃんを可愛がるのが、私はもう嬉しいだけです。
 私は、いつもポコちゃんとお風呂に入りたいというのですが、おはぎは、絶対にいいと言ってくれません。いつ、その日が来るのかなあ?

続きを読む

↑このページのトップヘ