将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:るるぶ

13090810雑誌名 るるぶ情報誌鎌倉’13〜’14
発行所 JTBパブリッシング
定 価 840円
発行日 2013年3月1日
読了日 2013年9月3日

 この雑誌は、「日経PC21」10月号と同時に購入していました。いや正確にいうと、先に買って、そのあと「日経PC21」のスマホの特集に気がついて買い足したのでした。
 でも私はこういう旅に関する情報誌を、たとえば、これは実際に鎌倉を訪れてそのときのためにこうして手にいれるのですが、このときはかなり足(脚と書くべきかな)が駄目になっていて、長距離長時間は無理だという思いでした(今は回復しました、理由も想像できます)。ただ読むだけでも鎌倉を思い出したいという思いでした。
 でも今は私の身体は回復しました。ぜひ実際に鎌倉を歩きたいです。

 この雑誌は以下の通りです。

ページ数: 160p
「花の寺社」「鎌倉グルメ」「愛されみやげ」など、人気のネタを徹底紹介!付録はみやげ&お守りコレクションとおさんぽ便利地図!

掲載エリア
鶴岡八幡宮/小町通り・若宮大路/北鎌倉(円覚寺・建長寺など)/金沢街道(報国寺・瑞泉寺など)/銭洗弁財天/源氏山公園/大町・材木座/長谷(長谷寺・高徳院など)/極楽寺/和田塚/由比ガ浜/稲村ガ崎/七里ガ浜/鎌倉山/江の島
特集
鎌倉はやわかりヽ倉ってこんなところ/鎌倉はやわかり何ができるの?/鎌倉はやわかりどうやって回る?/花の古都さんぽ_屬了社/花の古都さんぽ極上グルメ/花の古都さんぽ秀逸みやげ/P24などのエリア別「おさんぽコース」/P26などのエリア別「必見スポット」/P28などのエリア別「グルメ」/P32などのエリア別「カフェ」/P36などのエリア別「おみやげ」/鎌倉のホテル・旅館/特別付録,みやげ・お守りコレクション&花の寺社MAP/特別付録△さんぽMAP&お役立ちガイドBOOK

13090603 これでまた鎌倉を歩いてみます。
 ただ、鎌倉は気に入った飲み屋がないのですね。それがものすごく残念なのです。もう歳なのだから、もう大いに控えろよということなのかなあ。
 いや飲み屋も、もし知った顔のママやマスターが、ものすごく歳取って会うとしたら、それはものすごくショックです。
 もう自分も歳取っているのだから、覚悟すべきなのかなあ。

220703e6.jpg

 るるぶ.com−旅とおでかけ旬情報この記事がありました。実は先日鬼怒川温泉の湯西川温泉に行きまして、その帰りに、ここにある鬼怒川温泉駅の駅前の足湯の家族5人、足を入れてきました。

 鬼怒川温泉駅前の広場に新たにできた足湯。東屋風の造りで、円形にベンチの組まれた足湯の真ん中に手湯を配している。湯は少し熱めで、手足の先からじんわりと温まる。観光客や地元の人で賑わっている。

 実は、この私たち家族5人が、ここの足湯に足を入れていたときには、いくつものことがありました。私はもう不思儀なくらい、たくさんの光景を見ていました。そしてこの駅前でのたくさんのことを思い出していました。
 思えば、私がここの始めてきたのは1974年の7月30日の夕方6時30分のことでしょうか。そのときから、もう時間が実に長い間経過しました。(あのときは、私は温泉新聞の記者としての悲惨な仕事だったからなあ)。

 私がここの足湯に家族5人で足を入れていたのは、2006年8月16日のことです。とても気持よく、私は思ったものです。「これなら、王子駅前でも、我孫子駅前でも、この足湯を置いておけばいいんだ」。でも思えば、真剣に思いましたが、でも王子も我孫子も温泉はないのですね。でもそのときもそのことに気がついて、「じゃ沸かせばいいんだ」と思いましたが、その場で、「でも、それじゃ駄目だよな」なんて気がついていました。
 でもいい足湯で、そしていい温泉です。実は私は足湯に入りながら、いくつも写真を撮りました。いいものですね。たくさんの子どもたち、何人ものおかあさん方、若者たち、みな実にいい雰囲気の顔でした。愉しかったです。(あ、だからこのときの写真もUPします。ただし、もっとあとになるなあ。いえ、なに、私は写真は順番にUPしないと、もうわけが判らなくなるのよ。いえ、もう58歳のおじさんですからね)

 このるるぶの記事では、鬼怒川温泉の温泉ホテルのパブリシティ広報が続いています。みな私も訪れたことのあるところです。そして今はみな温泉ホテルとして大変なときでしょうね。
 そんな思いは、このるるぶの記事ではなく、先日に東武スペーシアで、鬼怒川温泉から、鬼怒川公園への短い時間のときに、見る温泉ホテルの光景(要するに東武鉄道からはホテルの裏側が見えてしまうのだ。そして私は見たくないのだ)で、いくつもいくつも感じていました。子どもたちがいますから、声には出しませんが、私は「ああ、あ、あのホテルが、あのホテルが……………」という感じでしたよ。

続きを読む

↑このページのトップヘ