将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:オフィシャルブログ

12072003 これを手にして、「あ、比嘉愛未(ひがまなみ)だ」と思ったものです。NHKの朝の「連続テレビ小説『どんど晴れ』」のときから私はファンだったものです。あれは2007年4月からだったのですね。そして今は、「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」にも出演していて、結城沙緒里という役なのですね(今インターネットで検索しました)。でももうあれは終わったのかな。また続けてほしいです。
 この新聞では

話題のドラマに次々と出演し、活躍を続けている比嘉愛未さん。高校在学中にスカウトされ、モデルから女優への歩みは順風満帆でした。でも実は芸能界に入ることには・・・

というように書いてあります。
 私は彼女が沖縄県出身なことも気に入っていました。私は沖縄ー南島が大好きなのです。もちろん、吉本(吉本隆明)さんの「南島論」も島尾敏雄も大好きです(そしてお二人の影響で南島沖縄が好きになったのです)。
 彼女はブログもあるのですね。

  比嘉愛未オフィシャルブログ
   http://ameblo.jp/higa-manami/

 画像を取ろうとしたら、無理みたいです。このごろ、どこでもみなこういう傾向になりましたね。だから私のまずい画像が載るのです。

ca061882.jpg

 私がファンである、「赤いプルトニウム」のブログのバナーをここのサイドバーに置きました。実はこれはバナーではないのかもしれません。私が勝手に、こうして置いただけです。ここをクリックすると、

 http://ameblo.jp/akai-plutonium/ 赤いプルトニウムオフィシャルブログ

に行くことができます。
 私はこの赤いプルトニウムのファンなのです。
 茨城の女の子って、実はけっこう美人が多いのです。それはものすごく感じています。でもでも、美人なのですが、どうしても口から出てくる言葉が、茨城弁なのです。これはもう実に恐ろしい言葉としかいいようがありません。
 いや、たとえば東北地方の言葉は、どちらもやはりみちのくの地方の懐かしさみたいなもの優しさを感じます。だが、この茨城の言葉は違うのです。それが、この赤いプルトニウムが使う言葉です。
 この赤いプルトニウムの彼女の使う言葉に、いつも笑いながら、でもでも少し哀しくもなっている私です。いえ、何、私も茨城県が故郷なのです。

↑このページのトップヘ