11081614 おひさまの最初のアメリカ軍人との腕相撲から見始めました。

2011/08/17 08:00ちょうど「おひさま」が始まりました。このドラマは実にいくつものことを考えさせてくれます。
 今はアメリカ人もヨーロッパ人も中国人も日本のいくつものものを食べます。ヨーロッパでも、フランス人は違うかなとも思いましたが、思えば欧米人も箸を使うのがうまくなりましたね。よく飲み屋等々で欧米人を見ていてそう思うのです。
 ああ、そういえばいろいろなところで出会う欧米人、アフリカ人、南米人等々と会いますが、もうみんな昔のイメージと違います。メキシコ人なんかいわゆるメソチゾだと思っていると、完璧に金髪の白人女性が酒を飲んでいて、メキシコシティーの新聞記者だといいます。でも英語は私くらいにしか分からないのです。私はメキシコ人といってもあんないわゆるヨーロッパ人のような白人は始めてでした。
 ウクライナの金髪の美人がロシアの悪口ばかり言っていて、「セバストポリはロシアがとっている」なんていうことに、私は納得せず(だってチェーホフがセバストポリでよくすごしているんだもの)、少々そのウクライナ美人をやりこめたものでした。
2011/08/17 09:19だってさ、「ウクライナを代表する作家って誰なのですか?」という問いに答えられないのだもの。せめてゴーゴリくらいあげてほしかったものです。でもそうすると、『検察官』や『鼻』だけでなく、私は『死せる魂』の話をしちゃうものな。
 あの物語はどこが面白いのでしょうね。未完で終わったのが、「良かったね」としか私は思いませんよ。
 そういえば、アフリカ人もよく会いますね。イスラム教徒のアフリカの黒人がいるのですね。これまた驚きます。

 そういえば、アフリカ人でもフランス語しか喋られない人とも会いました。英語なら、少しは分かるけれど、フランス語じゃ全然分からないものね。