11090413 私の孫のじゅにに、おはぎが絵本をプレゼントするというので、私が取りに行きました。私はそれを口実に、孫三人にも会いたいのです。
 この絵本は私の家でも買っていました。でもその本は、どうしてのでしょうか。おはぎや妹のブルータスも読んでいたものでした。家にあるはずだといっても現実にはないのですからね。ブルータスの部屋に置いてあったのです。

書 名 はじめてのおつかい
作   筒井頼子
絵   林 明子
発 行 福音館書店
定 価 800円+税
発行日 1977年4月1発行
読了日 2011年9月4日

 もう昔とまったく変わらない絵本に嬉しくなります。
 みいちゃんが5歳になって、初めてお母さんから買物を頼まれます。みいちゃんには、小さい妹がいるのです(もう一冊「あさえと小さい妹」という絵本もあります。もう思い出すと、私はこちらの絵本も涙が溢れてしまうのです)。
 でも思うのですが、私の孫たちは、こんな物語に出てくるお店が想像できるのかな。これがコンビニストアになるのかなあ。
 この絵本ももう古典といえるのかなあ。

 私が今日じゅにに届ける絵本は、かがくいひろしさんのだるまさんシリーズ3巻です。2009年9月28日に、彼が54歳で亡くなったときに、驚いたものです。彼は私よりも6歳年下の方だったのです。
 いつかじゅににもそんなことを説明してあげよう。