13102603 こうして兄莞爾が亡くなりました。その遺影の前で四人の孫と私は会えるのです。

2013/10/31 06:07さすが昨日は疲れたのかなあ。どうしても起きるのが遅くなってしまいました。
 私は兄の莞爾の名前について、私の弟も義妹もそれが中島莞爾の名前からいただいたものであることを知らなかったので、そのことに私は驚いたものでした。
 このことはまたあとで書きます。
 昨日ブルータスからケータイメールがばあばにあり、12月3日の兄の告別式にじゅにも来られるかもしれません。できたらこのときに孫四人がみんなで会えればいいなあ。そうすれば、兄莞爾が私とこの孫たちに与えてくれたものです。私はただただ嬉しいです。そのことをしきりに思います。
2013/10/31 06:54上に書いたように、今日おはぎの家に行きまして、このことも孫たちに伝えます。


 私が孫たちのことを思うことを大きく伝えます。そして私の兄莞爾のことも伝えます。