将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:アジア的段階

3b2074f0.jpg

 それで、まだ書かないとなりません。
 アジア的段階については、ギリシア=ローマの時代が古典古代と言われるものの前の時代だと思われます。ヘロドトスの「歴史」で描かれているペルシア戦争のダレイオス1世やクセルクセス王の側が明らかにアジア的と言われる段階です。
 次のトゥーキューディデスが書いている「歴史」(岩波文庫では「ペロポネソス戦史」という題名になっています)は、この古典古代社会における戦争を描いているのですが、何故かアテナイの敗北までは書いてありません。
 ただこの2つの歴史に関する書物は、古典古代社会であるギリシアとその前のアジア的な社会であるアジアの姿を描いてくれたかと思っています。
 ところで、では実際のアジアである中国では、例えば司馬遷「史記」では、一体このアジア的というのは、どこになるのだろうと思います。まさしく、「史記」で書かれている社会時代は、「アジア的」と言われるものなのでしょうね。
 でもヘーゲルーマルクスのいうアジアとはせいぜいインドまでなのですね。
 でもこの日本ではどうなのだと思うのですね。「吾妻鏡」で描かれている鎌倉幕府が、「玉葉」で書かれている鎌倉時代が、いわゆるアジア的のあとの封建制と言われるものなのかなあ、と思っています。関東御成敗式目がいわば、封建的法とすれば、律令がその前のアジア的なものなのだと言えるのだと思います。

 それでいつも、では「アフリカ的段階」と言われるのはどこなんだ、なんなんだと思ってしまうところです。
 ただ言えるのは、その昔のマルクス主義のいう歴史観では、もう理解外のことであろうと思うのです。マルクス主義のいう歴史観とはエンゲルスーレーニンの言うマルクス主義歴史観です。
 そして私には、いつもここで、島尾敏雄が浮かんできて、そして柳田国男を思い浮かべます。
 私は昔沖縄の太平洋岸の久志という村で、戦後始めて行われたハーリー祭りに参加していて、その舟の上で、そして祭りの最後に村あげての踊りの中で、「こういう姿が、いわゆる『アフリカ的』なものなのかなあ」なんてことを感じていたものです。

  「アフリカ的段階について」の3 に続く

続きを読む

75e8b363.jpg

 吉本(吉本隆明)さんのいう「アフリカ的段階」というのは、「共同幻想論」で展開された中で、「アジア的段階」の前に想定される歴史的段階のことです(ただし、「共同幻想論」では、この「アジア的段階」ということでの展開はありません、だよな、というかもう自信がありません)。
 この「アフリカ的」というのは、三木成郎さんを吉本さんが知ってから、言い出されたことだと思います。人間は動物ではあるわけですが、人間の中に植物的と言われるものがあるということを三木さんの言われることで、判りまして、それでこの「アフリカ的」ということを言われたのだと思います。
 ヨーロッパにおいて、「アジア的段階」というのはいつなのか? それはヨーロッパが封建社会から市民革命を経て資本主義社会に入っていくわけですが、その封建社会の前がアジア的段階です。というと、ギリシアの都市国家がアジア的社会の次の古典古代であり、ギリシアに破れたペルシアがアジア的社会だったのかなあ。
 ギリシアだとミケーネ文明社会がアジア的段階の社会だったと思われます。
 吉本さんがソルジェニーティン「収容所群島」のいくつかの箇所を引用して、ソビエト連邦のアジア的なもの(それはほとんど収容所内の出来事で)を書かれていました。それは実に納得できたものでした。
 それで、でも肝心のアジアではどうなんだというと、中国では、宋の時代以降は封建社会と言えるのかなあ(ここで、私みたいな人が、孔子が周国の時代の封建時代を誉めているのですが、そういうことを言い出すと、混乱しますから、私は言い出さないようにしてください)。
 それでこの日本はというと、これまた大変です。鎌倉時代を定義するのも、安土桃山時代を定義するのも大変です。この日本では、弥生式時代からアジア的段階と言えるのではないかなあ。
 それで肝心の「アフリカ的段階」なのですが、この日本では、縄文式時代があたるのではないかということだと思うのです。そしてこの日本に置いては、沖縄を中心とする南島がそのアフリカ的段階なのだということで(このアフリカ的とかアジア的とかいうのは歴史的段階のことで、どちらがどう進んでいる、進歩しているということではありません)、だからこのことで、沖縄の問題(米軍に占拠されていたこと)は考えられるのではないかということだったと思います。

 私は判っていないと言えるようなことなのですが、まずここまで書きます。

  「アフリカ的段階について」の2 に続く

続きを読む

↑このページのトップヘ