将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:エディタ

10121010 私が「FOREVER(1993.11)」で、

私が台本のワープロ打を手伝ったことがありました。

と書いているのですが、「あ、俺がワープロなんか使ったの?」と思いました。私は昔からエディタしか使わず、VZを使っていたはずなのです。FEPは一貫として、VJEをそれこそパソコンを使い始めたときから使っていました。
 でもこのときは、台本だったから、ワープロで、VJE-Penを使ったのだ。あのワープロもこのときくらいですね。
 その後、エディタはWZになって、今は秀丸です。FEPは今はグーグル日本語入力です。でもワープロなんて、このときくらいだな。
 今も手紙もすべてエディタで書き、プリントもエディタ(秀丸でも自在にプリントできます)でやっています。
 でも思えば、「ワープロ」なんて、懐かしい言葉ですね。

0c2599ca.jpg

 昨日拝見しました「第13回ときめき会展」ですが、そこで頂きました紹介文に次のようにありました。

 私たちは、ときめきの泉を枯らすことなく、それを和紙に映そうと心を無にして筆を走らせております。気持ちほど描ききれておりませんが少しでもお伝えすることができましたら幸いに思います。
 これからも ときめきを忘れず精進してまいりますのでご指導の程よろしくお願いいたします。

 思えば、私は日々書いている手紙は和紙に書いているのだなあ、なんて思ったものでした。ただ、私は絵というものは書けないですからね。ただただエディタで打ってプリントして、相手に送るだけです。

続きを読む

c0132062.jpg

『「携帯禁止」に物申す:(9))統計は時にウソをつくSHIROのポメラ日記 の斎藤さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年02月03日 15:52
 「SHIROのポメラ日記」の斎藤です。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
テレビや新聞の言うことをそのまま鵜呑みにして議論してしまう大人が多いですよね。赤の他人の先生の言うことより、目の前の子どもから学べることの方がずっと多いと思うのですが…

それから図の作り方ですが、手近な所では、Microsoft Officeに入っているPowerpoint(プレゼンテーションソフト)を使うと書きやすいです。
用紙サイズを「はがき」などの小さいサイズにして、スライドの上に文字や図形を並べて、保存する時に「GIF」または「JPEG」形式を選ぶと、ホームページで使える画像ができます。
WordやExcelなどの書類に、図を貼り付けることもできます。お試しください。

 ご丁寧にありがとうございます。それで私はPowerpointは持ってないのですね。だから、きょうか明日秋葉原へ行きまして、手に入れます。
 私は、Wordというのは、持っていません。そもそもワープロは使っていないのです。パソコンを持ち出したときから、一太郎も使いませんでした。とにかく、ずうっと今にいたるまで、エディタで文章は書いていました。
 Excelは、随分前に購入して、年に数度(年に2度かなあ、と思いましたら、もう少し3、4度)使っています。

 Powerpointは購入したら、何か図形を作成して、ここにUPします。

 でも間違いなく斎藤さんの書かれていることは、今の教育現場にも私たちにも、とっても大事なことだと確信しますよ。

続きを読む

90315320.jpg 私の妻の叔父(妻の父親の弟)さんから、昨日手紙が届きました。叔父は今82歳ですが、B5のの用紙3枚にパソコンでプリントした手紙です。
 でもその2枚目には、デジカメ画像が3枚文書中に載せられています。ああ、これは私にはできないのですね。多分ワープロなんでしょうね。私はエディタで文書を打つだけだから、画像は写真のプリントとして、また別にしなければなりません。少々悔しいな。
 私もけっこう手紙を書いています。そしていつも素敵(と思っています)なシールで封をして、必ず記念切手を貼っています。
 ここの私が掲げた画像は、叔父からの手紙に貼ってあった画像です。干支文字切手ですね。今年の干支の切手です。もちろん、私も今度の干支でも出していますよ(ほかにもたくさんの記念切手で順番に出しています)。
 私の友人たちも、できたら、パソコンで手紙を書いてほしいな。「忙しくて…」と言われるのですが、忙しいからパソコンを使うと、簡単に速くできますよ。

63401cdc.jpg 画像は、9月12日の千駄木よみせ通りの『アラスアラサン』で手に入れました絵葉書(と言いましても画像は絵ではなく、写真です)です。またハンカチを購入したのですが、この葉書も購入しました。
 この写真については、アラスアラサンのホームページで以下のように書いてあります。

10年前から度々バリ島に通う小川さんが、素直な感情で切り取ったひとコマひとコマを、ぜひご覧ください。もう二度と会えないふとした風景の瞬間に、今のバリを造りだしたその土壌が深く感じられる作品です。

 小川桜花という方が撮られた写真なのですね。

 それで昨日この2枚とも送りました。一枚は、私の娘ブルータス、もう一枚は私の友人の女性です。
 私は封書に書くのは、実に簡単なのですが、この葉書というのは少し面倒だという気持がありました。私はいつもエディタで文章を書いています。これはパソコンを始めた時代から一貫として同じです。ワープロなるものは一切使ったことがありません。
 それでDOSの時代は、VZを使い、Windows になってからはWZを使っています。そして印刷はDOSの時代はPRTを使い、WZでは、それ自体についている印刷機能を使っています。
08091229 でも葉書では、少し面倒でした。私はいつも筆王で書いてプリントしていましたが、それがとても面倒な思いがしていました。
 ただそれは私の思いだけでした。昨日は実に簡単にプリントできました。これなら葉書でもいくらでも印刷できます。
 今後は葉書でもたくさん書いて送るようにします。このアラスアラサンにはいくつも素敵な葉書がありますから、今度はここでいくつも購入してまいります。

683276f5.jpg 一つ前と同じく、「女性と仕事」のサイトにありましたUPです。それで、このKumieさんのサイトは、本当は「Kumie'sBlog<<女性と仕事>>」なのですが、それだと私のところでは、リンクできないのです。それで最初「女性と仕事」をリンクして、さらにKumie'sBlogを「女」と「性」の間に入れて、またあとで位置を替えています。何故リンクできないのかは、今の私には判らないのです。

 私は今はこうした電車の中で忘れ物をすることはなくなりました。もう前ほど圧倒的に飲まないからでしょう。それでやはりスイカは便利ですね。今はJR以外でも使えますから、とても便利です。ただし、まだときどき使えない私鉄もありますから、そのときには、さすがに面倒です。それと、スイカで買い物もできるから、これまた便利です。
 このスイカのように使える便利さが、他のことでも学んでいかないといけないなあ、なんてたくさん思っています。

続きを読む

e8d2acef.jpg

  Kumie'sBlog女性と仕事このUPがありました。

全角400文字の文書は、テキストファイルだと800バイト(半角1バイト)、同じ文字列をワードに貼り付けて保存すると19キロバイト(19,000バイト)になる。文章を書くのにワードを使うということは、「煙草を買いに行くのにジェット機を使う。ゴキブリを殺すのに火炎放射器を使う。」ようなものだと書いています。
 ここまで言われれば、テキストエディタを使ってみるしかありません。

 私はワープロソフトを過去ずっと使ったことがありません。ただ、このごろ妻の一太郎で書いた手紙をプリントするのに、妻のノートパソコンでそれを私のところのプリンターにつないでみて、そのときに、少し触ります。なんだか、いつも「このワープロって言うのは面倒だなあ」と思っています。思えば、私はいつも大昔から感じてきたことです。
 ワードは古いバージョンのは、ノートパソコンに入れてあります。でもこれまた全然使ったことがありません。
 私はDOSの時代からエデイタを使っていました。その頃はVZで、今はWZです。「煙草を買いに行くのにジェット機を使う。ゴキブリを殺すのに火炎放射器を使う」とはいい表現ですね。
 でももうワープロを使ってきた人は仕方ないのでしょうね。
 そもそも、誰も何か自分の思いを文章にしたいだけで、どんな字体にしたいかなんていうことは、また別な問題だと思うのですね。とくに、このインターネットでは、もう自分の思いを入力したいだけだと思うのですね。それをインターネット上で、ブログ等に露出できればいいのだと思います。
 私のようにWZでなくても、今はたくさんの無料のエディタもあると思うのです。

続きを読む

5be9e8a8.jpg このごろかなりな量の手紙を出しています。仕事上のは今まで通りに出していますが、私的なものはみな和紙にプリントしています。でも今朝は、この手紙に写真を載せるので苦心惨憺している夢を見ていました。エディタだけだと画像を載せるのは至難なわざですね。プリントソフトを使わないと無理かなあ。
 写真は、本日朝7時頃手紙を出しにいきまして、その近くで撮りました。大変に寒いのですが、いい天気です。(02/16)

07080302 ナミちゃんのブログの、老人ホームにボランティア! に次のことが書いてありました。

あとっ!やっちゃいました。
ブログ初心者の私・・書庫を作って今までの記事えお振り分け作業を
していた時に???あれっつ?あれっつ?おかしい・・

・・遅しでした・・間違えて、勘違いをして削除してしまいました。
ガ〜ン!ショックで〜す。記事を二つ〜です。
そこにはトラックバックの記事やコメントもあります。
記事一覧でコメントは残っていますが・・ごめんなさい。残念です。
記事は復活します。大体おおざっぱですが記憶にあります・
こういう事が起きるのですね。

 これを私が知ったときに、「あれ! ナミちゃんもブログに直接書いていたんだなあ。そうだと復活できないよ」と思いました。事実、「大体おおざっぱですが記憶にあります」ということになっちゃいましたね。
 私は、もう昔から、必ずまずエディタ(今はWZです。その前はVZを長く使っていました)で、書いてから、ブログにつないで、その部屋に貼り付けます。これはブログでなくても同じです。その相手のブログにコメントするときも、どこかの掲示板に書き込むときも、ホームページを更新するときも同じです。
 このことは、書込みをするときの鉄則 に書きました。そこに書きましたように、これはインターネットの前のパソコン通信の時代も、その前の時代でも同じです。

相談した周さんはエディタに書いてから貼り付けをするそうです、
これ・・司馬遷の時代から鉄則らしいです。
ブログに直接書くクセは危険という事です。
なるほど・・山勘で動いている私はまいった!まいった!でした。

 司馬遷は、あの時代に、「史記」という膨大なる歴史書を書きました。「本紀、表、書、世家篇」とありますが、圧巻は「列伝」です。これがなかったら、単に「史記」は紀伝体の本だというだけだったでしょう。でもこの「列伝」で、私たちは、孔子のことも、孟子のことも、孫子のことも呉子のことも知ることができるのです。
 この時代は、まだ紙がありません。すべて竹簡に書いたものです。なんと膨大な竹簡に書き上げたものなのでしょうか。そして、おそらく司馬遷が書いた「史記」は、もともとあの10倍の量があったのでは、と私は推測しています。それを推敲して、推敲して、あの量にしたのです。
 司馬遷は、中国全土を歩きました。そして各地の伝承、記録を書いていきます。そしてそれをさらに推敲して、あれだけにまとめ上たのです。直接、本文に書いていったわけではなく、書いたものを、本文としてまとめあげたのです。
 だから、それが今も、このインターネットでも同じだと思うのです。エディタで書いていって、自分のパソコン内(私の場合は、自分の外付けHDに)に整理しておきます。また書き直す内容になるでしょう。そしてそれをブログにUPするのです。
 ただし、これは司馬遷も同じだったでしょうが、必ずその最初パソコン内に書くときも、それは本もの(実際に最終的にUPするもの)として書いていきます。その中でいくつも推敲して直しているのです。ここのところは、司馬遷よりも数段私たちのほうが楽です。簡単にできます。もう司馬遷に、私たちのような道具(パソコンやインターネット)があれば、「史記」はもっと膨大なもの(数・量が多いだけではなく、画像も音声も入ってもっとすごい記録になっていたでしょう)になっていたはずです。
 だから、いつでも真剣に気合いを入れてやっていますが、すぐに訂正追加できるように、まずは自分のパソコン内に書くのです。それで訂正追加ののちに、UPします。エディタで貼り付けるのですね。
 でもそのあとでも、また訂正追加していきます。このところは、司馬遷では、簡単にできないところで、彼が今のことことを知ったら、ただただ私たちの時代、私たちの技術が羨ましいはずです。
 だから、今がそんな時代で、そんなに私たちは恵まれているのですから、ぜひともこのブログくらいは、ぜひ多くの方にやってほしいなと私は思っています。

続きを読む

07061504 13日にウィンドウズヴィスタのパソコンを購入しましたが、なんだかこれがうまく使えるかなという不安が湧いてきました。なんだか、いつもとっつきにくいのがパソコンです。まあ、私はインターネットとエディタと漢字変換が使えればいいのですが。でももうパソコンって何台目なんだろうかな。(6/15)
続きを読む

07061501 13日に新しいパソコンが到着しました。でもウィンドウズヴィスタなので、かなりとまどいました。おそらく今までで一番わけが判らずやっているんじゃないかな。
 それと、過去はいつも御茶ノ水の事務所の我孫子の自宅でなんとかやっていましたが、御茶ノ水の事務所がここに移転して、今は王子の妻の実家ですから、いくつものソフトが我孫子にあって、とても面倒です。
 それとインターネットにつなぐのが、無線ランなのですが、バッファローのエアーステーションのUSBのCDーROMがなくて困っています(つい2カ月前くらいに新しくしたので、どっかにあるはずなのですが)。今まではなくてもいつもインターネット経由ですべてドライバー等は入れていましたが、肝心のインターネットに接続できていないのですから、困り果てています。有線でやるのには、ケーブルを長く応接間まで引かなければなりません。あ、きょう有線でやって、ドライバーを入れて、それから無線でつなごう。
 とにかく、まだ私の使うWZもまだ使えないので、大変です。
 FEPは、どうやらやっと前の通りのものを入れられました。漢字辞書が大事なのですね。
 思えば、私のパソコンというのは、インターネットとエディタと漢字辞書が一番大切かなあ。これが普通に使えれば、いいのですが、それが簡単なことじゃないのですね。
続きを読む

3b7cdcc4.jpg いつもこれに「何を書こうか」と少しは考えるのですが、私のブログと同じで、ただただパソコンで打ち出すだけです。エディタで打っているうちに、またいわばどうでもいいことを書き出しています。思えばパソコンという道具があるからできるんですね。あ、ケータイでも私はよくメールを打っていますよ。ケータイでブログも書きます。もうケータイは 5,000字まで打てますからね。仕事でもよくケータイメールは使っています。
 義母は今テレビを消すこともできません。ただ、繋いであるコードを抜くということしかできないようです。でもこれは仕方ないですね。テレビを自在に使えることは大事なことかなあ、と思っています。私はパソコンでもワンセグチューナーでテレビも聞いています(ときどき画像も見ます)。(2/23)
続きを読む

↑このページのトップヘ