将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:ばあば

12062207  今はおはぎの家にいます。ばあばが8時代に着いて、じいじは11時50分頃つきました。
 ポコ汰とポニョは、パパと越谷じいじばあばの家へ行っているのです。
  ポポが眠るかなあ、と思っていましたが、もう眠らないでいっぱいのことをやっています。 今やっとポポがママとお昼寝にいきました。
 私今は「平清盛」をまた見ています。今週の日曜日に見ていましたものでした。

12041210 また私はおはぎの家で、ポポを見ています。でもどうしてもばあばばかりがちゃんとやっています。

2012/04/13 07:35今この「周のポメラ」(さきほどまで書いたもの)をブログにUPしました。
 そしてまたこうして書いて行きます。
2012/04/13 08:03「君子豹変す」なんて、ここで使ってはいけないのです。しかしなんかひどいな。いやひどいのはこの原作者です。これは「君子豹変す」は『易経』の言葉です。こうして変わっていけるのが君子なのです。あ、このドラマでの彼に使い方はいいんだなあ。
 やはりこの「梅ちゃん先生」はいいです。また私は涙になりました。

2012/04/13 10:28今はおはぎの家にいます。すぐ隣の小さなベッド(実はお椅子です)の上でポポは眠っています。私はちょうど10時頃ここに着きました。
 ばあばは少し前に買物に東武王子店へ行きました。あ、眠くなりました。私は自宅でパソコンの前にいないとすぐに眠くなってしまいます。
 どうしてもテレビの画面を見てしまいます。しょうがないものですね。思えば私はいつもテレビを見ていないのですが、ここではこうして見てしまうのかなあ。
 北朝鮮のミサイルは失敗したようですね。私はこのミサイルは沖縄石垣島でも、フィリピンそばでもどちらにも落ちてほしくなかったです。一番はあの北朝鮮の発射の現場で壊れることを願っていました。でもこうして現実には、私の思いのままに行ってくれて良かったです。これで、またイランやアフリカ諸国がこのミサイルを購入して武器として使われてくれることは嫌でたまりません。
 この北朝鮮のミサイルのことはとても良かったです。私は嬉しいです。
2012/04/13 14:54もうこれで書いて行きますと、いくつものことが分からなくなります。どうしても分からないことがあるのですね。パソコンでインターネットにつないでいるわけじゃないので、少し面倒です。早くやるべきことをやらないとならないですね。
2012/04/13 15:37どうしてもこうして書いていても、テレビを見ていると駄目ですね。こうして娘の自宅に来ても少しも役にたっていない私です。
 私はどうしてもパソコンを見て思います。
 今私は朝日テレビの内田康夫の「福原警部」を見ています。私はこの作家の日経新聞夕刊に書いた「地の日天の海」を見て思いました。これは信長、秀吉、家康を書いたこの作家初めての時代小説でした。しかし、この作品は信長ち秀吉で中途半端に終わっているのです。光秀のこと、天海のことは少しは書いていますが。
 だが家康のことを書く前にもう止めてしまっているのです。このことを我孫子の家から北柏駅にまで歩くときに、6号線の対岸の景色(つまらない風景ですが)を見ながら、この作家の作品と、この時代を描いたほかの作家の小説をいくつも思ったものです。10年くらい前かなあ。
 でも我孫子の家ではもう読んだ本はすべて処分しましたね。いや上の「地の日天の海」は新聞夕刊で読んだだけですが。
2012/04/13 16:13そういえば、「相棒」を今見ているのですが、右京は紅茶を飲んでいますね。これを見ると、島田荘司の御手洗潔を思い出します。この島田荘司の作った探偵御手洗潔(みたらいきよし)も相棒の石岡和己も紅茶を飲むのです。これはもともとシャーロックホームズもワトソン君もいつも紅茶を飲むのです。島田荘司はシャーロックホームズが好きなのです。
 私はね、そもそもコナン・ドイルがそれほど好きじゃないのですよね。モーリス・ルブランのルパンのほうが趣味なのですね。でもでもどちらもよく読みましたよ。そうねえ、ホームズも好きになるべきかなあ。でも御手洗潔のいうホームズは実によく分かりますね。
2012/04/13 16:49今ポニョを迎えに行きました。ポニョとおはぎと保育園から帰ってきました。

 ポニョとおはぎが帰ってきてからが、ポポがものすごく大変でした。いえ、じいじには可愛くてたまらないのです。

12021804  私は今1階の長椅子(3人かけ)に座って妻を待っています。

 やっぱりけっこう寒いのですね。 今は上野です。10時29分です。じゅにに会えます。
  また京葉線に乗りましたら、ブルータスにメールします。 舞浜です。 昨日はおはぎの家に行きました。
  私が帰ったあと、ばあばは、おはぎ家族5人と柏へ行ったようです。三人の孫がものすごく可愛いのですね。
  もうばあばに、その三人の話を聞いて、ものすごく嬉しくて喜んでいます。

10101202 前日やその前の日がこの天気だったらよかったのになあ、と思っていました。

2010/10/11 07:56家の外を見ると、実にいい天気です。
 どうしても昨日のポポの泣いた顔を思い出してしまいます。
2010/10/11 18:07上に書いたことですが、ポポは泣いたと言っても別にそれほどのことはないのです。いつものことなのです。でもじいじは少し困っています。

 夕方長女の家に行こうとしたら、ばあばに止められました。仕方ないでしょうね。この日は諦めました。

10080810 マイクロSDの4GBがヨドバシカメラで、けっこうな値段でした。いえ、昨日折り込まれていたチラシと比べるとです。

2010/08/13 07:49きょうは私ではなく、ママ(私は妻のことを「ママ」と呼んでいます。「ばあば」とはいいません。自分のことは「じいじ」です)が孫のところへ行ってほしいな。
2010/08/13 09:32どうしてもきょうの新聞の折込チラシのことを書きたくなりまして、パソコンの前に持って行ったのですが、もう時間が義母のお迎えになりますので、こうしてリビングでポメラを開きました。
 なかなか細切れの時間ばかりなので、なかなか何事にも落ち着いてやっていられません。だからこうしてポメラの意味もあるのです。これはいつでもどこででも開いて打つことができます。そういう意味ではIS01も同じことを感じています。私の左手ですぐに出すことができるのです。今も出して、このポメラの前ですぐに見られます。このポメラはテーブルに置かないとなりませんが(電車の中では片手ですよ。あ、座ったときは両手ですが)、IS01は手の上で打っていられます。
 でもこのIS01のマイクロSDの4GBがほしいな。チラシで安いのがありました。買いに行かなくちゃな。
 それからイヤホンマイクもほしいのですね。いえ、テレビ放送も見られるのですが、音も聞きたいし、そもそも携帯電話も使いたいのです。
2010/08/13 11:25今電車の中です。
 あ、美術展に行きたいな。妻とも相談しよう。
 やっぱり、このポメラがノートパソコンよりは使いやすいな。どうしても仕方ないですね。

 このポメラはどうしても使い安いです。ノートパソコンの位置づけが変わるような気がするな。

a5bd7e9e.jpg 昨日孫のポニョを預かりました。きょうは私が行きまして、一緒にいます。ポニョは本当はばあばがいいのでしょうが、じいじでも我慢してね。一緒にいていくつもお話します。私には可愛いばかりですが、なんとかばあばにも負けないようにじいじのことも好きになってもらいます。
 夕方ポコ汰も来まして、このひ孫の二人がひいばあにもそばへ寄っていきます。ひいばあも笑顔になるしかないのです。
 蜘蛛業の「読書さとう」に「下村湖人『次郎物語』」のことを書きました。2巻、3巻を買ったときの古書店のおばちゃんの言葉も表情もよく覚えています。孫が読むようになるのはいつのことかなあ。
 写真は1月31日の木更津市民会館の前です。次女ブルータスのクラスの生徒による演劇があったのです。(2/05)

3d826204.jpg

 昨日の4日は、お熱の出たポニョを預かりました。ポニョはときどき「ニイニイ!」と言ってお兄ちゃんに会いたいようでした。

2010/02/04 07:31今テレビで天気予報をしていますが、たしかに今は寒いですね。今妻がポニョを迎えに行っています。ポニョがお熱が出たのです。この部屋で一日看ています。私が行きますよりも妻のほうが長女はたくさん話せるのではと思います。
2010/02/04 07:50昨日は私はブログに一つしかUPしていません。思えばたくさんのことがありましたね。でも一つしかとは情けないです。いや外を自転車で走ったり、義母を車いすで運んだりたくさんやることがありました。
「ウェルかめ」を見てから、「読書さとう」と「歴史さとう」を書きます。あ、きょうは「コラムさとう」も書こう。
2010/02/04 08:04ちょうど8時ちょうどくらいにポニョがばあばに連れられてきました。すぐにみかんを一個食べました。今はパンを食べています。
2010/02/04 08:11「ウェルかめ」を見ます。

 昨日長女が二人を連れて帰るときに私が送りました。ポコ汰は少し不満を言っていました。

続きを読む

26fbfe0d.jpg

 昨日もポニョはお熱で、朝7時代から家で預かりました。ばあば(私の妻)も会社を休んでくれました。

2009/09/02 11:29今薬局にいます。今朝はポニョを預かっています。ただしきょうはばあばも一緒にいられるのです。

 ポニョは前日は私と二人きりでいたのに、この日は私と二人でいるよりもばあばと二人でいるほうがいいようです。なんだか、私が嫉妬してしまいます。ばあばと一緒にサミットストアに出かけたりしていました。
 夕方おはぎママとポコ汰が来てくれました。そこで思ったのですが、ポニョはママも大好きだけど、お兄ちゃんのポコ汰も大好きなのですね。お兄ちゃんもポニョがものすごく可愛いのです。
 でもなんとなくじいじは、その場から外されるような思いで、少し寂しいものです。

続きを読む

c8fd1943.jpg

 6日夕方に妻が帰宅すると、長女の家に行くことになりました。そしてなんと泊まることになりました。私が他の人と一緒の部屋で眠るのは何年ぶりのことでしょうか。
 あ、思えば、一昨年の夏に旅行で泊まったことがあったな。

2009/08/06 19:07ポコ汰のお家です。
2009/08/06 21:073Fの部屋に来ました。ポコ汰はばあばとお風呂に入っています。「じいじとはお風呂には入らない」なんて言われてショックでした。
 もう、ここで独りで眠ろうかなあ。

 ポコ汰はばあばとはお風呂に入るのですが、でもじいじの私とは入らないのです。もう、ものすごく寂しいです。

続きを読む

fc3d7017.jpg 昨日ちょうど義母がデイサービスから帰ってくるときに(この日は妻が迎える番でした)、私の部屋には、外のポコ汰の元気な声が聞こえました。私がドアを開けると(妻が開けるのとほぼ同じでした)、元気なポコ汰とおはぎに抱かれたポニョと会えるわけです。長女おはぎは、ミツ君が用があって遅くなるので、二人の子どもを連れて、私のところに来てくれたのです。
 それでばあば(私の妻)が用意してくれていた家具で、ばあばの部屋から外のベランダに出ます。ベランダは少し広いので、ポコ汰には面白いのでしょう。ポニョはまだ自分で外には出られません。だって、まだ自分の足では歩けないですからね。
 少し広いベランダですから、ポコ汰は嬉しそうです。今は玄関から、ポコ汰の靴を持ってきましたが、今後はここにポコ汰用にサンダルでも置いておきます。
 ここで愉しく遊びます。水を霧吹きを使って、あちこちにかけています。自分にかけたり、私にかけて私が少し怒ります。
 でも面白いでしょうね。ここは7Fですから、そばの建物でもみな目下に見えるのです。でも自分の靴の片っ方に水をかけて、私が「そんなことしちゃだめ」といいます。「お靴が可哀想でしょう」。そばでポニョが興味深そうに見ています。
 それからやっとお家の中に入って食事になります。
 でも何かあると、ポコ汰はママに甘えています。そしてあまり私が干渉しすぎると、「じいじはいいの!」なんて言われてしまうのです。そう言われると、私はしょぼんとしてしまいます。どうしても、二人の孫はいつもママが大好きで、ばあばのことも大好きです。じいじは、どうも少しもおよびではないようで、ちょっぴり寂しくなっている私なのです。
続きを読む

2f49f22f.jpg ここの画像は、昨日私の孫のポコ汰が便箋の裏に線を書いたら、それに長女がこういう風にいたずら描きをさらに付け加えました。
 上の右側には、ポコ汰がいます。その下には、ばあばがいます。ばあばというのは、私の妻です。今度はじいじの私も描いてほしいな。

eefc2826.jpg 柏の国立がんセンターに行きましたが、朝9時40分頃着いて入ろうとしましたが、入れません。考えてみればきょうは祝日でした。違う入口から入りました。
 11時半頃、長女家族が来ました。ポコ汰は入院しているばあばにうまく言葉がかけられないようでした。でもすぐに次女ブルータスも到着して、もうブルータスおばちゃんの好きなポコ汰は笑顔になっています。
 そのあと12時すぐに食事に行きまして、もうポコ汰がばあばにもらったばななを食べてご機嫌になっています。
 またばあばと一緒にお喋りして、みんなでお茶を飲みに行きました。ポニョも起き出して、笑顔でいました。
 この日は私は、11,000歩を越えました。
続きを読む

fe1f9d67.jpg

 もうこの17日は大変に忙しかったものでした。義母を迎えるので、必死に九段下から帰ってきて、でも午後3時になって、妻が帰ってきてくれて、少し落ち着きまして、私はそのあと長女宅へ出かけました。

2009/03/17 16:37今長女宅に来ました。もう私のことを「パパは訳が分からない、トンチンカンだ」、「パパはバカでしょうがない、情けない」と言っています。
 ポコ汰は、パパと出かけました。

 ポコ汰のパパは昨日は早く帰ってきていたのです。
 それで、ポコ汰は写真のバームクーヘンを食べていました。ばあばからの差入れを私が持って行きました。

08063001 周の『独楽吟のススメ』の154破茶さんが、次のコメントをくれました。

1. Posted by 破茶    2008年06月29日 22:43
周さん こんばんは!お忙しい仕事が一段落して良かったですね。可愛いポコ太君と近くにいられて幸せですね。

 仕事は一段落といいましても、きょうそれで出かけて、きょういっぱいはけっこう大いそがしです。
 ポコ汰は、昨日も来てくれました。でも今は、長女おはぎのお腹には、赤ちゃんがいるでしょう。それで、なんだかポコ汰はそれを感じているらしいのです。ママがだっこしてくれないのを、「何でだろう?」なんて思っているんじゃないかな。
 だから、きょう来たらばあばにとっても抱きついているんですよ。それで、じいじの私ならいくらでも抱きついてもいいのに、いくら甘えてもいいのに、そうしないのです。
 それで、私のところでは、懸命にパソコンのマウスをいじって、さらに私とは洗面所で水遊びしたりして、もう愉しいはずですよ。いくら遊んでも、私も懸命に遊ぶようにしています。

続きを読む

0d1fdab9.jpg

 わが家のおかあさん2008.06.24 にも書いたのですが、ポコ汰は夜、洗面所で水遊びをして、私のところでパソコンでも遊んで、そのあと私と外に出ました。もうどんどんと外を歩いていきます。もう道路の真ん中にも出ていきますから、私がすぐそばを歩いていないとなりません。
 それで昨日の夜は、どんどん歩いて、大きな通りも越えて、柳田公園の方までいきます。私はもう何度も、「もう帰ろうよ」というのですが、どんどん先に歩いていきます。
 でも、もうあるところで、手をひろげてたので、私が抱き上げて帰ります。でも私には、ポコ汰は大変に重いので、途中で降りて歩いてもらいました。
 家に帰ると、パパやママはもう家に帰っているので、今度はばあば(私の妻)が、ポコ汰を抱いて家まで連れていきます。
 もう夜ですから、私はきっと疲れて、すぐにお風呂に入って眠るんだと想像していました。でも妻の話を聞くと、家に帰ってももう大変に走り回っていたようです。もう元気なんですね。
 それで私は判ったのです。私と歩いていて途中で帰ったのは、「じいじでは疲れるだろうから」と帰ってくれたのですね。
 このことはいつも感じています。私の妻と外へ出ても、話を聞くと、私のときよりは激しくは動き回ってはいないようです。多分、相手によって加減しているんですね。そうなると、パパと一緒のときには大変でしょうね。

 思い出すのですが、私の二人の娘が保育園に行っているときに、私が父母会に最初に行ったときのことです。保母さんとの会話のあと、自由時間に子どもたちと接しました。そのときに驚いたことがあるのです。父母は、お母さん方が多くて、父親は私一人くらいだったかと思います。もう男の子たち、とくに大きな4、5歳の男の子たちが男親である私に何人も寄ってくるのです。
 そしてそのうちに、この男の子たちは、私とふざけ合います。そしてそのうちにだんだん激しくなってきます。私は驚きました。男の子の中には、嬉しいのでしょうが、思いっ切り行動します。もう直角の角度で私に飛びっけりをしてくる子がいます。もうそんな男の子が5人くらいになったら、もう私は大変です。もうその場は愉しい雰囲気なのですが、攻撃を受ける私は実に大変なのです。
 間違いなく、あの男の子は、こうして男の親が来てくれるのが面白くてたまらないのです。普段は女の保母さんたちには、少しは遠慮しているのです。でも相手が男の大人だったら構わないと思っているのでしょう。そのときの、男の子たちの笑顔を今も忘れません。でも思えば、今は保父さんがいますが、大変だろうなあ。直角で飛びっけりしてきても、それをはずすわけにはいかないのです。相手によっては怪我してしまいますから、それをこちらは身体で受け止めないといけないわけです。でもこれが相手が4、5人だともう実に大変なんですよ。

 私は昨日の夜、ポコ汰と一緒に歩いていて、そのあと、そんな昔のことを思い出していました。ポコ汰は私がじいじだから、少し手加減しているのです。

続きを読む

1f821d8c.jpg 今朝は4時30分からおはぎ宅へ行っていました。ミツ君から緊急の電話があったからです。私の眠っている部屋はすぐそばに電話があります。すぐに妻も来てくれて、おはぎとミツ君が5時少し前に救急車で病院へ行きました。昨日と同じ救急隊員です。それで行く病院を考えてくれたみたいです。それででも二人は、今もその病院にいます。
 7時にミツ君のお母さんが来てくれまして、ずっとポコ汰を見てくれています。さきほど12時台にポコ汰と会ってきました。笑顔で迎えてくれました。
 かよばあばも来てくれるし、ママがいないわけですから、ポコ汰は、「これはなんだか大変なことだな」と感じているでしょうが、とにかく今は笑顔を見せてくれて、独りで遊んでいてくれます。
 まだ少し長女おはぎのことが心配ですが、彼女には、ミツ君がそばにいてくれます。かよばあばも来てくれて、ポコ汰は心強いはずです。
 また変化があったら、書きます。とにかく、家族が団結して助け合うことが大切なことです。
続きを読む

↑このページのトップヘ