10072301 昨日聖書マタイ伝を茨城弁で書いたらどうなるのかというので、やってみました。私のブログに載せてあります。やはり文語訳のイエスはいいですが、茨城弁ではイエスの言葉にも説得力がないなあ(これは茨城弁変換辞書を使っています)。
 昨日初めての方が、私の建築パースへの書いている内容が素晴らしいと言ってくれたのですが、私はそのことよりも、茨城弁のイエスで笑っていました。以下のようです。

 イエスは彼らに言われだ、「恐れるごどはねえ。行って兄弟たぢに、ガリラヤさ行け、そごでおらと会えるだっぺ、と告げなせえ」。(ただし、これを読む場合は、まったく品なく、調子っぱずれで声を出してください)

 やっぱりイエス・キリストは茨城弁で話さなかったですよね。あ、茨城の方、怒らないでください。私はそもそも茨城生まれです。
 写真は23日の午後7時2分に撮りました。長女の家のお隣のお花です。(07/24)