将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ちびまる子ちゃん

16033102
 今日は4月11日です。いつもテレビを見て涙を流している私です。

2016/04/10 17:31今「笑点」を見に来ました。
2016/04/10 18:15今は「ちびまる子ちゃん」です。朋子ちゃんという子どもに私は涙を流しています。まる子はこんな友だちができていいなあ。見ていて私は涙ばかりです。いい出会いだなあ。16033103
2016/04/11 03:18今朝は1時55分に起きました。今はリビングで日本テレビを聴いています。
2016/04/11 06:15もうこの時間です。
2016/04/11 06:37こうしてこれを書いて行きます。
2016/04/11 10:50今血圧を計りました。
 10:47
  最高血圧177
  最低血圧105
  呼吸   80
 今日は高いな。この時間に計ったからかなあ。
2016/04/11 11:25今「ファミリー劇場」で「おひさま」を見て、また涙になります。もういっぱい単語登録しています。前にしたものがなぜか突如解除されてしまったのです。だから仕方ないのです。
「おひさま」で育子が泣く顔を見て、私も涙です。こういうドラマはもうたまらないです。涙しか出てこないのです。
16040201
 テレビを見て涙になるのです。困った私ですね。

15070803
 そんなにこのポメラは書いていません。これはリビングでテレビを見るときに書いているからです。

2015/07/12 10:56またリビングへ来ました。
2015/07/12 18:07もう「笑点」を見ていたところです。今は「ちびまる子ちゃん」を見ています。

2015/07/13 05:45今日は新聞が来ない日なのですね。やっぱり寂しいよな。
2015/07/13 12:39今はまたリビングへ来ました。「まれ」を見るためです。
15070804
 このポメラを書くことを熱心にやるべきかなあ。ただリビングではどうしてもテレビを見ているのです。新聞も読んでいますよ。

15041910
15041901
 昨日日曜日は、いつもの通りフジテレビで午後6時から「ちびまる子ちゃん」を見ました。私は『りぼん』(集英社)連載1986(昭和61)8月号の時から家族4人で、見ておりもう私がみんなに話すことにより、私の友人たちはみなこのテレビ放送を見ており、その子どもたちも見てくれていたものでした。もうその子どもたちの中には大声でテ−マソングを唄う子もおりまして、そのクラスでは大きな話題になったようです。15041903
15041903
 私の家ではリボン連載の時から見ており、いつも私が我孫子駅前の本屋で買うわけですが、その時間には娘たちから「『りぼん』買った?」という電話が私のケータイに入ったものでした。リボン連載の漫画が単行本になったときは、買ったのでしたが、それをあるときに私の友人の横浜の店で後輩の娘(まだ小さかった)さんにあげてしまい、そのあと手に入れるのが大変でした。私は御茶の水・神田地区から埼玉横浜まで歩きまわり(当然販売元には電話しましたが)、もう大変に苦労したものでした。もうどこかのお店(いったい何十軒目だったことでしょうか)で見つけたときにはものすごく嬉しかったものでした。
 だからこの「ちびまる子ちゃん」は私の家族、私の友人たちには大変に思い出があり、そしていまもそれが続いているわけなのです。
15041909
15041904
15041914

14090802
14090801
 こうして能年怜奈主演の映画「ホットロード」のテーマ曲の尾崎豊「Ilove you」を聴いて私の書いたものをすぐに将門WebにUPしようという気になりました。

2014/09/07 17:34今はテレビをつけました。「笑点」です。
2014/09/07 18:13「ちびまる子ちゃん」を見ています。もうこれを見始めてどのくらいになるのだろか。
2014/09/07 20:02今「軍師黒田官兵衛」が始まる瞬間です。

2014/09/08 03:143時に目が覚めました。そして今はリビングへ来ました。
 いくつかテレビを見ましたが、今は日本テレビです。いやまだ放映していないテレビ局が多いのですね。日本テレビとNHKテレビしか放映していないのだ。
 こうして聴くだけだとほんのときどきテレビ画面を見るだけです。こんなものなのだなあ。
 今はIS01の電池を替えました。
2014/09/08 03:43今尾崎豊の歌を聴いています。能年怜奈主演の映画「ホットロード」の「I love you」なのですね。


「怜奈」という単語が出なくて、もう今は「能年怜奈」でパソコンもポメラも単語登録しました。「I love you」も単語登録しました(「」はまた別に登録しました)。

14051801
14051802
 今NHKテレビの「黒田官兵衛」を見終わりました。

2014/06/01 05:02こうしてまた新しい月です。
2014/06/01 05:15昨日は孫のポコ汰の滝野川第五小学校の運動会でした。私は都電で行きましたら(王子から滝野川)、もう王子ばあばも越谷ばあばもおはぎもおはぎ、ポニョ、ポポも来ていました。そこで座って運動会を見ていました。私は午前9時少し前に着きました。
 あとでここでのことを思いだし、いくつものことを考えたものでした。
 ただとにかく暑い日でした。私はそこでも暑さで疲れはて、おはぎの家へ帰ってから、おはぎに「疲れているみたいだから」と言われ、1Fで眠ってしまいました。2時間から3時間眠りましたかね。
 ばあばはもう帰っており、私も上中里から電車で帰りました。
 いい運動会でした。
2014/06/01 06:07こうしてまた私もやっていきます。
2014/06/01 06:31「はやく起きた朝は……」を見始めました。
2014/06/01 16:32上を見たあとは、「ボクらの時代」「がっちりマンデー!!」を見ました。
 もうこんな時間なのですね。昨日のポコ汰の運動会で、ただただ暑い日の光で私は疲れはてたようです。もう私は日傘(男性用日傘)を注文しました。常時鞄に入れてもっって歩きます。これまでの傘と変更するのです。
 それと「将門Web 周」と書いたタオルも注文しました。愛媛県今治のタオル店で、すぐに「Web」の活字のことで、実際にミシンで塗っている女性から電話がありました。これが送られたら、見てみて安心できたのなら、ポコ汰・ポニョ・ポポとじゅにに作成して、実際に上中里へ持っていきまして手渡し、ブルータスの家には宅急便で送ります。あ、孫たちにはこれを喜んでくれるはずです。その時の三人の顔を想像します。ただじゅにのはまた送るものをまた別に考えます。
2014/06/01 17:05今このポメラの電池を替えました。
2014/06/01 17:58今「笑点」が終わりました。
 これから「ちびまる子ちゃん」ですね。もうおじいちゃんが見たいなあ。それにおとうさんもいいなあ。
 佐々木のじいさんが出てきました。心配だなあ。「ちびまる子ちゃん」はよしもとばななも好きですから、私も大好きなのです。
 私はこの梅干の話で涙が溢れました。いいお話ですね。 まる子に百恵ちゃんの下敷が当たるといいなあ。
14052103
秀吉は自分の時代のあとは、時代の読む器量があるのは黒田官兵衛と蒲生氏郷だといいました。官兵衛はその言葉で頭を丸めて「如水」という僧侶になるのです。家康のことは真面目な人だと褒めているだけです。

14032502
 以下3つの書いたものをUPします。京都を何度も思い出します。

2014/04/02 18:08こうしてこのポメラをまた書いて行きます。
2014/04/02 18:43今京都へ行きたいなという思いになりました。私は京都で桜を見たことはないのですね。京都へは何度も行っていますが、この桜の季節にはないのですね。少し反省ですね。14032503

2014/04/03 05:33昨日書いたことですが、やっぱり京都へ行きたいなあ。
 それと、「周の掲示板」でいくつか「ちびまる子ちゃん」の画像をUPしてなんらかのことを書いたのですが、いいなあ。まだこの「ちびまる子ちゃん」の画像はあと1枚あるのですが、最後の1枚はブログ将門Webのほうで書こうかな。
2014/04/03 06:03今日経新聞を読んでいました。
2014/04/03 14:17またこれを書いていきます。今クロネコヤマトが来るはずなのですが、12時から14時までのはずなのですが今はもう14時21分なのにまだ来ません。おかしいな。こんなことは初めてのことです。
2014/04/03 15:15上のヤマトのものは14時55分に到着しました。

2014/04/04 07:54今朝は目が覚めるのが7時になってしまいました。14032504
2014/04/04 08:17NHKテレビで香川京子が出ています。
2014/04/04 14:40私は故郷はどこといえるのかなあ。沖縄も浦和も故郷という気ががしています。
 そうですね。生まれてから引っ越ししたところをあげてみますと、

  茨城県佐貫
  東京巣鴨
  秋田市
  札幌市
  名古屋市南区
  名古屋市千種区
  名古屋市北区
  鹿児島市
  横浜市港北区
  我孫子市
  浦和市
  沖縄県名護市久志
船橋市
  東京都豊島区
  我孫子市
  東京都北区

 上では秋田市は2カ所住んでいます。鹿児島市も2カ所住んでいます。我孫子は4カ所住んでいます。浦和市も3カ所住んでいます。
14032601

 私が過去住んだところは、前にも書いています。どうしても何度も思い出すのですね。街も自分が住んだ家も詳しく思い出せるのです。
 私の記憶があるのは、秋田市からです。住んだ町名まで覚えていますが、でもそんな町名で調べても今はないのですね。これは仕方ないのかなあ。

14031601
14031602
14031603
 こうして朝はどうにも眠っていられないので、こうして起きてしまいます。

2014/03/23 12:25昼食の時間です。
2014/03/23 17:57今「笑点」が終わりました。これが始まる頃、ここのテレビの前に来るようにしたのですが、もういっぱいやることがありまして、ゆっくり見て居られなかったです。
「ちびまる子ちゃん」の歌を聴きながら、マンガを見ています。思えば、このマンガは番組が始まったときから見ているのですね。
 このマンガを見ていると、まる子と友蔵は久能山に行くようです。今の私ではこの友蔵のようにはこの山は登れないでしょうね。

2014/03/24 01:48こうして朝起きてしまいました。一昨日私の姪みーねえの長男の大学進学と次男の高校進学の結果をおはぎに聴きまして、今日私から「おめでとう」を言います。ケータイメールを出すのですね。あ、でもアドレスは知らないのだ。あとで聴きましょう。教えてくれるかなあ。
 こうして姪の子どもたちの受験結果を知るなんて嬉しいことです。私も4人の孫の受験結果をすべて知ることができるのかなあ。私もブルータスのじゅにの高校卒業の頃はけっこうな歳のじいじになっています。
 この最初の画像は、伊豆の河津桜です。3月16日の18時54、5分にNHKテレビで見たものでした。
2014/03/24 02:09こうしてテレビを見ることができて(今現在はできませんが)、とっても嬉しいです。14031701
 最後の画像は17日の朝10時代の吉田医院の玄関で撮りましたものです。


 こうして画像の解説をするのも嬉しいことです。

14020201
 また「ちびまる子ちゃん」を見ています。ひろあきは私には生意気だけど可愛いです。私はポポと比べてしまいます。

2014/02/02 14:02こうしていくつものことをやりました。
2014/02/02 17:18今このポメラでいくつものことを書いて行きます。
 こうして書いて行きますと、やっぱりいくつものものがこのパソコン上でも現れてきます。
 ああ、そうだ。テレビの広告で、「あれっ、これは違うんじゃないかなあ?」と思ったことがありました。「故郷(ふるさと)」の歌で小泉京子が出てくるCMです。このことを書きましょう。
 この歌は、以下の通りです。あ、また別に書きましょう。
2014/02/02 17:42「笑点」を見始めました。あ、「笑点」という単語は、今もう登録してあると出てきました。
 もうしょうがないなあ。
2014/02/02 17:57笑点も面白いな。
2014/02/02 18:09「ちびまる子ちゃん」でまる子もひろあきも可愛いな。14020202
 この話の最後がいいなあ。


「サザエさん」を見るよりこれを書きます。

14011611
14012303
 以下26日と27日分をUPします。

2014/01/26 11:09今またリビングへ来ています。
2014/01/26 11:29いろんなことをやっているものですね。数限りなくいっぱいのことをやっています。こうして今のときにいくつものことを思います。やっぱりとにかくやることを決めてやっていくべきです。
2014/01/26 17:05そうだ。また会いたくても会えない孫たちにケータイメールをしましょう。もちろんおはぎの3人にはおはぎにケータイメールして、ブルータスのじゅににはブルータスにケータイメールをしましょう。
2014/01/26 18:16今「ちびまる子ちゃん」を見ています。はまじもぶーたろうも面白いな。山田が来てもっと面白いね。
 思い出せば、この「ちびまる子ちゃん」は大昔から見ているのですね。昔をいくつも思い出します。

2014/01/27 05:21思い出せば私の義父が亡くなったときに、D−FAXというのを使ったなあ。このソフトはまだあるのかなあ。いえ義父の入っていた医院から実に細かく手書されたFAXが入って、「もうこれはメールでは無理だなあ」と思ったものです。
2014/01/27 05:44もうこのポメラはリビングで書いています。どうしてもパソコンの前では書けないのです。14012304

2014/01/27 06:07あ、FAXを使わなくても相手のアドレスが分かりました。それに送付すれば、済むのですね。
2014/01/27 06:20なんだ、こんな簡単なことでした。私も自分の名刺にはFAX番号なんか書いていなものな(電話は二つ書いています。もちろん双方ともにFAXでも受けられます。でも十数年一度もないですね)。
 FAXを私の電話についているFAX機能を使おうとすると、一旦プリントしないとならないのです。相手のFAXに送付しようとすると、実に面倒なのです。
2014/01/27 10:01これでこうしてやりましょう。14012407

 昔はFAX番号を名刺に書いているものでしたが、今もやっている人いるのかな。


いえアドレスがなくてFAX番号を書いている人なんているのかなあ。

13060203 どうやらこの「周のポメラ」用のファイル管理も出来たようです。時間がかかりましたからね。

2013/06/02 09:56今はおはぎの家にいます。30分くらい前に来ました。ばあばは8時25分に着いたそうです。
 少し前に、ポポはばあばとセブンイレブンへ行きました。ポニョは外へ出て遊び出しました。
2013/06/02 17:48今は笑点を見ています。思わず笑うことがありますね。
 久扇がおかしいな。これは皆おかしい、面白いです。
2013/06/02 18:25「ちびまる子ちゃん」を見ていました。これは私は昔から見ていますが、面白いですね。

2013/06/03 03:28今このファイル管理を必死にやっています。よく分からないです。でも時間がかかりましたが、できましたようです。

 思えばこの「周のポメラ」も長年やっているのですね。羞かし13060204いものです。あ、そうだ笑点のメンバーをみな書いておこうかなあ。

 桂歌丸 三遊亭好楽 林家久扇 春風亭昇太 三遊亭円楽 林家たい平 山田隆夫

 もうこの「笑点」を見て随分の年月が経っているのですね。

1305260513052606  植木医院のことが語られます。医院を開設した最初は誰も医院には来なかったようです。だから植木と一緒に来た渡辺は東京へ帰ります。

 植木は清水にとどまった。次郎長に懇願されて波止場の敷地に小家を建て、「植木医院」と書かれた、つつましい看板をかかげた。

 だが以下のようになるのです。

 植木がヒマをもてあましていたのは最初のうちだけ。患者は日を追うごとにふえてゆく。
 これには理由があった。

13052503 そうなんだ。そして次回つまり明日その理由(わけ)が語られるのでしょう。
 私は清水という土地は少しも知りません。「さくらももこ『ちびまる子ちゃん』」の住む土地だなあ、と感じるところです(私はこの漫画の大ファンです。漫画自身も、テレビ放送も、作者さくらももこも)。
 でもその清水で植木が医院を運営し、来訪する患者が増えていったのは何なのでしょうか。それを強烈に知りたいです。

13030304 この日はいっぱいのことを考えています。おはぎの三匹の孫のことです。

2013/03/03 06:34テレビで今、「はやく起きた朝は」を見ていますが、いいです。面白いです。
 この三人の女性はいいなあ。
2013/03/03 17:41今テレビの前に来ました。「笑点」を見るためです。いえ、パソコンで書いていることがあり(手紙を書いていました)、こちらを忘れていまして、あわてたものです。
 やっぱりこれはいいですね。私なんかの年代には合っているのかなあ。
 今日はひな祭りの日ですね。やはりいつも笑点は面白いです。笑えます。これをポコ汰やポニョが分かるようになるのはいつかなあ。ポポやじゅにはまだでしょうね。
 もう「ちびまる子ちゃん」は、藤木には笑いました。

 私じいじも三匹のゲームのことは真剣に考えなくちゃあいけないなあ。

13022505 私が常時着ていますベストに入れているものを紹介しています。思えば、私はこのためにベストを身に着けているのですね。キンドルも身に着けているのです。

2013/02/24 06:14私の今着ていますベストにいくつかのものを入れています。それを私のブログで紹介しています。最初は両脇のベルトにつけているデューロカーゴDCー15の中に入れているものです。でもまだ書くのを忘れたものがあります。それにもうすぐ送付されてくるもので、また入れ替えるものもあります。
2013/02/24 06:31「はやく起きた朝は」を見ています。今松井直美さんがステーキを焼いています。
2010/02/14 14:23「ちびまる子ちゃん」を見ています。もうこの小犬の話に私は涙が出てしまいます。いいお話です。
 次の話もいいです。

 テレビを見ていて、すぐに涙ぐむ馬鹿な私です。

13011113 もうこうしてポメラを開くのもなかなかやっていられないのですね。

2013/01/13 12:23「ウチくる!?」を見ています。
2013/01/13 12:35どうしてもテレビを見て、また新聞を開いています。
2013/01/13 17:55今は「笑点」を見ています。いつもどうしても笑っていますね。
 今度は「ちびまる子ちゃん」のテーマ曲を聞きました。この歌を聞くのは実にひさしぶりです。まる子は今もひどい眠り人間なのですね。それに怠け者です。グータラでどうしようもない子どもです。こんな子の物語とつきあってもう何年になるのでしょうか。 
2013/01/13 18:36「サザエさん」ももう何年見続けているのでしょうか。

 こうして「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」を完全に見ているのもひさしぶりだなあ。

13010512  今フジテレビで『ちびまる子ちゃん』を見ています。
  私はこれは番組が始まった時から見ています。そのときから、私の一家は全員が一緒に見て来ていました。
 いや私の一家だけではなく、私の友人の何人もが見てくれていました。もうその時から何年が経ったのでしょうか。
  でもでも寒いですね。

aa572b00.jpg「ちびまる子ちゃん」を見ています。
  もうこの話は昔雑誌で見ていた思いがあります。 懐かしいな。
  この「ちびまる子ちゃん」はテレビ番組の最初の第一話の時から見ています。
「りぼん」の雑誌でも見ていたし、単行本も見ていたものでした。
  今あの単行本がどこにあるのか、なんて話をおはぎとしていました。

12081306 なんとなく、こうしてポメラで書いているのも、自分に「もっとしっかりしなくちゃ」と言い聞かせるばかりです。

2012/08/12 12:04もう12時を過ぎました。
2012/08/12 12:34今TBSで奈美悦子さんを見ています。会話を聞いていて、実にいいですね。
2012/08/12 17:08今テレビを見ています。北ケーブルテレビです。もうテレビの前で冷房でどうやら過ごせます。
 明日私の父母の墓参りに行きます。我孫子湖北の正泉寺です。この正泉寺の正門で12時の待ち合わせです。明日ミツ君の車で全員で7名で揃って行きます。兄家族5人です。
 私の次女ブルータス家族3人(あとじゅにとナオキ君)と私の弟マサシ家族7人は参加できません。
2012/08/12 17:43今「笑点」を見ています。
2012/08/12 18:12「ちびまる子ちゃん」を見ています。やっぱりこの作品はいいですね。
12081307 私はこのさくらももこの作品(マンガではなく)で、よしもとばななが家に来るところがいつも何度でも思いだし、笑っています。いや私は笑うだけでなく、涙も流してしまうのですね。
2012/08/12 18:46「サザエさん」を見ていて、でも番組を変えました。「サザエさん」はどう見ても中身が古すぎます。

「サザエさん」は、見てしまいますが、でもチャンネルを変えちゃったのです。

12071406 テレビの前へ行くと、このポメラを開きます。

2012/07/15 12:49今テレビで「ウチくる!?」を見ています。
2012/07/15 17:44「笑点」を見始めました。おはぎの家に行こうと思っていましたが、妻が赤羽に買物に行っているのでここにいることにしました。
 いつもおはぎの家だと「ちびまる子ちゃん」を見ているのですが、やっぱり私の家でもそうします。
 思い出せば、この番組が始まったときのことを懐かしくなります。あれは二人の娘が小学生になっていたかなあ。
2012/07/15 19:09もうかなり暑いことを感じます。

 この日はおはぎの家には行きませんでした。

c031116b.jpg  上中里のおはぎの家に来ています。

  もう今「ちびまる子ちゃん」を見ています。ここの三匹のためにこの番組を見ているのに、見てくれません。でもポコ汰は見ていますね。

  ポニョとポポが喧嘩して私は困っています。

   私はこのちびまる子のお父さんが私は大好きです。

12032501 私の以下に書いているノルマを果たすように、毎日必死に歩くようにしています。

2012/03/25 15:36もうこんな時間です。
 私はとにかく一日一万歩以上歩くことにしています。でも23日も24日も共に2、3千歩だったので、大いに反省しています。とにかく一万歩が私の毎日のノルマなのです。12時頃サミットストアへ行ったのですが、まだ6千歩とちょっとです。反省してとにかく歩くことです。
 それから本を読むことではなく、ひたすら字を書くことです。このことを私はものすごく考えています。『「書き言葉」と「読み言葉」』ということを私は追求します。
 私はできるだけ、このポメラでもいくつも単語登録するようにしています。「かっこ」では「」『』を、「か」では「、『を、「こ」では、」、』が出てくるように登録しています。IS01ではもっと数多く登録してあります。
 こうして登録してあることは実に嬉しいことです。
 今見てみたら、IS01では「かっこ」では()もありました。ここでも単語登録しましょう。
2012/03/25 16:03とにかく単語登録するのは実にいいことです。
2012/03/25 17:27上に書いたことを単語登録して、ブログにUPしようと思ったのですが、まだやっていません。大阪場所の優勝決定戦を見ています。やっぱり相撲もいいものですね。白鵬もいい横綱ですね。
「笑点」を見ています。
「ちびまる子ちゃん」を見ています。いつも「まる子はしょうがないなあ」と思っています。そして私はこれをマンガでも読んだと思いますね。
 まるちゃんは実に面白いです。
「ちびまる子ちゃん」のテレビ放送は、私はいつもあちこちでいい続けていたので、私の埼大の友人(私の学生運動時代の仲間)は、みなこのテレビ放送を楽しみに見ていてくれたものです。懐かしい思い出です。

 私は自分の「毎日一万歩」を果たすようにしないとなりません。

960777e3.jpg  今TBSテレビで「ウチ来る!」を見て私は涙を流しています。もうこういう私になったのですね。
  どうしてもテレビを見すぎですね。

  今は午後17時30分になります。もう30分の間に妻が帰って来るでしょう。じゅにがどうだったか聞きたい思いです。
  じゅにとブルータスは懸命に頑張っています。それをばあばも感じくれた方です。それをちゃんと聞きたいのです。
  じゅにがきっといい子で頑張っていることをばあばはしっかり感じてくれたはずです。

  日本テレビで「笑点」を見ています。この笑点はいつから見ているのかなあ。

  私のIS01ブログも、またこうしてテレビの「ちびまる子ちゃん」を見ながら打っています。

11102105 さまざまな分析の仕方ができるでしょうが、子どものころ感じたり、やったりしたことの記憶の再現が、とびぬけて微細にみごとで、しかもたれもが忘れてしまっているのに、再現されるとあっとおもいあたるようなことが物語の内容になっているのです。そこが「ちびまる子ちゃん」という作品の特徴であり、たくさんの人に読まれている理由の第一だとおもわれます。
「今の社会とことば」1990.12.12講演於白梅学園短期大学 「大情況論」1992.3弓立社に収録された

 この漫画を読んでいると、やはり自分の子どものときあったことがらを思い出してくる。誰もが「あ、こんなことあったな」と思い出すにちがいない。そしてよくこの作者はそれを鮮やかに再現できるものだと感心してしまう。

54642726.jpg  写真は、私はいつもかぶっている帽子ですが、この一つ前の写真より先に撮ったものです。

  もう上に書いたときから、時間が経っていますが、今は「ちびまる子ちゃん」を見ています。おそらく、私は一番昔から、この物語が好きでした。
 最初の漫画の単行本を発売されたときに、すぐ買ったものです。すぐに事情ができて、2冊買ったものでした。
  思い出せば、私の神田会や浦和会の友人たちも、テレビでこれが開始されたとき、見てくれていたものです。

  またこの話(ひでじいが戦争に行った話)をこうしてみられていいですね。もう今の私も涙ばかりになってしまうものです。
 憎むべき敵兵の米軍も偶然地雷に触れてしまい、亡くなってしまうときに、「メアリー!」と自分の奥さんの写真を見るのです。これでも私は泣いてしまうものでした。

 この話も前にも見て、またそのときも泣いていたものでした。

 でもこのテレビの内容と、私が最初に見た漫画の話は少しだけ違っているかもしれません。藤木の話はなかったように思います。

11052411 私はこのマンガを雑誌りぼんに掲載されていたときから大好きでした。最初の単行本になったときに手に入れて、でもそれを私の友人の横浜のレストランで友人たちと会ったときに、友人の女の子の子どもたちにあげてしまいました。でもこれは実に好評で、そのあと神田の本屋街を探してもなくて、娘二人にものすごく怒られたものでした。でも最後には必死になって本屋を捜し歩き手に入れたものでした。
 この父ヒロシはもうテレビマンガでもグータラな父親ですが、でも若いときにはとても信じられないほど気配りのある素敵な男性でした。彼が結婚するすみれさんも若いときには、とっても美人でこれには驚いてしまいます。
 マンガには、この二人が知り合い結婚にまで至るところも書いてあるのです。
 二人は離婚寸前にまで行ってしまうこともあるのですが、それはまる子とお姉ちゃんの心配する動きで食い止められたものでした。でもそのわけは実はくだらないことだったのです。

11040303 この日は妻と義母の次の医院を見に行きました。二つの候補の一つを見に行ったのです。もう一つは、昨日妻が見ていました。少し大変な苦労して(とても歩きました)探しました。

2011/04/03 06:31もう随分前に目が覚めました。
2011/04/03 08:35昨日の新聞にあった内館牧子さんの書いてあることを私が薦め、今妻が読みました。
 思うこと、うなづくことがいくつもあります。
 今NHKテレビを見ています。「トイレの神様」という歌を唄っている歌手の方が話されています。この番組はときどき見ていますが、いい番組だと思いますね。
2011/04/03 18:25今「ちびまる子ちゃん」を見て、つい涙を浮かべてしまいました。ヒロシのつりについてきて(まる子はヒロシを脅してついてきた)、ヒロシがなぜか釣れた鯛をそこで知り合った男の子のお父さんへあげるのです。この日はその男の子の妹の「お食い初め」の日(生後100日)なのですね。嬉しいいいお話です。私はまた涙がでました。
 おはぎとブルータスのときはどうだったかなあ。ポコ汰とポニョとポポはどうだったかな。じゅにもどうかなあ。

 義母の次に入るところを見て、そのあと長女の家へ行きました。もう孫が大変に可愛かったです。

 きょう発売のりぼん2月新春特大号に載っている「ちびまる子ちゃん」が最高に面白いです。

 その77・「まる子 毛糸のパンツをいやがる」の巻

という題名になっています。

 まる子「毛糸のパンツなんてもうはかないよ だれもはいていな
    いもん」
 おかあさん「べつにいいでしょ ほかの人がはいていようがはい
      てなかろうが あったかいんだから あんたは小さい
      んだから よけいなこと気にすんじゃないの」
 まる子「いやだよ たまちゃんやお姉ちゃんもはいていないんだっ
    て言っているもん わたしだけはいているなんて みんな
    にバレたら大恥だよ」
 ヒロシ「なんだよオレなんか町内の旅行でモモヒキはいているの
    みんなにバレたけど ぜんぜんはずかしくなかったぜ」
 まる子「モモヒキならまだいいよ 毛糸のパンツだよ パンツが
    毛糸でできているんだよ よく考えたらヘンだよアレ」
 ヒロシ「ぜいたくな話じゃねェか」

11033015 まる子は幼稚園にいるときから、こんな感じである。でもこんな思いではだれにでもあるのじゃないだろうか。本当をいえば、ヒロシだってあったはずなのだ。大人になるということは、恥をだんだん忘れていくことでもある。「さるのこしかけ」によれば、このまる子が大きくなったさくらももこは、夫のガラパンを毎日はいていてもうそれを恥と感じてはいない。この巻は、よく誰もがもっている子どものときの感性を描いていると思う。 これはまる子だけが特異なのではない。あの恥なんかなにも感じないようなはまじが、花輪君の家に招かれて、靴下に穴が空いていて、それが恥ずかしくて椅子に座りっぱなしのシーンがある。はまじですらそうなのだから、子どもはだれもこんな思いに深く悩んでいることがあるのだ。だけどヒロシはもう忘れてしまっている。ほとんどの大人はそうなのだろう。さくらももこの感性が優れているのは、こうしたことを鮮明に思い出させてくれることにある。
 今後もさまざまに「ちびまる子ちゃん」をもっと眺めてみたいと思います。 それから1月14日「ちびまる子ちゃん」第10卷の発売です。映画もありますね。(1992.12.29)

11032508書  名 さくら日和
著  者 さくらももこ
発行所 集英社
1997年7月20日第1刷発行

 さくらももこの作品は、漫画もエッセイもすべて読んできました。新刊が出て、私が手に入れていないと、娘から注文が入ります。
 このエッセイでは、さくらももこの離婚のこと少し語られます。私たち家族にとっては、ご夫婦含めて親しい感じがしていたものですから、「どうしたのかな?」と気になっていました。でも、ほんの少し判ったような気がします。
 今回のエッセイでも、やはり父ヒロシが面白いのです。私の長女は店頭で立ち読みしていて、声をあげて笑ったようです。
 吉本ばばな(彼女はももこと親友のようです)がヒロシに会ってしまうところが圧巻です。なんと父ヒロシは吉本ばななを知らないのです。

  いつまで経っても父ヒロシが来ないので、もう一度呼びに行く
  と、モタモタとトイレから出てきて「よう」と呑気に私に声をか
  けてきたので私は「”よう”じゃないよアンタ、今、吉本さんが
  来ているんだから、ちょっとあいさつに来てって言ってるじゃん」
  と言うと父ヒロシは「お、吉本さんってアレか、果物の」という
  ので「そうだよ、ばななだよ」と、ヒロシにしては果物というと
  ころまでよく覚えていたと一瞬感心したが、考えてみれば今朝ま
  で「ばななさんが来る」という話題でもちきりだったのだから、
  正式に果物名まで覚えていないヒロシはやはりどうかしている。
  私がヒロシを連れて来たとたん、ひと目見るなり吉本さんは本
  人の前で大爆笑だったのである。        (「ヒロシの調子」)

 やはりこんなヒロシが私は一番好きです。「ちびまる子ちゃん」の父ヒロシとまったく同じではないですか。
 私は世界がどんなことになろうと、こうした姿でいるヒロシをいつも想像していたいものです。
 このヒロシの姿が、実はさくらももこの姿でもあるように私には思えます。
 なんだか電車の中ですぐに読み終わってしまったものです。(1999.09.20)

2017010920
2017010919

10123114書  名 ちびまる子ちゃん
著  者 さくらももこ
発行所 集英社

「りぼん」に連載されていた漫画でした。もう連載は終わっています。我が家では、「りぼん」に連載のころから皆で注目しだし、単行本になったときにも早速購入しました。テレビ放映になったときにも、全員で懸命に見ていました。
我が家の年賀状に次女が小学2年生のときに「ちびまるこちゃんのようなマンガをかきたい」というコメントを書いて、いろいろな私の友人家族から、「ちびまる子ちゃんって、何?」なんて質問されたものでした。それで私の友人たちもテレビ放映されるときには、注目して見ていたようです。
この漫画の中についてはいくつも書きたいことがあります。ここではとくに父ヒロシとおじいちゃんの友蔵のことを書いてみます。

この漫画のなかで、私の好きな人物を順にあげると、

父ヒロシ
おじいちゃん友蔵
母すみれさん
ハマジ

ということになるでしょう。ちびまる子そのものはあんまり好きになれません。

まず、ちびまる子の父「ヒロシ」ですが、このおとうさんは何なのだろう。まずなにを商売にしているのだろう。誰もからよくきかれます。「答えは八百屋です」ということにしていますが、これでいいのでしょうか。この答えは作者自身が言っているのだけど、あの漫画をみているとどうもそう思えません。
作者は野菜とか、店風景かくの面倒だからといっているのですが、実はいまどうしょうかと考えているのではないかな。「あんたねえ、このワタシがそんなこと悩んでるわけないじゃん」という、さくらももこの声がきこえる気がしますが、やっぱり私には、あのヒロシはサラリーマンなのではないかな、なんて思えてしまいます。テレビの「ちびまる子ちゃん」では、やってきたヒロシの年下の同僚と屋台で飲むシーンがありました。あの同僚の愚痴とかヒロシのなぐさめかた考えると、やっぱり「地道な八百屋」とは思えません。「地道なサラリーマン」なのではないかのかな。
ところでこのヒロシ、昭和ひとけた生まれです。私は、よくこの世代と東京でも、私の住んでいるあたりでもそうなのですが、ディスカウントショップで遭遇したものでした。よくいろんなもの買い込んでいますね。やっぱり青春がなんにもない時代だったからなのでしょうか。
おもえばこの昭和ひとけたとは、いろいろなところでぶつかりあいました。むかし学生運動やっているころもよく飲み屋で喧嘩になりました。特攻隊にあこがれたひとたちがいちばんうるさかったものです。よく喧嘩して、何度も何度も言い合ううちに親しい友だちになったひとも何人もいます。言い合いして、「俺のうちへこい」といわれ、ついていくと、予科練のその時代の写真いっぱい見せられたことあります。この先輩は特攻隊でいっちゃったんだとか、俺はいまこうして生きているんだとかいろいろ話しましたね。でも私は私の主張をやめません。それがよかったんだろうけど。
ヒロシは、水洗トイレをうけつけない。ディスコをデスコという。

「ばかぬかせっ。水洗便所ほどケッタくそわるいもんはないぜ ありゃ  クソが水にまきこまれて苦しみながらながれていくじゃないか おまいはあんなもん毎回見たいのか。このヘンタイ」(「ちびまる子ちゃん」第1巻)

「デスコ? おまえデスコにいこうっていうのか」
父はディスコといえない。“さすが昭和ひとケタうまれ”とみょうに納得してしまった。(「ちびまる子ちゃん」第1巻)

  まる子は「おとうさん」といわない。「ウチのヒロシはね」なんて喋る。まる子とは友だちのようだ。

父ヒロシは、昭和九年に清水市で生まれ、それから何十年もその地で育ってきた。子供の頃から呑気者で、別に何のとりえもなく、他人から憎まれもせず誉めるられもせず、また他人を特に憎みもせず、ただただ酒と魚を食べて生きている男である。(「たいのおかしら」)

このエッセイのこの書きだしを読んだだけで、私は「いいな、いいな」と思ってしまうのです。私もできたら、こんなふうに描かれるような存在になりたいなと思います。

相変わらずヒロシは大笑いもせず怒りもせず、気ままに生きている。『ちびまる子ちゃん』に描かれるようになってから、他人にまで「あ、父ヒロシだ」などと呼び捨てにされる事もあるらしいが、それでも平気で生きている。
母の話によれば、ヒロシは最近太ってきた様子である。腹が出てきて仕方ない、と母は力なく語っていた。腹が出ようが出まいが、ヒロシにとってはそんなことはどうでもいいのである。彼にとって一番の問題は、近所のおいしい魚屋が定休日 のときはどこで買うのがベストであるか、という事ぐらいなものなのだ。(「たいのおかしら」)

この父ヒロシは、このエッセイに書かれたことも一生知らないで過ごすかもしれないようです。私はそんなヒロシこそ、いい存在だなと思ってしまいます。誰だってきょうのことくらいしか考えずに生きられるなんていいことなのですよ。
たぶん戦中、戦後大変苦労していまの「さくら家」をつくりあげたのでしょう。まる子がなんといおうと、いつまでも毎日酒飲んでいってほしいものです。

おじいちゃん友蔵も大変愉快な人物です。さくらももこの本当のおじいさん友蔵は、作者にいわせれば、「祖父は全くろくでもないジジィであった」(「もものかんずめ」)ということですが、この「ちびまる子ちゃん」の友蔵は、作者も大好きなおじいさんのようです。
まる子の夏休みの宿題を家族が手伝って、おじいちゃんが日記を担当すると、

8月15日天気晴
けふは終戦記念日なので、私は目をつむり、感無量になりました。思へばあの日、父母とラジヲの前で(「ちびまる子ちゃん」第1巻)

と書いてしまいます。そうすると年はいくつなのでしょうか。生まれは明治40年くらいかな。戦時中に米軍の焼夷弾攻撃の中みんなを指揮して町の被害を最小限に防いだと死後、町で最初の「名誉町民」にされます(もっとも「おじいさんはただ逃げまわっていただけ」とおばあさんがバラすが)。とすると日中戦争くらいは参加したのかな、年金生活者だから軍人恩給をもらっているのかな、なんて思ってしまうのです。
いつもいつもまる子にだまされています。それでもまる子にかまわれるのがたのしいようです。この友蔵もまる子の友だちのようですね。

「サザエさん」とくらべると、さくら家は友だち家族なのですね。
子どもたち小さいときに、よく友だちがあっまったときなんか、この「サザエさん」と「さくら家」の家の間取りはどうなっているのだろうなんて話すことがありました。間取りだけでなく、いろんなところ、この二つの家族は対照的ですね。「サザエさん」の家族は、かろうじて家父長制を保っている気がします。「さくら家」だと、みんな友だちなんですね。わが家もみんなそんな感じです。(1992.06.25)

続きを読む

10100806 Spider job  蜘蛛業 に書いております 歴史さとう が2010年9月23日〜10月11日までのUPしました13回目の10回分が以下の通りです。この「愛した女」ということでは、9回目の10回分です。

2010/10/11(月)
ちびまる子ちゃんの父ヒロシの愛した女、すみれさん
2010/10/09(土)
森鴎外の愛した女、エリス
2010/10/07(木)
劉備の愛した女、甘夫人と糜夫人
2010/10/05(火)
太宰治の心中した女、山崎富栄
2010/10/03(日)
徳冨蘆花の愛した女、愛子
2010/10/01(金)
乃木希典の愛した女、静子
2010/09/29(水)
島尾敏雄の愛した女、ミホ
2010/09/27(月)
チェーホフの愛した女、リジア・アヴィーロワ
2010/09/25(土)
ゲーテの愛した女、ミンナ・ヘルツリープ
2010/09/23(木)
シャーリアール王の愛した女、シェヘラザード

  これで90回に至りました。いや実はきょうの90回目は、「芥川龍之介を愛した4人の母」で考えていまして、でも私は3人目までは分かるのですが、4人目って誰だろうと考え込んでしまいました。私は何故そんなことを堂々と言っていたのでしょうか。
 実は、昔ある大学で日本の文学を学んでいたポーランド人の女性(彼女は芥川龍之介を日本に研究に来たというのです)が、「芥川の母親は3人だ」というのを私が、「これだから4人だろう!」と一人づつあげて納得させたことがあるのです。もうあのときの私の知識はどこへ行ったのでしょうか。嫌になりますね。

67051c48.jpg

 何となく、いつも娘に怒られているじいじです。でもみんなの同情を買おうと狙っているわけではありません。

2010/04/11 13:41午前中に長女の家に行きました。鍵をあけてドアをあけたら、「ドアを壊す気か」と長女に怒られました。いえ、もちろん私にはそんな気はないのですし、静かに開けているのですが、長女はとにかく私を怒るのです。可哀想なじいじです。
 でも帰ってくるときに、「あれ、なんでこんなに並んでいるんだろう?」と思ったものですが、王子駅前のパチンコ屋で待っている大勢の人なのですね。驚きです。もう昔のような「パチプロ風の人」はいないのですね。
2010/04/11 13:49もう1時を過ぎているのですね。これから食事です。
2010/04/11 17:54「笑点」を見ています。思えば、私の娘たちがこの番組を見始めたのはいつだったかな。小円遊さんが出ていた頃は娘たちは見ていたのかなあ?
 この番組のあとは昔は「ちびまる子ちゃん」を見ていたのでしたね。

 さて、でもけっこう大変な雨ですね。

048ae336.jpg

 第一に作品の特色としてあげなければならないのは、少女期あるいは少年期の再現性が実にみごとだということです。これがこの作者のたいへん貴重な才能であり、この才能がものをいっていることは確かです。風俗だけでこの作品が受けているわけではなく、やっぱり作品のよさは再現性にあります。(『全マンガ論』「第一部作品論 社会とことばの変容から───"ちびまる子ちゃんとはなにか?」)

 私はこの漫画を知って、最初の文庫本の一巻を買ってきたものです。この一巻を手に入れるのに大変に苦労して、さらに私のミスで娘たちに心配をかけたものでした。これは私は最初から実に好きな漫画でした。いつでもいくらでも話すことが湧き出てくる作品です。

続きを読む

↑このページのトップヘ