花咲爺 (新・講談社の絵本)
花咲爺 (新・講談社の絵本)
クチコミを見る

 読み終わった本を返しに行きまして、絵本を借りてきました。もうゆっくり選んでいる時間がないので、こうしてすぐに絵本を借りてしまいます。

書 名 花咲爺
画   鰭崎英朋
発行所 講談社
定 価 1,500円+税
発行日 2001年6月20日第1刷発行
読了日 2009年6月27日

 でも帰りのエレベーターの中で、この絵本を開いて、このしろがよくふかじいさんに殺されてしまうところでは、つい涙が出てしまいました。いっしょに乗っていた人は不思儀だったでしょうね。
 私が我孫子で会いましたしろという犬は、野良公でしたが、実に頭のいい犬でした。そして実に可愛くて可愛くて、私にはたくさんの思い出があります。そのしろをいくつも思い出していました。
 でもやっぱり、このよくふかじいさんがしろを殺すのはよくないです。
 このしろが殺されて、そこに松の樹が生えて、その樹で、臼を作り、またそれがよくふかじいさんが燃やしてしまい、その燃えてしまったあとの灰が枯木に花を咲かせてくれます。でもよくふかじいさんは同じことをしますが、その灰は、ただの灰だけでしかないのです。
09062704 でもこの絵本に載っているしろよりも、私の思い出の中にいるしろは、もうすっと綺麗な可愛い雄犬でした。ぶちの毛並みの彼女を連れてくる可愛い野良犬でした。

 今ちょっとした失敗を私の部屋でやってしまったのですが、しろのことばかり思い出していたからかなあ。しろが笑ってくれている様が私には見えます。あの笑顔が見える思いです。