将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:アンドロイド

11010204 私の15歳くらい下の大学の後輩がある有名コンピュータ会社の人工知能の研究機関に入りました。その後輩とはなんどか会ったときにさまざま話しました。かなりその会社ではさまざまなことがコンピュータでできると考えているようです。とくに経営コンサルティングなどには応用できると考えているようです。でも話を聞いて私はこれはダメだなと思いました。そんなことではとうていコンサルティングなんかできないよといくつもの事例を出して説明したものです。はっきりいえば、酒も飲めないコンピュータでは、その企業のもっている悩みの的確な把握はできはしません。
  そもそも知能といういうことをどうとらえるのかが問題なのです。人間とは一体何なのかということが問題なのです。

  昔橋田浩一という人工知能の研究をやっている人の「機械の知」という講演を聞いたことがあります。その話の中で、2つの部屋に人間とコンピュータをいれて、その二つともうの一人の人間が、姿をみることなしにテレタイプで会話していくと、その人間にはどちらの部屋にいるのが人間でどちらが機械であると判る確立が50%なのだというのがありました。つまり質疑応答だけでは、人間と機械の区別がもう一人の人間には判断がつかないというのです。この機械がさらに、声も姿も同じになったらどうなるのでしょうか。人間と機械とはどう区別できるのでしょう。人間っていったい何なのでしょうか。
  そうしたことを考えさせてくれたSFがあります。

書名    アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
著者    フィリップ・K・ディック
訳者    浅倉久志
発行所  早川文庫

  まず印象としてはあまりも読んでいて愉しくなかったのです。どうしても人間と機械ということへの答えがなかったように思えます。

  この地球に核戦争がおきて、人間含めた動物が大部分滅びてしまいます。辛うじてのこった人は、わずかに残った動物を飼うことで、わずかに慰められた生活をしています。だがこの動物たちが、おどろくほど高価です。だからほんものそっくりの電気で動く動物も売られています。そして人々はその電気動物が隣人には本物だと思わせて生きています。生きている本物の動物を飼えないなんて恥ずかしいことなのです。
  この地球に、火星から奴隷として酷使されているアンドロイドが逃亡してきます。地球に自由を求めて逃げてきたのです。しかしそんな逃亡アンドロイドを殺す役割をしている賞金稼ぎが、この小説の主人公リック・デッィカードです。彼はたくさんのアンドロイドを殺して、その賞金ではやく本物の羊が買いたいのです。
  しかしこのアンドロイドはまったく人間そっくりです。人間と機械であるアンドロイドを正確に区別しなければ、リックの仕事はなりたちません。人間の社会の中に、人間と同じに生活しているアンドロイドを見つけ、それがアンドロイドであることを証明し、そして殺さなければならないのです。それには疑いのかかった人物に課する知能テスト(感情移入テストという)があるのです。それで判断してからでないと、リックは銃を撃つことはできません。機械は自然や動物をいとしいと思うような感情移入ができないはずなのです。

  ところが段々アンドロイドが高性能になってきて、アンドロイド自身でも自分がアンドロイドなのかを知らない回路を埋め込まれたものも作られてきます。したがってこの知能テストもさらに高度化していきます。アンドロイドの中には、人間の芸術にもかなり堪能してくるものも出てきます。ついには、リックは自分が人間なのかどうか、自分にテストを課してしまうところがでてきます。人間っていったい何なのだろう。機械ではない人間らしさっていったい何なのだろうか。

  その結論はこの小説では出てくるようには思えません。仕方ないことなのでしょうね。ただもう少し、人間の知能って何だ、人間の感情って何だというようなことにまで触れて欲しかったなという思いがしたものです。
  しかしちょっとこの本の紹介とはいえないのですが、こうして書いてきて、この十行くらい前あたりを書いているとき、この文を私は随分昔同じことを書いていたことがあるような気持にとらわれてきました。その昔とはなんだか判らないのですが、とてつもなくかなりな昔、ちょうど私がどこか違う惑星にいたときのような思いがします。
  私が人間ではなくアンドロイドなら、何かの回路にそれが残っているのかもしれません。いやそもそも人間がそうしたものなのかもしれないななんて、今思ったものです。(1998.11.01)

10080116  Spider job  蜘蛛業 に書いております ニュースさとう が8月1日〜8月7日までのUPが以下の通りです。

2010/08/07(土)No.271
アンドロイドが売れている
2010/08/06(金)No.270
企業によるTwitterの活用実態の最新結果
2010/08/05(木)No.269
2TBのHDDか、驚きます
2010/08/04(水)No.268
政治家とネット
2010/08/03(火)No.267
これから日本に必要となる人材とは?
2010/08/02(月)No.266
デジカメで動画で必要な1枚を撮り出す
2010/08/01(日)No.265
プラネタリウムなんて懐かしいな

  私はきょうのニュースにも書きましたように、昨日アンドロイドを買いに行ったのですが、製品が8月末まで入荷しないということでした。もう実に困り果てます。

0d07a70e.JPG

Spider job  蜘蛛業」 に書いております ニュースさとう が5月09日〜5月15日までのUPが以下の通りです。

2010/05/15(土)
アドビのアップル批判広告
2010/05/14(金)
日経電子版、「4月17日で6万人を超えた」といいます
2010/05/13(木)
アンドロイドはこうなっていくのか
2010/05/12(水)
日本人が使いやすい便利なものは世界でも同じだ
2010/05/11(火)
ただ安くて軽い本が読みたいだけ
2010/05/10(月)
「母の日」のカーネーションっていいですね
2010/05/09(日)
映像見ながら喋るのは不得意なのかもしれないな

 ただし、今は蜘蛛業を運営している目森一喜さんが腕の故障でパソコンが打てないのです。それで今はUPできません。

8746f1d7.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻775号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 2010年3月16日
読了日 2010年3月2日

 もう最初の見開きにあるエプソンの広告でエンテバーのパソコンは26、800円ですものね。私の今いつも使っているものです。
 アンドロイドは米国ではいくつも出ているのですが、問題はこの日本でも出してください。米国では私たちには関係ないのです。いやもちろん、こういう記事は読むのは嬉しいですよ。
 Anyty3R-HSA600という機器は面白いのですが、でも私はけっこうこういう一見珍しい機器を手に入れてあとで使わなくなるというのが多かったので、考えてしまいます。

d00b9515.jpg 昨日はノートが見つかりませんでしたが、ある封筒の中にありました。
 その昨日の夕方長女の家に 行きまして、元気に夕飯を食べる二人の孫を見ました。嬉しいです。
 ミツ君が帰ってきて、新しく手に入れたiPodTouchを見せてくれました。これはケータイではありません。でも無線でメールはできるし、いいです。音声は聞けますから(音楽を聞くマシンのようです)、スカイプを使えば、無料音声通話ができます。それにインターネットができますし(無線のつながるところで)、文章も書けます。これはいいですね。iPodでなくて、アンドロイドが出してくれないかなあ。それならグーグル日本語入力も使えるしなあ、というところです。今度秋葉原で探してみます。そのうち出てくると思うのですね。娘が「パパだと聞く音楽がない」というのですが、私が詠った詩吟を入力して、いつも聞いているつもりです。
 写真は、昨日ここに添付した写真の表側です。こうして色鉛筆の入れ物です。昔はミッキーマウスって好きになれなかったものですが、今は好きになりました。(03/04)

10022501「Spider job  蜘蛛業」 に書いております(今現在はできていません) ニュースさとう が2月21日〜2月27日までのUPが以下の通りです。

2010/02/27(土)
仕事に最適なツールですということです
2010/02/26(金)
Twitterのつぶやき、14%は日本語といいます
2010/02/25(木)
日経の電子新聞の広告が興味あります
2010/02/24(水)
ネット犯罪をちゃんとわかろう
2010/02/23(火)
えっ、ブラウザがいらなくなるの?
2010/02/22(月)
日本郵政の将来で、与党間で全く方向が逆
2010/02/21(日)
グーグルのアンドロイドの検索が新しくなった

 現在は、私のこのブログのニュースさとうにUPしていますが、3月からは、前のように蜘蛛業でUPします。

続きを読む

114bf686.jpg
雑誌名 週刊アスキー通巻770号
発行所 アスキー・メディアワークス
定  価 360円
発行日 2010年2月9日
読了日 2010年1月26日

  アンドロイドのケータイを「徹底解剖」という解説をしていますが、でもドコモなんですよね。auでは出してくれないのかなあ。
「今週のデジゴト」で、「ツイッターにはこんな使い道もあったのか」で、私も少しだけツイッターがわかってきているところです。私のブログのサイドバーにも載せましたものね。
「パーツのぱ」の内容が私はよく判らないですよ。
「ハニカム」で御手洗君の家で鍋パーティですね。思い出せば、私たちの下宿でも実によくやりましたね。懐かしいなあ。

↑このページのトップヘ