将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:グーグルの全貌

11021807 これは数日前(これを最初に書いたのは2010年1月30日でした)にアマゾンで購入したものでした。図書館ではいつまでも入らないので(でもおかげで、「グーグル」という名の付いた本を何冊も手にして読んだものでした)、注文したら翌日に着きました。 それで昨日私のクライアントへ行く用のときに地下鉄の中で読み始め、帰りには読み終わっていました。

書 名 グーグルの全貌
著 者 日経コンピュータ編
発行所 日経BP社
発行日 2009年12月14日

 私には理解できないところも多くて、「もう俺も61のじじいだかからな。これは難しいよ」とあちこちで思いながら、それでも最後まで興味深く読めたものです。
 私が実際にパソコンで触れてみて(例えば、グーグルマップなど)、驚き感激したものがいくつかありますが、まだ知らないものもいくつかあります。私は自分の住む家から、よく行く飲み屋の扉等をグーグルマップで見ながら面白がっていただけでした。でも今こうして書いていますグーグル日本語変換も私には感激しているものです。もう私は日本語変換はグーグル日本語変換です。ただし、ポメラだけはマイクロソフトの日本語変換ですが。
 要するにとにかくみな無料でいつでも使えるのですね。
 だが少し残念なのは、我が日本にこうした企業ができないことです。それだけが悔しいです。いやいやそれは私の限界なのです。もはや何人もの日本人もグーグルでは活躍しています。もうそういう企業なのです。そのうちにさらにこれを乗り越える企業も出てくるのでしょうね。
 私自身のブログのサイドバーに「Google サービス一覧」へのリンクバナーが置いてあります。これで見るとよく判りますよ。(2011.02.19)

9ceb0aa4.jpg

雑誌名 日経パソコン第597号
発行所 日経BP社
定 価 980円
発行日 2010年3月8日
読了日 2010年3月6日

「グーグルの全貌」は、つい先日書きました。「読書さとう」に書いたのでした。1月30日に書いているのですね。
 でもグーグルはやはりすごい企業です。私が良く行く飲み屋が、その店の前をグーグルマップで見るときに驚きます。私のこのマンションも外側から一周して見られるのですね。ただただ、感心し、そして怖い思いももちます。
 ここにジョージ・オーウェルの『1948年』のことが書いてありました。私と同じように感ずる人もいるのだなあ、と思いました。いえ、私はグーグルは好きな会社です。スターリンとはまったく違います。

09a3facc.jpg

 昨日の21:19に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/02/20 【No.1929】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 静寂破る わが夫の 「風呂〜!」と言う声 聞こえ来る時

わが家は深夜電気で沸かしたお風呂です。だからお湯を張れば良いのです。私がパソコンに熱中していると突然「フロー!」という声、びっくりしてしまいます。まだ、ツーカーになれていません。

 へえ、私はそんな声はあげたことがないなあ。私もいつもパソコンを打っています。今はお酒も缶ビール2本しか飲みません。

たのしみは 金曜の夜 図書館に 土日に読む本 借りて来る時

「勝負師の妻」藤沢モト著 と「魂萌え」桐野夏生著を借りて読んでいます。女性の書いたものには興味関心が湧きます。
本はたくさん読みたい。今 それが許される環境でうれしいです。

 私もいつも図書館に予約しています。それとインターネットではよく購入しています。でも私が読んだ『グーグルの全貌』は、私の娘二人には少しも評判がよくありません。やがては孫の読む本をいつも話せるようになって行きます。

続きを読む

20429d70.jpg

 いや毎日けっこう大変です。でもそのことをすぐに忘れる私です。でも中学の時に読んだ本の内容なんか、何故か覚えているのですね。

2010/01/27 07:08きょうも蜘蛛業にはメールを送りました。
 もうこの頃は下駄を履いて歩かなくなりましたね。いつも靴になりました。いえ、孫のところへは何かあるといけないからいつも下駄では行かなくなりましたが、でもなんだか自分に対して「日和見だよな」と思っています。
2010/01/27 07:17だんだん自分が老けていくことが判ります。もっと自分で変えていくようにしないとなあ。
2010/01/27 09:57義母のお迎えを待っています。この時間が一番大変です。義母がいつも、「お母さんのところへ行くの?」と聞くからです。母は45年前に亡くなったと私は聞いています。ほぼ自分の母親と父親のことしか言いません。仕方ないのでしょうね。自分の夫のことも言わないのです。こんなものなのかなあ。
2010/01/27 10:02もういつも同じことの繰り返しです。ツイッターを私のブログのサイドバーに置こうかなと思いました。どうしようかなあ。
2010/01/27 10:06きょうは水曜日ですから、義母のお迎え時間が遅いのです。だからいつも待っています。この時間がけっこう大変です。
 あ、きょうはこのあと私の医院へ行きます。あ、きょうはまだ血圧を計っていません。
2010/01/27 10:10もうこんな時間になってしまいました。
2010/01/27 11:41今医院へ行きまして、今は薬局です。いくつもやるべきことがあっていつも焦っている私です。そうですね。帰って手紙を書かなくてはと思います。
2010/01/27 17:05それで上に書いたあと、家に帰るとアマゾンから「グーグルの全貌」が届きました。もう少し読みましたが、知っていることばかりと言いましても、こういう風に書いてありますと、実にいいですね。思い出せば、1998年10月に私がホームページをオープンさせたときにはこのグーグル検索ができたばかりのときだと思いましたね。
2010/01/27 17:13またきょうも孫二人に会いに行きます。今度の31日にブルータスに会いに行くと言ったら、ポコ汰は羨ましがるかな。
2010/01/27 18:09今長女の家に来ました。まだ誰も帰っていません。毎日歩いてくるときにいつも孫二人の名前を呼び続けています。変なおじいさんかなあ。
 今ここに座ってきょうはまだちゃんとしたことをやっていないなあと反省します。
2010/01/27 18:14今「行指定ジャンプ」というのをやりました。思えば、私はこのポメラはまだよく使いこなせていませんね。さてもうすぐ孫たちが帰ってきます。
2010/01/27 18:20今ミツ君が帰ってきて、孫二人とおはぎママが耳鼻科の医院へ行っているそうです。その医院へ今ミツ君も行きました。
2010/01/27 18:30早くみんなが帰って来ないかな。やっぱり孫に会えるとばかり思って来ると寂しいものです。

 今やっといろいろなことが終わりました。私の夕飯もすみましたし、洗濯物も干しました。でもなかなか本を読んでいることと、手紙を書いていられないなあ。だから、ポメラでも手紙を書いているのですが、パソコンで整理して和紙にプリントしないと、ポストには入れられないのです。

続きを読む

a6e710dc.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻768号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 2010年1月26日
読了日 2010年1月13日

 表紙が貫地谷しほりさんです。私はこの女優さんは好きですね。
 もうこの雑誌もずっと読んできたのですね。そのことを思い出していました。もう20年以上読んできたのですね。
「モバイルルーター徹底比較」が、なんとなくよく判らないなあ。でもとにかく、私は「Aterm WM3300R」が欲しくなりました。
「松浦玲『坂本龍馬』」はすぐ読みます。ここにも書いてある『グーグルの全貌』なのですが、王子は本屋がないのですね。インターネットで買うと、「でもその日ではなく、翌日だものな」なんていいながら、結局は読めていないのですね。

↑このページのトップヘ