将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:グレート草津

b5827d5d.jpg

「グレート草津が死んだ」へ、Barbaroi の佐々木さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 佐々木    2008年06月24日 18:24
 グレート草津はラグビー出身です。今程人気がなかった頃、ラグビーでは世界レベルの選手でした。阿修羅原もそうですね。
 最近、マスコミに登場したのは
 森達也の
「悪役レスラーは笑う?「卑劣なジャップ」グレート東郷」 - 岩波書店、2005年11月 ISBN 4004309824
 で、ルー・テーズとの戦いの内幕を語っています。
 一読あれ。
2. Posted by 佐々木    2008年06月24日 18:43
 国際プロレス自体が遠い消えゆく記憶の中にあります。グレート草津はラグビー出身です。ちょっと後に活躍した阿修羅原もラグビー出身ですね。二人とも当時のラグビー界ではスターでしたが、残念ながらラグビー自体、今ほどの人気はありませんでした。
 グレート草津がマスコミの前に出てきたのは下記の本が最後かしら。
森達也
悪役レスラーは笑う?「卑劣なジャップ」グレート東郷 - 岩波書店、2005年11月 ISBN 4004309824
 岩波書店から出版された最初のプロレス本です。
 さっきも書いたんだけど、登録されてないなあ。どうしたのかな。

 あ、そうだ、とすぐ気がつきました。思い出しました。阿修羅原なんて、今どうしているのかなあ。グレート東郷も実に不可思議な存在でしたね。思えば、力道山の頃から存在していたレスラーでした。

 それから、私のブログはコメントもトラックバックも、私がその書込み内容を読んで、許可してから、始めて公開されます。スパムコメントとスパムトラックバックというひどい攻撃があるのです。
 そうしないと、大変なことになるのです。もう前には、ひどいトラックバックが一日に莫大な数ついていることがあったのです。このブログを開始してから毎日一時間に5、6回のトラックバックです。しかもすべて海外のプロシキサーバーを使っての書込みです。そこのサーバーからは書込み禁止にしても別なサーバーから書き込んできます。実に2年11カ月続きました。でもこのしつこさも、私のしつこさには嫌になったようです。それにもう使う海外のプロシキサーバーが無くなったのかなあ?
 今でも、許可できない内容のコメントやトラックバックがありますよ。
 だからすぐには、公開しないのです。すぐ公開するようにしたら、もう大変なことになってしまいます。もう間違いなく、このブログをやっている意味がなくなってしまいます。

続きを読む

7575a493.jpg

「グレート草津が死んだ」を、目森窟さんがトラックバックしてくれました。

 すべて忘れていました。
 そうです。TBSのプロレスだったんです。ビル・ロビンソンもこっちだったと思います。日テレの方では、外人は絶対に悪役でしたが、TBSでは、ビル・ロビンソンがいい方でした。サンダー杉山もいたし、ラッシャー木村もいました。国際と名乗ってましたが、全日本よりもセコイ感じの、不思議な雰囲気の団体でした。

 そうですね。いくつも思い出してきます。ビル・ロビンソンはいいレスラーでした。人間風車という技のネーミングした人って、凄いなあと思ったものでした。

 でも全日本に登場してからのビル・ロビンソンはどうにもいただけなかった思いがあります。リングの上から投げキッスしている姿なんか、私は嫌でしたね。人間風車ビル・ロビンソンがそんなことをやるなよ、という思いでしたね。

 ダイナマイト・キッドもこの国際プロレスに始めて登場したし、アンドレザ・ジャイアントも、もともとモンスター・ロシモフという名で、ここへ最初に登場したのでした。

続きを読む

fa4cdeba.jpg

 目森窟このUP がありました。

21日、プロレスのグレート草津が死んだ。
死因は食道ガン。66歳だったという。
忘れていた人が、死んだ。

 え、驚いてしまいました。「忘れていた人」が急に甦ってきます。あの姿、あの声……、不器用な方だと思いましたが、彼がリング上でマイクを握ってアピールしている姿を思い浮かべます。
 TBSプロレスという団体で、草創のときのメインレスラーでした。でも不器用でした。身体も大きいし、アメラグ出身で、もっと活躍するのだろうと思いましたが、タッグを組んでいたサンダー杉山のほうが器用でした。でもやがては、この団体は国際プロレスと言って、ラッシャー木村をメインにしだしました。最初は東富士もいたし、豊登もいたし、それに一番強いのは、実は社長の吉原だなんてことも言われていました。
 でもいつも、「グレート草津はどうするのかなあ?」という思いがありました。
 なにもかもが、どんどん追いやられていく気がします。さみしいです

 合掌します。

続きを読む

↑このページのトップヘ