12092417 このポメラをパソコン上でもよく付け加えます。そうして、いつも読み、書いているのです。

2012/09/25 07:56またリビングに「梅ちゃん先生」を見に来ました。
 ひろし君はどうしたのかなあ。ものすごく心配です。
120926082012/09/25 10:18「江分利満氏の優雅な生活」と「江分利満氏の華麗な生活」を私の後の本箱から持ってきました。なんだか読みたくなったのです。
 この二つの文庫本で、「優雅な生活」は

  昭和四十三年二月二十日発行
  昭和四十九年五月三十日十刷

となっています。
 私は「あれおかしいな」と思いました。私はこの作品を昭和42年の3月に横浜の白楽の古書店で買って読んでいるのです。・・・それで思い出しました。
 私はたしかにそこで買ったのでしたが、私は単行本で買っているのですね。そして「あまりによく読むから文庫本も買って置こう」と早稲田の古書店で買ったものでした。そして「華麗な生活」もまたその頃手に入れたものでした。その単行本は今はありません。
 中身を必死に読んで、また私は涙になっていました。私がNIFTYでメール交換したのは、この最初に活字で出てくる辺根さんだったように思えます。いや、電話番号を聞いて話したような気もしますね。いや小説の中の登場人物は違ったかもしれません。
 でも私はまたどうしてもこの小説の数々のところで涙になっていました。しょうがないですね。
 やっぱり、この作品は読んでいて、つらいばかりです。もちろん、笑うところも多いのですが、今は涙のほうが多いです。
2012/09/25 14:27そういえば、私の3年下の大学の後輩で、この山口瞳をまったく知らず、私は何度も作品をいくつかあげて話しましたが、驚いたものでした。吉本隆明や磯田光一のことなら私と話せるのに、この山口瞳をしらない12092418のです。そのとき彼はもう30歳くらいでした。その後私は彼とは一切付き合っていません。
 こういう手合いはときどきいますよ。もう今では、このインターネットすら何もやっていないでしょう。

 とにかく、これでまたUPします。