将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:のぼうの城

12112518 この『のぼうの城』である忍城の戦いのことは前から知っていました。羽柴秀吉が北条攻めをするときに、石田三成に簡単に落ちるであろう忍城をやらせたのですが、それが意外に頑強で、落とせませんでした。そして三成は秀吉を真似て(備中高松城攻めの真似)水攻めをしますが、そんなことのできる場所だったわけではなく、見事失敗し、みもっともない限りだったのこと。これはたしか子どもむけの本に書いてありました。私が小学5年のときに読んだ本でした。
それがこうして映画になって見られるとは、感激です。
なお、石田三成と大谷吉継の篤い友情には、この映画でも私は涙の溢れる思いでした。彼はハンセン病を患っており、それでも三成への友情は失くしませんでした。本来なら東軍につきたかったのに、西軍につき、小早川秀秋の裏切りも知りながら、三成への友情を大事にした彼を思いました。私はこの映画を見る前に、ばあばにこの大谷吉継のことを語りました。まだここに書かないことも話しましたよ。でもすべては話せないものなのです。

12112514題名  のぼうの城
封切 2012年10月5日
監督 犬童一心
      樋口真嗣
脚本 和田 竜
プロジューサー 久保田修
特撮監督 尾上克郎
美術監督 磯田典宏
録音 志満順一
音楽 上野耕路
撮影 清久素延
主題歌  エレファントカシマシ
配給会社 東宝
上映時間 144分
キャスト
成田長親       野村萬斎
甲斐姫        榮倉奈々
酒巻靱負        成宮寛貴
  正木丹波守利英  佐藤浩市
  柴田和泉守      山口智充
  石田三成        上地雄輔
  大谷吉継        山田孝之
  長束正家        平  岳大
  成田氏長        西村雅彦
  成田泰季        平泉成
  和尚            夏八木勲
  北条氏政        中原丈雄
  美珠            鈴木保奈
  たへえ          前田吟
  かぞう          中尾明慶
  ちよ            尾野真千子
  ちどり          芦田愛菜
  豊臣秀吉        市村正親12112515

この映画を見て、実に良かった。感激しました。もうキャストの誰もみんなが素晴らしかったです。野村萬斎は思ったとおり、実にいい楽しい演技でした。彼がこの忍城の戦いの北条方成田軍の総大将です。でも彼は「でくのぼう」を略して「のぼう様」と言われており、でもものすごく領民に親しまれています。それが数々のシーンで実によく分かります。
彼に何故か惚れてしまっている甲斐姫がいます。彼女は実際に馬を駆り、悪いことをした奴を実際に討ち取っています。彼女なら、「でくのぼう」なんか好きになるはずがないのですが、彼女はこの「のぼう様」がどうしてか好きになります。多分本当の「のぼう様」のことが分かっていたのでしょう。
でも私はこの榮倉奈々が少しも好きではありませんでした。NHKの朝の連続ドラマに出ていたときから好きでありませんでした。でもこの映画でとたんに好きになったものでした。
彼女甲斐姫は秀吉に差し出されます。大坂の役までは存在したことは確認されていますが、その後は分かりません。
12112519 柴田和泉守(山口智充)も実にいい役者です。見る誰もが「山口智充って、こんないい役者だっけ」と思ったはずです。
平岳大演ずる長束正家は少しもよくなかった。いやこれは平岳大さんがいけないのではありません。歴史上長束正家は少しもよくないのです。彼は関が原で西軍につきながら少しもうまく戦えず、そして戦後は切腹になっています。
しかしこの忍城は初戦は大勝利し、三成の水攻めも堰を切られて失敗で、成田軍の勝利でしたが、その間に小田原城が落城し(そもそも私は北条氏政・氏直親子が少しも好きになれません)、この勝利も無駄になるのです。

主役の野村萬斎は実に良かったです。これだけの俳優が日本にいるということに、ものすごく嬉しくなります。よく私は教育テレビで、彼の狂言を見るのですが、その延長にあるのだろうこの作品の演技を見て、ただただ感激していました。
いや、他のキャストさんもみないいです。私はただただ見ていて嬉しかったです。12112520

続きを読む

12112507 昨日は「王子シネマ」に「のぼうの城」を見に行きました。

2012/11/25 12:53今もうすぐ昼食です。「ウチくる?!」を見ています。福田彩乃さんが出ています。この娘はいいですね。私はファンと言っていいです。

 昨日見た映画のことも、このブログで映画評を書きます。

↑このページのトップヘ