将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:キンドル日本語版

12122103   今京浜東北線です。秋葉原ヨドバシカメラへ行きます。
  いやキンドル日本語版が着いたのですが、私では皆目分からないから、なにか解説本を見にいくのです。
  もちろん私の孫他へのクリスマスプレゼントを手に入れにも行きます。
  いややることがいっぱいです。 もう大変ですね。

  そしておはぎの家に行きます。

12111814 キンドル日本語版が、日本でも発売されたというので、ガラパゴスにはかなり不満だった私も、「あ、触ってみたいな」という思いです。とにかく、日本語で読めるのですから、私のブログのサイドバーに置いてあります青空文庫がそのまま読めるんじゃないのかと思いまして、ものすごく嬉しいです。
 でも発売されても手に入れられるのは、来年1月だというので、「なーんだ」と少しがっくり来ていました。
 でも以下を読みますと、また私の期待が膨らみました。

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1211/19/news058.html
Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を使ってみた

 11月19日、AmazonのKindle端末「Kindle Paperwhite」が発売された。著者は、予約受付開始直後にこれを注文したので、首尾よく発売日に手に入れることができた。もちろん米国販売モデルではなく、日本モデルだ。しかし、今からAmazonで注文すると、品薄のため到着予定は年明けという状態になってしまっている。今すぐ欲しいのなら、店頭で購入した方が早いだろう。ビックカメラ、ケーズデンキ、ジョーシンで取り扱っている。

 これなら早速見に行こうかな。価格は、7,980円で、これは、現時点での為替レート(1ドル81.2円)で換算すると、日本では実に3300円ほど安く販売されているということです。

 私は2年前までは一年に300冊の本を読んでいました。でももう紙の本が増えていくのにはうんざりで、昨年は100冊に、今年はもっと落ちています。もう必要なのはインターネットで図書館に注文して、来たらすぐ読んで、またすぐに返しています。12111815

 でもそれよりもこのキンドルだと実によさそうです。すぐにビックカメラに行って見ようかな。
 そのうち私のベルトには今のガラパゴスと変わって、キンドルが常時あるようになりますよ。

44e155ef.JPG 昨日書いた、私が毎日次女ブルータスにケータイメールするというのは、長女の「そんな迷惑なことやめなさい」という言で止めることにしました。私の考えることはいつもロクでもないことのようです。
 今読んでいる「キンドルの衝撃」(毎日新聞社)に、「私たちは、数世紀に一度あるかないかという文字文化の歴史的転換期に直面しているのかもしれない」とあるのですが、そんなことより、とにかく現物のキンドル日本語版を出してください。もう呆れています。直面なんかできませんよ。私はiPadは絶対に嫌なのです。
 写真は昨日6月16日に撮りました。王子駅前の東武の一階にあったお花です。(06/18)

f77949b0.JPG

 もうここに書いた「ローランの歌」も今朝メールしてあります。

2010/05/11 06:58昨日のポメラはもうブログにUPしました。このポメラとパソコンではかなり漢字変換が違いますのでそのことが非常に面倒です。でもそれでももう必死にやって行きます。
2010/05/11 07:18アイポッドがこの日本でも発売されて、でもなあ私はキンドル日本語版がいいのですね。いつになるのでしょうね。
2010/05/11 07:47もう食事を終えました。
 きょうの雨は一日続くようです。仕方ないですね。少し「歴史さとう」で、「秀吉の愛した女、おねね北政所」を書こうと思い、いろいろと考えました。
2010/05/11 09:51義母を送り出すためにリビングにいます。この時間がけっこう神経を使います。きょうは義母を送りましたあと、歯医者へ行きます。きょうは歯をつけるのかなあ?
 歯がちゃんと入るとなると嬉しいです。そういえば、長女おはぎは赤ちゃんはどうなのかなあ? とっても心配です。できたらきょう明日に生まれると嬉しいなあ。今度は男の子だから、ポニョがどんな顔するかなあ。それにポコ汰もどうかなあ。間違いなくとっても喜びますよ。
2010/05/11 10:00さて10時です。どうなのかなあ? 早く来てほしいです。なにしろ、私の方は待つだけですから。 明日は「読書さとう」で「ローランの歌」について書くつもりです。その内容について思い出しています。私が読んだのは1969年の3月でしたね。府中刑務所で読んだものでした。ローランの思いと行動と、シャルルマーニョ(フリードリッヒ大王)の思いを思い出してくるものです。
 今、「雨で遅れている」という電話が入りました。私はこのあとは歯医者ですから、それが心配です。何しろ、きょうは前歯を固定するのですから。なかなか考えも固定しないですよね。
2010/05/11 10:15もうすべてを用意しました。もう困りましたね。天気だけは仕方のないものですね。なんとか母を送りましたら、私も急いですべて用意して(もう用意していますが)、急いで行きます。あああ、雨降りは大変です。困りました。歯医者さんに謝らなくちゃなあ。

 この日は焦って歯医者へ行きました。歯医者さんとお話して、そのことで手紙を書こうと思っていました。いえ、「本を読む」ということに関してですね。

続きを読む

10050101雑誌名 週刊アスキー通巻782号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 2010年5月11ー18日
読了日 2010年4月27日

 表紙のモデルがスザンヌさんです。彼女は実にいいタレントさんだと思いますね。ただし、今回の顔はあまり好きになれないな。ちょっと女すぎる感じです。私には、ずっと感じのいい女の子でいてほしいです。
 でもサ、キンドル日本語版はでないのかね。もうイライラしっぱなしです。

28f67fd4.jpg

 私は ツイッターの背景画像を変更しました に書いたのですが、ぜひツイッターをやってみてください。私がつい丸2カ月前に、私と同世代の友人たちにメールをしました(中にはケータイメールした方もいます)。この「ツイッターをぜひやりましょう」という内容のメールです。
 見れば、判りますが、

   http://twilog.org/shomon 周のツイッター(@shomon) - Twilog

ですと、いわば一つのブログにも見えちゃうでしょう。私のは、ただ自分のブログのUP分の題名をコピーしているだけですが、また別にツイッターを140字分UPしていけば、もっと格好いいものができると思います。
 実をいえば、今年は大変換の年になると私は思っています。インターネットが大きく変化しますよ。いや、もう大きく変化してきているのですが、そのことを私たちが自分の身体全部で感じる年になると思うのです。
 これで一緒にやっていかないと、もう手遅れになってしまいます。おそらく、これで一緒にやっていけないと、もう間違いなく取り残されます。そしてそれは、明治代や大正代の私たちの先輩たちが私たち世代との違和感よりも、もっと大きな隔絶感になってしまいます。これは実に大きいですよ。
 パソコンは、エクセルやワードができても何もならないのです。いやエクセルなんか、本・参考書を手にしてやっていけばいいのです(あ、私はエクセルなんて、いつも本を手にやっています。そしていつもできる人を尊敬しています)。それよりも、実際にインターネットで情報を当たり前に得られることです。情報を普通に得るのには、こちらからも情報を発信しないとならないのです。
 私たちが手にしているケータイも大きく変わります。私はケータイでもツイッターをやっていますが、どうにも私はとろいです。でも今年はアンドロイドケータイも手にするから(ええと私はまだです。だって私のauはまだなんですもの)、これで大きく変わりますよ。
 そして、キンドル日本語版がでると、もう本が一変します。本は私は一年に今も300冊を読破しますが、それがもっと簡単に読めるようになります。もうあんなに重い本を持って歩かなくてもいいのです(1冊は軽いが、4、5冊持つと大変です)。
 私たちの歳上の方たちとの違和感は、でも双方の努力でなくすようにしてきました。でも私たちの下の世代とは、ものすごい隔絶感が出てきますよ。もう私自身が私と同世代の多くにけっこう呆れているところです。読書もしない、パソコンもやらないで、どうするのよ。「私はパソコンはできないけれど、読書はする」なんて、嘘です。そんな恥ずかしい嘘をよくつくものです。

続きを読む

b14d1c0b.jpg

 この日は、ツイッターを替えるので、バナーも替えたので、壁紙も変えたので、気分一新でした。でもブログでもそのことを書かなくちゃいけないのです。

2010/03/16 07:48少し前に私のブログに、「周のツイッター」のURLを変更しました。それでこのあとバナーも変更します。「周のつぶろぐ」にするのですね。私の昨日書きました、「吉本(吉本隆明)さんの講演」にコメントをくれたかたのブログに行ってみましたら、上部にいくつもリンクがあり、そのツイッターをリンクしたら、「あれ、俺のと違うな」ということで、すぐに私も自分のサイトものを作り、これにリンクしようということで、私のバナーも作ります(今は朝食でテレビも見てます)。あ、壁紙も変えよう。大きく変わった感じがいいですね。
 このことは、私のブログでも改めて書きます。
2010/03/16 08:11上に書きましたが、ツイッターもブログのように見せられるのですね。これはいいですね。
2010/03/16 09:59今リビングにいます。台所の洗い物をしました。今は義母のわが家からの電話を待つばかりです。
 思えばキンドル日本語版が早くでないものかなあ。でもそれを日常的にどうやって持っていようかなあ。本だから、いつでも読むのは当たり前だけど、外出するときはどうしようかなあ。左側のベルトにぶらさげるのは少し大きいような気がします。それにどうやってぶらさげるの。間違いなくそれを収容できるものが市販されると思うのですが、それも大事ですね。ものすごく興味あります。すなわち本そのものは今までと同じといえる(かなあ。私たちは本の装丁も気になるよね)のですが、毎日あちこち持って歩くのだから、それを入れるケースも必要だよね。今は左右のベルトで右側がポメラほか(デジカメと時計とUSBケーブルとジャパンネットバンクの機器二つ)で、左は電子手帳他(単四電池2本と万歩計)です。左を変えてもいいのですね。

 もうリビングでいろいろやらなくちゃと思いました。またあとでいろいろやります。

http://japan.internet.com/ japan.internet.com

に、この記事がありました。

女性は「携帯でメール・ネット・ゲーム等をする」が48.7%とトップ。男性は、「読書をする(マンガも含む)」方が多く

とあります。そんなものなのだと思いました。私はかなりいつも読書してきました。私は家ではほぼ読書をしないので(パソコン関係の雑誌は家で読みますが)、ほぼ本を読んでばかりですが、ちょうど1年前からポメラを持つようになって、電車の中では立っていても、座席に座れてもポメラを打つことが多いですね。あとは、相変わらず読書です。
 ツイッターをするようになってからは、ケータイでも打っていることも多いのですが、すぐにつぶやきは終わっていますので、やはり本を手にすることが多いです。
 これがキンドル日本語版が出てきたら、この読書の形も違ってくるのでしょうね。

通勤電車事情…車内では、男性は読書・女性は携帯
http://japan.internet.com/release/54214.html

cdcc8c9a.jpg

 蜘蛛業にきょうも3つ書きました。郵便局へ行きまして、住所変更、印鑑変更しました。

2010/01/28 07:36どうやら今「読書さとう」をメールしました。「ニュースさとう」はその前にUPしています。
 昨日この「ニュースさとう」で、浜松市の「私販のレジ袋は禁止で市指定のゴミ袋を仕え」という報道に、私はその市の姿勢にあきれ果て疑義を書いたのですが、そのあとこのことを再び書こうと思いましたが、昨年私の書きましたこのこと(今私の住む東京都北区が同じようなことを広報したことに私が疑義を電話した)を読み直すと、これだけ書いていればもういいだろうという気持ちになりました。最初は、「今度は浜松市に書留を出すのか」という思いでしたが、もう止めました。浜松市民がやってください。今頃このことを浜松市が言い出すのは、またどこかのゴミ袋を作っている業者と市が提携しているだけのことです。ずるい話です。
 レジ袋を使わず別のゴミ袋を買うのでは、間違いなくゴミが増えるばかりじゃないですか。
 でもこのことは「コラムさとう」で書こうかな。
2010/01/28 08:11もうすぐまた「ウェルかめ」です。でもこの連続ドラマが次のドラマになるときにはインターネット上で日経新聞が読めるのだなあ。
2010/01/28 08:14あ、そうだ。「キンドル日本語版」ですが、もういくつもの日本の書籍もみんな横書きにしてくれないかなあ。URLを書くのに縦書きでは面倒です。私の好きな漢詩もこれでいいのですよ。
2010/01/28 14:09今近くの郵便局です。さきほど王子本局へ行きましたらカードが使えないので、もう期限切れだというので、またこの郵便局へ来ました。それと自宅の住所変更、印鑑変更もあります(いえ前の印鑑がどこかへ行ってしまったのです)。面倒ですが仕方ないです。もう字を手で書くのが実に大変です。私は漢字が書けないことがあるのです。萩原周二の萩を私は忘れてしまうのですね。
 でも、もうキーボードで書けるようにしてくれないかなあ。手で書くと本当に私は大変なのです。だからいつも訂正印を私は持っています。

 こうして私は実はいくつものところで手で書いていていつも訂正印を押しているのです。
 あ、そうだ。アップルも出しましたね。iPadというそうです。この日本はどうしたのでしょうね。早くキンドル日本語版を出してください。iPadは、少し大きすぎるよな。

続きを読む

09120801 spider job 蜘蛛業 に、このUP『メディア戦争』があります。
 実は私は昨日キンドルを購入しようと思ってアマゾンのサイトへ行きました。キンドルは英文ばかりですが、私は「それなら俺も英語の本を読もう」なんて思っていたのです。私は高校2年か3年のときに、ヘミングウェイの『武器よさらば』をペンギンブックで読み、さらにジョージ・オーウェルの『1984年』も英文で読もうとしました。この本はそのときには、翻訳本がなかったのです。でもでも、ご存知のように『1984』は大変に暗い本なので、読みながら嫌になり挫折したものでした。その後、『世界SF全集』(早川書房)でこの本は読みました。
 英語以外では、私は東大闘争で逮捕起訴され府中刑務所に拘留されていたときに、サン=テグジュペリのLe Petit Princeを読んだものでした。あの本もずっと持っていたのに、我孫子を引越しするときに、古書店に売ってしまったなあ。(あ、余計なことを書いていました)。
 それで、キンドルを購入しようと決意したのでしたが、それはここに目森さんが書いている中の以下を見て、

キンドル本 $8.80、
書籍 $11.00
日本のアマゾン ¥ 1,791
となる。

で決意したものでした。
 ところが、

   http://www.j-cast.com/ J-CASTニュース

で、米で人気電子ブック「キンドル」 日本語版登場は間近? というのを、見て途端に英語で読もうなんていう気持は醒めてしまいました。いやスタインベックやヘミングウェイを読むつもりだったのですがね。でも、実は私はあんまりこのニュースも信用できません。だって、日本語版ができても、著作権がクリアにならないと、ソフトの書籍を私たちが読むのは無理で流通しないでしょう。
 でも何とかならないかな。私はとりあえず、新規の書籍は無理でも、漱石や太宰治の作品でもいいつもりですが、それじゃ駄目だよね。私一人くらいしかいないよ。
 吉本(吉本隆明)さんの作品なら、私はキンドル用も買うし、紙の書籍も今までどおり買うのだけどなあ。

続きを読む

↑このページのトップヘ