将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:インターネットで検索

12032011 なんとなく今頃昨日の「周のポメラ」をUPしていることに腹が立ちます。

2012/03/20 06:04なんだかフランスでユダヤ系の学校の子どもたちが殺されたというので、また私は涙になってしまいます。どうしてこんなことが起きてしまうのかなあ。悲しくてたまりません。
 昨日はかなり遅く起きてしまったものでしたが、今日は普通に目覚めました。どうしてもこうして毎日午前6時前には、いくつかのファイルをUPしたいものです。
2012/03/20 06:51今日は、私の父母のお墓参りに行きます。私は前に(2011.05.30このリンクした前後の写真が湖北を歩いたときの画像です)、じゅにのことを頼みに行ったものです。もうかなりな前のことでしたね。後で、パソコンで調べて(インターネットで検索します)リンクしますが、今は無理なのです(今はリビングで食事ですから)。
 思えば、私も自分の書いたことを、インターネットで検索しているのですね。もうインターネットで検索するのはいつも毎日やっていますが、このポメラではまったくできません(IS01ではできます)。
 上に書いたことは、あきれてしまうことですね。いやもちろん、ポメラはそういうことができないことはもともと言っていますし、私も分かっているわけですが、不満なのですね。不満をいう私がいけないのですが、それでもなあ。
2012/03/20 07:55もうすぐお菓子を買いに行きます。9時開店の店なのですが、私が着く頃はもう並んでいるだろうな。並んでいるときに、IS01でメールします。
「カーネーション」を見始めました。この女優さんは直接お会いしました。実に綺麗な可愛い方でした。江波杏子さんでしたね。ゴールデン街のある飲み屋で、彼女の前で「大映には江波杏子という素敵な女優がいたな」と、彼女と分かりながら私は喋ったものです。明るく可愛く笑って彼女は、ものすごく素敵でした。私はその映画の内容を話したものでしたね。大辻伺郎さんのことも話しました。

 いや、このポメラでは、実に漢字かな変換がいらいらしてしますのですね。

 私の「周の掲示板」に瓜生知寿子という方から、次の書き込みがありました。

海老原あや子さんのこと 投稿者:瓜生知寿子  投稿日:2011年 6月24日(金)17時08分21秒
   突然ですみません。海老原あや子さんとAFSの同期だった瓜生知寿子といいます。わたしたちAFS15期生は全員が還暦を迎えたのを機に、69年当時の仲間の消息探しを始めました。海老原さんはまだ消息のつかめていない数少ないメンバーの一人です。7月23日に一大リユニオンが計画されていることもあり、ぜひ彼女にも参加してほしいのですが、連絡先がわかりません。もしご存じでしたら教えていただけますか? 個人情報なので教えていただくのが無理でしたら、瓜生知寿子(
mybkms2c37vg@ai.wakwak.com)かAFS15期のメーリングリスト(ml-afsyp15:196)まで連絡をいただきたいと、ご本人にお伝えいただけたらうれしいのですが……一方的かつ勝手なお願いでもうしわけありません。よろしくお願いいたします。 瓜生知寿子

 私はこの海老原あや子さんのなくなられたご亭主の和雄さんは、よく知っていました。よくメール交換していましたし、それでどうやら次の書き込みをしました。

Re.海老原あや子さんのこと 投稿者:周  投稿日:2011年 6月24日(金)21時03分21秒

>海老原あや子さんのこと 投稿者:瓜生知寿子  投稿日:2011年 6月24日(金)17時08分21秒

  いったい誰のことだろうと思いましたが、私は「まさか海老原和雄さんの奥
様のことかな?」とは思いましたが、インターネットで検索しまして、そうだ
と分かりました。
 海老原あや子さんは、インターネットで検索しますと、

 http://plaza.rakuten.co.jp/saisei/ BerryCafe

がすぐ見つかります。
 そこに書かれたらいいのではないでしょうか。

 ところが、以下の書き込みがありました。

Re: Re.海老原あや子さんのこと 投稿者:瓜生知寿子  投稿日:2011年 6月25日(土)10時07分4秒

ありがとうございます。
さっそくサイトに行ってみましたが、もう何年も更新されていないようすで、掲示板はあやしい書き込みばかりで、海老原さんが何かを書いておられる様子はありませんでした。瓜生知寿子

11062407 これで私は困ってしまいました。私はそのサイトの中身はちゃんと見ていませんでした。
 そもそも、私は亡くなりました和雄さんとは親しく、その葬儀には(お通夜だったか本葬だったかも思い出せません)、神田会の友人数人と訪れたものでした。
 そこで、その神田会の私の後輩の友人が、「だから学生運動活動家は駄目なんだ!」というような発言に(和雄さんも、私も学生時代は活動家)大変に激怒し、激しい言い方で怒ったことを覚えています。亡くなった和雄さんも、「相変わらず、周さんは変わらないな」と見てくれていたことを意識していたものでした。

 そもそも、瓜生知寿子さんは、何故私のサイトをご存知になったのでしょうか。私が和雄さんと知り合いということをどうして知られたのでしょうか。

 私はいくつか彼とはパソコン通信時代にメール交換し、またそのサイトでよく書き込んでいたものでした。そして、何度か一緒に外で飲んだこともあります。
 思い出せば、私が彼に「だから○○派の連中は駄目なんだ」と闇雲に無茶に絡んでも、いつも優しく話してくれたものです。
 懐かしいその時代、和雄さんの優しい顔、優しい態度を思い出します。彼のメールで息子さんのことが何度も書かれていたことを思い出します。

 私の義母が行っていた介護施設に年間に2度集まりがあり、それは北区志茂なのですが、そこには和雄さんの所属した会社の施設もあって、そのたびに、彼のことを思い出したものです。今年の1月の最初にもあったのですが、そのときが私が和雄さんを身近に思い出していた最後でしたね。

 私が書いた「戦後が似合う映画女優」ですが、インターネットで検索をすると、もうありました。以下にあります。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/51414255.html
     周の雑読備忘録「ノーサイド『戦後が似合う映画女優』」

 ここに以下のようにあります。

10111216 でもその中で、ある書評を見つけました。でもそれは、私のホームページの中にあったのです。

   http://○○○○ 戦後が似合う映画女優

「なーんだ」という思いの中で、……

でも、ここはもう見られませんので、私が改めてUPしたのです。
 でもまだまだいっぱいあるのですね。少し気が遠くなります。でもやっていかないとなりませんね。

↑このページのトップヘ